2011年12月11日日曜日

人は変わろうと思えば変われるし、出来ると思うから出来るのだ。

さっき突然ももちゃんがごはんの支度中のじぇいど♪にばんぶると折り紙をしながらなんの前後の脈絡もなくつぶやきました。

「あたし、もうコンサートで一番前の真ん中の位置に立つの、やなのよ。」

先日ももちゃん、市の小学生が集まる大きなホールでのコンサートに出たときに、フルートが一人だったもんだから、先生に決められた位置は指揮者の真ん前。みんなから「目立ってたねー」と言われまくりだったのです。

ああ、こりゃ、引っ込み思案なももちゃんにとっては重荷な立ち居地だったのかしらん?と思って聞いているとその続きは・・・

「だって、指揮者に隠れて、見えなくなっちゃうんだもん。写真も何枚も隠れちゃって写ってなかったし。」

どひゃ~ん。その予想もしなかった言葉にじぇいど♪、母として結構大感激。ももちゃんも変われば変わるものよのぅ、と。だって、ももちゃんの舞台恐怖症、ちょっとやそっとのもんじゃなくてそりゃもう筋金入りだったのですよ。

小学校低学年のとき。教室で参観日にみんなで一つの台本を読むイベントで、たった一行読むというだけの役。普段すらすら本を読むももちゃんにとってはなんてことのない課題なはずなのに、ものすごく緊張しまくって、真っ青になって固まって、ついに本番の自分の番直前に教室から逃走し、トイレで吐いてしまったのがそのはじめ。

なんとか自分でも克服しようと思ったのでしょうね。学校のイベント、タレントショー(一人一芸なんでもあり、のショーですね)のオーディションに参加しようとしたらしく。順番がくるまではニコニコしてやる気まんまんだったのに自分の番がきたとたん固まってやっぱりできないと泣き始め、その前後の豹変ぶりに困惑した先生からわざわざ具合でも悪いのでは?と家に電話が来たほど。

その後引っ込み思案は定着し。人柄も成績もすべてにおいて良い、ただし声が小さい。と通信簿には書かれ続け、抜群の才能を見せた体操やダンスやチアリーディングといった習い事は人前でやるものとわかったとたんぜんぶ辞めてしまい・・・

このままでは自分の可能性がどんどん狭まっていってしまうのに困ったもんだ、と思いつつも、本人も自分でもわかってて、変わりたい、変わりたいと思っているものを親としては暖かく根気よくただ見守るしかなかったのです。

本人も涙ぐましい努力をしました。そして学校でも理解してくれて、少しずつ、少しずつ、なるべく本人の負担にならない形から克服のチャンスを与えてくれました。

合唱なら大丈夫かも。と数十人と一緒に舞台に立つ機会のある合唱部に自分から入ったり。それでも最初は舞台の前夜に緊張で眠れないほど。米国の小学校の卒業式のときには、数人のバイリンガルの子たちが各国語で卒業の言葉を次々言うというほんの数秒の役を与えてもらい、なんとかこなせたのは本人にとって大きな自信になりました。

1年ほど前からは、あがり症だとはわからないほどに普通に様々な活動をこなせるようになり、先日の国語の授業での朗読会では、みんなの感想に「特にももちゃんが上手だった」との感想が次々あがったのですよ、と面談で先生にその感想の紙を見せてもらってびっくりしました。

来年、もう一度こんどは日本の小学校の卒業式があるのですが。なんとももちゃん、ホテルでの謝恩会でフルート演奏をやりたいから!と自分から計画し、伴奏してくれるピアノの子を探してお願いして、これから練習に入るのだとか。

あのあがり症で吐いてしまうほどだったももちゃんがそんなことを自分から計画したとはもうびっくり。

人間変わろうと思えば変わるもの。うん。ほんと。

・・・とか思ってたら、ももちゃんの「出来ない出来ないって思うから出来ないんだよ!出来ると思わないと出来ないんだよ!」との大声が。

まだ1人じゃ犬だのネコだのしかつくれないのに、折り紙のくす玉がつくってみたいから教えてくれ、とももちゃんに自分から頼み込んだはずのばんぶるが、むずかしくてできないー!と投げ出してそうになったのを叱ったのでした。結局気を取り直し、ももちゃんの指導で再開したもよう。最終的にこんな素敵なものができあがりました♪6面のうち2面をばんぶるが折ったそうな。












そんなこんなと同時に見つけたTLに偶然出てきたツィート。こういうときのタイミングってのは不思議ってか相変わらずって言うか。

 進化人間 Akio Yamamoto 

『「出来ない』と思っていたら、100年経っても出来ませんが、「出来るかも」と思ったらそれは出来るでしょう。この差は、天と地ほど大きいですよね。』こんな、当たり前、当然なことを理解したいがために、何千冊と本を読んだりするんです。出来るかもと思って行動すれば、出来た上に理解できますよ



応援大感謝。↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

23 件のコメント:

  1. おんぽたんぽ11/12/11 6:21 午前

    あのももちゃんが、以外でした。。。

    どんな洋書を読んでるか教えてもらった時の印象では、しっかり屋さん♪の部分しか、分かりませんでした。

    ずっと努力されてたのですね。。。 

    子供は、成長と共に変わりますからね。。。大人だって、もっと
    ダイナミックに変わって(私のこと)
    良いですよね(^_-) 出来ると思って
    やる、はいわかりました。

    ちなみに、壁紙の家紋-水戸黄門様の家紋がちょっとアレンジされたぐらいに
    思っていたのは、きっと私ぐらいでしょう。^^

    返信削除
  2. 結とバカ犬11/12/11 6:53 午前

    読んでて涙が出てきてしまいました~。(T△T)

    ちょうど(というより必然的に w)私も、
    過去生からのトラウマを解放する時期にきてたのです。
    でも、それこそ何百年レベルでの思い込み、
    そう簡単には離れてくれず、「できないよ~」と根をあげて、本当は手放したい思い込みなのに、慣れ親しんできたからという理由だけで、またそれと生きようとし始めてたところだったのです。

    ももちゃんの言葉で

    はうっ( ̄◇ ̄;)っと気づきました。

    用意周到な上の方は、たくさんの必要な言葉を、こうやって私やみんなの上に降らせて、根気よく教えてくれるんですね。

    ももちゃ~ん、ありがとう!(^-^)
    フルートとピアノの舞台、いっぱい楽しんできてくださいね★

    返信削除
  3. パグショコラ11/12/11 7:10 午前

    ももちゃんはすごい子ですね!
    アガリ症の克服って、ちょっとやそっとじゃ出来ないですよ。
    私も極度のあがり症ですから、痛ーいほどわかります。。
    いまだに人前では口もとがワナワナと震えますし、子供の頃なんて頭のなかが空っぽになって、弾く事も話すこともできなくなる、なんてしょっちゅうでした。
    だから12歳で留学しても英語を覚えるまでが大変だったなぁ。。。話さないと身につきませんものね、言葉って(泣)
    あ、でもそのおかげかしら?
    帰国して母国でのあがり症がちょっとマシになったかも…(で、また海外に来ちゃったんですけど。笑)

    すてきな姉妹の共同作品ですね♪
    私もももちゃんを見習って、これからドイツ語とか色々、ずっと時間がないからと諦めていたものをがんばりまーす。
    出来ると思えばできる!ですね。うんうん。

    今日が初めの一歩だったので、とても良いタイミングでこの記事を読ませていただいて感謝です。

    返信削除
  4. おばちゃん、朝っぱらから感動しちゃったよ~。

    返信削除
  5. ももちゃん、頑張ったのですね。
    言葉では一言だけになってしまいますが、克服することは並大抵のことではないです。
    ももちゃんは、これからもっと耀くことができる子ですね。

    返信削除
  6. ももちゃん,すごい!
    その御年で,上がり症克服とは~.

     これって,セルフヒプノになりませんか?
    ちょうどPしゃまの日記にいいタイミングで
    ナイスなシンクロが~♪

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1802738460&owner_id=3657231&org_id=1803000867

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1803000867&owner_id=3657231&org_id=1802738460

    返信削除
  7. 今日というタイミングでこの記事!
    ありがとうございます。

    ももちゃん、素晴らしいですね!!
    緊張しぃな自分も頑張ります!

    返信削除
  8. サルファ★11/12/11 9:50 午前

    おおっなんてなんていいお話!
    子どもに関わるときに、克服させようと説得して直ぐにやらせようとしがちなのですが、諦めず期待し続け、少しづつ克服して行くように見守ろう。
    そして、もう歳だから諦めた方が良いかと自分でブレーキをかける事はしないようにしよう☆と戒めました。

    ももちゃんのフルート、私も聴きたいなぁ☆
    そして、ちゅまちゃんはピアノなんだね♪
    ちゅまちゃんとももちゃんのコンサートがあったら素敵だなぁ☆

    返信削除
  9. わ〜〜!!
    ももちゃん分かるわ〜〜(TT)

    間違えないようにやらなきゃ!完璧にしなきゃ!って思うと余計固まるんだな〜。

    チャレンジャーなももちゃん素晴らしいわ(^^)b!!

    返信削除
  10. 私もあがり症なので、ももちゃんの努力や周囲の大人たちの配慮、凄くわかりました~。
    素晴らしいです!

    がんばったね、ももちゃん☆

    おばさんも見習わねば。

    返信削除
  11. ももちゃん、そんなに上がり症だったのね…
    ほんっとに頑張ったんだね。
    血のにじむような努力、というとオーバーに聞こえるかもしれませんが
    実際そういう感じだったんだろうな。

    いいお話を聞かせてもらいました。
    本当にあきらめたらそこで試合終了、なんですよね。
    (なでしこジャパンの決勝戦でも痛感した)
    自分もできないと思ってたことを見直してみようっと。

    返信削除
  12. ももちゃんのお話を聞いて勇気をもらいました。この年で自分でいろいろ努力や工夫をして克服したというのがすごいです。

    100メートルダッシュの10秒バリアーとか、1マイルを四分以下で走るとか、できないと言われていたことが一人によって達成されると他の人もできるみたいなことありますよね。私も「出来ない」と思い込んでいるだけで出来ないことがたくさんあるんだろうなと考えさせられました。次に「出来ない」と考えたり言ったりした時に気付けるかも。きっかけをありがとうございます。

    だからヴィジュアライゼーション(視覚化)とか効果あるんですね。潜在意識は実際の出来事と想像したことの区別を付けないそうですから、想像できれば「出来る」の方に分類されやすくなるんではと思います。

    返信削除
  13. なんだか、私まで嬉しくなってしまいました。
    ももちゃん、明言ですな〜

    返信削除
  14. ももちゃん、すごい!
    ももちゃんの努力とそしてそれを見守るじぇいど♪さん。
    じーんとしました。
    私も出来ると言い聞かせて達成します(`・ω・´)キリッ

    返信削除
  15. ソラリオン11/12/11 10:07 午後

    はじめまして、じぇいど♪さん。
    ずっと以前からブログを楽しく読ませていただいてます。

    今日のももちゃんのお話はとても胸が熱くなりましてコメント
    せずにはいられませんでした。

    私も困難に出合った時、自分に言い訳せずに
    「出来ると思えばできる!」って宣言しようと思いました。
    ももちゃん、ありがとう!

    そして、自分の子を温かく見守るということの大切さを
    改めて再確認できました。
    じぇいど♪さん、ありがとう!

    返信削除
  16. ももちゃんえらいですね。
    私もしっかりしなくては!!(笑)

    ダンスの振り、覚えられる、覚えられる~!
    赤い靴はいちゃったみたいに好きなのになぜか、
    知らない外国語そのまま暗記みたいなんですよね、
    大人になってからは。。。はー。
    あ、いけないいけない。できる、できる。(笑)

    返信削除
  17. 深い!!

    そして乗り越えた本人だからこその説得力があるなあ!

    ねーさん、脱帽です。

    返信削除
  18. 今朝ぼーっとしていたら考えが浮かんだのでもう一回投稿(笑)。

    ももちゃんとばんぶるちゃんは英語で会話することが多いんでしょうか?帰国子女の英語維持(特に小さい子供の場合)は大変らしいですが、お互いに話せる相手がいるといいですよね。

    というのは、ももちゃんはばんぶるちゃんに英語で叱咤激励したのかなあと思っていたら、アメリカの子供(大人もだけど)なら誰でも知っているちいさい機関車(The Little Engine That Could)の有名な台詞が連想されたからです。

    "I think I can, I think I can, I think I can..." (初めて見る方へ:これを機関車の「シュッシュッポッポッ」のリズムのように言う訳です。手で車輪のジェスチャーをすることも)
    これはパロディーとか揶揄や批判されることも多いですけど、開拓精神と自立精神を重んじるアメリカらしいなあと思う台詞ですよね。人間の可能性を信じている。

    じぇいどさんのお子さん達は言語だけでなく違う文化に触れてきたことによってこういうものも吸収してきているんだろうなあと思ったのでした。ところで、ちいさい機関車(邦題はいろいろあるようですが)は女の子なんですよね。あの時代にしてすごいです。

    返信削除
  19. あすケット12/12/11 1:00 午前

    ももちゃん、その努力すごいです。。。
    責任感が強いんですかねー。。。
    そんな重圧を受けながらも、
    「できる。できるよ。」
    って、自分に言い聞かせていたんだなーと思うと、
    頭が下がります。
    とても喜ばしい事でもありますが、
    あまり責任を背負い込みませんように。。。
    ばんぶるちゃんも、がんばったんですねー。
    何度か聞いても 「分からない」 と思っていた事が、
    だんだん理解できて、分かってしまえば簡単、
    という事に気付く事ってありますよね。
    ももちゃんもばんぶるちゃんも、
    成長の様子がとても感慨深いです☆

    返信削除
  20. ももちゃんすごい・・・。
    おばちゃん涙目です。

    好きなことやりつづけること、
    変わりたいと心から思うことで、

    人って大きく変われますよね。
    そりゃもうびっくりするぐらい。


    そうだったなー、と原点にもどれました。

    ありがとうございます。

    返信削除
  21. 朝からうるうるしちゃいます~
    いいお話~

    返信削除
  22. きらりん☆12/12/11 2:37 午後

    「苦手の中にこそ得意がある」

    何事も、やってみなくちゃわからん。自分の才能を苦手と思うことの中に突撃して開拓せよ。

    というような言葉に以前、出会ったことがあります。

    ももちゃん、すでにそんな境地に。。。

    自分で引いた線引きに縛られる人生でしたが、ここはやっぱり変わり時ですね、としみじみ実感させていただきました。
    ありがとう。

    返信削除
  23. メタトロン12/12/11 3:04 午後

    ももちゃん、がんばったんだね!
    そんなももちゃんから出た言葉だからすごく説得力あるわ~!

    メタもいろいろがんばるよ!!(^o^)

    ばんぶるちゃんも折り紙がんばったね!
    次はひとりで全部作れるといいね♪(^ー^)

    返信削除