2011年12月16日金曜日

はじめての江ノ島 その2

しかしガイドブックも予備知識もなしで訪れた江ノ島。
どこになにがあるかさっぱりわからない。
案内板の地図を見て把握できたのはどうやらメジャーなお宮が
三つあることと真ん中のタワーは有料なんだってこと程度。

お宮とは別の弁天堂というのもどうやら参拝の名所らしくたくさんの
人が並んでいる。しかし弁天堂をちらっと見たちゅま
「あれ?お留守だ。誰もいない。」
どうやらどこかにお出かけの様子?











今日はここへのご挨拶はいいよってことなんだろうかねえ、
きっとまたくるだろうし、ここはこんどにしようか、と
そのまま次のお宮をめざしました。

お散歩を楽しみながら中津宮、そしてだいぶ遠くまで
歩いた感じで奥津宮と参拝を続けました。
内容はどこでも自己紹介と引越しのご挨拶。
二人とも別に誰もむこうから話しかけてくれるわけじゃないし、
???な気持ちのまま三箇所で一方的にご挨拶を。

やはりお初な日本の神様とは、波動に慣れてつながりやすくなるまで
少しはかかるってことかしらん?と思ったのでした。

そして奥津宮のすぐ横にはなんと「龍神の祠」のようなものが。
「・・・ほんとに龍がいるんですが」と、先日のドラゴン寺に
つづいて、ちゅま唖然。

相手は龍神さんですから、ここではちゅますんなりとお話ができました。
ちゅまは自己紹介とご挨拶のあともしばらくお話をしていたようで。
そのあとぼそぼそっと言いました。

「あの初詣で会った龍さんと、家族みたいなものなんだって。
向こうが雄。こっちが雌。でね、うちの子たちってすでの何千匹もいるじゃない、
ちびたちが。でも、今のマンションの植え込みとか近くの公園じゃあ
環境としてはイマイチでしょ。そこでね、ここが気に入った子は
自由にここで遊んでもいいし、住んでも良いし、って言ってくれたよ。
そのかわり、あたしたちもみんなも普段色々お手伝いするから、って。」

どうやらここでも龍神さん、歓待してくれたようです。
そして問題だった我が家の膨大な数のドラゴンたちにとって、
自然いっぱいで気持ちよく滞在できる場所がちゃんと確保できた、
というなんとも理想的な形になりました。

ちなみに、この記事を書いている1年近く経った今では、
我が家の主だったメンバーのうち、
クレイドラゴンのくーちゃんは江ノ島ですごすことが多いもよう。
そして・・・師匠もたびたび仕事の合間に 笑
師匠はえのすぱで風呂に入ったり、海でのんびり過ごしたり
してることが多いみたいですけれどもねwww

さらに奥へすすむとなかなか途中の階段がきつい^^;
江ノ島ってほんと、いっぱい歩くのですね。
もうちょっと行ってみようか、それともここから引き返そうか、
と迷いながら奥津宮も過ぎて観光客の流れていく方向に
ついていくも・・・

「もう限界だよお、この先なんもないでしょ。引き返そうよ!」
と先に音をあげたのは米国育ちで車社会の生活しか経験がなくて
普段あんまり歩かないちゅま ^^;

しかし普段から裏の山でお散歩しててこのくらいはどうって
ことがないじぇいど♪、ひさびさの気持ちいいお散歩に
すっかり楽しくなっちゃってて
そうだねえ、きっついねえ♪とどんどん進み。

「ぜんぜん聞いてないし!こういうときのおかーさんって
上でのルシオラのときと一緒!自分が一度どっか行くって決めちゃったら人が
なに言ってもぜんぜん聞いてなくて止めたって止まらないしっ!
こんな下り階段、下っちゃったら、あとで上がるんだよこれ!」と
息を切らして文句を言いながらもちゅま、一応ついて来たのですが。

階段を降りきって江ノ島の一番端っこまでくると突然目の前に開けたのはこんな光景。
夕焼けの時間なんてもちろん計算なんかしていなくて。ぜんぜん予想していなかった見事なサンセットに二人で「こういうことかぁ~ つまりはごほうび、だったのね♪」とちょうど沈んでいくほんの数分の見事な夕日を眺めたのでした。

そこでもう一つのごほうびにきづいたのはちゅま。

ちゅ「あれ、あのシルエット、富士山じゃん?」

じぇ「ええええ、そうかなあああ」

まだイマイチ富士山の形ってものを把握してないじぇいど♪ 笑
いややっぱりこれは富士山。
シルエットを右にたどっていくと一番端っこのところですね。

あとで調べてみると。そこは稚児ケ淵という場所で、夕焼けに照らされる富士山が見えるので有名な、神奈川景勝50選なんてのに選ばれてる名所。白菊というお稚児さんがその昔身を投げたというのがその名の由来。




正月のお年玉の白い富士につづいて思いもしなかったものすごいご褒美にさっきの文句と疲れも忘れ。すっかりうきうき気分になって帰りの階段の足取りも軽く、名物しらすコロッケをおかずに買って帰って大満足のご挨拶一日めが終ったのでした。

つづく

応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

16 件のコメント:

  1. oh~♪キレイな夕日!
    …ちゅまちゃん、ルシオラさんに相当ふりまわされたんでしょーねー

    それにしても、お宮とか留守の場合って、どんな感じなんだろー
    完全に留守ってことじゃなければいいなぁ
    通常、8割以上のエネルギーが留守の時は3割以下くらいは残っててほしいなぁ

    雌の龍さんだから、ちびちゃん達を心配してくれたんでしょうか
    ドラゴンちゃんたちものびのび暮らせてるようでヨカッタ(^-^)♪

    返信削除
  2. ステキな夕焼けです~富士山が見える景色なんて、憧れ~。

    返信削除
  3. おお~~、あの祠に龍神さまいらっさいましたか。
    しかも雌のかたでしたか~~~。
    すごいなあ。 会話もできちゃうなんて。

    いまはじぇいど家のドラゴンたちが、大勢遊んでいたりも
    するんですね!!!  
    和洋の龍をとりまぜて、おそるべし江ノ島!!(笑)
    見えたらすごい壮観でしょうねえ~~~。

    下の洞窟のなかも気になります。
    わくわく。

    返信削除
  4. じぇいど♪さんちのパワーアニマルさんたち、いっぱいいるとは聞いていましたが、ドラゴンが何千も… 目が点になってしまいました。江ノ島なんて素敵な所で迎え入れてくださってよかったですねー。師匠も日本を満喫されているようではないですか。それにしても本当に見事な夕日ですね。

    ちゅまちゃんはやっぱり龍神さんとすぐ仲良しなんですね。これはさすがに私も見えたらいいのになーと思いました。

    返信削除
  5. 海いいですね。夕日の海に富士山。行きたくなりました!

    返信削除
  6. サルファ★16/12/11 9:04 午前

    なんと!えのすぱへ行けば師匠と風呂に入れるかも♪+。:.゚(○´艸`) .:。+

    返信削除
  7. おはようございます~。わ~!素敵な光景に出会いましたね~!!歩いた分のご褒美だ♪ これって島の裏側かな?昔はたしか小船で渡ったりできた気がしますが、今もあるのでしょうか。

    返信削除
  8. ブルームーン16/12/11 10:21 午前

    ちゅまちゃん、龍神様とお話できるなんていいな~。
    流石ですね~!!
    ドラちゃんたちもいい場所がみつかってよかったですね♪
    今では東洋龍も西洋竜も江の島にはいるんですね(笑)
    本当に、私も見えたらいいのにな~。
    そしてご褒美の夕日の富士山。
    いいですね~♪
    ますます江の島に行ってみたくなりました。

    返信削除
  9. きれいな夕陽ですね。

    心が癒されました~

    ヾ(*´・ω・`*)

    返信削除
  10. 小学生の時に鎌倉に遊びに行ったのですが、
    龍の彫刻がいっぱいありました。
    帰りの電車で、ちゅまちゃんが見たような夕日に照らされた
    富士山が見えました。

    返信削除
  11. あすケット16/12/11 5:14 午後

    ほんとに、龍神様とお話、してみたいです☆
    苦労して歩いた後、こんな景色が見られるなんて、
    本当に疲れが抜けるようですねー☆
    しかし、人が多い時期だったのは、ちょっと残念でしたね(>_<)
    それから、師匠、江ノ島のスパでお風呂とか、なんて有意義なw
    ・・・「仕事の合間に」 って、どんな仕事してんだろー???w
    日本の狭い住宅事情に、江ノ島という環境は、
    沢山のドラゴンや見えない存在達にとって、
    素晴らしい場所になったんですね☆
    でも、ミカエルさんは冷蔵庫の上なんでしょうか・・・w
    とりあえず、江ノ島に行く時は、
    そーゆー覚悟が必要なのだ、という事は
    学ばせていただきました。ありがとうございます☆
    あ、前記事の江ノ電、めっちゃ可愛いです☆

    返信削除
  12. アリュール16/12/11 7:56 午後

    はじめまして^^私も湘南っ子です♪
    江ノ島内にある児玉神社は行かれましたか?
    勝負の神様で、たまにお会いしに行くのですが、本殿が少々高くなっていていて木々に囲まれている感じなんですね。
    見上げてみると、私はなにが見えていたりしませんが(笑)、そんな私でも何かそこには違う空間がありそうな、独特の雰囲気を感じました。
    チャンスがあればぜひ~☆

    返信削除
  13. どういう訳か分かりませんが、コメ出来るようになっていることに気付きました。
    「サーバーの所為」と掲示板に書きましたが、
    「プロバイダーの所為」が正しいですね。
    ローカルだからかな・・・・・

    そうなんですよね、弁天堂には誰もいないのですよ。
    お社も、奥津宮と中津宮は誰もいません。
    辺津宮に弁天さんがいます。
    昔は宗像三女神がいたそうですが、今は弁天さんだけがいます。(昔の写真には宗像三女神がいます)

    宗像三女神の一人=弁天としていますが、まったく別の神様です。
    弁天さんは技芸を生業にする人の為の神さま。
    技芸とは音楽、絵画、お芝居、彫刻などなどがあります。
    技芸を生業にしている人、身を立てようとしている人はお参りされると良いと思います。

    龍の祠を見ていないので分らないのですが、
    通常神さまには龍がついています。
    祠にいる龍というのは弁天さんの龍かと思ったのですが、弁天さんは違うと言っています。
    弁天さんの龍は、向かいの神社にいた龍だそうです。(今は別の所にいます)

    返信削除
  14. あ、うちからもたまにこんな風景見えます。
    ただし山は利尻富士ですが。

    師匠、日本でもお仕事してらっしゃるんですね。
    やっぱり浴場設計とか?
    …すいません、リアル「テルマエ・ロマエ」だなと頭に浮かんだのでw

    今の江ノ島は龍&ドラゴンだらけなのかー。
    主がお寺の龍さんと身内(夫婦?兄弟?)で女性って、
    うちのミシェル(クリロズ時代からの相棒のマイドラ、現在双子の姉)
    みたいだなと思って読んでたら…

    「うん、行ってきたよー。楽しかった♪」
    北海道から行ってたんかいw
    まあ、うちにいる遠足ドラちゃんずはちゅまちゃんの波動わかるから、
    トレースしていけばいいのよね。

    「江ノ島って、……(よく聞き取れない)」
    耳をそばだててみたら、
    「放つ気と受け止める気がすごくバランス取れてるの。居心地いいよ」
    パワースポットって、陽の気と陰の気とどちらかに傾いてることが多いけど、
    江ノ島は両方のバランスが取れてるんだそうです。
    やや放つ気が優勢だけど、どちらを取り入れるのにもいいんだとか。

    返信削除
  15. キラキラみーこ17/12/11 1:27 午前

    綺麗な夕焼けですね
    素敵なお写真にウットリです

    ドラちゃんたち、そんなに大勢いたんですか~!!!
    でも、優しい龍神さんがいて良かったですね
    確か、みんな飛行機に乗って日本に来たんですよね
    ギュウギュウ詰めの状態で^^

    師匠、温泉に浸かってるんですか~?
    私には、大理石あたりが豪勢に使われてるお風呂に入ってるようなイメージしか浮かんできませんが
    以外に古風なんですかね 師匠って

    返信削除
  16. アリュールさんのコメにあった神社、気になってしまい色々検索すると、
    参拝レポしてる人のブログにupされた画像でトイレに龍さんがいた事にビックリ!
    狛犬も特徴的だし、私も近々行ってみようと思いました。

    返信削除