2012年2月28日火曜日

芸能ニュースより:霊能力と人格の関係、などについてだらだらと。

あら?じぇいど♪さん芸能ニュースまでネタにするの?でしょうがw。最近芸能ニュースで、家賃を滞納したオセロの中島が霊能者に監禁されてるのでは云々という話やってるじゃないですか。って今だに日本の芸能人うといじぇいど♪、実は「それだれ」だったんですが 笑

ま、語ってみたかったのは事件そのものがどうの、っていうより、霊能者に騙されるとはどういうことなのか、ってことに対するじぇいど♪なりの見解、ですけれどもね。

たまたま誰かがつけっぱなしだったTVでちらと見たんで途中しか見ておらんと思うので事情わかってない点があるかもですが。その中島って人の前に、同じ霊能者に騙されたという被害者が顔出しで勇気ある告発をしてたんですね。夫婦で洗脳されて監禁に近い状態で3人で暮らす羽目になり、神様がこう言ってる、とあれこれ命令に従わされて絶対服従でわがままほうだいを尽くした末、お金をたかられまくってって破産しかけたんだ、と。

全身ピンクのジャージで魚肉ソーセージでももを叩きながら街を走れ、だの、欽ちゃん走りで街を走れ、だの、神様はしゃぶしゃぶを食べたいと言っている、としゃぶしゃぶ屋に連れて行かせたり、と、話聞いてるだけで、ありえねーでしょそんな人信じるって!うぷぷぷぷ、なんだけど、それでもしたがっちゃうのが「マインドコントロール」てもんのおそろしさ、なんでしょう。

★    ★    ★

とっても印象的だったのが、その被害者がやっと霊能者を追い出したとき、その霊能者の最後の言葉が、ありのままの私を受け入れてくれる人が欲しかっただけだったのに、とかなんとかで。この人はそういう人が欲しかっただけで、世の中のためだと言ってたのは全部嘘だったのかとショックを受けた、って被害者が言ったことだったんですけどね。

こんなスピ系のブログをもう何年もやってて、いわゆる不思議能力のある人たちが家族だったり仲良しだったり、たーーーくさんの知らない人からも色んなメールをもらったりするんで、多少は普通の人より「霊感が強いとはどういうことなのか」ってことを見るチャンスが多かったじぇいど♪から見ると、この事件は、あーなるほどなー、こりゃ典型的だよなあ、と思えるんですよ。

つまり、元々その霊能者には、人に金銭的にたかってもOK、詐欺師みたいな生き方をしてもなんとも思わないというモラルの欠如みたいのはあったんでしょうけれども、それだけじゃなくて、内面が癒されてないまんま霊能力だけが開きっぱなしの人:インナーチャイルド問題だの、他者への支配欲・コントロール欲だの、といった典型的な心の傷がものすごく強い状態なのに、アッパー寄りのチャクラだけが強い状態の人だったのではないかなあ、と、その最後の言葉から思えるのですね。

多くの信者さんがいたらしいですから、不思議にものごとを言い当てたり、言ってもいない家族の問題だの生い立ちだのをずばずば当てたりする能力そのものはホントにある程度あったんじゃないのかな、と思うのですよ。ま、それだって、コールドリーディング、だのホットリーディング、などと言われる、霊能力とは関係なく相手のことを言い当てて信頼を受けるためのテクニック、なんてのは存在しますから、霊能力だけとは言えないですけれども。

★    ★    ★

これは知っている人にはよく知られてる現象なのですけれども、見えない世界の法則みたいなもんで言うと、高い次元の存在、低い次元の存在、霊能者がお仕事を手伝って貰うときに、より人間の次元に影響を及ぼしやすいのは低い次元の存在のほうらしいのですね。ちなみに低い次元だから必ず悪い存在、という意味ではないですんで、念のため。

つまり、個すらおぼろなソースみたいなもんよりも、ある程度個がある意識体、肉体を持ったことのない高次元の意識体よりも、肉体を持っていた存在のほうが物理次元に近いだけに影響力が強く。

特に動物霊なんかは物理次元への影響力が強いってことらしいんですが・・・次元が低くなるほどに、人格、モラルのほうはもう、まちまちで、中にはトンでもな存在もいかねないので、お付き合いの仕方を間違えると霊能者のほうが振り回されることになりかねない、ということらしく。霊能者と言ってもそういう存在に動かされてる例もあることでしょう。

★    ★    ★

で、これはちょっと怖い話ですが。なんどかちゅまがあれ?と思う特殊ケースの方に気づいてしまったことがあるんですけれども。

あまりたちのよくない存在が一緒にいて・・・まあ、それを憑依、と呼ぶ人もいますでしょうけれど、で、特殊なバリヤーをご本人の回りに張ってしまっていて、高次元の存在がヘルプをしようとしても影響力、声などがご本人にまったく届かない、接触することができない状態にされてる、ってケースなんですね。

なんらかの存在がいるためと言っていいのか、本人の能力と言っていいのかわからんですが、こっちのことを「わーきもちわるー、なんでわかるんだー」ってくらい正確に言い当てたりすることもあるので、かなりの霊能力の持ち主と言っていいのでしょうが、全体的に言ってることも、普通の常識に照らし合わせての言動も変だったり。

でも、正常な状態の守護霊がヘルプすら出せない状態になっている。とても残念な状態と言えますが、色々言い当てることは確かにできますでしょうから・・・霊能者と称して活動している人の中にはそういう人だって混じってる可能性が充分にある、ということですね。

★    ★    ★

スピリチュアルな世界で「クライアント」、すなわち、相談する側になるときに大きな勘違いしやすいんだろうなあ、って思うのが、心が弱ってて誰かに頼りたい状態の人は特にそう思ってしまうんでしょうけれども、不思議な能力を見せる人間、ってのは、人格も優れていて頼りがいがある、頼っても安心な相手なんだ、まして「神さまの言葉を下ろしてる」と証するからには、神さまと同等の高いモラルや人格を持つ人なんだ、と勘違いしてしまいがちなんじゃあないだろうか、ということなんですね。

いくつかのものごとを言い当てられたり、ヒーリングなどの不思議能力を見ただけでその霊能力者をまるごと100%、おかしな部分も含めて「妄信」してしまうという事態になると・・・きづいたときには、この事件ほどはひどくはない手口にしても、結果的に数十万、数百万円を貢くハメになっていた、なんてことになるんじゃないかと思うのですよ。ま、それだけ払っても惜しくなかったと当事者同士が満足する結果が出ていればそれでもいいのでしょうけれども、そうでないならなお悲惨です。

★    ★    ★

どんなに「私はただの仲介者。神さまの言葉を伝えているだけ」と称していたとしても、やはりどうしても「バイアス」「本人の性格やモラルや志向の影響」というは入ると思うのですね。

ネガティブな人間からはネガティブな言葉とストーリーと解決法しか紡ぎだされず、本人が充分に癒されていて明るい人格の人からは明るい前向きな、相談者を癒して前に向かって背中を押すような言葉が紡ぎだされる。そういうもんだと思うのです。

しかし、相談している側もネガティブなもんを抱えているからこそ相談に行っているんであって、ネガティブな世界に同調してしまいやすい状態にある。だからなにか重大な問題があっても、1対1のセッションというのは密室で行われることだから客観的な判断がしにくい場ですし。

そして集団で受けるセミナーなども集団心理というのが働くために「違うんじゃないの?」と一人だけ言いだす、ということがしにくく、他の人たちもこれだけ良いと言ってるんだから、自分には特殊な能力がないからよくわからないけれども、きっと良いんだろう、これで正しいんだろう、とますます問題点に気づきにくくなってしまう。そういうことが起こる可能性があると思うのです。

★    ★    ★

そあと大事かと思うのはその霊能者の経験と知識の豊富さと基本姿勢、みたいなものですね。この記事でたみえさんが非常にいいこと言ってるんでリンクしておきます。彼女が言うように、医学にも表面的な症状だけを取り除く対処療法と本質的な体質改善を行うことによる根治治療があるように、こういう世界も同じだと思うのですよ。

例えば、なんか憑いてますね、取って置きましょう。ほら、取れましたね。だけでは、憑かれ易い体質の人は少しすればまたあっという間に別のもんを拾うことでしょう。心の深い傷などで欝から抜け出せない人に表面的なヒーリングだけを施してほらいい気分になりましたでしょう、では、まだなにか問題が起こればもとに戻ってしまうことでしょう。

問題の本質を指摘し、根本的解決の必要性があること、それを指摘しない霊能者は知識不足なのか・・・あるいは「リピーター」となってもらうためにわざと指導をしないのか。

★    ★    ★

これ、リーディングやセッション受けに行くのなんか危険だよ、セミナーなんてどこもインチキだよ、って話をしてるわけじゃありません。世の中にはいいカウンセリング能力、霊能力を持ったセラピストはいっぱいいますでしょうから、そういう人に救われた人はたくさんいるでしょうし、なんらかのセミナーを受けることで人生を劇的に変える事ができたり、いい体験をした人は、嫌な体験をした人以上にたくさんいると思います。

しかし、スピリチュアル界ってのは「時給数万円の美味しい商売ができる業界」として頭のいい詐欺師が入り込んでビジネスルールを習得して似たようなシステムをつくって商売しやすい世界であるのは確かでしょうし・・・。

もっと怖いのは、実際に能力がある程度あるのにモラルが低い霊能者や業者にひっかかってしまった場合。そしてさらに、元々能力のある人が客商売をしているうちにどんどん変質してしまった場合だと思うのです。こりゃーわかりにくいでしょう。

最初の志は高かったのに、だんだんに仕事が自分の生活や贅沢を支える収入を得るための「商売」となって本質を見失ったものとなったり、特殊能力を人にあがめられることで勘違いをして人を支配することで快感を得るようになったり、相談者と共依存状態を作り出して自分の欠落した部分を埋める手段にしたり。そうなれば波動も下がり「繋がる先」さえ変わってくることでしょう。

そしてもちろん、受け手の側の心構えの問題もあります。相談する側に「問題を丸投げにする甘さ」があるとき・・・「いいカモ」にされてしまう危険性が高まるのでしょう。

この人ならどうにもならない「あのこと」もなんとかしてくれるのではないか。すごい能力があると噂の人なんだから。という気持ちで頼ってしまう。心が弱ってしまっているときこそそうなりがちなのでしょうけれども・・・いつでも問題を最終的に解決するのは自分自身の心のありよう。どんな優れた指導や霊的治療ができる人でも、その人自身が自分で問題を解決する「手助け」しかできないはず。

そういう危険性もあっちこっちに潜んでる、そういう業界なんだよ、ってことを、サービスを受ける側も、サービスを提供する側も充分に肝に銘じておく必要がある。

・・・とね。そんなことをこの芸能ニュースを見てて痛感したので、ちょこっと・・・のつもりがこんな長くなっちゃいましたが、書いてみました。


応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

33 件のコメント:

  1. おんぽたんぽ28/2/12 7:40 午前

    うんうん、とうなずきながら読んでました☆

    私も最近、スピMAPみたいなものがあれば良いのに~と
    思ってました。

    例えば外科の手術とかなら、一年に何件かの成功例とか
    成功率とか、成功していない部分に関しても、情報が
    オープンです。 医師も、国家資格で
    客観的に判断出来る材料があります。

    でもスピの世界は、ちゅまちゃんのように分かる人なら
    別だと思いますが、その人の能力が、素人には分かり
    づらいです。 日本で又は、世界中で科学的に能力などが
    証明されて、国家基準などあればいいなぁと願ってます。

    人柄は、その上での判断で。
    お医者さん選ぶ時と、同じ感覚で。。。

    返信削除
  2. そうそう、「見える」からと言って人格が「出来てる」とは限らないですよね。私もご縁が有って色々な方と知り合いますが、自分自身が何かセッションを受ける場合、リーディングに限らずヒーリングやボディーワークに至るまで、まずは依頼する前に「能力」以上に人柄を吟味してからお願いする事にしています。ボディーワークにしたって、良いエネルギーの方にしてもらわないと後々「副作用」がでますから(^^)

    返信削除
  3. じぇいど♪さん、毎度です!
    久方ぶりに体調崩してお休みしている麻日です。
    保育園が遠いので2姫も一緒ではありますが・・(笑)

    13年ぶりの育児は、身体にこたえますわ・・
    とても楽しいですけどね(笑)

    さて、
    提供側にいる自分としては、ここのところはめさめさ気をつけています
    って言うのは、まぁ、当たり前ですよね。。
    当たり前だからこそ、日々の「いろいろ」が必要で

    そしてリーディングとか直観力とか
    出所は確かかって?

    でも気にしすぎると、うまくいかなくなったり・・

    で、やっぱり大切なのって
    「ちゃんと自分を愛すること」ってことなんだろうなぁ・・と

    そんな事を、ここしばらくずーーっと
    クライアントさんに伝えつつ
    今日は熱が出ている私でした。

    はい、ちゃんと寝ますわぁ・・w

    返信削除
  4. じぇいどさんだからこそ、書ける内容だなと感じました。

    色々経験されて、見て聞いてだからこそ。

    私も、じぇいどさんのブログから、某霊能者のセッション受けました。
    特に悩みなかったんですけど…興味があってです。


    セッション受けたら、ここが問題だねーとか、あなたは気付いてないだけで、インナーセルフは、インナーチャイルドは○○だよ。とか言われました。

    なーんにも問題なく穏やかに過ごしていたのに、ネガティブに引っ張られ、ごじゃまぜにされた感じでしたけど。

    まぁ彼らにしてみれば、何もなくハッピーな人は商売になりませんからね


    もう興味ありません

    返信削除
  5. じぇいど♪さん 初めまして、数日前から拝読させていただいております。
    今回のトピックに関しましては、恥ずかしながら我が両親は中島さんの様に霊能者に言われるがままに行動し破産に近い状況に陥った事があります。子供ながらにこれくらいの事なら私にも言えそう・・・と思える様な内容ばかりなのに、両親は盲目になり、ありがたがっていましたねぇ。
    末期癌でも直してしまう、また人の苦しみを我が事の様に親身になって下さる、祖母の代からお世話になっていた素晴らしい霊能者の方もいらしたのですが、両親は自分達の耳に心地良い事を言う方に従ってしまい散々な結果になりました。ちなみにその素晴らしい方はもう亡くなっていらっしゃるのですが、最上稲荷様からお言葉を頂戴していらっしゃいました。
    両親の失敗をもとに、私は霊能者と言われる方の人となりをじっくり観察し、人として尊敬出来る方で、御金儲けに走っていない方が正しい霊能者か否かの基本条件となりました。
    私ごとですが、昨年の12月に2匹の愛犬を4日間の間に亡くし、只今ペットロスに陥っておりまして、色々霊的なお勉強をして、あの子たちは今は苦しみもなく幸せでいる事、私のそばにも度々来ていると頭では理解していても、感情は別物で悲しくて、泣いてはあの子たちが困ると思ってはいても涙がこぼれます。ちゅまちゃんの霊視で、あずきちゃんやお父さんの愛犬がお父さんのそばに居るとお聞きし、人ごとながらとても嬉しく、一家に一人ちゅまちゃんがいればよいのにと思います。
    これからもお邪魔させていただきますので、色々教えて下さいね。

    返信削除
  6. はじめまして!
    いつも読むだけですが初めてカキコします♪
    いやはや。まさにそうですよね。心が弱っている時だからこその現象なのでしょうけども、
    決めるのは自分だということを強く持っていないと、
    「こうした方がイイよ」とか「ココが問題なのよ」とか言われちゃうといいなりになっちゃいますものね。
    見える見えない、感じる感じないよりも、自分がどうありたいのか、どうしたいのかを考えられるようにならなきゃですね~。
    あれ?そうなると、普通の診療内科とか、精神科とかも、実はスピの分野ということに…?!

    返信削除
  7. 霊能者さんも、お客さんがついていつも予約いっぱいになっちゃうと
    自信がついて自分は凄いって錯覚しちゃったり

    志高くはじめたとして、欲まみれになったり
    周りのお客さんが、ちやほやしてしまうのもあるんじゃないかな~と。

    まぁ、似た波長で集まるから、気づきにくいのかな~。


    美輪様が、霊能者について、じぇいどさんと同じような事いってしましたよ。

    美輪様は、そのような商売ばかりしている霊能者は、物凄い死に方をするって言ってましたけど・・・汗

    返信削除
  8. おんぽたんぽ28/2/12 12:40 午後

    つづき・・・

    外科の先生の例えは、ちょっと違ってて
    スピの施術?の場合、守備範囲が広くて、対処療法も根本的な治療も
    両方可能な場合がある感じがします。

    基本自分で色々やってみて、それでも煮詰まってしまった場合
    誰かがふと手を差し伸べてくれる時もあるし

    自分とジャンルの似てる施術者さんを探すこともあります。
    そこが難しくて、面白みのあるところでもあります。

    スピの施術をされる方、皆さんそれぞれのやり方ですが、
    でもかぶる守備範囲も大きいのかな?と推測してます。

    遠足仲間でも、スピをお仕事にされてる方、沢山いらっしゃいます。
    お仕事にされてなくても、ヒーラーさんのような方もいらっしゃいます。
    皆さん、素晴らしいなぁと思ってます。

    でも日本全体には、もっともっといらっしゃって、自分の直感や信頼できる人に
    聞く以外にも、客観的に判断できる基準のようなものがあると助かります。

    返信削除
  9. あすケット28/2/12 12:53 午後

    以前、mixiでマイミクになった人が、
    霊能力が高いらしく、相手の問題を言い当てる事ができるとかで、
    テレビに出ている超能力者をバカにしていました。
    「自分の方が能力が高い」 という意味で。
    その後、あるキッカケでメールのやり取りになり、
    そこから変な事を言い出して、それに同調しないで居ると、
    話がめちゃくちゃな方向(つじつまが合わない話)になり、
    最後は 他のマイミクさんの文句を言っていた自分の事をたなに上げて、
    「あなたは人の悪い所ばかり見る人ですね」
    という意味の事を言ってきて話が終わり、
    それと同時にその人とのマイミク関係を終らせる事になりました。

    まぁ、お医者さんでも言える事だと思いますが、
    「お医者さんが言うので従った」
    という事は、霊能者の例とは比べ物にならないほどあると思いますが、
    お医者さんでも 人間性そのものを信頼できる人とは限らないですもんね。

    「自分が分からない事を知っている(分かる)すごい人」
    という位置付けから、固定観念になっているように思います。

    E原さんが、人を騙す霊能者か信用できる人かどうかの
    区別をするためのヒントをいくつか言っていました。

    ● 金額が高い、法外なお金を要求する
    (E原さんでも 口コミで忙しくなった後 冷やかしや
     エゴを満足させるための相談などをシャットアウトするために
     金額を上げざる得なかったそうですが、
     それでも 一回の一般相談で5万円という設定にしたそうです。
     冷やかしでは出さない、
     本当に困っている人なら来るだろう金額という事で)

    ● 「○○をしないと(すると) 悪い事がありますよ」
     という脅し文句を言う
     相談者が自分で解決できるようになったら、儲からない。
     また、相手のためになる事を考えるという意識が低いため。
     本当に相手のためを思っている霊能者なら、
     相手が怖がるような事は言わない。良くなる方法を考える。

    ● なんでも霊能者、という前に、健康上の問題などは、
     まずお医者様の所に行って下さい。

    という三点を主に強くおっしゃってました。

    それから、ちゅまさんならではの情報、
    バリアーをはっている特殊なパターン
    というのも、とても参考になりました。
    って、思った事を書いてると、すごく長くなってしまって、
    いつもすみません。。。
    たまには自分のブログに書いた方がいいですね (^-^;)

    返信削除
  10. パチパチパチパチ!こういうの書けるじぇいど♪さんはエライ!!なんかオームの時みたいになっちゃったらかなわん・・・と思いますよね。もうあの事件のことを、知らない世代の時代だものね。

    基本的に性善説支持ですが、盲目的に自分以外の人を信じてしまうのは本当にキケン。依存って感じになるのでしょうが、助け助けられる関係って、以前アルコール依存症の話で知ったんですが、途中から「共依存」っていう関係に陥る場合があるそうなんですよ。だから、最初は純粋に手助けだったものが、助ける側にとって「助けの必要な人が必要」みたいな状態に発展するとキケンなんです。そうなると両方とも崩れてしまう。助ける側が親身になればなるほど害になる・・・という場合もある。結局、助ける側だと思っていた人が「あなた自身の生活を送りなさい。あの人のことはもう放っておきなさい。」って言われて、助ける側が離れて初めて相手も依存症から回復できた、ってお話。

    でも、そういう状況は実は日常に、今、潜在的にとても多いような気もしています。「人助けがしたい」って思う自分に気づいた時には、まず1歩引いてみて、「助けを必要とする人のいない世界」が究極的には最高に幸せな世界なんだってことを、心に刻みこまねばなりません。その上で、今助けの必要な人と向き合う。これはグラウンディングした世界でも、心の世界でも同じことだと思うのです。

    身体の対処療法を例にとられているのも上手い説明だと思います。ひとつの事柄をクリアにしても、根本が見直されなければ同じ現象(悩み)は繰り返してしまうから・・・。必要なだけそれは起こるものだから・・・。取り除いても何も気づきがなければ、もう一度起こる。そしてそういう気づきっていうのは人から得られるものではなくて、内から沸き起こってくるものですよね。それが治癒するということ。きっかけを作ってくれるものが外にあっても、身体も心も治癒は内側からしか起こりえない。声を聞くというのは内に内に入っていって、初めて聞こえてくるのものなのかも・・・。(まぁ、この内・外って表現は実際のイメージと食い違う部分も多々ありますが、便宜上。)で、その気づくってことを起こさせるためには、「嫌な状況」ってのが必要不可欠なトリガーになっている場合も多々あり、遠目から見たら善悪の価値観は個人的な側面では反転したりもするものです。最悪な出来事が後々に最高の始まりだった・・・とかね・・・。まぁ、そんなトリガーじゃない方がもちろん幸せではありますが。

    それにね、よく見聞きすることではあるけれど、ダメになっていくのはある種の快感を伴っちゃうんだよね、、、。共依存や騙し騙されってのは、その蜜の味をしってしまったお互いが絡むのだろうなぁと思います。結局、かわいそうではあるけれど、心のどこかで自分の求めたとおりの展開になっているということかなぁと思います。。。ちゅまちゃんの言う、ヘルプの聞こえなくなってしまってる人・・・というのは、「自ら求めちゃってる状態」の人なのかな~なんて。波動なんてそれこそ、引き合ってしまいますよね。

    で、最終的な私自身のスタイルとしては「助ける」なんてとてもできないって思っています。聞いてあげることまでは出来る。(これはこれで実際はしんどいからできればしたいことではありませんが・・・。)

    「聞く」って事が本当はセラピーだって思っています。「言う」ってことではないと思う。「話させる」のが本物のセラピストなんじゃないかな~。間違っても「聞かせる人」ではない。そして、聞き手は聞いた後、祈ることしかできません。誰にとっても本当に「自分」を助けられるのは「自分以外にない」ってことだと思っています。長くなってしまってゴメンなさい~。

    じぇいど♪さんの立場でこれをお書きになったことは、本当に意義のあることだと思います。100%支持!

    返信削除
  11. 本当に人のためになりたいと思う人なら、霊能者に限らず高額なお金だって取らないし

    ブログで、わたしは、どこぞの○○を徐霊したなんて書かないと思います。

    自分は、凄いってアピールしたいだけじゃないの?って思いますけどぉぉぉ

    なんか、格好良さげに見せているようで、格好悪いなーって思います。

    返信削除
  12. こんにちは。

    スピリチュアルなことに興味があることもあり、注目していました。このニュース。。。 中島さんのことをきっかけに、
    鑑定する側も、してもらう側も、「自分はどうなのか?」
    と1度 立ち止まって考える機会でもあるのかも。。。 と思いました。

    私も本当に困っていたとき、みていただいた方の一言に、助けられたことがありました。 その反対に、落ち込んだこともありましたが。。

    依存しすぎてしまわないように、まず、自分でしっかり立てるようになっていようと思いました<(_ _)>

    返信削除
  13. わたしは、その霊能者と言う方にまんまとだまされた人間です。
    被害額はそう大きくないけど、ちぇっと石ころ蹴飛ばしたいです。
    エネルギービジネス(スピリチュアル)って怖いなーと思ってます。
    っていうか、人間怖いなーって。

    エネルギーを見える側と見えない側がある今は、
    エネルギービジネスはまだ時期尚早なのだと思います。
    この身体を離れる瞬間まで、なにが起こるかわかりませんし…。

    いずれ誰もが見えない存在と触れ合える、そんな時代が来ればうれしいですね。

    返信削除
  14. こんにちは。
    霊能者だけでなくヒーラーもカウンセラーも同様の問題がありますね。
    関係性においては、受ける側が与える側の望んでいる役割を始めた時が見極めのラインかもしれない。

    返信削除
  15. うっ、私には耳の痛い話です。
    半信半疑でしたが、当時の私は心が弱っていて藁にもすがりたい思いでした・・・。引っ越しまでして、最愛の家族に多大な迷惑をかけてしまいました。決断したのは私ですから、反省しています。
    今は「元の土地に戻りたい。」思いと、「せっかく引っ越しまでしたのだから、新たな土地で頑張る。」という気持ちの間で揺れ動いています。
    今度は冷静に、自分自身で解決方法を導きだしたいと思います。

     話が変わりますが、遅ればせながらシングルチャートを作成しました。
    今まで出生時間がわからなかったのですが、先ほど実家に電話しましたら「母子手帳がでてきた。」と。タイミングが良すぎて、少し驚きました。

     今後もいろいろと勉強させて下さい。

    返信削除
  16. コメントを読んでいると、本当に色々あるみたいですね。
    でも実は心が弱ってる時に限らず、
    NOと言えない、協調性を重んじる日本人は
    それだけで騙されやすいのかな?って思います。

    私も、今となってはどうもおぼろげですけど
    昔、宗教関係の勧誘にあったような記憶があります。
    町で声をかけてきたのがごく普通の若い女性で、
    気軽に誘われるままにそういう施設まで足を運んでしまいました。

    今思えば、どうしてそんなに警戒心がないの!って自分に活を入れたいくらいですけど(笑)
    そして話の途中に、別の部屋を行ったり来たりする女性に(やっと)不信感を抱いて、結局そそくさのお暇する、といったことを覚えています。
    もう場所も覚えてないけど、あれは初めて感じた「別の世界の不安」でした。
    そして行ったりきたりする女性は、「上の人」にどう勧誘するか助言をもらっていたんだろうな、なんて今なら思えます。(もしくは洗脳されやすいかどうか見極めてた?笑)

    心は弱ってないけど、あまりに「自主性」や「客観性」に乏しいと
    小さい子供のように、マインドコントロールが上手な人からすればいいカモなんでしょうね。
    結果、妄信すればまるで「自分の意志で決めたかのように」なりますもの。

    まぁ、警戒心が強すぎるのも、もったいないのでしょうけど。
    これだけスピリチャルという見えない世界があたり前になってきたということは
    どれだけ客観的にそれを眺められるか、というのは必用でしょうね。
    スピ系ブログも然り。(じぇいどさんのブログはヒイキしますが。笑)

    そんなことを「オセロの中島さん話」も知らない私は思いました~。

    返信削除
  17. サルファ★28/2/12 10:15 午後

    >個すらおぼろなソースみたいなもんよりも、ある程度個がある意識体、肉体を持ったことのない高次元の意識体よりも、肉体を持っていた存在のほうが物理次元に近いだけに影響力が強く。

    すっごくすっごくわかりやすいですっ!特に「個すらおぼろなソース」の表現がとっても腑に落ちて、感動の納得ですっ(◕∀◕)ノ゚:。・+


    霊能力と人格については、難しい問題ですね。オーム真理教の時もそう感じたのですが、自分の存在意義を相手に託してしまっていたら、だれも助けられない。本人が気づくまで見守るしかできない。
    本人にとって、そのような状態になってしまった事も、また学びなのでしょうか。

    返信削除
  18. こんばんは。
    じぇいどさんのいうとおりですね。
    はっきり言って頂いてスッキリです。

    返信削除
  19. じぇいどさんが地に足がついたニュートラルなものの見方をされる普通の人でほっとします。

    最近、左脳よりも右脳を使うことが勧められたりしてますが、冷静で客観的な判断をする左脳もやっぱり大事で、何かチャネったり、インスピレーションを得たりした場合でも、サニワという冷静な判断は必要ですよね。

    まぁ私は特殊な能力はありませんが、そういう能力を持っている人はいつもいつも、自分が傲慢になってないか?行き過ぎてないか?自分の思った通りにしない人を許せなくなってしまってないか?自分が特別な人だと思ってしまってないか?
    ってことなど、注意深く自分を観察していないといつの間にか変な方向にいってしまうような気がします。

    返信削除
  20. ほんとほんと、そうよね~、と思いながら読んでました。
    だからヒーラーと言う人でも、かなり探っちゃいますね。探る先は相手の気と、私の直感ですが。

    やっぱり直感は大事ですね。
    良い能力者さんであっても、相談者との相性ってありますし。

    しかし、バリアが張られた人の話。
    そういうこともあるのか!とびっくりしました。本人&低次元の方との共同作業なんでしょうねえ。
    そんな人のバリアが剥がれるのは難しそうですねえ・・・

    返信削除
  21. 科学的な世界じゃないだけに、そして
    誰がどうやって比べるの?なことですから
    むずかしいですよねー 所詮口コミくらいしか
    二次情報がない世界ですから。

    rikarukoさん
    もちろんヒーリングやボディーワーク、その人の
    エネルギーがきちゃうわけだから選びたいものですよね。じぇいど♪もとってもこだわります。カイロプラクターとかも。

    麻日さん
    おやおや、お大事に! 13歳違い、ですか~
    それはきっついですよねえ。でもほんとかわいいでしょうね。うん。ほんとまずは自分を大事にしなきゃですよね。たくさん寝られますように♪

    5:44の匿名さん
    そしてなんの立場でもないから書けるのかもですね^^; そう。どんな綺麗ごとを言っててもどんないい人に見えてもお金が明示されててそれを払ってサービスを受ける限り、相手はビジネス、そのことはセッション受けるときにはいつでも念頭に置く必用があると思います。1回で終りで好奇心が満足できればいいのか、相手が誘導するように何度も通うのか決めるのはあくまでも自分が主体であって。ハッピーですね、よかったですね、なにも言うことありません、だとセッション終っちゃいますもんね。

    Chikakoさん
    それは子供の立場として大変な思いをされましたね。おっしゃる通り霊能者の中には大変人徳があってお金のためではなく人々の相談を引き受けている、そういう人もいるのは私も知っています。だから霊能者全体が社会から否定されてしまうのではいかんと思うのです。わんちゃんたち、残念でしたね。でもきっと幸せでいることでしょう。また遊びにきてくださいね。

    カラバシュさん
    はじめまして^^ そうですね、おっしゃる通りかと思います。医者に通うときも治療方針、治療内容をできる範囲で患者側が理解してどうしたいのか、どう治療したいのか、選ぶのも患者自身であるべきと思いますよ。そういうことも「生き方、人生観」による選択になりますから実はすごくスピですよねえ。

    7:02の匿名さん
    ひゃー まあ死に方を云々、は私はわかりませんけれども人を助けようと思って始めたのに、実はぜんぜん助けてなかったじゃん!って死んでからの反省会のときに(笑)わかっちゃったらえらい反省することになるでしょうねえ。

    おんぽたんぽさん
    なるほど外科だと例えにくいかもですね。精神科でお薬をだしますでしょ。で、とりあえず動けるようにする、と。そうして、自分の意思で普通に行動できるようになったらだんだんに投薬をやめていく。そういう意味での対処療法、ってのはスピの世界にもあるとおもうし、有効かと思うのですよ。そのあたりの考え方についてさつきのひかりさんが昨日いい記事書いてましたね。

    あすケットさん
    なるほどその三点は的を得ていると思いますね。どんな金額を妥当とするかは色々個人的な感覚もあるとは思いますが、さらにもうけ話がからんでたりなんてのは被害額も大きくなりますでしょうし気をつけるべきかと思いますね。

    8:13の匿名さん
    周囲に助けを求める、ってのも大事なことだとは思うのですよ。だからそれがおかしな関係になってるかどうかってのはいつでも「ごく当たり前の常識やモラル」に立ち戻るべきかと思うのです。ほんと、いろいろ、おっしゃるとおりですねえ。そして、聞いて、祈ることしかできない、ほんとそうですね。
    昔はね、キリスト教の懺悔って馬鹿にしてたんですよ。あのボックスで洗いざらい話して、お許しください、って言えば、なにしてもOK、ってことか?って。そして牧師さんなんて聞いてるだけじゃん、って。でもあの牧師さんの仕事こそがきっとおっしゃるような、ただ聞いて、祈りをささげる、そういう行為で。そして懺悔するほうも、懺悔をし、ミサの間に自問自答しながら自分の力で立ち直っていく、そういうもんなのかな、と最近は思ってます。

    8:32の匿名さん
    ほんとそおですねえ・・・でも書きたくなっちゃう、ってのが人間の弱さなのでしょう。アピールして、誰かに認めてほしい。褒められないまでも、せめて誰かに知ってほしい。格好悪いけどそれが人間なんだろうなあ、って思います。仕事は一人でもくもくとやって誰にも言わずに済ます、って人も世の中いいいいいいーーーーーぱいいると思いますよ。そしてほんとの意味で仕事になってる人はそういう人なのかもですね。

    9:08の匿名さん
    そう、その霊能者さんにも被害にあわれた方にも申し訳ないですがニュースでそれを知る我々にとってはいい反面教師なんですよね。

    ちはるさん
    うん。見えない存在より人間が一番怖いかも 苦笑
    そうですねえ・・・見えない存在と誰もが触れ合ってる、そういう次元もあって、それに飽きちゃったからここにきてるのかも 笑?そういう考え方もよく言われてますよね。

    返信削除
  22. 花名ママさん
    霊能者、って言葉使ってるのはもう、ニュースでそう言ってるから一番わかりやすいから使ってるだけで、カタカナでなんと名前つけようと、全部一緒ですよね。うん、するどいですね。受ける側が与える側の、もそうですし、与える側が受ける側の「あまあまなエゴの部分」が
    望むこと、満足することを言い始めたらもう最悪ですよね 笑

    ひでまるさん
    引越しってのはこの湘南編始めた頃にも記事にしましたが、現実問題でも色々ありますし、霊的見地からも土地とのご縁とかありますから慎重にならざるを得ないですよね。ご家族のため、ご自分のためにいい選択ができるといいですね。しかし、どんな選択をしても選択じゃなくて偶然の動きだったとしても、その選択が結局どうだったのかってわかるのはずいぶん経ってからだったりしますし、
    結局よく考えるとそれが最善だった、ってオチになることが多いように思いますけどね。占星術のほうも少しずつすすめますのでおたのしみにー♪

    2:41の匿名さん
    日本人自主性、やっぱまだ全体的に弱いですかね?警戒心についてはほんと違いを感じますね。うちの子たち警戒心ありすぎで笑えました 笑 人を見たらどろぼうと思わないとな環境は悲しいことなんですもん本当は。だから逆にその人を疑わない素直な部分ってのは日本人の長所でもあると思うのですよ。そのあたりもバランスが肝要なんでしょうね。

    サルファ★さん
    本人にとってそのような状態になってしまったこともまた学び、大きい視点で見れば、そうですね。でも家族はたまらんですねえ。

    ソラさん
    すっきりしていただけてよかったです♪

    5:53の匿名さん
    いやおいらもともとアンチスピ人間だったし、基本普通の人のつもりwなので・・・ありがとうございます^^
    左脳、大事だと思いますよ!右脳ばっかりじゃ人間生きていけません。スピな世界でも、右脳でインスピレーションうけとったら、それを翻訳して、サニワ、というか、それが世の中の常識とか色々に
    照らし合わせていったいどうなのかっていう判断するのは左脳の働きでしょうねえ。だから両方大切なんでしょうね。なんらかの能力があってそれを表現しようとする人はまず「自分が感じていることを誰かに伝えることでその誰かを嫌な気持ちにさせていないか」をまず熟考すべしって思いますね。

    返信削除
  23. たーにゃさん
    うん、気的なことがわかる人は、そういう面からさぐる、というか見極めるのも大事なことでしょうね。でもその場合でも、左脳的な判断というか、常識に照らし合わせてどうなのか、って部分も同時に見たほうがいいでしょうね。

    返信削除
  24. おんぽたんぽ29/2/12 10:06 午前

    じぇいど♪さん、お返事どうもありがとうございました☆

    科学的な証明と言うのは、未来のお話です。^^ もしかしたら
    せめて「気」だけでも、機械で質とか量とか測れる様にならないかな?と。。。
    既にそのような機械が、あるのかも知れませんが。。。

    物理とかでも、新しい公式とか出てこないかな?とか、色々期待してます☆

    そうじゃないと、いつまでたっても見えない世界は怪しいで
    何だか、ちょっとさみしいなとも思って。

    今回の事件の様にこわい部分もあるので、怪しいと言う認識が
    あった方が、今の段階ではある意味、良いのかも知れませんが。

    ただ見えない世界観の統一は、気を機械で測れる様になるより
    難しい感じがします。 でも全体像を掴んで話してるわけではないので
    全て憶測ですが。

    皆さんのコメント、じぇいど♪さんのお返事も、参考になりました。^^

    返信削除
  25. 大変ためになりました。
    うちは父と母がこのような状態になってしまい、家族が崩壊しました。
    父は一緒に拝んでくれないなら親子の縁をきってほしいといい、
    母も父のいうことをきいてほしいと・・・。
    結局ここの宗教団体は人を殺してニュースになりました。そして解散したと。
    ニュースになった時には父は他界、母は寝たきりの身動きできない状態でした。
    もし父と母が元気だったら、家族元通りになったんだろうか・・・とか今でも考えます。
    宗教にのめりこんでる時の両親の目は普通ではなく、こわくてこわくて逃げる事しかできませんでした。今でもこの事を考えると後悔でいっぱいでしたが、これを読んで少しだけ気持ちが楽になりました。また色々思い出してつらくなったら読みかえします。

    返信削除
  26. じぇいど♪さんのお返事、嬉しかったです。「引っ越しは起こるべくして起こる霊的変容の一部」ですね。

    転勤族の我が家ですが、今回は家庭の事情による引っ越し、子どもたちは初めての転校でした。半年以上たちますが、未だに学校に馴染めなくて・・・。
    でも、じぇいど♪さんのご家族はアメリカから日本への引っ越しですから、文化や言葉の壁など本当に大変だったと思います。

    「どんな選択をしても選択じゃなくて偶然の動きだったとしても、その選択が結局どうだったのかってわかるのはずいぶん経ってからだったりしますし、結局よく考えるとそれが最善だった、ってオチになることが多いように思いますけどね」のアドバイスを胸に、前向きに頑張っていきます。ありがとうございました。

    返信削除
  27. じぇいどさん御返事ありがとうございます。

    そして、他の皆様のコメントも興味深く読ませて頂きました。

    じぇいどさんのブログを読んで、私がセッションを受けた霊能者の方も、じぇいどさんがブログで、凄いと書いてあったからですが、人は変わって行くものですしね。


    自分で、なんか変と感じたのを大切にして良かったと思っています。


    そして、その霊能者さんにですね
    色々、過去世があーだ、こーだの
    親があーだ、こーだの言われますでしょ。

    自分は、そう思わないと言うと、あなたは気付いてないだの。潜在意識の自分は、本当は手放したいだの言うわけですよね。

    これでは、弱って悩み持っている人は、どんどんはまるよなーと、感じますし

    クライアントがどうしたら、自分に引き寄せられるか分かって言ってるなー。と、感じました。

    今回の中島さんの件は、本当に真面目にやっている霊能者の方や、カウンセラーの方にしたら、悲しい事だと思いますが
    現実に、そういう霊能者の方が多いのも事実ですから、じぇいどさんがブログに書かれて、認識が変わっていければ良いなーと思っています。

    返信削除
  28. こんにちは。
    今回のじぇいど♪さんのコメントで私自身、改めてハッとさせられました。

    今回の中島さんの騒動、最初は「え?!あの人が??」なんて衝撃的でしたが、
    次第に「ふーん。。。そんな依存してりゃあなるべくしてって事で仕方ないよねぇ」って感じで段々と「彼女はそうなってしまった人」と自分と区別して見過ごしてました。

    でも、じぇいど♪さんがあえて自身の言葉としてこの騒ぎをブログに書かれた事で、彼女(の状態)が特別そうなってしまったのではなく、見えない存在を感知しない人たち全員が、煮えていく鍋の中のかえるのようにそうなっていくこともあるのだよと、それには本当に自分自身がシッカリと地に足をつけて自分の人生を自分が切り開いて生きていかにゃあならんのだぜよと教えてくれた気がして。。ちょっと騒動から時が経った今だからこそガツンと心に響きました。

    見える側も見えない側も自分で選択してきた今生なのでしょうからね。
    プラスのエネルギーを循環させていきたいものです。
    ありがとうございました。ぺこり。


    ついでですが、じぇいど♪さんがブログを始められた頃からずーーっと拝読させて頂いてますが初コメです。
    中島さんは「ワタシ」と、つい初カキコしてしまいましたぁ★

    これからも楽しみにしてます。

    返信削除
  29. おんぽたんぽさん
    ほんと、未来と言ってもあまり遠くない未来に
    気を科学的に解明して、霊体の部分も医学で治療する、
    そんなふうになるといいなあ、って思いマスねえ。
    でも、怪しいという認識、おっしゃるとおり、今の世では
    まだ身を守るために必用なのかもしれません。

    28日5:50の匿名さん
    それは本当に大変でしたね。せめて匿名さんだけでも
    そういう世界から離れることができてよかったのだと
    思います。ご両親もそう思っていらっしゃることでしょう。
    1Q84って小説はまだ完結してないですが少しそういう
    世界がからんだ話ですね。宗教に窮地を救われる人もいます。
    だからすべての宗教、特に色眼鏡で見がちな新興宗教を
    完全否定したくはないと思います。
    でもそういう匿名さんのようなお話を聞くと、やはり他の考えを
    認めようとしない排他的集団に属すること、特に
    自分の内側の霊性を磨くのではなくなにか外側のものや特定の
    教祖、形式的儀式のようなものに頼って布教を強制し、信者の
    財産を吸い上げるような教義をもつ集団に属するというのは
    本当に慎重になるべきだなと痛感します。匿名さんのお気持ちが
    いつかは楽になりますように。

    ひでまるさん
    転校というのは私もちょうどばんぶるくらいの年齢で経験しましたが、
    子供にとっては本当に大きな変化なので、ひでまるさんのお子さんも
    半年ではまだ慣れなくても無理ないかと思います。私は
    たしか完全に自分を出してクラスで新参者のプレッシャーなしに
    振舞えるようになるまで2年くらいかかった覚えがありますね。
    うちの子たちも楽しそうには見えてもまだまだ
    「アメリカにもどりたい」と言いますし、新参者ならでは、
    違う文化から来たものならではの困難はあるようです。しかし
    いつかもどろうね、ではなく、この土地に根付くつもりで、
    との基本姿勢で、様々な子供の行事に参加させたり、他の土地に
    遠出するのではなく週末は家族で地元の楽しそうなところを
    見つけては出かけてみる、と言ったことを試みています。
    中学校も私立ではなくて公立に進ませようと思っています。
    その土地に愛着が湧くかどうかは、どれだけその土地にいい思い出が
    あるか、その土地にどれだけ大好きな人たちがいるか、そこが
    自分の場所、だと思えるかどうか、に大きく影響されると思うので・・・。

    1:04の匿名さん
    それは本当に残念なことでしたね。私がブログで書いたことがある
    方だったというのは申し訳ない思いになりますが、人は変わるものだし、
    ということの他にも、霊能者、セラピスト、ヒーラー、と言った
    方々のサービスを受けるときには、相性というのはかなり影響すると
    思います。ご自身が、変、と感じたら誰がお勧めだといって褒めて
    いようとその感覚を大切になさるべき、と思います。

    そして、それでごはんを食べているwプロは、営業トークをして
    当たり前、リピーターになるよう話を持って行くであろう危険性が
    ありうるという認識はクライアント側は持っているべきだと思います。
    こういう世界ではありもしない問題をリーディングにかこつけて
    でっちあげるような営業トークはモラル違反だろうと私も強く
    思いますけれども、感覚の世界なので施術者本人は「ありもしない」とは
    思わない、と言えばそれまでのことですし、抗議がしにくい問題ですよね。

    だからあまりにすべてを疑ってなんでも拒否の姿勢をとるのは
    経験のチャンスをせばめてしまうのでまたもったいないことかと思いますが
    (これは自分への戒めにもしたいですね。私も石橋を叩いて結局渡らない、という
    タイプなんで)、できればセラピストの側も、予約をした以上なにがあっても返金は
    しません、なんてポリシーを掲げるのではなく、初回は気に入らなかったら返金も
    いたします、くらいのポリシーで押し付けにならないセッションをする形が
    常識になっていけばいいのに、と思いますね。なかなかそこまで
    クライアントの立場に立ったポリシーでセッションをやる人は
    いないでしょうけれども。つかそれを一度もお金を払ってなんかの
    セッションを受けるということをしたことがない私が言うのは
    えらくずうずうしい話なんですけれどもね 笑

    yasuさん
    初コメありがとうございます^^
    そういう意味では、中島さんはかわいそうでしたが、この問題は
    大きく報道されることでたくさんの人にスピリチュアルビジネス
    ということについての警鐘をいい形でならすことになった
    事件だと思います。

    返信削除
  30. じぇいど♪さん

    こんにちは。

    >ネガティブな人間からはネガティブな言葉とストーリーと解決法しか紡ぎだされず、本人が充分に癒されていて明るい人格の人からは明るい前向きな、相談者を癒して前に向かって背中を押すような言葉が紡ぎだされる。そういうもんだと思うのです。

    私もまったく同感です。

    霊能者といいつつも、人格によって、どの世界とつながっているか・・と判断の基準になるなぁと私も常々思っているところです。

    だいぶ前に、私も、同じような内容で、ブログに書いたことがありました。

    さにわ(審神)に関する記事ですが、
    http://naomiangel.exblog.jp/16169024/
    人格=霊格、
    どんな存在とつながっているかは、その本人の人格で判断する、
    メッセージが来ても、一度は疑ってみる、
    そして、メッセージをくれる存在の言動をよく見極める、
    憑依の根本的な解決について、

    等々、つづりましたが、

    私も、これから、霊感開いてつながり始める人も増えていくだろうという予感で、そういう人たちが大きな穴に落ちてしまう前に少しでも役に立てたら、という思いで書いたのと、
    そして、そうでなくても、相談相手として霊能者を選ぶときの指針になるかなぁという思いで書いたものでした。

    じぇいど♪さんの記事に、うんうん、そうそう、とうなずくばかりです。

    返信削除
  31. じぇいど♪4/3/12 2:57 午後

    Naomiさん
    どもおひさです^^
    サニワが大事、ってよく言われますけれども私は逆に
    それが落とし穴になってるケースがよくあるんじゃ
    って危惧しています。だれそれにサニワしてもらったから
    私の繋がってるものは正しい!と逆に妄信してその
    内容についてもう一度自分自身でよく考える機会を
    失ってしまったり、寄りかかっている同士が互いに
    サニワしてるつもりになってどんどん暴走してしまう。
    そんな危険性もあるんだってことを、霊能力があると
    自分で思ってる人間は自覚して自分を常に客観的に
    みつめ、できれば「霊感のない人」からの率直な意見
    というのをむしろ気にするべきかと思うのですよね。
    ほんとにこれから、つながり始めている人が増えてくるに
    したがって「こんなところに穴があるよ」という
    情報は大事になっていくと思いますので
    Naomiさんのようにまとめて経験からくる意見を
    書いておく、というのは多くの人に助けに
    なることでしょうね^^

    返信削除
    返信
    1. お返事ありがとうございます!

      ああ、なるほど、そうですね、確かに・・。

      要は、他人の意見や、そのいわゆる降りてくる「メッセージ」をすっと信じてしまうのじゃなくて、疑ってみて、本当かな?と、事実と照らし合わせるという行動をとる、ということが個人個人が大事だと、私も思います。

      古来の審神とは、第三者にしてもらうことらしいですが、
      他人に審神してもらったり、審神しあって、それで大丈夫!という考えは私もう~ん、ですね。

      疑ってみる、自分でしっかり確認する、という作業が大事だな~と思います。

      要は、過信はいつでもよくないですよね。

      >霊能力があると自分で思ってる人間は自覚して自分を常に客観的に
      みつめ、できれば「霊感のない人」からの率直な意見
      というのをむしろ気にするべきかと思うのですよね。

      ごもっともです。

      自分でニュートラルに保つ、というコントロールが必要ですよね・・

      ご丁寧なお返事、ありがとうございました!

      削除
  32. こんにちは!
    永遠の課題ですよねえ。でも、普通の人の普通の感覚って結構精度高いと思うのです。
    だけど、スピに限らず自分の感覚オフにして、そこにありがたいとまわりに思われているお言葉や意見を入れてハクをつける(他の信用を勝ち取る)みたいなことが日常的に多すぎて、自分の感覚を日常的にオフにしている人多い気がして、危険な感じがしてます。

    場のマインドコントロールとかもあるので、ほんとに危険なとこには通じないかもしれないのだけれど、大体は、会ってみたり電話で話してみたりで自分に合うかどうかはわかるものかと。

    前回スピと離れたのは、このたなぼた現世利益を期待するようなかんじでした。(私がそうだったのでしょうね)
    でも結局、どんな評判の良い先生にであっても、自分がやることだし。
    合う人との時間は何の力がなくても、パワフルなことが起こることあるし。

    ずれてたらごめんなさい。とてもいい話題でした!

    返信削除