2012年3月20日火曜日

今日でサリン事件から17年なんですと。

じぇいど♪家、しばらく卒業式だのなんだのイベントが続きましたが
もうほぼ春休みモード。ま、ばんぶるがあとちょっと学校あるんで
まだなにしてるっちゅうわけでもないんですが
「日刊なにみえ」がだんだん週刊誌になっちゃうかw 
あるいはいつものごとく「春季休業中」にするかどうかは
まあ、ゆるゆると、お天気とか気分とか次第でやらせていただきますが。
あと、メールの返事ないなあ・・・って方いらしたら・・・
いや、いると思うんですがすいません^^;
やりとり途中で返事がなくなってたら・・・じゃなくて何人もの方と話が
尻切れトンボになってたりしますね、ほんとごめんなさいです。

☆   ☆   ☆

本日3月20日で、1995年にあった地下鉄サリン事件から丸17年、らしいですね。

これ、実は個人的にえらいびっくりしたことしたことがあった事件だったんで
とてもよく覚えているんですけれども。

当時すでにアメリカに住んでいたじぇいど♪。
テレビのニュースの速報であれ?って思って自分が日本に電話したのか
日本の家族からの連絡が先でテレビをつけたのだったのか覚えてないのですが、
当時、じぇいど♪のパパ、つまり、ちゅまたちのおじーちゃん、ってのは
まさにあの時間にあの路線を使って事件の被害中心地となった霞ヶ関駅で
下車して通勤してた人でして。

当時携帯なんて普及してなかったですからね、オフィスに到着するまで連絡は取れない。
当然家族は心配して電話していたのですが、しばらく連絡がつかず。

じぇいど♪も海外ですら何度も報道されたんでテレビで見た映像を覚えてますが
大勢の被害者が、ああ、まさにあそこじゃん!って見慣れた駅の出口そばの
路上に寝せられていたり手当てを受けて、てんやわんやになっていて。
今調べると被害者はなんと6300人。
事件直後はいったい何が起こったのかも正確にわからず。
その光景を速報のリアルタイム映像で見たんじゃそりゃあわてたでしょう。

ちょうどオフィスに着いたばかりのところでやっと連絡が取れて
電話に出た当の本人に家族が「大丈夫?」と聞くと
「え??なにが?」という答えが帰ってきて、あの大騒ぎに
気づいてすらいなかったのかと拍子抜けしたそうで^^;

で、じぇいど♪パパ、なんで騒ぎに気づきもせずに通勤できていたのかというと。
数十年、同じ路線を使い、同じ駅で降りて通勤してたはずだったんですけどね。
事件の一ヶ月くらい前に、家族にも特に報告することもなく。ほんとになんとなく。
「健康のために、路線を変えて、別の駅で降りて、朝、ちょっと歩いてみようかな。」
って思いついて。事件の中心となった霞ヶ関駅とはオフィスをはさんで反対側になる
ぜんぜん遠くの駅で降りるためにぜんぜん別の路線で通っていて。
全く被害がなかった駅から騒ぎと無関係の道を通ってきていたのですと 笑

いやいや、運がいいというか、勘がいいというか・・・って
家族一同ほっとしながらも、じぇいど♪パパってほんとに
不思議な人だよなあ、って思った出来事でした。


そして、あの事件のときその霞ヶ関の駅にはこういう人がいらしたそうで。

http://www.asahi-net.or.jp/~ye8n-nsmr/sarin
この文章書いた方はあの事件のとき、たまたま現場に居合わせていたわけで。
新聞記者をめざしていたこともあったというこの方はその場の機転によって
大スクープ写真をモノにしたのですが、そのあと自分もサリンにやられた
症状が出てしまって治療を受けることになったとか。この方にとっては
偶然現場に居合わせたことは「不運」だったのか「幸運」だったのか。
その後も後遺症などなくお元気でいるといいなあ、と思います。


応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

7 件のコメント:

  1. ブドウっ葉20/3/12 9:04 午前

    私もあの日は忘れられません。
    当日のあの路線に普段通りなら、叔父と叔母、従兄が乗っていたはずだったのです。
    その日に限って車通勤したり、休みを取ったり、時間をずらして出勤していたりだったのですわ。

    安否が分かるまで気が気じゃありませんでした。

    被害を受けた方々は今どうされているだろうと、オームの話題が上がる度に胸が痛みます。

    返信削除
  2. 卒業式。。。ももちゃん・・・です・・よ・・ねぇ~ (*´・ω・)ノ

    ・゚:*:゚★☆・゚:*:゚ ご卒業おめでとうございますぅ~ ・゚:*:゚★☆・゚:*:゚
                 楽しい春休みを♪


    それにしても、ジェイドパパさん。。。
    さすがジェイドパパさん!!!っていう展開っで
    守られてるなぁ~っとしみじみ感じましたですよ!!!!!

    返信削除
  3. あすケット20/3/12 11:55 午前

    リンク先の記事の画像、すごい貴重な写真ですねー。。。
    あの日は、あの線の延長上の電車に乗っていて、
    駅を寝過ごしたら、騒ぎの中に突入したかも?
    という感じだったのを覚えてますが。
    寝過ごしてもおかしくない状況だったのですが、
    幸い寝過ごさずに目的の駅に降りる事ができました。
    あれは、阪神淡路大震災と同じ年の事でしたねー。
    阪神大震災の災害を利用して、自身の予言が的中している事を
    自作自演しようとしたらしい(?)という事のようでしたが。。。
    なので、震災の事を振り返ると、サリン事件も一緒に思い出します。
    じぇいど♪パパさん、健康のために・・・素晴らしい。。。
    「いつもならそこに居たはず」って人と、
    「いつもならそこに居なかったはず」 って人と・・・。
    ちゅまさんを中心に、目に見えない世界の事を身近に感じる事ができていますが、
    こうやっていろんなエピソードを伺っていると、
    ほんとに、ちゅまさんだけじゃなく、
    じぇいど♪さんの家族・血縁の方々は、みんな不思議ーって思いますw
    ちゅまさん始め、おばあさんの事も、ももちゃんの正体とか、
    おとーさんさんとか、ばんぶるちゃんも。。。
    アンチスピというじぇいど♪さんだって不思議な人です☆
    きっと書いてないだけで他にも居るんでしょうw(ぉぃ

    って・・・、とにかく。。。
    東日本大震災が起こってしまいましたが、
    阪神淡路大震災の事やサリン事件が、
    埋もれてしまわないようにしたいですね。。。

    返信削除
  4. リンク先の記事を読んで、当時携帯が今みたいに普及していたら、
    写真を撮ろうとその場に留まる人はもっと多くて、
    被害が拡大していたかもしれない…などと思いました。

    それにしても、じぇいど♪パパさま、すごいですー。
    一ヶ月前に「なんとなく」の路線変更で危険を回避…
    さすがじぇいど♪さんのお父上。

    ひとって、運命を分ける無数の選択肢のなかで日々を生きているんですね。
    つくづく考えさせられました…。


    ご卒業に際し、私の好きなこの曲を贈ります゚*。(・∀・)゚*。
    『ほんとは分かってる』
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=1dB8in_QRrw
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm1789851
    おめでとうございます。

    返信削除
  5. あれ。。
    この記事3回くらい見た気がするのですが。。

    返信削除
  6. おとうさん、本当によかったですね。
    うちの父も時間がずれてたかなんかで、事件にはあいませんでした。

    あの事件とあの前後のオウムのことは、いまだに心がざわざわします。
    その少し前まで中野区に住んでまして、オウムのコンサートのチラシとかポスティングされたり、いつも買いものする普通の商店街に、オウムの医者ができたり。。。

    被害にあわれた方がたへの思いと、
    だけど、最初に門をたたいた時は自分とたいして変わらないのだろうなという思いと。←この時は実家に帰って公民館のヨガ・気功のグループにいて、農家のおばちゃんたちと一緒になぜか肩身狭い感じで。(笑)

    でも、うっかり紀伊国屋でタイトルに惹かれて開いた雑誌、気持ち悪くてすぐ棚に戻したから、これもなにかあるんでしょうね
    大きくかかわらなくてはならなかった方々もどうか、生活を、健やかさや幸せを、取り戻されていらっしゃいますように。

    返信削除
  7. ブドウっ葉さん
    親戚のみなさんもご無事でよかったですねえ。
    ほんと、数分の差、とか思いつきの行動、とかで
    運命は大きく変わってしまうのだなあ、と
    思わされますね。

    tamaさん
    ありがとうございます^^ そうそう
    ももちゃん、小学校卒業、でした^^
    おじーちゃんも面白い人です^^

    あすケットさん
    私もあらためてこの記事を読んだりして知ったのですが
    ずいぶん遠くまで長い時間そのまま電車は走ってしまった
    のですね。なにごともなくてよかったですね。

    やっすーさん
    いやいやほんとそうですね。今みたいに携帯で
    写真とる習慣なくてほんとによかったです。
    素敵な歌をありがとうです。

    月下香さん
    あらま、なんでしょうね。デジャブにしても
    3回とは???

    フォーレルさん
    お父様もよかったですねえ
    私はあの頃日本にいなかったので事件のインパクトを
    本当の意味で知りませんしそうやって身近なところで
    見ることがなかったのですけれども、そうやって
    本当に身近に、ああ、ここがアレだ、ってわかるような
    状況だったのですねえ。
    そうそう、ただのヨガ教室だと思って最初は行った
    とかいう話もありましたから、ヨガってのがそうやって
    うさんくさい目で見られたってことが当時はあったので
    しょうね。
    ほんと、かかわってしまった方々が平穏な生活を
    送ってらっしゃるといいなと思いますし、しかし
    風化させて教訓をわすれてしまってはいけない類の
    事件なのでしょうね。

    返信削除