2011年12月1日木曜日

肉食の話(:一部グロ注意)

前の話で、お肉を食べるとか食べないとかの話が
コメント欄で出ましたけれども。

我が家での肉食の状況お話しますと、じぇいど♪家、
全員肉は大好きで・・・した。今はちゅまは牛豚は
食べられません。牛乳は低脂肪ならOK。
じぇいど♪は加工肉を少しならOK。
牛乳は紅茶に入れる程度。鳥・魚・卵は2人とも
大好きです。

それは「可哀相だから」とか「霊的にどうの」という理由で
自分の意志で制限してるのではなく、体質の問題というか、
ここ数年で食べると具合が悪くなるようになったから
なんですけれども。原因はよくわかりません。

じぇいど♪もちゅまも味としては好きですから
抵抗して(笑)なんどか試しました。
必ず具合が悪くなるわけではなくて、食べてなんともない
場合もあるのでますます反抗したくなるのですが、
何回かに一回は当たりを引いて(笑)寝込むほどの
状態になるんで、最近はもう素直に他のものを食べてますが。

もちろんちゅまもじぇいど♪も残酷な育て方や屠殺の仕方を
解説して肉食をやめようと即すサイトなんかを見たことは
ありますし、そりゃかわいそうだと思いますし、実際
お肉を調理しようと触ると、なんとなく波動として残ってる
ものを感じたりしますけれども、自分が食べて体質的に
問題なくて食べたいと思う人は感謝して食べれば
別にいいじゃないか、と思う主義です。

ちゅまが言うには、転生の中で家畜という経験を
やりたくてやる魂もいるんだ、と。
動物の過去生の記憶ある人ってけっこういますからね。
家畜も過去生の可能性として、あるでしょうね。

そしてそれはなにかの罰だとかカルマだとかではなく
やっぱり「自分が経験としてやってみようと自分の意志で
やるもの」なのでしょう。そもそもカルマ、なんてのも、
自分の魂が自分の意志で自分に与える罰、だったり
するんでしょうから。

ちゅまに聞いた興味深い話があります。
ってこっからがグロ注意。繊細な人は読まないほうが無難。









ドラゴンの世界では仲間が死んだら、その肉を仲間が食べる、という話です。そして、上の世界で、普通に食品としてドラゴンの肉というのも流通している、という話。

「だって、肉体ってただの器だからね。死んじゃったら、ただの物体だし。もったいないから食べちゃう、ってそういう発想なわけで。あたしは、硬くてたいして美味しくないと思うから、好きじゃないから上の世界にいても食べないけどね。人間の間であるような、人間が人間を食べるのはタブーだから、ってそういう感覚はドラゴン同士の場合、ないんだよね。」

ま、肉食に関してはほんとに色んな考え方があるでしょうし、どの考え方が正しい、ってものはなくて、そして肉が体に合うか合わないかってのもほんとに個人個人で違いますから、あくまでも個人の選択でいいのだと思います。

霊的な観点で言っても、そりゃ肉やめれば波動あがるようですけれども、逆に肉を食べないと波動あがりっぱなしになって困る人もいるわけで。そういう人は感謝して食べればよいのではないかと。

米国から日本に引っ越して以来、そりゃ値段は高いんですけれども、魚や野菜や豆腐やらの美味しいのが手に入るようになって、
別に牛豚が食べられなくても日本食の場合はなんとかなるよなあ、と実感しています。

良いものを少量食べるのが体のためにも良いしね。



応援大感謝。↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村



45 件のコメント:

  1. パグショコラ1/12/11 6:59 午前

    ははぁ、やっぱり感謝して食べるのが良いんですね。
    子供にもそう教えたいと思っています。

    でも食品添加物は、やっぱり遠慮したくなりますね。
    ・・・なーんて言いながら、夫婦そろってポテチが大好きです。(こっちでは高額スナック。泣)

    とにかくおいしく食べれる、って幸せなことなんでしょうね。
    私は特にたくさん食べることが大好きなので、この生活に感謝します。

    返信削除
  2. 私もややグロ表現があるかもですが




    ミサ曲の練習をしている時にですね、
    「聖体配領」の説明をしてもらったのですが
    “最後の晩餐”でワインとパン見立てているアレは、キリストの血と肉なワケですけれども。
    そもそもなんで血と肉?カ○バリズム?
    と現代人には想像付きづらいですよね。
    ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが。(私はわからなかった。)

    大昔の人間は能力のある人や力が強い人、綺麗な人が死んだりすると
    その人の身体を食べて死んだ人の力を得ようとしたらしいのです。
    敵の部族の酋長なんかは真っ先に狙われたそうですが。

    で、キリストはそれを模して自分の血と肉を食べろと弟子たちに与えた。
    私の身体を食べて、私の力を得なさい
    という意味なんですね。

    きっとキリストの身体なんて食べたら波動が上がりきってしまうんじゃないか(笑)なんて思ったりして。

    人間が人間を食べるのはタブーですが、
    選ばれた肉体に限っては単なる糧ではないのですね。
    そんなことを思ってしまいました。

    返信削除
    返信
    1. ウスペンスキーの本「知られざる教えの断片」で、最後の晩餐ではキリストの本当に血肉が出された。これは、キリストの死後も弟子との関係お保つための儀式だった。今でも血を混ぜてお互いに飲むと「血の盟友」となる習慣が残っていますが、この起源は魔術であったと書かれています(また、この話を聴いて不愉快に感じた人が多かったとも)。

      削除
  3. ドラゴンがドラゴンの身体を食べるとき、調理は行うんでしょうか?

    ながさんの話、なるほどねーっと思いました。
    前になんかの本で牛肉を食べると気性が荒くなるって書いてあったんですけど、食って性質を吸収する事でもあるんですよねー
    ドラゴンに憧れる息子と二人、波動あげるためには肉食やめなければねぇ~って言ってはいるんですが…なかなか

    返信削除
  4. 感謝して頂きます。
    それにしてもドラゴンの肉ですか?昔のマンガの肉を思わず思い浮かべたけど、仲間の肉は悲しいやら、生前が解らないなら…とも思いますが、上が解らない自分にはビミョーな感覚を覚えますね。

    返信削除
  5. お話を聞いていると、外見とか肉体って、スピ的にこだわるポイントではないのだなぁ~と思いますが(違うかな・汗)、押さえるべきポイントって、中身でも外身でも何かありますか?

    「もったいない」に、びっくりしました(笑)。なるほど。

    返信削除
  6. 肉食に関しては、うちも同じような考えです。
    最近、マックでバイトしてる娘は別として、私と息子は豚肉と牛肉が食べられなくなりました。
    本当に、自然に受け付けなくなってしまった感じです。
    牛乳も、私は元々飲めません。
    鶏肉と卵は食べますが、最近うちでブームなのが、お肉の代わりにこんにゃくを入れたカレー。
    これが意外においしくて、子供たちも
    「お肉よりこっちのほうがいいよねー♪」
    って喜んで食べています。

    返信削除
  7. やはり波動を上げるには肉食をやめた方が良いんでしょうね(;^^)1か月に1・2回はマックが無性に食べたくなる私ですが今日から肉食断ちを頑張ってみようと思います。o(^^)o

    返信削除
  8. 私もお肉については体質的に受け入れない方は別にして、好きでれあれば無理に絶つ必要はないんじゃないかなーと思います。

    食べたいのに「波動をあげるために」食べると、別の意味で「カルマ」を作っちゃいそうです。。

    返信削除
  9. おはようございます

    今日の話、ボク的にはとても “共感” しました!

    肉を食べるも、食べないもその人の自由意思でOK!

    大事なのは、自分に素直になることと、与えられるものには感謝していただくということ

    なのかなぁ~と思いました。

    返信削除
  10. 今は、普通にもどりましたけど、妊娠中、全くお肉が食べられませんでした。二人娘で二人ともの時。
    カレーまでもお肉なしで、野菜カレーとかつくっていたし、ベジタリアンになりたい!とかいって主人は泣いてましたけど(笑)
    波動の話は、すごく納得しました。なんで、グラウンディングができてないときは、お肉をたべたらいいわけ?というのがいまいちわかってなかったのですが、そういうことだったのですね!
    波動をあげるのはお肉を食べないだけではないですしね。
    実感なのですが、部屋をきれいにして、笑って過ごす!これだけでも、すごい波動上がりますよね!
    今日も、さぼらず、がんばろう^^

    返信削除
  11. 肉は大好きです〜
    同じくらい魚も大好きっ…てか、実家が漁師だからか魚にはかなーりこだわります!キリッ
    でも野菜も果物も好きで…って、食べることが大好きなのです。。

    フレンチれすとらんでウサギの肉を食べたことがありますが、上質の鶏ささみみたいな感じでした。何事もありがたく食べることが大事と思っているので、これは食べていいけど、これは食べちゃだめ。というのは偏見だと思ってます。(鯨食うなとかイルカ食うなとか…虫食ってる人間もいるし)
    ひもじい苦しさに比べれば、何でもありがたくいただけます…。

    返信削除
  12. かきひと3号1/12/11 11:39 午前

    チンパンジーはお仲間の遺体があると、たまに「貴重なタンパク源だから」って食べる話をどこかで見た気がしますね。なんだかそれと似ているなー、って読んでて思いました。

    ・・・複数の見方が頭の中にあると若干混乱ですー(汗)

    返信削除
  13. こんにちはー
    あのですね・・波動の高い低いはどうやったらわかるんでしょうか?←イマイチ分かりません

    肉は肉でも2本足と4本足は違うんですね。
    波動上げたいな!^-^)4本足やめてみよう。分からないなりにどう変わるか知りたい、という溢れんばかりの興味*

    返信削除
  14. 私も、じぇいど♪さんのスタンスに近いです。自分のその時の身体の反応で食べる食べないは決める。精神論や主義・戒律はないですね。もちろんそういうものをお持ちの方は尊重されるべきだとは思いますが、罪悪感をお互いに持つのは避けたいです。ジャンクフードや甘いものも含め、とにかく全部の食べ物や活動に対してそのように思います。あることそのものが在り難いって感じですかね~。

    イタリア人の話ですが、車で誤ってキツネをはねてしまったら、すぐに助けて、助からないと分かれば持ち帰って食事の時にいただくというのを聞いたことがあります。珍しい例ではあるようですが、ちゅまちゃんのお話を読んで思いだしました。

    ついでに言うと、何故野菜や植物なら命を摘んでもかわいそうだと感じないのか・・・という視点も持っております(笑)。それに野菜が育ちにくい地域で暮らしている人々もいるし、本来生活する土地の性質によって、必要な栄養は変わってくると思うんですよね~。もともと手近に合ったもので命をつなぐ。これが始まりなわけですから・・・。だから身体に良い悪いの話でも、人ひとりひとり身体の中身は違うはずだし、唯一絶対のこれが正しいというのはない、、、と思っています。ただ流通のための過剰な捕獲みたいなことはよろしくないとは思いますが、これもやっぱり野菜でも同じって思う。

    ちなみに、牛肉を食べた時の消化されにくい具合の悪さみたいなものは、お肉の同量以上のジャガイモを食べると起こりにくいようですよ。あと、脂の悪そうなお肉は避けるようにしています。個人的にはやっぱり、農家の方に大切に育てられたお肉(あるいは野菜)を、少量ありがたくいただくというのが1番いいかなぁ。もちろん魚もね。出所のなるべくハッキリしたものを食べるようにしております。でも、出先でお腹が空いた時のファストフードだって、やっぱり同じように有り難いですわ~(笑)。

    返信削除
  15. じぇいどさん、はじめまして。

    前のブログは遡って読ませて頂きました。
    とても面白かったです。
    ここから学んだことが沢山ありました。
    ありがとうございます。

    ちらっと書いてあった、「聖なる癒し」という本も、買って読みました。
    以来、時々コーニングをして頂いています。

    昨日、午前中に原宿に用事があったので、そのまま明治神宮へ。
    行きの参道を歩いている途中、背中に違和感を感じ、帰り道からは頭痛がしてきました。
    いつもより沢山歩いたせいかもしれませんが、
    家に帰ってから頭がガンガン、肩がカチカチで、かなり具合が悪くなりました。

    ちょっと時間が空いたので40分だけ横になり、マップコーニングをしてもらいました。
    直後はまだ頭痛が少し残っていましたが、
    そのあと、気が付いたらすっかり治ってました。

    不思議ですね。

    良いことを教えていただいたと、感謝しています。
    ありがとうございます。

    本に書いてあるフラワーエッセンスについては、まだ試したことがありませんが、じぇいどさんはエッセンスもお使いになったことがありますか?

    返信削除
  16. 私の家では、気まぐれで肉が多いときと野菜だけのヘルシーな日になることもあります。
    それも、じぇいどさんたちと同じ自分の意志なので、不満はないです。
    お野菜だけでも、食べれる惣菜用のソースも売ってますからね。
    ドラゴンの肉体は、死んじゃうと食べられてしまうんですね。

    返信削除
  17. じぇいど♪さん こんにちは!
    いつも楽しく拝見させてもらってます^^

    成程。大変勉強になりました。ありがとうございました。
    確かに肉を断つと波動は上がるのでしょうね。
    実際ここ最近はバシバシ変化が起こり始めました。でも、自分はまだ変化する準備が出来ていなかったようで、かなり不安定になって、いろんな存在の方々に頼りまくってしまいました。今現在もそうです。
    やはり自分の準備が出来てから望むべきだったのでしょうね。心底痛感しました。でもそのおかげで、いろんな方々に守られている事に気づけたのも事実だから、良かったのかなぁ。。
    まだ考えがグチャグチャで全然答えが出ませんが。。
    いつかちゃんと、答えが出せれば良いなぁと思います。。
    いろんな存在の方々や地球さんや宇宙さんに対して、親近感や感謝の気持ちを感じる事が出来たのは本当によかったと、それだけは自信を持って言えます。今起こっているのは良い変化なのだと信じたいです。そして、これから変化していく人達が、少しでも不安や恐れを感じず、スムーズに変化していけるよう祈ります。

    ところで全然関係ない話で申し訳ありませんが、
    じぇいどさん♪やちゅまちゃんは、UFOを見た事ありますか?
    もし遭遇したとしたら、一体どう接しますか?

    返信削除
  18. なんとタイムリーなお話!
    つい先日ダンナと肉食についての話をしたばかりでした。
    魚やエビや貝など生きているものをさばいてお刺身にすることについてとか、菜食主義の方はたくさんいらっしゃると思いますが何故野菜などの植物は食べてもいいものなの?、植物にも命があると思うんだけどその差は何?とか。
    ウチは何でも食べるので他の意見というものがわからず、結局どうなんだろうね~?的な話に終わったのですが^^;

    波動がどうの、などは分かりません。
    仕事で豚肉を調理するのですが、この豚肉はお線香の匂いがする!というのがたまにあります。同じ工場から届いているものなのにするものとしないものがあって、今までは屠った人(?)にちゃんと弔われてるのかなぁとか考えていたのですが、もしかしたら家畜の経験を積みたかった魂だったのかも?
    色々考えちゃいますが「命をいただいてる」ということに感謝せずにはいられませんね。

    ドラゴンの話はものすごく納得です。
    ちなみにドラゴンの寿命ってどのくらいなのでしょう?
    人よりはうんと長いとは思いますが、自分が死んだらウチのドラちゃんはどうなるのかなーとちょっと心配しちゃいました^^;

    返信削除
  19. 私が小ちゃい時、炭鉱に住んでまして、おとーちゃんが炭鉱夫だったんだけど、鉄砲もやっててww
    時々山ン中入って、うさぎ、キジ、カモとか撃って、それを担いで帰ってきました。
    もちろん食べるためです~。
    北海道だからシカ肉も食べた事あるですヨ。

    目の前で、羽むしったり、毛を剥いだり、なんてのも見るわけです。
    でも、それが当たり前だった。
    自然と食べるモノを粗末にはできませんわね~☆
    ありがたいと思うんです。

    食べ物と波動って確かに関係あると思う。
    その時の自分に必要なモノを選んで食べられる環境に自分がいるって幸せだなって思うデス。

    感謝です~~(●´人`●)

    返信削除
  20. はじめまして。
    ドランゴンの話しすごく興味深くておもしろかったです。
    書き方がすごく上手で最後まですっと読んでしまうブログですね。これからも訪問させていてだきます。

    返信削除
  21. 映画にもなった話、ありましたね。 飛行機墜落⇒飢餓⇒弱って死んだ人の肉を頂く… 救出された時には(人肉を食べたことで)発狂した人がいた… 
    他の食べ物があるのに人をわざわざ殺して食べるような狂ったことはしませんが、それしかないような非常時には禁忌の感覚なく私も「ただのたんぱく質」として食べると思います。 

    共食いが当たり前の虫などいますが、少なくとも人間の場合、人間が人間の脳を食べるとプリオンの作用で狂牛病と同じ病状が出ると読んだことがあります。 人間の場合は… きっと誰かが同種で喰い合いをしないようにちゃんと作ってくれてるのでは… という気がしますね。
    (じぇいど♪さん、いつも丁寧なお返事ありがとうございます。 これだけの数のコメントがあるのに一人一人に一言ずつ書いて下さってるのがとても嬉しいです…が、お手数かけて悪いというか申し訳ないというか… 本当にありがとうございます)

    返信削除
  22. スピ的にとかじゃなく、体質改善のために肉食を止めたクチですが、
    いつの間にか、肉類が食べられなくなりました。
    出されれば感謝して食べますが、好んで食べたいという欲求はないです。
    (食べられないというより、身体が受け付けなくなる感じ
    魚介類は脂っこいの以外なら大抵食べられるので、ベジタリアンと
    いうまでには至ってませんけども(f^_^;))

    そんなとっかかりでしたが、これが、なにみえブログと出会う半年程前の話。
    (たどり着いたのは3期の頃かな。遠足の存在すら知らなかった)
    今思うと、色んな意味で準備して(させられて?)いたんだなあと
    思います(^_^;)

    合わせて、油料理や乳製品(今は乳製品は加工品なら食べますが)も
    控えるようにしていたら、オイル入りのドレッシングも×に…
    (脂っこすぎて食べられない)。
    最近は、市販のカレーなどのルーにしても植物性油脂のものに
    しています。


    肉は消化にエネルギーを使うので、疲れやすくもなるんだとか…。
    最近のマイブーム健康食は、グリーンスムージーです。
    (いやいや、ブームで終わらせちゃいかんでしょ( ノ▽`))

    返信削除
  23. はじめまして。
    肉食について気になっていたので興味深かったです(^^)
    皆さんのコメントも参考になりました。

    私は意識しないと肉魚を食べずに1週間経ってるなんて事がよくあるのですが、肉魚を食べないと精神的に揺れやすくなるんですよね…
    波動が上がりっぱなしで困るって、こういう事なのでしょうかね(^^;)
    とある本で動物性のタンパク質を取らないと神経伝達物質が減りうつ病になりやすい…なんて話を読み、納得してたのですが、グラウンディングが…というコメントを見てなるほど~と思いました。
    でも牛は苦手で食べられませんが(^^;)。

    人それぞれ欲する物が異なるし、個人的には各自自由に感謝して頂けばいいのかな~なんて思っています。
    どんな事でも、どれが良い悪いと言い始めた時点で不幸になりますよね~(^^;)

    じぇいどさんのブログや本は、明るく自然な感じで大好きです。再開された時は嬉しかったです(^^)

    返信削除
  24. あかり@スターシード1/12/11 9:37 午後

    私は貧血になりそうなのと、お肉大好きなので、肉食を今後
    辞めることはおそらく、体質が変わらない限りはないと思います。

    林秀静という、中国人の人の書いた本にあったのですが、
    (四柱推命&命証合診をする方です)マクロビオティックをやっている人には、貧血で色気のない方、結構多いそうです。(汗)


    実際、その個人の体質によっては、肉を全く食べないと老けやすくなったり、貧血で月経異常が生じることもあるらしいので、マクロビオティックやベジタリアンは万人に勧められるかと言ったら、そうではない気がしています。

    良質な肉を少量食べればいいのではないか・・と林秀静さんは書いてましたね。

    返信削除
  25. あかり@スターシード1/12/11 9:42 午後

    追加ですが、林秀静さんの書いた、私が読んだ本はこちらです。

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4778200187/ookubosenjuts-22

    『ハッピーごはん恋レシピ』という本で、いろんな食材を
    陰陽五行説の木火土金水の5行にわけています。

    豚肉が水、羊が火でしたかね。読んでみると面白いですよ。

    返信削除
  26. あ~、すごく共感です。どれも。

    私も肉が大好きでしたが、最近自然と食べられなくなりました。鶏は大丈夫だけど。
    でも肉は大好きだったし、植物の命と動物の命を差別するのはいかがなものか?と中学だか高校の頃に思い、「植物も動物も、差別することなく感謝をして、食べよう」と思いました。

    その後、ふと「いただきます」という言葉が深いなあ・・と思いました。
    「いただきます」には、料理を作ってくれた人への感謝の他、食材の命、食材を育てた人・運んでくれた人・売ってくれた人・・・etc. 様々な人たちへの感謝が一言に凝縮されているんだ!と気付きました。
    日本人で良かったなあ、と思いましたね♪

    あと、死んだ後の肉ね。
    これも良いんじゃないかと思ってしまうんだけど(^^;)
    人々のエゴが強くなくなったら、人間の肉を求めて殺し合いってこともなくなるだろうから、そんな日が来たら自然と人間の肉も「もったいないから」と食べるようになるかもね♪
    私はずっと、自分が死んだら熊とか肉食の動物やバクテリアさんにあげて、生態系の一部になれたらいいのにな、と思ってます☆

    返信削除
  27. 肉食については本当にいろんな立場がありますね。
    子供の頃に飼っていた犬が出産した直後に、
    自分の胎盤をむしゃむしゃと食べているのを見て、
    とてもびっくりした記憶がありますが、今思えばとても合理的だなぁと思います。
    3次元の肉体を保持するために、必要な要素はきっと人ぞれぞれなんだと思います。

    返信削除
  28. あすケット2/12/11 12:53 午前

    私も、「動物の気持を考える」 という事をきっかけに、
    肉食についての話に、よく行き当たります。
    私自身は、波動を上げたいですし、「見える」 ようにもなりたいので、
    私の場合は肉食を減らす方向が良いのだろうと思っていますが、
    基本、やっぱり本人の意思で決めるべきじゃないか?
    感謝して食べるのがいいんじゃないか?と思います。
    肉食=悪い事 とイコールで結んでしまうには…、
    単純には片付けられない事じゃないかと。
    完全にイコールなら、肉食の野生動物やペットも「悪い存在」
    という事になってしまいますし。
    「過剰に儲けるため」 や 「消費しすぎ」 には
    気をつけた方がいいと思いますが。

    ちゅまさんのドラゴンの肉についての話を見て、
    先日実家で見た、NHKの ヒョウの親子のドキュメントを思い出しました。
    とても賢く一匹の子供を外敵から隠しながら育てていた母ヒョウが、
    狩りをしにそこを離れている隙に、
    大蛇に子供を飲み込まれてしまい、
    それに気付いた母ヒョウが、大蛇に攻撃。
    大蛇はヒョウの攻撃で痛手を負い、逃げるため(体を軽くするため)
    飲み込んだ子ヒョウを吐き出して退散。
    母ヒョウは大蛇を追わず、動かない我が子をくわえてしばし歩き、
    またしばし動かぬ子供と過ごした後、
    我が子を食べ始めた、というエピソードでした。

    色んな考え方ができますが、
    母ヒョウが悲しんでいた事は確実だと思います。
    賢いメスヒョウだったので、考えた末の行動だったと思われます。
    ドラゴンの肉の話と人間の肉食の話から
    連想的にこの話を思い出しました。

    肉食って複雑な気持になりますが、
    考える気持そのものが大切なのかなーなんて思います。

    返信削除
  29. 発達障害を持っている人は、
    たんぱく質をしっかり取らないと脳が働かないそうです。
    自分もその傾向ありで、さらに貧血もひどいので
    お肉なしというのは今のところ考えられないですね。
    命を差別するというのもおかしいと感じますし。

    しかしこういう自分でも、
    遠足の時はしばらく肉魚が食べられなくなりました。
    必要かそうでないかは体が判断することなのでしょうね。

    返信削除
  30. ドラゴンの肉のお話、とっても興味深く拝見しました。私は死んだときは火葬にしてもらおうと思っていたのですが、もったいないかも?

    Sanaeさんのコメントで思い出したのですが、私はつい最近車で鹿をはねてしまい、友達に言ったら「持って帰った?」(本当は"Did you back up and put it in the trunk?"でした。爆)と冗談まじりに聞かれました。ここ東海岸ではあまりしませんが、アメリカでも地方によっては報告さえすれば持って帰っていい、という所もあるようですね。

    返信削除
  31. 肉を食べること対するじぇいどさん家のスタンス、好きです。

    家畜の転生の件は、なるほど、と思いました。

    ドラゴンさんの死後。そうなのね、と思いした。やな感じはしなかったです。
    小さい子どもの時、蟻さん観察してて気づいたんですけど、蟻さんは死んだ蟻さんを持ち帰っていました。おそらく食べるかと思います。

    マクドナルド、半年に一回はガッツリいきたくなります。

    返信削除
  32. 生粋のベジタリアンから一言。何にでも感謝して食べればめでたし、めでたし。というのは、ちょっとひっかかります。地球のエコシステムのアンバランスは、肉食崇拝主義が生み出した家畜制度が、大きな原因のひとつだといわれています。100gの肉=動物性たんぱく質が食卓に並ぶまでに費やされた膨大なエネルギー。何でそこまでして「死がい」が食べたいの?なんて意地悪をいいたくなっちゃうのですが、、、、。
    それに、家畜の肉は、誰かが「殺した」ものですが、植物の場合は「収穫」又は「採集」されるのであって、やはりその点、波動は違うでしょうね。

    返信削除
  33. そういえば、上記の友達、"If we aren't supposed to eat animals, why are they made of meat?" (動物を食べちゃいけないんなら、動物はなんで肉でできてるの?) とものたまっていました。結構よく知られているジョークらしいです。

    返信削除
  34. すぎなさんの書き込みで気付きましたが…。

    植物が、「成長し実らせた恵み」を人間や動物などに
    分け与えてくれることに対し、
    動物の場合は“1つ”しかない「命」を頂く訳ですよね……。

    当たり前のことじゃん、と言われてしまえばソレまでですが
    その当たり前の事に、案外気付いていない、もしくは忘れている
    ものなんだなって思いました゚(ノД`)

    返信削除
  35. *やすみん*2/12/11 2:17 午後

    かあちゃんとしてこそっと。

    最近、スピリチュアル的ベジタリアンやマクロビオティックが流行ってますよね。
    大人が実行するのはかまわないのですが、いつも犠牲になるのは子供なんですよね。
    実際にマクロビ強めに実行されてるご家庭で一歳代のお子さんがビタミンB12不足で病院で点滴通いとか洒落にならない事例があります。
    私も子供の頃は豚肉のにおいが苦手でしたが、コレステロールが低くてなってしまいました。今は美味しく頂いてます。
    コレステロールは「健康の敵」みたいな扱いをされがちですが、ホルモンの分泌に必要な物質なんですよ~。

    日本ほどバラエティに富んだ食事ができる国はないんですがねぇ。
    バランスよく食べるのが一番ですな。

    返信削除
  36. じぇいど♪2/12/11 4:05 午後

    みなさまのコメントが実に興味深い話ばかりですねえ。
    こうやって自分の考えをそれぞれ語って、人の考えを
    読むことでまた自分も考えを深めたり新たにしたり
    って機会が得られる。いいねいいね、ってうれしいです。
    この記事をだいぶ経ってから読んだみなさまも
    ぜひいろんな意見や感想を残してみてください。


    パグショコラさん
    食品添加物は気にし始めたら食べるものがなくなりそうでw
    日本のポテチおとーさんここぞとばかり食べてますよ~

    ながさん
    うむむ。たしかにそうだ。いわれて見ればそうだ。
    あれはキリストの血と肉を象徴していることなんて
    小さい頃から知っていたのに、カニバリズムと
    結びつけたことなかったですねえ。いったいどういう
    つもりでの逸話と儀式なのか。不思議ですね。

    アキレスさん
    調理・・・上のスーパーで売ってるんだから
    ステーションあたりの人は調理するのでは・・・?
    ちゅま宅でも店でも黒じぇいど♪も食さないんで
    わかりませんけれども。
    波動上げるためにお肉大好きなのにやめるってのは
    なんか子供は特に、違うんじゃ?って思いマスけど
    ねえ。肉が体にあってれば、ありがたくいただけば
    いいんじゃと思いますよ。

    ソラさん
    どういう気持ちで食べるのかやっぱ
    人間の身には想像がつかんですねえ

    ももんがさん
    外見とか肉体にこだわることがマイナスに働く
    くらいだったらこだわらないほうがいいと思います
    けれどもやっぱり外見を磨くことで生まれる自信
    とか、自分をこう見せたい、というイメージを
    持って自己表現の手段とする、ってのはいいことかと
    思いますけどねえ、個人的には。美というのも
    この地球で楽しめることの一つで、その中には
    肉体ありきの美ってのも含まれるでしょうし。

    ちびねこさん
    そうですかー同じですねー
    こんにゃくでカレー!ためしてみます♪

    みなみんさん
    無理にやめることはないとおもいますよ。
    むしょうに食べたくなるのは体が必要としている
    からなのだと思いますし。

    ゆめかさん
    そうそう、食べたいのに波動をあげるために
    我慢!ってのは、カルマはどーかわかんないですが
    自分が気持ちよくないでしょうし。

    mitsuzoさん
    そうですね。自分に素直になること、はつまり
    体の出すサインを感じ取れるようになること、
    でしょうね、この場合。

    orangepotironさん
    妊娠中ってほんと、食事の好みかわりますよねえ。
    私の場合、ちゅまのときが「焼肉!」で。当時は
    肉大好きでしたね。ももちゃんのときは
    カリフォルニアロール、で。ばんぶるのときは
    特にそういう偏食とかどうしても食べたいって
    ものがなかったです。
    そうそう、波動を上げるのは食べ物だけじゃ
    ないでしょうしね。笑いは大事だと思います!

    miuさん
    漁師さん!なんとうらやましい!新鮮さがものすごく
    違うんだろうなあと思います。
    ウサギの肉、フランスふつーに売ってますね。
    食べたことなーいって言ったら知り合いが調理
    してくれましたが美味しかったです。鯨もいるかも
    命をいただくという点では牛となんら
    かわりないと思いますね。

    かきひと3号さん
    はー。チンパンジーもそうなのですか。
    複数の見方が頭の中にある、たしかにそうですよねえ。
    簡単にジャッジできなくなります。

    あきさん
    うーむ。「わかる人」はダイレクトにわかる
    でしょうけれども、じぇいど♪のようににぶい
    人は、自分ならば感情の動きとか、体感とか。
    他人の場合なら言動の内容とか?他人をジャッジ
    するのはいかんと思いますが、逃げるが勝ち!
    あきらかにヘン!かかわっちゃいかんと思う!
    みたいな人はちゅまが見てもわーなんか憑いてる
    だったり波動が低いというかオーラがどよーんと
    くすんでたり。肉やめて自分がどうかわるのか
    観察してみるってのはアリだと思いますよ。それで
    気持ちがよければ続ければいいでしょうし。

    Sanaeさん
    おおおイタリア人。美食の国ですから^^
    狐も食べて美味しいんですね。フランスも
    狩猟でしか取れないものを売ってるお肉やさん
    あって、いのししとか店頭にぶるさがってますが
    狐は見たことなかったですねえ。
    そうそう、エスキモーとか、肉しか食べないですし、
    それでも栄養不足にならないようになってるの
    ですよねたしか。そして野菜も命が。そうですよね。
    ジャガイモがステーキのつけあわせの定番なのは
    ちゃんと理由があったのですね。

    匿名さん
    MAP実践して効果あったとはうれしいです^^
    あれはいい本なのになかなか手に入りづらい
    ようで残念です。
    フラワーエッセンスについては旧ブログで
    シリーズ記事書いたことがありますので読んでみて
    くださいね^^
    http://plaza.rakuten.co.jp/californiajade/diary/200804190000/

    千歳さん
    その気まぐれ、がちゃんと必要な量とタイミングを
    調節しているのでしょうね。

    のらさん
    準備ができるまで歩きだしてはいけない、
    という考え方もあるでしょうし、とりあえず
    歩き出して試行錯誤の中で失敗も経験しながらも
    学んでいく、どっちの方法でも間違ってないと
    思いますよ。さんざん失敗を重ねてきた身としてはw
    UFOは、3次元レベルでのコンタクトはないと
    思いますねえ?ちゅまはUFOはUFOと思ってないようですが。
    未確認ったって、確認できないのは地球人のほうで
    飛ばしている側は未確認じゃないしーと。
    可視になってないのが上空にいるとき、わかることが
    あるようですよ。どう接する?ふつーにこんにちは
    して意思疎通できるようなら世間話でもするかなあ・・・

    miffyさん
    たしかに魚介は新鮮さが命、生きたままさばくなんて
    当たり前ですものねえ。豚肉がお線香の匂い、
    それは不思議ですね。
    ドラゴンの寿命はまちまちみたいですね
    種類によってとか。ご心配されてることは大丈夫
    かと思いますよ。転生してまた会うときに、むこうは
    大人ドラゴンなだけで。ちゅまがいまそういう状態です。
    自分の親友が大人のまままだ生きてますが。基本的に
    覚えてないなら前の生のことは言っちゃいかんらしい
    のですが、それでも「わー数学そんなにできなく
    なっちゃったのねえ、専門家だったのに」とか、
    ぽろっと言われたことがあったそうでwwww

    テツおかんさん
    そりゃすごい!豪快ですが、昔はそれが普通の
    生活の中に当たり前にあったはずですよねえ。
    肉がパックで売ってるようになってしまってから
    の歴史のほうが圧倒的に浅くて、不自然な形の
    生活なわけで。ほんと、必要なものが選んで
    食べられる幸せってのはすごいことだと思います。

    名言配達人
    ありがとうございます。そう言っていただけて
    嬉しいです^^またいらしてくださいね~

    めもさん
    そういう映画あったのですか。戦争中には
    けっこうあった話みたいですよね
    人間が脳を・・・は知らなかったですが、
    なるほどー!ですね。そうやって弊害があるから
    タブーなのか、タブーを守らせるために弊害があるのか。
    どっちなんでしょうね。
    コメレスは楽しいですよー みなさんのコメント
    とても勉強になりますし。

    返信削除
  37. じぇいど♪2/12/11 4:47 午後

    真名さん
    食べないでいると欲しくなくなりますし、食べると
    重いなーって感じるようになっていきますよね。
    ラファさんに言われたのは、全く食べられないのも
    不便だからほんの少したまに食べれば?って方法
    で、なので豆腐ハンバーグにほんの少し、とか
    ソーセージ1,2本、ハム1枚、とかはたまに
    食べたりしますけれども、やっぱり完全に絶ってしまうと
    体が全く受け付けなくなるのかなと思います。
    オイル入りドレッシングが欲しくなかった時期ありました。
    今は多少かけますが、格段に以前よりかける量が
    減りましたね。つけあわせならドレッシングは
    なくてもいいくらい。グリーンスムージー、
    甘めのは飲めますが「ほんものの麦芽だけの汁」
    はやっぱ苦手ですねえ・・・

    りいんさん
    あああ、なるほど、動物性蛋白が不足すると脳が正しく
    働かなくなるってのは神経伝達物質が減っちゃうって
    ことなので、それが霊的世界で言う感覚では
    グラウンディング不足として感じられるのだとしたら
    科学的に説明つきそうですよね。おもしろいです。
    明るく自然な感じと言ってくださって嬉しいです^^

    あかり@スターシードさん
    貧血は深刻になると大変なことになるので
    注意が必要ですよね。色気のないというのは
    顔色とか中国の医学用語かなんかで言う別の
    意味でしょうかそれともそのまま色気?だとしたら
    第一チャクラのエネルギーが弱まるということで
    なんかわかる気がしますねえ。
    ほんと、その人のもともと持ってる体質だとか
    これまでの食事の状態、生活習慣、健康状態などなど
    いろんな要素があるので、万人がベジ食、
    マクロビ、合うとは限らないですよね。
    本の紹介ありがとうございます。食材の陰陽表は
    みたことありますが5行に分けるって面白いですね。

    たーにゃさん
    いただきます、これ、他の国にない言葉だと思うの
    ですよねえ。めちゃくちゃ長いお祈りする家庭は
    ありますけれど、欧米しかしりませんが、いただきます
    にあたる言葉がない。土に還る、って表現、現代では
    そうできなくなってきましたよね。

    クリキンディさん
    胎盤に栄養があるから食べるとよい、ってことが
    本能的にインプットされてるってことなのでしょう
    けれども合理的だし、動物の本能ってすごいなあ
    って感心しますよね。

    あすケットさん
    興味深い話をありがとうございます。
    動物がどこまでどう悲しみを感じているのか、
    なぜ食べるという行動に出るのかを調べる手段は
    科学が進んでもきっとないのでしょうけれども
    命の重みを感じる話ですね。

    凛々さん
    発達障害というのはおそらく脳の伝達物質などの
    分泌状態なども原因にあるのでしょうから、
    なおさら慎重になったほうがいいのでしょうね。
    遠足前後食べられない、なんかわかる気がしますね。

    めぐみさん
    そう普通は火葬ですもんねえ。食べてね♪とは
    さすがに言えないですけれども、土葬が法的に
    OKなほうが自然だったのか?とか考えちゃいますね。
    ひゃーシカはねちゃうなんてことあるんですね。
    それは災難でした。でもたしかに鹿肉、昔食べたこと
    ありますが、甘くて美味しいのですよね。

    MJさん
    アリさんはアリさんを食べるのですか。
    それは知らなかった。でも合理的なのかもですね。

    すぎなさん
    いいご意見ありがとうございます。ほんとにそうなの
    ですよね。誰も肉を食べなかったら計算上は飢餓問題は
    なくなるはずといいますね。だから、ただ、ありがとう、
    って軽く感謝する、っていう感謝じゃなくて、
    自分の罪深さというのも充分に知って受け入れた上での
    感謝、が必要なのだと思います。

    真名さん
    たしかにその両者の違いは大きいですよね。

    やすみんさん
    たしかにそうですね。親の都合で子供にやらせる場合、
    きちんとした知識にもとづいた
    栄養管理ができる親じゃなかったら不幸ですねえ。
    ちゅまの友人でビーガンがいますが親は医者で、親は不通に
    肉食べるとかw これは本人の意思ではじめたようですね。
    私の知り合いでも、医者と看護婦さんのご夫婦で宗教上の理由で
    ベジタリアンになった方いますが、ご馳走になると
    すごくしっかりした代替食品食べてて健康的でしたね。
    バランスいいのが一番♪

    返信削除
  38. 「がん」になってから、
    なぜだか肉が食べられなくなってしまいました。
    「がん」は、玄米菜食やゲルソン療法で
    良くなると言われているので結果的には
    肉が食べられなくなって良かったのですがw

    放射線治療を進めるうちに
    舌の味覚が無くなってしまい、
    最初、砂糖の甘味が解らなくなり
    食べられる物は野菜や果物ばかりw
    (果物の甘みは感じられるので)
    まさに体が「がん」をやっつける
    ビタミンを求めているんだなと思いました。

    放射能がこれから影響してくる事を考えても
    がんを防ぐ意味でも
    肉や砂糖を控える事は、霊的なものだけでなく
    有効かも知れませんね。

    返信削除
  39. じぇいど♪5/12/11 7:15 午後

    匿名さん
    がんに食事療法はとても大事みたいですものね。
    自然に肉が食べられなくなって野菜と
    果物は食べられる状態にというのは
    不思議ですが体の自然な変化だとすると
    体の声をきちんと聞くことの大切さを感じさせられます。
    完治されますように!

    返信削除
  40. じぇいどさんこんにちは♪
    私は肉食についていろいろな面から見て反対ですが(健康・環境破壊・飢餓など)とくに家畜動物があまりに酷い虐待を受けていると知り、知った以上はそれに自分が加担したくないし、過酷な生き方を強いられている動物達を減らしたいと思っていて、今ではVeganで動物性のモノは食べませんし身につけません。そして、不幸な家畜がどうして生まれてきてしまうのか本当に知りたいと思っていました!
    精神世界についてはわからないことだらけですが、望んで転生するということは家畜動物にも当てはまるのですね。。。
    モチロン私が菜食をやめることはありませんが、ずっと引っかかっていたことか書いてあって、
    このブログが読めて良かったです。
    これからもいろいろなお話を楽しみにしています☆

    返信削除
  41. 記事とみなさんのコメント、
    たいへん興味深く拝見しました。

    食べる食べられるは、自然界では当たり前のことですが、
    さまざまな人間の干渉によるひずみや、
    それぞれの人の経験や感情によって、
    解釈の異なる難しい問題ですね。

    正しい答えというものはきっと無くって、
    自分の選択―――生き方しかないような気がします。



    ちゅまちゃんの話に納得です。

    悩んだり、苦しんだり、戦ったり、
    その厭だと思う最中に、
    「体験したい、したい、したい・・・・」という声を
    心の奥から突然聞いたことがあります。

    すごくびっくりしましたが、
    「どんなに嫌でも、自分が望んだんだな・・・」と
    納得せざるを得ませんでした。 
    苦しみは消えませんでしたが。(笑)


    命を取る事、その痛みの上で生きるのを実感することは、
    とても大切なことだと思っています。


    メディスンマンたちが昔、
    自分の生まれてきた使命を果たすため、ある動物のパワーを得るために殺して食べる、ということがあったようですが
    大きな目で見たら、すべてのイノチがそうかも知れませんね。
    植物・動物に関わらず。

    返信削除
  42. 初コメントです。
    私もなぜか2ヶ月くらい肉が食べられない、というか食べるとお腹が痛くなる時期がありました。飲食店経営なので、味見等でかなり弱りました。 なにみえ、見ていたので、これで霊感が上がるかも?と期待しましたが、何事もなく、ある日肉が食べたくなって終わりました。
    でも、そこに食べられるものがあるなら、食べる、というのは必要最低限しか食べない、のが基本なら全然ありだと思います。不必要なのに、他の命をもらう、という行為が一番いけないのかなー、と個人的に思います。

    返信削除
  43. ある女性が、たまには肉やタバコ・酒をやらないと光になりすぎて地上にいられなくなる(笑)と言ってました。

    俗世に生きてる限り、波動が上がりすぎても生き辛くなっちゃうんでしょうかね。

    返信削除
  44. イエスが最後の晩餐で弟子達に与えたパンとワインは、聖書の中でも『血と肉』という表現になっていますが、それはあくまでも比喩であって、カニバリズム的な意味でも波動をあげるためなどという意味ではなく、単に「あなたも私も、神の子として、同じ血と肉を分け合った(同じ血と肉から別れた別れた)兄弟なのです」という意味であると、教会で教わったことがあります。

    横槍、すいません。

    返信削除