2012年3月18日日曜日

さらに惑星モデルとこんどは隕石を

・・・ってまだ食べてないんで美味いものシリーズに入れて
ええのかちょっとためらいますがまあいいでしょ。

以前この記事でご紹介しました食べられる惑星モデル。
またまたなにみえ占星術講座の講師、有栖川月子先生に
第二弾をいただいちゃいました。

月子さん、前回のが半球だったのを知らなかったとかで
悔しくて、きっちりぱっちり「球」のを捜してリベンジを
はかりたかったのだとか。さすが星のこととなると
どこまでも凝り性 笑

これは美しいです。前回のは輸入もの。これは国産。
実はやっぱり日本人のほうが技術高いじゃないか。
なによりも感動しちゃったのは、地球ですよ!
この色合い!まさに雲に覆われた感じとか、海の青とか、
チョコとは思えませんですよ!
まさに見てるだけで「惑星LOVE」になっちゃうお宝です。
いやいつかは食べないともったいないんだけれども。
食べちゃうのももったいない。ああどうしよう 笑

あ、ちなみに前回いただいたものは、とっても美味でしたよ。
凝ってたのは見た目だけではなかったです。

そして今回はもっとすごいレア物も。
それが同じショコラティエ、レクラの隕石シリーズ。

世界中の隕石オンパレード。
一つ一つに、何年にどこに落ちた隕石で、とかウンチクが
ついているのがもうなんともマニアック。


このギラギラ感、うまく写真じゃ出せませんねえ。とても 
チョコの色とは思えんですよ。マジ鉱物みたいです 笑
いろんな隕石、見ても知らんねーなものがほとんどですが
この右のやつは知っている!Canyon Diabloの
ディアブロ隕鉄ってよばれてるヤツです。

カリフォルニア、アリゾナあたりではまあ存在は知られた、
しかしたぶんえらくマイナーな 笑 観光地。
隕石で開いたでっかーいバリンジャー・クレーターってのが
そのまま保存されておるとかで。直系1.5kmくらい。
でも、マジなんもないアリゾナの砂漠のど真ん中なんで、
そのくらいの大きさのものがあったって「へでもない」場所でw

他の世界的に有名な名勝地に囲まれてる場所ですからねえ
よっぽど科学好きな子供でもおらんと、へえここにこういうのが
あるのね、って知ってても、わざわざは行かないんじゃ、
って思ってましたがどうなんでしょうね。

我が家もいつもこのあたりまで行くと、すぐ手前で右か左に
曲がってセドナやグランドキャニオンに行ったり、
目の前を通っても目的地に暗くなってから着いてしまうと
ほんとに電灯とかなくて山道を走るのが大変になってしまうので
「こんなとこ見てる場合じゃない!」って素通りばかりで
ついに行ったことがなかったんですが^^;
ここでその隕石レプリカチョコにお目にかかろうとはw

もったいなくてまだ誰も手をつけようなんて考えもしないんで
お味のほうはまだわかんないんですが、この隕石のほうは
なんか「食感もそれらしく」作ってあるって触れ込みなんで
どーなのかとても楽しみです。

有栖川月子さん、わくわくなプレゼントをありがとうございました♪

私はお2人からいただいた原稿を整理して、やりとりの形に
仕立て直したり入力したりしておるだけですが、それでも
たびたびわからなくなって「うきーっ!」となっております。
なのでそーいうときに少しずついただいて☆星LOVE☆を
ブーストアップ、気合をいれさせていただきますです。はい。

応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

7 件のコメント:

  1. そうだったんですか~ ちょうど、『占星術講座ってお3方でチャット等で会話の下書きをしたものを清書して載せてらっしゃるのかなぁ』などと思ってたとこでした。 じぇいどさんでも「うきーっ!」なんですかぁ(笑) じゃぁ安心して「???」になってもいいですね(笑)

    チョコ… やっぱり日本はレベル高いですねぇ…(´¬`)

    返信削除
    返信
    1. じぇいど♪18/3/12 1:05 午後

      へっへっへ 笑
      さらっとチャットで話したのをそのまま原稿に
      できたら簡単なんですけどねえ。
      先生方だってこうやって大勢の方々に読んでいただく
      ときにできるだけわかりやすいようにと、色々図を
      作製してみたりと苦労してらっしゃるのでしょうし
      おいらは「理科オンチ典型的文系の自分自身が
      理解できる内容なのかどうか」ってのを難しさの
      判断基準にしておりますから、それなりに苦労して
      おるのです 笑
      ちなみに、星の運行、逆行のあたりはちゅまがちらっと
      見て「・・・当たり前じゃん」って、なにがわからないのか
      よくわからない、みたいな顔されてしまいましたよw

      削除
  2. チョコ好き星好き石好きにはツボすぎる〜♪♪

    食べたいけど食べられないお気持ちもわかりますぅ( ̄▽ ̄)

    返信削除
  3. たみえ*タミエル18/3/12 9:13 午前

    あたしももらったんだけど、まだ食べずに冷蔵庫に鎮座しとる。
    火星と土星に特に悶絶しとるよぉぉぉ。

    返信削除
  4. あすケット18/3/12 5:56 午後

    うわわ~~~。前回の惑星チョコもすごいと思いましたが。。。
    今度は日本製の 球タイプですかー。
    「これがチョコ」 だっていうのがすごいんですが、
    「もったいなくて食べられない」 というのが人情ですよねー。
    食べてみたいー。でももったいなく食べられないー。
    食べたら食べたで、「食べちゃった罪悪感(?)」みたいな…。
    これはストレスですよw
    隕石とか、なんてマニアックな。。。
    この写真でも、ギラッとしたメタリック(?)な感じが分かります。
    こういうの好きなだけに(チョコ自体好きだし)、
    見てるだけで悶絶しそうです・・・w

    占星術講座、まとめるの、エネルギーの消費だと思います。。。
    ものすごーく助かってますが、ご無理なさらずにー。

    返信削除
  5. 前回ご紹介のチョコはバレンタイン時期に見かけましたが、今回の球体惑星&隕石!?は知りませんでした~美しい!
    日本の美味しいもの情報も、知らなかった情報♪でありがたいですが、占星術講座に紹介されているリンクや図など、分かりやすくて助かっております!可愛いイラスト、読みやすい文章もそうですが、それに合わせた図などを探し出してUPされていただいていることを思うと…ありがとうございますm(__)m
    これからも、がんばって付いていきたいと思います!(あれ?となっても読み返せるのがまた助かります)

    返信削除
  6. というわけで。ごちそうさまでした。
    いやすごかったですよ。
    惑星チョコも美味でしたけれども
    隕石チョコが!
    じぇいど♪家、ショコラティエのチョコ、
    あちこちのをけっこう食べておると思いますけれども
    こいつぁーレベルが高いとおもいます。
    一つ一つの味がものすごく凝ってます。
    で、突飛な組み合わせ?と思われるものの
    味が、突飛じゃないんですよ。
    だあめだこりゃ奇をてらいすぎ、ってもんが
    なかったです。

    返信削除