2012年2月23日木曜日

生まれるタイミングはどうやって決めているのか?

占星術の本紹介のコメント欄に
『どうしてもご主人が出張とかがあるので計画出産って人がいたりするものですが、その日付って自分で決めているようで後ろで糸をひかれているのかしら。とふと思いました 』

というコメントをいただいたんですけどね。これ、占星術講座の原稿を作るために有栖川月子さんと、たみえさんと3人で色々話してるときにも出た話題でして。自分で決めてたり、偶然の流れで生まれてるように見えて実は違うんじゃないか、と。

3人で話してる場でじぇいど♪も自分のネイタルチャートを作ってみたんですけどね。まあ、まだ月子先生の手取り足取りで・・・というよりまだまだ月子先生に全面的に解説していただいてる、って状態ですけれども。

んで、果たしてネイタルチャートってのはどのくらいその人ってものを表しているのか、ってのを実感として感じてみようと思ったらですね。まあ、そりゃ、もうすでに私じぇいど♪って人間をある程度知っている月子さんがチャートみながらあれこれ解釈してみるって時点で、ランダムではないんでしょうけれどもね、でも月子さんが知らないことだっていっぱいあるわけで。

そういったあれこれを含めて自分で見ても、おお、そうだよ、って納得の点がいっぱいありますし、じぇいど♪の数年来の友人であるたみえさんが横でみてても「ザ・じぇいど♪さん」って感じのホロスコープだよね、という感想になるくらいで。

でもね?じぇいど♪、えらい難産だった、って聞いてるんですよ。陣痛始まって、3日も出てこなかったんだ、それで、もうどうしょうもないってんで最後は吸引分娩で無理やり出したんだ、と。星が境目にあれば数分ずれただけでもチャートは変わってくる可能性がある。3日前に生まれてたらもう星座そのものからして違っていたはずなのです。しかも場所なんてほんのちょっと住んでその後二度と行ってない父親の転勤先ってやつで、誰かの地元で生まれたとかじゃあないんですよ。

だからその日、その時間、その場所で生まれる予定だった。だけど、陣痛だけがちょこっと早く始まってしまった。ということだったのかもしれません。

自分の出産については、ちゅまは予定日から1週間以上遅れた上、破水からはじまり、数時間自然分娩を試みたものの心拍数が下がり始めたために帝王切開の判断が下され。あとの2人はそもそも「頭がもう骨盤から出ませんね」というサイズだったために(笑)予定帝王切開で、じゃあお父さんがお休みのこの日に、という感じで決めたのですけれども。それもぜーんぶ、自分で選んだとか、予定日から「予定外で」遅れた、ってわけじゃなかったのかもしれませんよね?

アストロツイン、っていう現象じゃないかと思える、ちゅまとある女の子の関係について大昔に記事を書いたことがありましたが。
http://plaza.rakuten.co.jp/californiajade/diary/200607130001/
チャートを作るのに出生地が大事ならば、ますますこの話は納得するのですよね。どこの病院で生まれたとまでは確認しなかったですが互いの家は遠いとは言ってもおそらく数十キロとは離れてはいなくて、地元にずっと住んでいる人のようでしたから生まれたのも同じLAエリアでしょう。当時は思い至らずその子の出生時間は確認しませんでしたがおそらくそうずれてはいなかったのかもしれません。

さてそうすると、占星術の話だけではなくて、そもそも「世の中は偶然の連なりなのか。それともそもそも偶然なんかないのか」という誰もが考える命題にまたまた行き当たってしまい 笑

うーんたかが占星術、とはぜんぜん言えないですが、されど占星術。わかろうとするとますますわからないことが増えていく気がします 笑

なんとひなたてんちゃんがいよいよ陣痛真っ最中、ってことで次の6時の朝刊を少し早めてUPしてみました。※o(▽ ̄*)ノフレー※\(* ̄▽ ̄*)/※フレーヽ(* ̄▽)o※ 

応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

11 件のコメント:

  1. 陣痛が3日続く…なんて恐ろしい
    じぇいど♪さんママ大変だったんだなぁ
    私は予定日から20日遅れても出てこようとしないから、促進剤打って…って話を何度か聞かされました。その度に、生まれてきたくなかったんだなぁと思ってたけれど、それもすべて予定通りってこと?あれ?

    今、陣痛と戦ってるお母さんと、産道を進もうとしてる赤ちゃんがいるんですか
    がんばれー☆

    返信削除
  2. あたしも母の誕生日が、出産予定日だったのに、産まれてくる気配なしということで、無理矢理促進剤とかでうまれたようなので、今回のは興味深いです。
    予定日10日すぎたから、星座ちがうし。

    選んだんでしょうね。自分できっと。

    あと妹なんかは、3ヶ月すぎてから妊娠に気がついたという天然さんですが、あれはきっとパニックにならないようにと
    気遣いをした彼の計らいではと今になると思います。

    これもきっと自分で選んだんでしょうね。

    ちなみにお医者さんには、こっぴどく怒られたらしいですが(笑)

    返信削除
  3. じゃあもちろん流産の子も選んできてるんでしょうね。
    私のお腹の中にもちょうど、おーい、どっちなの?
    って聞きたい子がいます。
    初診が8週目くらいだったんですけど
    最初から心拍が聞こえなくって、翌週に早めのエコー。
    やっぱり聞こえないけど、私が生理不順なもので
    来週も、もう一度エコーしてみますか?ーって言われました。
    医者側はどうも流産と思ってるみたいですけどね。
    でもそう聞かれて「待ちません。処置します」
    なんていえるわけないのに・・・。

    三週間も長引いたら、さすがにモヤモヤです。
    望んでいた二人目ですしね。
    でも反抗期まっさかりの一児がいるから、
    心中穏やかにして祈るころもできず。。。

    どっちに転んでも母になるってホント大変ですよね。

    返信削除
  4. あすケット23/2/12 3:02 午前

    どんな人生を歩むのかを自分で決めてくるという事は、
    占星術で占う事ができる 出生日も自分で選んでくるとしたら、
    占星術は当たって不思議じゃないんだな、
    という考えには至っていたんですが。
    こうやっていろんな人それぞれの事情を見てみると、
    生まれる瞬間の時間を合わせるためのハプニングなのか、
    ハプニングそのものが 別の意味で必要な経験なのか。
    う~む。考え出すと悩んじゃいますが。
    私の場合は、体が小さめの状態で生まれたそうですが、
    へその緒が首に巻き付いて、真っ青な状態で生まれてきたそうで。
    「生まれたいから生まれる」 というスピでは当たり前に言われていますが、
    「へその緒が首に巻き付いて生まれる子は 生まれる事に抵抗している」
    (外に出た後の試練を嫌がって)とも言われた事があり、
    「生まれたいんだか 生まれたくないんだか???」
    みたいな心境になりました。

    そして、今まさに 生まれようとする命があるんですねー。
    すごいー。信じられないー。(ぉぃw
    がんばってください~~~ (>_<)

    返信削除
  5. orange*potiron23/2/12 9:57 午前

    ひなたてんちゃん、がんばれーー!
    私は、無痛分娩を選んだけど、それでもいきむときの陣痛は感じないとできないから!って結局最後は、痛い、出したい、痛い、出したい、を繰り返しての普通分娩でした。
    でも、娘が生まれた瞬間の感動を思い出すと、また子供ほしい!って思うんですよね。
    ということで、大変だけど、生まれたら幸せなので、あと少しかな?がんばれーーー♪(ヒーヒーフーだっけ?)

    アストロチャートつくってみましたが、ほとんどちんぷんかんぷんです。けど、見る人がみれば、私そのものなんだろうなーと。自分だったらある意味認めたくない部分なんかも、出ているのかもしれないって思います。
    これからの占星術講座楽しみにしています。
    あ、あと、ご存じかもしれないですが、出生時間、生年月日で、世界のどこの国が自分に関わりがあるのかというのを知ることができるHPをほともこさんが紹介していました。
    これは解説もついているので星占い初心者の私でも納得できたし、楽しめました。
    http://www.astro.com/horoscope この中のastro click travelです。

    返信削除
  6. おなじく 私の母も私が出るのを何日も待ってでなかったから 吸引分娩で 私は布袋様みたいな赤ちゃんだったらしい・・・

    私も上の子は 2日間の陣痛 なかなか子宮口が開かなくて・・・
    看護師さんが開き具合見てたら羊膜破ってしまって破水から一気に出てきました

    死にそうだったよ・・

    返信削除
  7. それ!今回のテーマ、私もず~っと疑問だったんですよね。
    黄太郎は一週間遅れの(といっても予定日からしてあやふやだし)促進剤で出産。
    私の知り合いのアメリカ人なんて、生まれた当事帝王切開が大流行だったらしく、今の時代じゃとても考えられないけど「クリスマス休暇前に出しちゃいましょう」というお医者さんの都合で、山羊座だったかもしれないところ2週間くらい早めに出されて射手座になっちゃった人いる。←星占いどうなるの?とかスゴイ思った。
    私も黄太郎は不自然な形で出産しちゃったのかなぁ?とか母親としての責任も少し感じてしまったり。。
    促進剤にて昼間の出産になり看護師さんのたまご、研修生たち等々たくさんの人に囲まれて生まれてくることになったし(笑)
    縁、タイミングって不思議だね~~

    返信削除
  8. こんばんは。発端のコメントしたものです。
    ずっともやもやしていて、こうして取り上げていただいて嬉しいです。
    実はあたしも臨月で、こないだ。第一期の陣痛きたか?!と病院へいったもののフライングで。。。でもそのおかげで家族のサポート&上のこの送り迎え等も予行練習できたりしてw。臨月なのに晩酌してた旦那もやっとノンアルコールに切り替えてくれたり。フライング前より快適な妊婦生活です。
    もしや?!222の日の165年に一度の海王星?公転周期おかえりなさいDayかしらとおもったんですが。すっかり収まってしまいました。いつになるやらです
    皆さんのコメントの出産経験談も楽しく読ませていただきました。
    占星術のほうは全く素人ですけど、誕生日大全って本を読んで結構あたるなぁとは思ってました。連載楽しみにしています。

    大きめBabyみたいなんで もぅ…早くでてきてほしいなぁ

    返信削除
  9. あ、二度目コメすみません;;
    あすケットさんのコメントのへその緒を巻いた赤ちゃんですが
    うわわ;;私も首にへその緒巻いて生まれてきましたよ…
    「外に出た後の試練を嫌がって」って相当「私だ!」という確信がありますですよっ
    半生が自己否定で来てますから。納得してしまった。。
    おされ感覚で生まれてたのだとしたらよいのですが。中尾彬氏のネジネジマフラーみたいな。

    返信削除
  10. *やすみん*24/2/12 2:53 午前

    不思議なんですが、日本ってどうして経膣分娩でないと「楽できていいわね」ぽく
    いわれちゃうのですかね~。
    促進剤や会陰切開をはじめとする医療行為に頼るのを「女の恥」のように言われたり。
    帝王切開はハラキリなんですから、楽なわけないですよねー。
    無痛分娩も胎児に影響が出やすい、なんて目の敵にされがちで。
    私は一人目の時に促進剤も使ったし会陰切開もしましたが
    日常生活に支障がないですし、第一子供が無事だったので病院出産に感謝のみで
    後悔などありません。

    適切な医療を受ける事が出来ずにあかちゃんを亡くした親御さんは後悔しか残りませんから、簡単に「生まれてきたくなかったのよ」なんていってほしくないなぁ
    と、思う今日このごろです。

    返信削除
  11. アキレスさん
    ほんと、じぇいど♪ママには感謝です♪
    うん・・・そうなんですよねえ?生まれるタイミングって
    なんなんだろう?って不思議になりました。
    その後無事お生まれになったそうですよ^^

    彩さん
    もしそれで最善のタイミングになっているのならば
    やはり采配なのか?って思えますしね
    世の中まだまだわからんことだらけですね・・・


    匿名さん
    それは悩ましい状態ですねえ。
    ちゅまのとき最初ずっとそういう状態だったので
    もやもやのお気持ちお察しいたします。
    最善をお祈りいたします。
    じぇいど♪も自分自身が一度早期にだめで
    その後再度妊娠してできた子だと聞かされたんで
    あれも自分だった?とかそのあたりにも
    疑問がわきます。

    あすケットさん
    あああ。ハプニングそのものが別の意味で必用な経験。
    そういう考え方もたしかにできますよねえ。
    おとーさんもへその緒が首に、で緊急帝王切開に
    なったらしいですよ。

    orange potironさん
    無痛ったって完全に無痛なわけじゃないですしねえ。
    私も初回、途中まで陣痛を麻酔なしでやりすごしてたんですが
    医者におねがいだから痛いの我慢しないで~、麻酔打たせて~って
    懇願されました 笑 アメリカは陣痛を我慢するという
    習慣ないですしw
    土地を選ぶ・・・またまたこれは謎が増えますね
    どういうしくみで選んでるんでしょうねええ・・・・・

    広島からさん
    そうそう吸引分娩はぽこっとなっちゃうんですよね^^;
    私の出生直後の写真もそーです^^;
    2日も長いですねえ・・・おつかれさまでした・・・

    ぴ子どの
    いや、アメリカ今だってそおですよお。うちも下の2人は
    みんなでカレンダーみながらどうしましょうか、って話しあって
    感謝祭当日でもいいですよお?いつにしますー?って感じで
    決めましたから。
    医療がかかわるほどに不自然な形、とか日本では思う
    習慣ありますけれども、あまりになにもしないであとで
    困ったことになるより、きちんとした管理のもとに
    安全に産むほうがいいにきまっとる!って思いますけどねえ?

    愛♪さん
    その後どうされたでしょうか^^?フライングで予行演習できて
    よかったんですね、色々。なにごとにも無駄がない!
    誕生日大全!たちよみしてみたいですねえ。

    ぴ子どの
    いやいやいや。あのおとーさんもへその緒まきまき組、ですから!
    たんに「おされ」感覚ですってw。

    やすみんさん
    そうなんですよねええええ。ほんとそれは思います。
    いろんなタイミングが、それで遅くなって痛い思いが
    ながびいたり、安全がそこなわれるくらいだったら
    最初っから無痛でも帝王切開でもすればよいのです。
    私、促進剤も無痛分娩もプロセス中全部やりましたよ。
    でも結果的に、ちょこっと心拍数が下がってきた、って
    ときに、医者の早期判断で帝王切開に切り替えたら
    心臓に問題ある子でしたんで、それで大正解、でしたから。
    なにがなんでも自然分娩、みたいな主義の日本の病院で
    生んでたらどうだったか?って考えると怖いです。
    適切な~以下は身近にそういうことがあったので
    痛切に思いますね、それは。なんでもかんでもそれは采配とか
    潜在的な意志だったとかで説明できないと思いますし、予定外の
    誰も望んでなかったハプニング、ってのもあると思っています。

    返信削除