2011年12月19日月曜日

はじめての鶴岡八幡宮 その1


さてはじめての江ノ島のつづき。次の日のこと。
またまた江ノ電に乗って今度は鶴ケ丘八幡宮へ。
昔修学旅行で行ったが、なんか有名ないちょうがあった。
んでそれが倒れたということも知ってる。
最初の予備知識はそこまで 笑


しかし今度は多少調べる余裕が。というのも、駅でもらってきた
ガイドブック的な無料の地図が手にはいったから。
鎌倉は観光に力を入れているからか、こういう無料の地図が
かなりしっかりしててラッキー♪


そして前日にももちゃん・ばんぶるからも情報が。
お正月、初詣のあと、じぇいど♪、おとーさん、ちゅまが
生活の準備に駆けずり回っている最中、
おじーちゃんおばーちゃんとももちゃんばんぶるは八幡さまに行って、
小町通りでいろいろ買ってもらったりして遊んできたんですね。


電話でももちゃん「あのね!駅前に石屋さんがあるし、途中にも
たくさんあるから!それからチョコのコロッケがあるのよ!
おいしいから食べてね!小町通りだから!」と。
なんか、小町通りというのが土産ものが並ぶ通りらしい。
石屋も何件もあるらしい。そのことだけはわかりました。
チョココロッケはあんまり食べたいとは思いませんでしたがw


そこで色んな地図を見てわかったのは、一の鳥居は
鎌倉駅で降りたんでは通れないということ。


「やっぱりね。神社は絶対、特に最初にご挨拶で訪問するならば
一の鳥居から入るべきなんだよ。あれは結界と浄化のシステムだからね、
ちゃんとした結界をつくってる神社ってのは特にね、一の鳥居が入り口になってる
わけで。肉体のある人間はさすがにそりゃ途中から入ろうと思えば
入ることは可能だけれども、見えない存在だと入れなかったりね。
そしてやっぱりそこから入ってくださいね、っていう想定のもとに
作られてるんだから、最初の一回めのご挨拶くらいは遠くても
一の鳥居から入るべきだと思うよ。」と言ったのは・・・ちゅま。


まだそんなに日本の神社、たくさん回ったわけじゃないんですけどもね、
一時帰国のときに訪れたいくつかの神社を観察してそう思ったようでした。


ということで。一個手前の駅で降りると・・・わかりにくい!
住宅地の中の細い道を、人に聞きながら目的の場所を探す、という
ハメになりました。

無事一の鳥居のところまでくるも。通るように想定してつくられてない!そう、ここの参道は鎌倉時代に整備されたものすごくりっぱな長いもので。今では車がばんばん通る道になってるので、鳥居はその真ん中にあって。普通に歩道を歩いてたんだったら、わざわざ中央分離帯のところまで渡らないと通れない。


この一の鳥居がまたいわくつきのもので。大河ドラマでやってた江、じぇいど♪ぜんぜん見てなかったのでこのエピソードやったのかどうか知りませんが。

江はここの鶴岡八幡宮の弁天様を信仰していてそのご利益で無事将軍家光を生みまして。自分のかわりに乳母の春日の局をここに参拝させたこともあると。で、ある日夢にここの弁天様が現れて、鶴岡八幡宮の一の鳥居を石造りで立て直してくれ、と頼んで、そのための石は備前の国から取り寄せるように指示したとか。お江、その夢のお告げ通りにその大工事をはじめ、やっと完成したのはずっとあと、4代将軍になってからのことだったとか。さすがにりっぱです。


そう。この話は最近になって知ったのだけれどもね。鶴ヶ岡八幡宮にも
弁天さまが祭られているのですね。


つづく



応援大感謝。↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

13 件のコメント:

  1. ( ̄□ ̄;)!!
    ちびの頃から幾度に渡り参拝しましたが…そのような鳥居はくぐっておりませんでした
    やり直さなければ

    返信削除
  2. >通るように作られていない

    (笑)鎌倉も久しく行っておりませんが、街並みを思い出して思わず笑ってしまいました。小町通は賑やかで楽しいですよね。もう本当に長いこと訪れておりませんが、食べ物の記憶で鎌倉で思い出すのは朝早く行かない売切れてしまって買えない鯖の押し寿司(バッテラ)と、ちょっと高いが美味しい納豆と、手焼のお煎餅かな~。レトロなカフェのミルクホールも。

    こうやって記憶をたどると、県内なのに10年以上は確実に行っていないかも(苦笑)。夫に大仏を見せたいという気持ちもあるので、行きたい行きたいと思いつつ。(車も混むし、わが家からだと意外と電車でも行きにくいんですよね~、実は。)年明けか春頃にでも行ってみようかな~。

    銭洗い弁天にも行かれましたか?たぶん1番有名なのはそこかと・・・。

    返信削除
  3. チョココロッケの続きが気になります…

    一の鳥居ってそんな意味があったんですね。留意しておきます。今まで全く気づきもしませんでした(爆)。

    返信削除
  4. おはようございます!

    一の鳥居にそんな話があったんですか・・・。

    いつもあの長い参道を不思議に思っていました。
    当時浜から上がってきたり、通行の要所が海のほうだったんでしょうかね?

    あるいは海から来る、何かのためか・・・?

    返信削除
  5. 遅ればせながら、祝なにみえ復活!
    嬉しいー!
    なにみえを定期的に読めると、見えない世界って当たり前なんだよなあってことが常に思い出すことができるので、日々の中でそういう思考回路の習慣ができてありがたいです。
    これからも楽しみにしてますねー。
    さて私も半年前まで湘南に在住してました。
    確かに一の鳥居は歩けるところじゃないですね、^^;
    鎌倉からちょっと離れますが、逗子を越えてさらに横須賀の海岸へ足を伸ばすと、佐島というところがありこちらもなかなか色んな噂があり面白いところです。
    ぜひ行ってみてください(^^)
    さて私も半年前まで湘南在住でした。
    八幡さまもよくいってました。
    確かに一の鳥居は歩けるところじゃないですね、汗。
    鎌倉からちょっと離れますが、逗子を越えてさらに横須賀の海岸へ足を伸ばすと、佐島というところがありこちらもなかなか色んな噂があり面白いところです。
    ぜひ行ってみてください(^^)

    返信削除
  6. あら、上の投稿、重なりまくってしまった。
    すみません〜

    返信削除
  7. なるほど~。鳥居は結界だったんですね!
    お寺にも参道などに赤門だとか門があったりしますが
    それも結界だったりするんでしょうか~。
    毎回興味深いお話ですね!
    今回もさすがちゅまちゃん!って感じですね!

    私も江は見ていなかったのですが
    鶴岡八幡宮はゆかりの地なんですね~。
    知りませんでした~。

    返信削除
  8. このところ毎日神社のお話をきいているので、無性に神社に行きたくなってます。
    伊勢神宮にも年末には行きたいけど、内宮だけでなくて、外宮からいかないといけないんですね。
    でも、読んでるだけで神社巡りを一緒にしているような感じです!ありがとうございます。

    返信削除
  9. あすケット19/12/11 7:44 午後

    「結界と浄化のシステム」 そうなのか・・・。
    人間は、「鳥居の真ん中を通らないように」
    と言われているそうですが、そうなんですかねー?
    (真ん中は神様が通る場所だからとの事)
    「江の夢に弁天様が出てきて・・・」
    の辺り、とても興味津々です。。。
    こうやって見てると、昔からいろんな人が
    チャネリングに相当する出来事があって動いているって多いよなぁと…。
    って、無知すぎかもですが、
    鳥居をくぐる順番があるとか…勉強になります… orz
    一時、半分無理やり入れられた宗教で、
    「鳥居をくぐらないように」 とか言われてたし。
    (今はそこから脱出しています)
    しかし、そんなに分かりづらい 一の鳥居、
    しかも通る事が想定されてない状態って・・・
    分かってしまうと、整備して欲しいですね~(>_<)

    返信削除
  10. 北海道神宮の一の鳥居もこんな感じですねえ。
    車で通らないと抜けられないw

    学生時代からちょくちょく行ってたところですが、
    ここ数年は車で行くようになりました。
    それではじめて真にお参りしたってことになるのかな。

    返信削除
  11. じぇいどさん、ブログ再開待っていました。今日またまた”なにみえ”で探索して、”なにみえ湘南? あ〜!始まったんだ〜!”と。嬉しい限りです。子供たちが大好きなにみえカード、PCのみではなくスマホでもたのしみめるなんて大サービス、最高です。ゆるゆる&和風な雰囲気、ますますいい感じ。これからの記事更新、楽しみにしています。

    返信削除
  12. ここにたどり着くのに約1ヶ月遅れでしたが、なに見え復活うれしいです!
    これからもいろいろな話題を楽しみにしています!

    神社の鳥居、確かに最初の鳥居はスルーしてしまうことが多いです。私のお気に入りは箱根神社なのですが、そこの神社も一の鳥居は車道メインで、よくスルーしておりました。今度行ったときは、きちんと一の鳥居から入ります!

    ところで、箱根神社には最近有名(昔から話題だったかもしれませんが)な、九頭龍神社があります。
    初めての参拝に行く前夜、なんと、家に龍が…。寝ぼけていたのでわかりませんが、2メートルぐらいのやたらとフレンドリーな龍だった気がします。ご本体ではなく、お使いっぽい龍?だった気が…。それとも別の龍?だったかのか定かではありませんが…。
    何かの際には、ぜひいらしてみてください!

    返信削除
  13. きらりん☆21/12/11 1:29 午後

    一の鳥居ってとても遠くて、大きいところほど車に乗ったまま通り抜けられるようになっていたりしますよね。
    車のままで失礼じゃないんだろうか?と、いつも気になってしまいます(^^;)

    あと、駐車場が中のほうにしかないので、相当歩かないと一の鳥居までたどり着かなくて「。。。ま、いいか。。。でも気になる」ってこととか、多いです。

    無理して一回くらいは行った方がいいのですね。

    返信削除