2012年2月9日木曜日

アロマセラピーお役立ちあれこれ Q&A

ということで、あれこれの疑問をIFA認定アロマセラピスト
(社)日本アロマ環境協会認定アロマインストラクターでいらっしゃって
埼玉でアロマセラピーサロンを経営なさっているのどかさん
お答えいただきましたQ&Aです。


Q ディフューザーがなくても簡単に使える方法はありますか?
A ティッシュに1滴たらして、精油が直接肌に触れないように折りたたんで、
ブラに入れて香りを楽しむ。お風呂に数滴入れてアロマバス、などいかがでしょう。

Q 使用期限が切れてしまった精油、捨てるのもったいないですが・・・
A よく聞かれるんです。使用期限が過ぎた精油ってどうしたらいいですか?って。
使用期限が切れても香りはいいし、香りが好きで買った精油の命、
最後まで使いたいですものね☆
精油の使用期限は
柑橘系の精油: S.オレンジ、レモン、グレープフルーツ等 は開封後6カ月
その他の精油: 開封後約1年
と言われています。
私がよく使っている精油、フレグラントアース社の精油は
柑橘系精油も多くの精油と同じように、「水蒸気蒸留法」という方法で
精油をとっているので、使用期限は1年になっています。
フレグラントアース社HP
http://www.fragrantearth-online.jp/
使用期限が切れてしまった精油たちは捨てないで、肌につけない使い方をして下さい。
例えば、
ゴミ箱の中のゴミを狙って数滴たらす
(プラスティック製品にはあまりつけない方がいいです)
トイレットペーパーの芯の部分に1滴たらす
エアフレッシュナーを作って、吹き付ける時に肌に付かないように気をつける、など。

Q 体につけるときはどうしたら?
A 精油を体につけて楽しむ一般的な方法はキャリアオイル(ホホバ油やスイートアーモンド油などの植物油)で精油を希釈して使用する方法です。
キャリアオイルとは植物から抽出された油です。
アロマセラピーで使われるキャリアオイルにはスイートアーモンドオイルや
アボカドオイル、マカダミアナッツオイルなどもあります。
ちょっと聞くと美味しそうな名前も並んでいます。
こちらは精油と違って食用にもなるオイルです(衛生上の問題を除けば)。
一方、精油も「油」の字が使われていたり、エッセンシャルオイルと呼ばれますが、
こちらは油ではなくて植物の香りそのものです。
決して、口に入れたり、希釈しないまま直接肌につけたりしないで下さい。
希釈の際に気をつけなくてはならないのは精油の希釈濃度です。
ブレンドオイルを使用する場合、身体で1%以下、
顔に使用する場合で0.5%以下の精油濃度なら安全とされています。


Q や~、1%って作るの難しいですよねえ・・・計るんですか?
A ブレンドオイルを作る時の計算式は、
1%濃度で30mlのブレンドオイルを作る場合…
(精油1滴は0.05mlとして計算します)
30ml×0.01(1%)=0.3
0.3÷0.05(1滴)=6(滴)
計算好きな人ならこの方法もいいですが、もっと簡単な覚え方は
小さじ1杯(5ml )のキャリアオイルに精油1滴で1% です♪
1.5%くらいの濃度なら妊産婦、老人を除く健康な大人なら体に使えます。

Q 飲用には慎重に、と昨日の記事の注意のところでおっしゃってましたが
間違って飲用してしまった場合や、飲用して合わなかったら対処法はありますか?
A  私も飲用可の精油を飲んだことがあります。
マグカップに1滴たらして。
けれど、精油はお水(お湯)には溶けません。
マグカップの上にうっすら浮かんだ精油。
一口飲んだだけで、喉の奥がひりひり痛くて。
粘膜への刺激が強くて、ちょっと怖かったです。
皮膚に付いた精油なら、すぐに洗い流すこともできますが、
喉の奥や食道、胃はすぐに洗い流せませんし……。
万一アレルギーがあったりしたら事故につながりかねません。
対処法としては「植物油を飲む」とありますが、
オリーブオイルも飲みたくないです(^_^;)
なので私自身はなるべく飲まないで他の方法を用います。
特に初めて使うものなどは自分に合うか合わないかも
わからないうちにいきなり飲まないほうがいいと思いますね。

Q じゃ、植物アレルギーがない人ならばそう心配することもないってことでしょうかね?
A 精油の事故はアレルギーだけでなく、精油その物の成分が事故につながることがあります。自分が実際に目にしたり、体験談を聞いたわけではないのであまり怖いことを書くのもどうかと思いますけれども事故の例として
 血圧上昇
 低血圧による失神
 てんかん発作
等があります。
死亡事故に関しては小さな子どもがドロッパーのついていないユーカリグロブルスの瓶を1本飲んでしまった、とうことがオーストラリアで報告されています。 
オーストラリアに行くとユーカリの精油が激安で購入できるのですが、箱に「POISON」と大きく書いてありますし、アメリカの病院でお薬をもらうと子どもが簡単に開けられないような、あのセーフティーキャップがついています。

Q 特にこの精油は要注意、みたいなのはありますでしょうか。
A ひとつひとつの精油にクローズアップして注意事項を書いているとキリがないですが、アロマセラピー目的で精油を使用する場合には、各精油の禁忌事項をチェックするのを忘れないでください。
ほんの少しだけ例をあげてみますと。例えばベルガモットは光毒性、と言って、直接肌につけて日に当たると火傷状になる症状が出てしまいますので注意が必要なのですが、光毒性を引き起こす成分を取り除いた「FCF(フロクマリン・フリー)」というベルガモット精油もあります。
光毒性を引き起こす精油は柑橘系に多くて以前はひとくくりに「柑橘系の精油に注意しましょう」と言っていました。ですが、フレグラントアース社のように柑橘系の精油の抽出方法を変えたことにより、光毒性を引き起こす成分が入っていない柑橘系の精油も出回り始めました。
精油の利用者が増えたり、地球環境が変化したり、化学が発達したり、スピリチュアルの世界が注目されるようになったりと様々な要因でアロマセラピーの世界も変化しているように思います。

なるほど。素人判断で新しい精油を買って嬉しいからまずは肌につけて試しちゃえ、調べるのはあとでいいや、といきなり肌に使ったり、食用って書いてあればなんでも口にしてOK、って思ったり、薬じゃなくて癒し用品だから安全、と甘く見て子供の手の届きそうなところに置く、ってのはNGってことですね。そして技術の進歩などで禁忌も変わりうる、と。

Q ところでじぇいど♪、薔薇好きなんで飲用可、って書いてあるローズウォーターを水に加えて飲んでますが、どうなんでしょう?あれは薄いからスプレータイプをシュッとコップの水に一吹きするとちょうどいい具合になるんですが。
A ローズウォーターは精油を水蒸気蒸留法で得る時にできる副産物で、
精油とは性質がまったく違うものです。
ローズウォーターやネロリウォーター等はフローラルウォーター、
またはハイドロゾルとも呼ばれ、精油とは成分も違いますし、
作用も穏やかで安心できるものです。
副産物といいながらも、フローラルウォーターを得ることが目的で
植物を蒸留することもよくあります。
食品衛生法にのっとった方法で売られているなら、飲用しても問題はありません。
私も飲むローズウォーター、大好きです♪

Q なにか他にお役立ちな話しがあれば・・・
A 精油に関してよくあるエピソードは
ラベンダーLavandula angustifoliaの精油は女性では苦手な人が多いです。
ラベンダーは血圧を下げる作用があるので、
低血圧の女性が使用すると、血圧が下がり過ぎて気持ち悪くなってしまうのです☆
アロマセラピーの代表のようなラベンダーの香りが嫌い、
とは言い出しにくくて黙っているだけの女性、多いです。
ラベンダーは元気いっぱいの男性に好まれる代表精油です。

Q あと何か面白いお話がありましたら。
A あとは・・・そうですねえ。
先日なにみえで占星術講座を始められたのを拝見しましたが、精油と占星術は関係があって。「アロマセラピー占星術」という本には各星座とその星座を象徴する精油が紹介されています。
この本の著者、パトリシア・デーヴィスさんはアロマセラピーの世界では非常に有名な方。一般的なアロマセラピー以外に興味がある方はぜひ一度、読んでみて下さい☆

本の一部を抜粋すると……。


牡羊座 ローズマリー
牡牛座 ローズ
双子座 バジル
かに座 ブルーカモミール
しし座 ジャスミン
乙女座 ラベンダー
天秤座 ゼラニウム
蠍座 パチュリ‐
射手座 ブラックペッパー
やぎ座 ベチバー
水がめ座 ネロリ
魚座 メリッサ


この星座と精油が必ず当てはまるというわけではないですが、
深い占星術の世界にも香りをどうぞ☆


A 最後に何かなにみえ読者にメッセージを。
Q アロマセラピーは万能ではありません。
同じ植物療法でも、ハーブや漢方の方が相性が良い人もいるでしょうし、
フラワーレメディーやホメオパシーの方が相性のいい人もいるでしょう。
選択肢の一つとして、安全に試してもらえると嬉しいです♪

いやいや、つい先日まではまるっきりなにも知らなかったじぇいど♪もなんだか
一気に詳しくなった気分♪すぐ飽きてほうりださずに、安全面にも留意しながら色々と長く楽しめるように思います。
のどかさん、ご協力ありがとうございました!

★   ★   ★

じぇいど♪アメリカで使ってたローズウォーターはこの2点。上は化粧水、下は子どもたち用など色々お楽しみのために。ま、日本ではちょっと高くなっちゃってるけれどもそのあたりはしょうがないよね。元々上のが米国では23ドルだったかな、+送料、下のは5ドル前後+送料ですから、まあそんなに悪くないかも。下のはローズの他にもラベンダーなど種類が色々。

応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

13 件のコメント:

  1. 精油を使用する面白い話というと、記載されておりますパトリシアデービスさんの著書にサトルアロマというものがあります。

    精油のエネルギーをサトルボディのメンテナンスに使用するというものです。

    エネルギー関連でお役にたつかもしれませんね。

    返信削除
  2. じぇいど♪9/2/12 6:37 午後

    http://amzn.to/zrznmN
    これですね。これはおもしろそうだ~。
    考えてみりゃオーラソーマってのは
    そういうことですもんね。普通の精油でも
    そういう使い方できるはずですよねえ。

    返信削除
  3. おっ! 珍しい夕方?夜の投稿ですね♪

    今日の記事は、字がいっぱいだけれど
    体(私の)に優しいな。。。何故だろう?
    青い字が多いからか? 星占いの方よりは、
    頭に入ってきます。。。^^

    水瓶座は、ネロリなのですね☆
    今度、匂いチェックしてみます!

    それと、じぇいど♪さん。
    今日、たみえさんの社会派?(法律とか)の記事にされたコメント
    深く胸を打ちました。 また裏ブログの様な記事も書いて欲しいな。。。と、
    横レスだと気づいてもらえなさそうなので、ここに書いてみました(^_-)

    返信削除
  4. 横レス!

    おんぽたんぽさん♪
    ネロリは私が超大好きな香りです。
    ビターオレンジの花の精油です

    安全性も高くて、とてもとてもオススメなのですが
    なにせ・・・高いんです・・
    ローズほどではないですけどねぇ・・・


    じぇいど♪さん
    会社によっては1滴0.05mlになっていないのもありまぁす
    今はほとんど0.05mlで調整されてはいるんですけどねっ
    私が以前持っていてた精油は0.03mlってのがありました
    でも、薄い分には大丈夫ですけどっヽ(^o^)丿

    気をつけつつも、皆さんには
    どんどん精油と仲良しになってほしいなーと私も思いますわぁ
    私はフロリアルが好きなんですけどねぇ
    フローラルウォーターもそこのが大好きで
    めっちゃおすすめなんですけどねぇ
    最近、中々手に入らなくなって残念なんですよ
    (昔は仕入れていたんです・・)

    あ、3月に鎌倉にお嬢が学校の行事で行くんですよー
    もし会ったらおもしろいですねー
    いや、顔知らないけど、何となくもしかしたら・・ってな
    そんな事もあったらおもしろいなーとか
    そう思ったんで書いてみました(笑)

    返信削除
    返信
    1. おんぽたんぽ10/2/12 7:46 午前

      麻日さんへ

      ネロリは、ビターオレンジの香りなのですね☆
      ふつうのオレンジなら、持ってます♪

      教えて下さって、ありがとうございます!

      削除
  5. ブルームーン10/2/12 2:17 午前

    とっても勉強になります~!
    実は、ラベンダーってあまり好きではなかったんです。
    ラベンダーは基本だと聞いたので
    始めてみるにはこれからかな~と買ってみたものの
    やっぱり好きになれずにいました。
    結構低血圧なのですが、なるほど~!!だからなのか!と納得です(笑)
    アロマには興味はあるけど
    どうしたらいいんだろう~といった
    初心者も初心者なので
    本当にとってもありがたいです♪
    ありがとうございます!!

    返信削除
  6. 昨日読み返していた本で、たまたまアロマテラピーに関する記述を再読していたら、
    精油の瓶に手を伸ばしただけでエネルギーの通り道は開いていると。
    確かにもうそのときには何か決まっているような気がします。

    私はまだ受けていないんですが、気診ではその人の症状に合う漢方薬も手に乗せるだけで成分がエネルギーレベルで入っていくようです。

    アロマテラピーは個人で確かめつつ、色々チョイスできるのがいいところですね。
    お母さんだけの、お父さんだけの、子供達それぞれので違いがあるので、
    やっぱり一人で過ごせる時にやるのが効果的みたいです。

    返信削除
  7. あすケット10/2/12 10:35 午前

    すごいー。勉強になります☆
    獅子座はジャスミンなのか。。。
    香りの強いお茶ってどうなの?みたいな感覚だったのが、
    以前、本格的なジャスミンティーを飲んだ時、
    自分で以外にも 「あ、好きになってしまった…」
    と思ったのを思い出しました。
    本格的…、というか、中華系の方が入れてくれたお茶だったので、
    多分、本場とか本格的なものだったのだろうと思います。

    精油の種類によって、注意事項も違うんですねー。
    私も何にも知らなかったですが、
    というか、チェックすべき所を知る事ができて、
    とても有意義な情報でした☆
    今後の参考にさせていただきます~☆
    じぇいど♪さん、ほのかさん、ありがとうございます☆

    返信削除
  8. はじめました。いつも楽しくブログを読ませていただいてます(本も読ませていただきました)。

    少し前からアロマディフューザーを買おうかなと売り場をウロウロしていたので、まあ、なんてタイムリーな!と思いながら読ませていただきました。とても勉強になりました。ありがとうございます。
    アロマって奥が深そうですね。

    実は私もラベンダーが苦手です。リラックスしようと枕元にラベンダーの乾燥したもの?を置いたら眠れなくなった経験があります。やはり好きなものでないとダメなんですね。

    返信削除
    返信
    1. すみません。はじめました、じゃなくて初めまして、ですね。
      失礼いたしました・・・。

      削除
  9. サトルアロマテラピーはとても面白い本ですよ~。愛読書です。

    返信削除
  10. 双子座のバジルをみて
    強く納得してしまいました~!

    ほんとに大好きで、
    ベランダから一枚ちぎっては。。
    香りを楽しんでいました^^

    返信削除
  11. メタトロン16/2/12 11:48 午前

    メタもアロマ環境協会のアドバイザーの資格を持ってて、いつかインストラクターかセラピストの資格取りたいと思ってるんだけど、言葉のチョイスがあまりよろしくないんで、のどかさんみたいにちゃんとわかりやすく説明できるようになりたいです(>_<)

    返信削除