2012年1月12日木曜日

正月の飾りは単なるお飾りじゃない


ちゅまに年末年始に聞いた面白い話。
というかちゅまも今年初めて知ったんでしょうけれども。

正月のお飾りってするじゃないですか。
年末になると、人通りの多い駅前だのの路上にお店が出現したり、
スーパーに特設コーナーができたり。

今回はじめて我が家もお飾りというものを多少やってみましたんですが
なんせ子供たちどころかじぇいど♪とおとーさんにとっても自分で
やるのは初めてのこと。

まずはばんぶるが、ちゃんと稲穂の残った藁を一生懸命三つ編みにしてから
輪にしたものに、鏡餅、辰、松、玉の飾り、が紙粘土で、あとは
折り紙で扇を自作したというばんぶるにしては超手の込んだお飾りを
学校で作ってきましたので、それを玄関に飾りまして。

しかし後はじぇいど♪もおとーさんも実家でどうやってるかなんて
ぜんぜん記憶にない。かと言って今の世の中、ネットに情報溢れてますから
実家に問い合わせるほどのことでもなし。ちょろっと調べてお店へGO。

ま、この時点ではじぇいど♪、正月飾りってものは
歳神さまをお迎えする儀式なんだと知ってもそれはあくまでも
そのあたりは「意味」であって、正月気分を盛り上げる単なるデコレーション、
くらいに思ってました・・・すいません^^;

まずは簡略式の門松だというごく一般的な松の枝を一対買いまして。
白い紙に紅白の水引がついているだけのごくシンプルなもの。
これは歳神さまの「依りしろ」になるそうで。

で、大量生産された、ビニールに包まれてフックに同じものがいっぱい
ぶるさがってる大小さまざま色とりどりのものから、何を買おうかなー
と物色しておりましたのですが。

ある場所に、うんと小さいのが必用だよね、となったときに
じぇいど♪、手にしたのは謹賀新年、と書かれた最小のもの。
しかし、ちゅまからストップが入りました。

ちゅ「あ。それは、交通安全のだから。」

じぇ「いや、交通安全のはちゃんと紙に交通安全、って書いてあるじゃん。これは謹賀新年って書いてあるから、車用じゃなくて、どこに飾ってもいいやつでしょ」

と言いながら、よくみると・・・パッケージのビニールの中に
小さな吸盤が添えられていました。

うむ、たしかに交通安全のと全く同じサイズで、吸盤をつかって・・・
車以外のところにつける人は少ないかもなあ。と納得だったのですが。
なにが違うの?と聞くと

ちゅ「いや、ちゃんと入れてある気が交通安全のは交通安全用になってるんだよ。」

ええええ、ここ、スーパーですけど。そんなとこで売ってる単なるお飾りに
気がどうのとかあるの?と思ったらですねえ。ちゅまが言った面白い話が。


こういうのは工場というかね、まあ大量生産する会社とかで作られてるわけだけれど。
でも、ちゃーんと、そういった工場?工房?を担当してる見えない存在さんがいて、
特に担当として正式に振り分けられてるというわけでもないみたいなんだけれども、
それを趣味みたいにして、出かけてっては用途別に気を入れてる存在がいるみたいよ。
それはその場所によって、地元の神様の分霊だったりどうやって担当になるかも
いろいろなんだろうけれども。



そういうことやってる人を(ほんとは人・・・じゃないですね)たまたま知ってて。
物好きだよなーオレも、とか笑いながら、最近年末だからそういう仕事しててって話を
教えてくれたからえーそれって物好きだからって・・・そういうもんなのか?
とか思いながら聞いてたんだけどね。

ということだそうで。

ちなみに神社のお守りってのも、一般的にその神社のお守り、というだけのものに
対して、目的別みたいのありますけれども。ああいうのはちゅま見ると
ようするに持っている人に結界をつくる効果だったりするのだな、と
観察してて言ってたのですが。

ちゃんとそれもそれぞれ、そのお守りの製作を担当してる存在さん、
神社ならその神社の神様なんかによって、きちんと目的別に個人に結界のような
ものが働くという設定がしてあるのが今回見ててなるほどーとわかったそうで。

お守りやお札はね、さすがにそうだろうな、とは思ってましたけれども
神社で売ってるものじゃなくてスーパーで売ってる飾りなんかも
ちゃんと単なるお飾りでも形骸化した風習だけでもないんだなあ、
そうやって気をきかせて自主的に調整してくれてる神様がいるんだなあと
ぷち感動した出来事でした。

★   ★   ★

もひとつおまけ:すでに松の内すぎて、どんと焼きに出す時期なんですけどねえ。
他のものは近所の神社に掘られた巨大な穴に入れてきましたが、
ばんぶるの抵抗にあいましてやはり手作りの輪飾りはしばらく保管、
ということになってしまいました^^: 

工作もの、特に母の日なんかにプレゼントされた作品が捨てられないじぇいど♪、
引越しのときにもちゅまの2歳のときの工作なんてものが出てきてw、
本人に「捨てていいよ」とにべもなく言われ、取っておいたところで
結局は本人も喜ぶわけでもなくそんなもんかと思ったのもあり。
家のサイズが激減した現在、子供の作品は現物を取っておくのは辞めて
写真を撮る、という我が家ルールを作ったはずだったのですが。
さてどうなるか 笑

応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

18 件のコメント:

  1. ちゅまちゃんの解説を聞いていて、コジコジの正月くんが思い浮かんでしまいました(爆)。

    ちなみに大晦日のわが家の会話:私「初日の出はどうかな?」夫:「アマテラス(呼び捨てゴメンナサイ!)に明日の朝はゆっくりしてていいよって言っといたから、明日の朝は曇りだよ。」(<アンタ、誰ですか?!)私「じゃぁ、ゲランは?」夫「プリンアラモード食うのに忙しいからダメだよ」

    古いネタですみませんが、わが家はコジコジのファンです(笑)ついでに、わが家も正月飾りを捨てられず、実はクリスマスリースなどと一緒に毎年使っちゃっているのですが、ちゅまちゃん、これはどうなんでしょうか・・・。実はずっと気にはなっているんです(^^;

    返信削除
  2. えええ、そ、そうなんだ…

    売ってるお飾りでも効果あるんだ…

    安心したような、惜しいような。今まで、工場で作ったものは効果ないだろうって、買わないで過ごしてました。

    来年はちゃんとしよう。

    返信削除
  3. うわ〜、そうなんですね〜。
    毎年スーパーでお正月飾りを買っていましたが
    単に「形」だけのものと思っていました。

    見えないさんのボランティアだったのですね♪
    感謝です。

    返信削除
  4. うわ~。アパートで正月実家に帰るので、飾らなかったですよ。
    来年はちゃんと飾ります。(反省)

    返信削除
  5. 我が家には嬉しい話でした!
    じつはウチの家業は、しめ飾りについてる海老だけを焼き物で作ってます。
    両親が頑張って作ってるものにも神様がどこかの過程で気を入れてくれてると思うと、とても嬉しく思います!
    手に取った家の方に福が来てくれてるかな?
    ボランティアの神様、ちゅまちゃんありがとうございます!!(*^^*)

    返信削除
  6. 良いお話をどうもありがとうございました。
    見えない存在さんたちが守って盛り上げてくださっていること、戦後多くの日本人が忘れてしまっていますが、こうして知り感謝して、私たち人間がんばらねばー☆って思いました。
    感謝です。

    返信削除
  7. ばんぶるちゃんのつくったお飾りかわいいですね。やっぱり子どもの作ったものって本人にも二度とできないし、気持ちがこもってるものだからできればとっておきたいです。だけど花束とおんなじでそのときが一番きれいなんですよね。ばんぶるちゃんの気持ちも時間がたてば済むかしら???

    お正月飾り、我が家は近くに回収してくれそうなところをまだ探してないので、いつも処理にこまってました。
    学校では神様はふわふわしていて木とかに「ひっかかって降りてくる」らしいと習い(笑)、
    お飾りも何だかいろんなものと一緒にゴミに出すの忍びなくて実家で燃やしてもらったりしていたのですが、

    昨年自分でやったらホットボンドが使ってあって、燃やすとそれが厄介だということが判明しました。
    今年は、神主さんたちが速攻でなんかしてくれたとしても、神社の熊手も即ゴミ収集車だからなあとごみにだしたのですが、

    やっぱりそうなんですね。
    さらに目的別とはびっくりでした。

    返信削除
  8. あすケット13/1/12 2:10 午前

    う~~~ん。今回もめっちゃ勉強になりました。。。
    「物好き」 っちゃそうなんでしょうけども、
    奉仕にもいろんな形があるんでしょうねー。
    ちゅまさんが自分のしている事(上での仕事)
    が当たり前だと思っているように、
    物質を作っている肉体の人間の意図とは別に、
    そういうサポートをしている存在がいるんですね。。。
    人間は色んな角度から守られているんだなーと思いました。
    今回も貴重なお話、ありがとうございます☆

    返信削除
  9. あちゃー、実家からなぜかクリスマスプレゼントに混じって送られてきた正月のお飾り、吸盤を無視して玄関に飾ってしまいました。神様ごめんなさい。去年鹿をひいてしまった私としては交通安全は絶対必要ですので(笑)車に移します。

    で、うちの近所には神社なんてもちろんないので(NYの田舎です)、古いお守りとかどうすればいいか分からないんですよねー。どなたかいいアイディアありませんか?

    返信削除
  10. じぇいど♪13/1/12 7:12 午前

    Sanaeさん
    コジコジ、おもしろかったらしいですね~ 名前だけ聞いた事あります。
    毎年使う件は・・・なんとも言えませんねえ・・・。
    きちっと管理できる人がいたらなんとかOKかもですが・・・
    それについても週末にちゅま帰ったら記事書いて見ますかねえ

    ton:tanさん ゆららさん
    ほんと、じぇいど♪もそういうことになってるとは
    思っていませんでしたよ~
    感謝、ですよね♪

    ソラさん
    飾りだ、と考えたら、正月まるで留守にしてしまう予定だと
    やっぱりいらないかなって思っちゃいますよねえ?

    ぼのさん
    わ~♪ 焼き物でつくってるのもあるんですねえ
    素敵な職業ですね^^

    返信削除
  11. ばんぶるちゃんのお飾りいいですね!!
    学校で作る授業、素敵です。いいなー。自分がやりたいです。
    我が家も子供の工作は写真を撮り、子供が気にしなくなったころに....。
    クリスマスの飾りなんかはありますけれどね。

    そういえば、
    一の鳥居、くぐりました!!
    車道だったので、信号が赤のときに転ばない程度のダッシュで。
    こんな通り方で神様ごめんと思いつつ。
    行く度気になっていた鳥居だったのですっきりしました。

    返信削除
  12. じぇいど♪13/1/12 8:27 午前

    かほりさん
    ほんとにそうですね 形だけじゃないんだな、ってことがわかると感謝ですね^^

    フォーレルさん
    ほんとこれはかわいくて親のほうも得意そうな笑顔を
    見ているとますます捨てがたく^^;
    ふわふわして木にひっかかっちゃう神様w
    おじゃる丸とかに出てきそうだwww
    あーたしかに燃えにくい素材が使ってあったりすると
    家で燃やすのも厄介ですよねえ

    あすケットさん
    ほんとこういう話聞くたびに、人間って愛されてるのだなあ、
    って感激しますよね

    めぐみさん
    いやそれはうちもついこないだまでそうだったんで
    ほんと困ってました。両方の実家からどんどん届くし^^;
    お札や古いお守りはうちの場合は一時帰国するとき
    持ち帰って神社に持って行ってってことをやっぱりしてましたが
    そういう機会もない場合は・・・暖炉ありますか?そこで燃やすんでも
    いいかと思いますがどうでしょう。暖炉ないおうちでは・・・
    そのあたりで焚き火しちゃーいかんでしょうしねえ・・うーん。

    返信削除
  13. コジコジ、数年前まではDVDなどが異常な高値をつけておりましたが、再発のおかげで今はレンタルでも見かけるようになりました。基本子供のアニメなので、機会があったらぜひ見てみて下さい~♪(私もリアルタイムでは見ておりません。)以前こちらで話題になっていたローカルCM(ミツウロコさん)のようなCMも特典で入っていて笑えます。音楽も当時としてはかなりマニアック(笑)。

    手作りのお飾りかわいいですね^^

    返信削除
  14. あけまして、おめでとうございます~~!!!!

    ば、ばんぶるちゃんのお飾り、超かわいい・・・・。
    これは捨てられませんね~~~~。

    小さい子のつくったものは、お宝ですねえ。


    実際に気を入れてくださって守りをしてくださっているお話は、とってもありがたいですね。

    人を好きでいてくださってるんですね。


    今年もよろしくお願いいたします。
    すてきなお話、楽しみにしています。

    返信削除
  15. お飾りの話、勉強になりました。とても、ありがたいですね。どんなお飾りでも感謝しないと!
    うちの場合は、父が毎年ワラ束で手作り。ダイダイではない、みかんも自家製のやつです。お札も毎年、名前と年齢入りの小さなものを家族分いただいてきてくれます。
    しかし、この年齢ときたら数え年なので、見るたび「げっ・・・」です。

    返信削除
  16. リュウさん
    わらを三つあみするために、三つあみの練習からはじめてました・・・
    きゃー車でしか通れなくなってるところは
    車のまま通ったって大丈夫なのは大丈夫ですよー
    神サマだって事情は理解してくださると思いますもん。
    車には気をつけてくださいね~

    Sanaeさん
    Wikiってみましたがなんか不思議そうな内容ですね
    高値がつくとは!

    あもーさん
    そうなのですよー親バカとしても頬がゆるむ出来で。
    人を好き、ほんとそうなんでしょう。

    永遠呼さん
    素敵ですねえ^^きっとご家族の守護さんが毎年
    なにかしてくださってるでしょうね
    ああ、そういや厄年のお札に年齢書いてありましたねえ
    あれは微妙なキモチになるもんですよねwww

    返信削除
  17. ばんぶるちゃんの手作り♪すごい上手で素敵です(^^) そんなにかさばりそうもないし、とっといちゃいましょうよ♪

    ちゅまちゃん確認内容をじぇいど♪さんが教えてくれるおかげで、正月飾りやお守りがありがたいものだと思えました。
    鎌倉の八幡様ではキティーやキキララの御守りが並んでてゲンナリしたんですけど、職場の子がキティーの御守り買ったって知って更にショック
    でも…しっかり気は入ってるんですよね
    ヨカッタ ヨカッタ

    まったく関係ないんですが、録画してた『最後から2番目の恋』再生してビックリ 鎌倉が舞台です♪

    返信削除
  18. じゅんちゃん14/1/12 10:50 午後

    全然本題とは外れますが…前回1:11今回12:12更新ってたまたま(^O^)なんでしょかね

    返信削除