2012年2月22日水曜日

ぴ子画伯に絵をいただいた。のでつらつらと。

なにみえカードで出るとドキドキなw「ミカエル 愛」のカード。
他のカードの絵師は青い月さんなのですが、あのカードだけは
絵師が別の方。それは・・・

ぴ子画伯。

一時期は大天使sを中心にばりばり作品を書いていらしてちゅまがエネルギー的な観点から見ても「いや確かにちゃんとそれぞれの大天使のエネルギーを持ってるのだが。すげー。」と絶賛、イケメンぞろいのその絵は多くの人の大天使sを感知するときのビジュアルフィルターに影響を与えたに違いなく。

ぴ子さん?誰?と知らない方、ミカエルやラファエルとコンタクトを取ろうとしてもどうも脳内でどんな感じにイメージしてよいのやらでお困りの方はぜひ一度ご覧あれ^^ 特に剣を持ったミカエル、大人っぽいラファエルはじぇいど♪もお気に入り。

ぴ子さんの画集へジャンプ!

しかし近年、お仕事に趣味に子育てに恋に♪忙しく、絵のほうは寡作になってたのがとても残念だったのですが。

ひさびさにサプライズで絵をいただきました。のがコレ。
チャネ絵というか守護存在画というか。
PCだとクリック&拡大できます。
ぶふふw 見てるとなんとも言えない気分になりますね^^;
見るからにいたずらっ子バージョンな「るーさん」
つまり、ルシオラって名づけたじぇいど♪の魂の部分の
さらに一部。

ぴ子さんによると、

苦手なお勉強中?みたい?(かおがもう勉強してないねww)

ですと。はは・・・^^;

左に色々書いてあるのは息子さんの黄太郎くんの覚書きメモのようで、本来絵とは無関係なのですが。ぴ子さんおっしゃるには、書いたのが天使だとは一言も言ってないのに、しかもそれまでぜんぜん違うこと書いてたのに突然天使の名前なぞ書いてて、と。こういうことに興味示すティーンの男の子、なんかただ者じゃないw やっぱぴ子さんちも相変わらず色々と面白いようで。

★  ★  ★

しかしこういうのいただくと、ひさびさに色々考えるきっかけになりますね。やっぱ「絵」ってのは不思議なもので、言葉以上の言葉にならないことを伝えてくれるというか。

これまでの経緯からじぇいど♪の内側ってのには2つの相反する部分があると感じていまして、それをわかりやすくするためにカイル系、ルシオラ系、と名づけてこれはいったいなんなのかってのを解釈しようと試みてきたわけですが。色んな考え方によって、色んな解釈ができる、ということがわかっただけで100%の結論ってのはまだ、自分なりにとしても、出ていません。

たとえば、過去生ってもんを信じると仮定したらそれぞれ違う系統の過去生の人で魂が二重のルーツになってるだとか。

ユング心理学に言葉を借りるとしたらどっちも一人の人間の中の潜在意識にあるユングのアーキタイプ的なもの、ともできるでしょうし。その場合ルシオラは純粋な子供の部分、ワンダーチャイルド。カイルが女性が内側に持つ男性性の部分、アニムスかな?と思っていますが。これは自分的にはかなりしっくりくる解釈なのですが、じゃ、ユングは元々何を元にこのアーキタイプ論を組み立てたのかってぇ考え始めると・・・ユングってのは科学者的な心理学者じゃなくてようするにあっちの世界がわかる人、当時の言葉で「オカルティズム」に傾倒していた人だとされてますからなんか色々と疑問が増えて行っちゃうんですがwww

または過去生なんてものは本当は時間が存在しないのだから実はない、魂のグループのようなものがあるだけである、と考えれば、存在する次元を必用に応じて上下に移動する、もしくはこちらがアクセスする部分を変えていることによって微妙に変化する、じぇいど♪の担当となっている2人の守護霊もしくは守護天使と呼ばれるものなのだ、とか。

あるいは以前この記事でちらっと触れたような単に脳の機能としての「サードマン」にあたかも人格があるようにじぇいど♪の脳がさまざまな願望だの潜在意識だのを織り交ぜて人格化して脚色をしている、とか。

もっともっと色んな説に基づく解釈ができるかもなあ、と思いますし、説明の仕方や使ってる言葉が違うだけであってどれが正しい、どれが間違ってる、ってのは実はないんじゃないかなあ、って最近は思ってます。

片方の系統を象徴するカイル。ぴ子画伯がその昔描いてくれたものですが。両者同じ存在の別の側面。
この人はいわゆる「ガイド」とか「守護霊」といったような働きを
してくれる人ですね。別につきっきりで口うるさく言うわけでもなく、基本ポリシーが「オレと会話をするな。同化しろ。」って人ですからよっぽどのことがないと表だって出てくることも近頃はないですが。しかし、論理とか理性とか調査分析や物を書くことなんかはあきらかにこの人の系統。なんせ、自分の内側でエネルギー的にルシオラ系優性になってるなと感じると・・・ブログの記事なんてしばらく書けなくなります 笑

そんで面白いのが、カイル系もこの2通りだけではなく。上下左右?に無限のバリエーションがある。ドラゴンのシュリカンもその一人に近いものらしく。

そしてルシオラも、この無邪気ないたずらっ子るーさん、ってのはほんの一部の階層における状態であって、非常に真面目で毅然とした感じの人間的な部分が殆ど感じられない・・・いや言葉で表現できないですね。マスターたちにアクセスしたときに感じるような「荘厳さと広大さ、人類をじっと慈愛の目で見つめる」とでも言ったようなルシオラもいたり。

そしてどっちの系統にも人間あるいはどこかの星の存在と思える「癒されてない人」ってのが出てきて、丹念に出てきた痛み、傷を見ていっては癒す、ということをしていた時期もあったわけです。

これをなんと解釈したらいいのか、過去生といったものなのか、じぇいど♪自身の深層意識の傷なのか(それにしちゃむちゃくちゃ詳細が出てくるわりに今生では傷に覚えのない話がかなりありましたが^^;)、あるいは人類の無意識層に共通に潜んでいる部分を癒していたのか。

こういう謎に関しては、わかんない部分はどうせわかんないんだから、そのまんままるごと受け止めて「はぁ~、この世界というのは謎だらけでまだまだ奥が深いなぁ」って感動しておけばいいじゃんよ!ってのが最近の姿勢なのですがw。

★   ★   ★

こういうブログやったり、色んな手法ためして見えない人たちのことを書いてると「私もわかるようになりたいです」とか「見えない方々とお話がしたいです」とか「わかるようになりたくて色々やってるのですが思うように成果があがりません。どうしたら。」とかよく言われますけれども。

意識してわからなくても、実は生きるのに別になんの問題もありゃせんのでは。とも思うんですよ。どうせ誰でも守護さんってある程度はついてるもんだしわからない人のほうがよっぽど多いわけですから。

そして守護さんそれぞれの方針、ってのがね、あると思うんですね。その生で、異次元への感覚をオープンにするか否かってのは。基本的には魂全体の単なる「スタイル」とか「好み」とか「必用性」の問題じゃないかと。

ものすごく昔に書いたことあるかもですが、おとーさんの守護さんってのが、なるほどおとーさんの守護霊だよなあ、ってくらいしたたかな人で。ちゅまがアカシックにアクセスしようとしたら、先読みされたんでしょうね。これまでオープンになってたはずのファイルが全部ブロックされてた、とか。じぇいど♪も感度ばりばりに上げてるときに、コンタクトを試みたら「必用ない」ってにべもなくばしっと跳ね返されましたし。「絶対に顕在意識に情報はやらん」って主義みたいですね 笑 もちろん本人、自分の守護を感知したりチャネリングしてるわけがなく。でも、こんだけ守られてる人もおらんよなあ、すごいよなあ、とちゅまとじぇいど♪あきれるくらい、日常守られてますし。

ちゅまが通常は閉じてくる能力を開けっ放しで生まれたというのは、そして多くの子が幼少期で失ってしまう能力がティーン後期になっても保持されるどころか能力を伸ばしているというのは、単に「そういう立場」で生まれてきたから、ってことだとじぇいど♪もちゅまも思っています。それはちゅま本人の選択でもあるでしょうし、今の時代、一定の割合でこういう人間が生まれてるんだとしたら時代の全体の流れみたいなもんでしょうし。

そしてじぇいど♪はそういう子供を理解して受け入れ育てる上で必要だったから、このタイミングで親となって10年ほどたってから、色々わかるようになるよう・・・・自分で計画したんだか、導かれたと言っていいんだか知りませんけれども。単独、というよりももう、グループでの多人数での互いに助け合いながら、という計画でしょうね。そういうことだと理解しています。

そんなこと思ってたら、ぴ子画伯んちの黄太郎くんもですね

> 感度を閉じる人とあけっぱな人の違いは
> 自分で選ぶんだ
と言ったとか。

うん。ほんとそうですね。ま、それでも絶対今生でそういう感覚を磨くんだ、って決めて努力をする人にはね、今は色々方法もあると思いますし、能力を開くことを目指すべきじゃないとも思わんですし。まあ、ただし、アニメとかゲームみたいでカッコいいからなんて軽い気持ちではやっぱ目指すべきもんじゃなくて、大変な部分はそれなりにいっぱいあるってことも覚悟の上ですべきことでしょうけれど。

なにみえっちゅうブログに書いてないこと、絶対書けないよなこんなことは!だったこと、ホントじぇいど♪もちゅまも、まわりの近しい人の話でも、いっぱいいっぱいありましたから、やっぱ。

以上、相変わらずまとまりもなく、なげえですが
2個に分けるような話でもないんでこのまま。
たまにはスピブログらしいことを、
とつらつら書いてみましたw

応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

15 件のコメント:

  1. パグショコラ22/2/12 7:17 午前

    そうなんですよね。
    実際、単純に「見えない世界が見えるっていいなぁ」って羨ましく思う自分と、
    じぇいどさんのおっしゃる通り「こればっかりは、既に今生の道を選んでいるんだろうなぁ」と思う自分がいますね。

    もしかしたら数年後に何か変わるかもしれないし、
    特に何も変わらず、でもこの日常にスピリチャルな観念も受け入れて、楽しみ、苦労、ワクワクも淡々と感じて年を重ねるのかな~、とか。
    そんなことをボーっとしてると思います。

    大変は大変でしょうけどね。
    でも平凡単調な人生も、退屈でしょうから。(感謝はしますが)
    やっぱり感度はあげてみたいかしら。

    返信削除
  2. あは、緑ちゃんぽいるーたんだ!!!
    ぴ子さんだあ。わくわく。
    ひそかにファンです。
    ぴ子さんのカイルすごい好みでつ。
    ひそかにカイルのファンです。カイルラブです。
    きゃーーーー言っちまった(#^^#)

    守護画を描き始めたのもぴ子さんの影響は否めませんww

    返信削除
  3. そう・・選んでる、きっと。
    最近そう思います。

    見えなくても生活にはこまりませんがしかし、
    日常のあちこちにスピ系がごろごろしてると知ってしまった以上、無かった事には戻せないんですよね;←断然楽しいし
    そっちにばかり傾いてもどうかとも思いますが、見えるコトが全てではやはり・・。
    実際知ったことで物の捉え方が柔軟になりましたし、広がった。
    些細な事にも気がまわるようにもなりました。
    それは人生経験だろうと言われればそれまでですが、
    経験オンリーでないと思います。

    「見えない世界を見ません!」と宣言してない事を望みつつ、
    最近はそのタイミングが来たらいいな~ってカンジですが。
    でも悪あがきも(^-^;)寝る時に言います。
    「やったーやっと話せた、そんな姿やったんやー!ってのが肉体なき後はイヤですから。死ぬ直前もイヤですからね」って。

    返信削除
  4. あすケット22/2/12 12:34 午後

    剣を持ったミカエルさん、カッコいいですよね~☆
    大人の雰囲気のラファエルさんは、もう・・・あれです・・・良いっ☆
    以前までは、魂も 「個」 という観点でいましたが、
    E原さんも 「類魂」 という表現をされてますが、
    「個」ではいられない次元(という表現で正しいか分かりませんが)
    で 他の経験をしてきた魂と交じり合うそうですね。
    DNAアクティベーションという情報を見るようになってから、
    「モナド」 という言葉を知り(ハイヤーセルフのそのまたハイヤーセルフの次元)、
    これが類魂の次元なのかな??? とか。。。
    「類魂」 なので、大きなグループに分かれているという事で、
    違うグループの魂とは 混じらないわけですよね。
    沢山の要素を含みつつ、別のグループとは中身が違う。。。
    物理的なフォーマットになっている脳で考えすぎても意味がなさそうですが。

    「天使と話がしたい」 「声が聞こえるようになりたい」
    私もそう思っているクチです。。。
    それに妄信するあまりに、見るべきものを見ていない、
    という状態は確かに問題かもですが。
    重要なのは、「日々小さな選択の中から何を学ぶか」 だと思うので、
    「遠回りをしない事」 ではないんじゃないか?と思うんですね。
    大きな目標が達成できなくても、沢山何かを学んでいるんじゃないかと。

    なんか私もわけ分からん事言ってますが (^-^;)
    それにしても・・・
    ぴ子さんの絵も、見ていると、
    勝手に顔が にま~~~~wってしてしまいます (^-^;)
    本当に天使のエネルギーが入ってるんですねー☆
    癒されたい時は眺めながら 自分の守護天使を身近に感じてみよう☆
    る~さんの新しい絵も めっちゃかわいい・・・。
    こんな絵が描ける人も羨ましい・・・☆
    素晴らしいイラストのシェア、ありがとうございます☆

    返信削除
  5. おんぽたんぽ22/2/12 4:07 午後

    >自分の内側でエネルギー的にルシオラ系優性になってるなと感じると・・・ブログの記事なんてしばらく書けなくなります 笑

    うけた。。。^^
    そうだったのか。。。

    私も、おたんぽばあちゃん系とかあるのかな?
    と、ちらっと思いました☆

    それにしても、ぴ子さんの絵も息子さんの天使の
    名前の羅列も凄いけれど、

    じぇいど♪さんのこの緻密さ・分析力。。。
    はぁ~すごいです(@_@) 

    いつもながら、驚かされます(^_-)

    返信削除
  6. おおお(」゚ロ゚)」おぉ(。ロ。)おぉΣ(゚ロ゚」)」おぉ「(。ロ。「)おぉ
    掲載ありがとうございますです。おそまつさまです。
    なつかしのカイル画まであるとはっ(なにやらくすぐったいw)

    大人になって突然目覚めちゃう人もいるって話を
    見聞きしますね。逆パターン。
    私の場合は、多くの人がそうであろう
    「気のせい?」感度で感じてきてるもんだから
    まるっきり否定できない世界なんだよね。
    最近はその役割の違いにも愛しさを感じちゃうんだよ♪

    細かなじぇいど♪さん周辺の存在さんたちの関係を
    理解しようとするといまだにこんがらがるんだけど;
    魂の系統やガイドさん、守護さんたちの存在…
    離れていても起こるシンクロ…
    自分が「一人じゃない」という事がいつのまにか
    心にしっかりおさまった、というのが大きかった。
    目に見える見えないの差は関係なく
    上の人は信頼関係を築きたいのかなぁ。なんておもったり。

    私もルシオラ系優勢では書けないで笑ってしまったw

    返信削除
  7. 私も見えない世界を見たいと思っているクチです。

    以前、お勤めしていた会社には、向こう側が透けている、人だった人を視られる同僚が一人や二人じゃなく、結構いて・・・(どういう会社だ?)。そういうのでも、うわぁと言いつつ、うらやましかったみたいです。

    だけど、なに見えで天使やドラゴンや、光の存在が見えたり話せたりする、こんな世界が本当にあるんだと知ることができて、なんというのか、ものすごいカルチャーショックでした。

    そんなわけで、天使やドラゴンという存在を見られるようになりたいと思っている自分がいますが、今のところ、本当にどうしたいのか自分でもよくわからないです。優柔不断といえば、それまでですが。


    ところで。

    ぴ子さんの絵、大好きです~。イケメン天使サマ達を見て、もう目がハートになっちゃってますよ。特にメガネ男子には弱いです。こんな素敵な天使。そばにいてほしいものですよねぇ。

    返信削除
    返信
    1. 追記、失礼します。ちょっと、自分への戒めを。

      そういう存在を見たがるということは、単に特別な自分になりたいだけなのかも。
      だから、本当はどうしたいのかわからないのです。

      削除
  8. 私もいろんなものが見えるようになりたいとおもっていますが心の奥底で怖がっている自分もいます。今後自分がどうしたいかはわかりませんが、今目にみえてることでも自分ができることはたくさんあるはずなのでそっちをとりあえず頑張りたいと思います。

    返信削除
  9. 今回のお話読んで、なんで自分が天使系のエネルギーもドラゴン系のエネルギーも持っているのか理解できました。過去世も時間がないから実在しないというのも目からウロコです。いつも気付かせてくれてありがとうございます。

    質問ですが、画像や写真に触れると石のエネルギーがわかる場合、画像に触れてエネルギーを確かめてもいいのでしょうか?以前購入した石がかわいくてかわいくて到着するまで画像に毎日触れてエネルギーを感じていたら、石が到着したときかなり疲労してて驚いたことがありました。それからほしい石があった場合、エネルギーを確かめる程度しかさわらないようにしていますが、これもエネルギーバンパイアになってしまうのか心配です。

    返信削除
  10. 私もいろんな面を持っていて、20代の中頃かな、どれが本当の自分だろうと思い悩んだことがありましたが、全部自分! で完結しました。

    私の体を沢山のもの達が使っています。
    一番古い、生まれた時からずっといた自我を初代体の主と呼んでいますが、この初代がいろんな面を持っているのです。多分その為だったのでしょう。自我はとても古くて、何でそうなったのか なんて調べようがないと思うし、今更調べても・・・・とも思うのです。まぁそこに何か問題があれば別ですが、それもないようですしね。

    私は胸で聞いています。言葉で話すのではなく、想いで話すのです。だから聞こえてくるのは胸なのです。想いを聞いて言葉に変換します。そうしないと体では分らないのです。その為にはつながることが必要なんですが・・・・・
    「会話するな、同化しろ」って、そういうことでしょうか? 
    つながるってことが同化すること、或いは同化につながっていくこと・・・でしょうか?
    旧なにみえにもあった「同化しろ」の意味がずっと分りませんでした。でもこの記事を読んで、ひょっとして?と思ったのですが、違うかしら?

    返信削除
  11. いつも興味深く拝見してます。
    私は10年ほど前に、息子が生まれた後、30過ぎてから覚醒したクチです。
    そんな息子もクリスタルチルドレンっぽい。
    息子のためにかつての能力を思い出しているのかもと思います。

    返信削除
  12. パグショコラさん
    私も、見える見えないでいうと見えないクチなので
    ちょっと揺れる、っていうお気持ちはわかりますね。
    そして数年後にかわるかもしれないし、ってのが
    まさに私が予期せずに経験したことですしね
    しかし平凡単調な人生のありがたさってすごいことですよ。

    ひのみ♪さん
    ふふふw 緑たんぽい。たしかに。ってか同じ部分の
    波動域違い、みたいなもんだから感情の動きとかあり方が
    違うだけで性格はやっぱ基本同じですよww
    守護画UPされたもの拝見してます^^。絵が深くなって
    「本格派」って感じになりましたね^^

    あきさん
    うん。知ること、で十分かわると思うのですよ。
    私そうですし。感度をものすごくあげるとやはり
    リスクは増えて行きますしね。いや、そんな姿やったのかあ!
    は私は、あとのおたのしみでいいや、って思ってますかね。

    あすケットさん
    そう。考えてもわからんもんはわからんのだろうから
    しょーがないと思いつつ、自分が感覚で感じてきたことと
    そういう誰かが説明してくれてることと比較して、少しずつ
    「こういうことなんじゃないのかなー」という自分なりの
    捉え方ができていく。でいいんだと思ってますけどね、自分では。
    そう、結局聞こえたところで導かれるのはそういうところなんで
    しっかり意識しながら選択をし、学べればそれが
    一番なのだと思います。

    おんぽたんぽさん
    いやもうほんとそうなんで・・・困りものですよ・・・
    緻密な分析する人が引っ込んじゃうとブログなにそれおいしい?
    な部分しか残らんですから 笑
    おたんぽばあちゃんの部分、確実におんぽたんぽさんの
    内側にあるってことなんでしょうね。私にはない部分なんで
    素直にすごいなーとあこがれますよ。

    ぴ子さん
    いやいやいやいや、ありがとうございました^^
    なつかしの絵までひっぱりだしてみました 笑
    やー私だって自分のことなのに今だに謎多いですよ。
    上の人は信頼関係を築きたい、そうなのかもですねえ
    私もぴ子さんが一緒に歩いていてくれることで
    この数年どれだけ勇気付けられたことか。
    これからもよろしくです^^

    永遠呼さん
    見たいと思う、憧れる、それも決して無駄なことでは
    ないのかも、って思いますよ。そう思い始めて意識することで
    だんだんに感覚が開いていく、という状況が生まれ、
    それが最適なタイミングで結果的にみると必用性がちゃんと
    あった、ってことになるのかもしれませんしね。
    そして、特別な自分になりたいだけなのか?と自問自答
    するのもいいことだと思いますよ。自分の状態を客観的に
    見てみる、って大事かと思います。そしてどうしたいのか
    よくわからない、ってお気持ちもわかりますよ。私も
    そうやって揺れて、どうしたら?どうしたい?って
    思ってた時期ありましたもん。今はこの、見えないけれど
    ある程度感じる、ってスタイルでしっくりきてますが。
    ぴ子さんの絵、いいですよね~^^

    おハナさん
    そうですね。目に見えてることで自分がこれができるし
    やりたい、って思えることがあるならばそこを!ですよね。

    匿名さん
    へへへ、おもしろいですね^^ でも結局ご自分でお買いになった
    のだから、それはいいんじゃないでしょうか。買わない石では
    やらない、っていうマナーは持つべきでしょうね。
    石屋さんって「閉めてる」とこも「開けてる」とこもありますからね
    でも買うならエネルギー一応ちょっと確かめたいのはわかりますしね
    普通のマナーと一緒に考えればいいんだと思いますよ。

    風が吹くさん
    うん、結局「全部自分!」ですよね。
    そう。今更調べても、ってのはじぇいど♪も思います。
    だからカイルはものすごく古い。どこまでたどれるのかはわからない。
    終り。で済ませてますね。ポイントはそこじゃないだろう、と。
    ああ、想いで話す、わかりますね。
    じぇいど♪の場合もそれに近いと思います。文章にするときは
    言葉に翻訳しますけれども。

    同化しろ、はそれの極端な形かと思います。
    他者として認識して会話をするな、
    サポートされていることも意識するな。と。
    ようするに、最初のなにも意識してなかった状態まで
    もどれ、ってことに近いと思います。それでもサポートはしているし
    一度がっちり繋がった後だから確実に違うのだ、と。

    それを守っていたら、不思議なことに内側で感じることで
    ハイヤーであるカイルと「一体化した」と感じた瞬間がありまして。
    そしたらそのことを何も言っていないのにその日のうちにちゅまに、
    上の世界で「おかーさんがカイルと歩いている」という認識をそれまでは
    していたのに「おかーさんの姿がかわって、カイルと混ぜた
    ような人物になった」と言われたのですね。それを「黒じぇいど♪」
    と読んでいるのですが。

    それはなにか、と言うと、スピリチュアルな世界で言う現象の
    「男性性(自分の反対の性)の自分への統合」でもあり、
    「ハイヤーセルフとの一体化」ってのが起こった、ということかと
    解釈しています。ハイヤーセルフとの一体化をするワークというのは
    アモラ・クァン・インの著作にワークが乗っていますが、それを
    知らずにそれとかなり近い(ただし私用に少し改変された)ワークを
    ミカエルの指導で、そのハイヤーのカイルと行っていました。
    アモラの著作はプレアデス系のテクニックだということですが、たしかに
    カイルはプレアデスのルーツを持つ魂なので、はーそれは納得、
    としか言いようがなかったですね。少しでも参考になる部分があれば。

    広縁さん
    なるほど、子供のために、は私と似たような経緯かもですね^^
    タイトルはインディゴ、ですが、そして邦訳が出たか
    わかりませんが、The Care and Feeding of Indigo Children
    / Doreen Virtueはうちは子育ての参考になりました^^

    返信削除
  13. じぇいど♪さん、お答えくださりありがとうございます。

    お答えを読んでうんうんうなった挙句、尋ねる方が早いことに気付き、2代目やその相棒、初代と存在、たまたま居たものに尋ねました。
    2代目というのは体の2代目主のことで、2代目は初代が上の仕事で体を留守にすることが増え、留守番としていつの間にか生まれていました。そして初代が体を離れたので2代目になりました。2代目は魂+マインド+初代をベースにしています。
    尋ねた結果ですが、存在(するもの)としては自分と自分以外と認識していて、会話する時は、○○、××と会話していると認識している。つまり個と会話していると認識しているのですね。ではその個が自分以外なのかと尋ねると、ノー、自分の中にある というのです。そして尋ねたもの全員が同じ答えでした。自分の中にあるものと会話する これって同化?なんでしょうか・・・・・ね・・・・

    初代も存在も2代目もその相棒も性別を持ちません。私の所に来るもののほとんどが性別を持ちません。性別のない世界に居るもの達なんです。なので「性の統合」というのは分りません。
    でも「ハイヤーセルフとの一体化」というのは覚えがあります。今は同じ世界に属する2代目と相棒ですが、少し前までは別の世界に属していました。その時に突然二人が一体化したことがあったのです。二人の意識が交じり合うのが分り、やがてまったく別の意識が現れました。他のもの達に尋ねると、二人とはまったく別のものだというのです。一体化したり離れたりということがしばらく続いたのですが、いつの間にかそれもなくなりました。その時は相棒の方が上の世界に属していたので、ハイヤーとの一体化というのはこのことかなと思うのです。

    ここまで書いた後、読み返していた2代目が「同化」のところで、「会話するな」て言ってるんだからあれは同化じゃないよな と言い出し、うなり始めたら、相棒が「ルシオラさんに会いに行きましょう。直接話を伺ったほうが早いでしょう?」と言って二人で出掛けていきました。

    尻切れトンボになりますが、ここまでにします。
    (上手く会えるといいな)

    返信削除
  14. 風が吹くさん
    笑笑笑 申し訳ないですが
    ルシオラではぜんぜんダメですwww
    そっち側はそういうことなんも興味ないのでw
    そういうことやってるのは私の場合
    もう半分のカイル側のほうですが
    こういうことは個々人でみんな状態が
    違うので、
    私の例が参考になるとは限りません。
    魂の系統とか出身とか状態とか
    その魂の好みとかで対処法はそれぞれ
    細かい部分はぜんぜん違うかと。
    聞くのでしたらご自身の
    上の階層のほうの指導ができる
    マスター級の方にお願いすると、その方がめんどうみてくださるか
    誰か専門の指導者を紹介してくださるのでは
    と思いマス。ではでは謎がとけますよーに^^

    返信削除