2012年4月2日月曜日

お留守のお社


気持ちのいい神社はポッポちゃんもいっぱい。

このあたり、って神社やたらあるんで、住宅街や街にひょこっとあったりするんですが。
そういう偶然見かけた中でこれまで何回かちゅまが気づいたのは、お留守のお社。

神社って神主さんが常駐してないような場所もたくさんあるみたいじゃないですか。
普段は扉もなにもかも全部閉まってて、特別な日にだけ神社らしくなる、という。

ま、日本で子供のころに住んでた場所にもそういう神社がありました。
でも、大晦日なんかは、どうしちゃったの?別の場所?ってくらい
にぎわって明かりがともされて人出があるんですが、普段は御参りしようにも
扉が閉ざされていますし社務所もありません。

ちゅまによると、そういう神社ってのは、神様も普段は、以前お話した
鳥居の玄関ピンポンお知らせシステム、みたいなもんというか
分霊を出さずにそういうものだけを設置してあって、なにか
お祭りでもある日だけ、そこにやってくるんだとか。

つまり御参りしてくれる人がいれば、インターホンというか電話というか。
そんな感じで、お願いごとの話だけ聞く、でも、分霊は
そこには普段は出してないよ、ってことらしく。
つまり、本体があって。その本体が、本社にあると言えるのか、
どことは定義しがたい別次元のどこぞにあるのかはなんとも言えないですが。
そこから各末社に分霊を出している。
そんなイメージでちゅまは捉えているようですね。

神様ってのも色々クラスというか、魂の大きさがあるらしく
無限に分霊を出せるわけでもない方もいらっしゃるようで。
ちゅまの上司の龍さんなんか見てるとそうらしいですね。
たとえば、こないだお彼岸ありましたが。ああいう時期は、
色々忙しくててんてこまいになる。
だから、我が家に遊びに来る一体を作る余裕はない。とか。

あとは・・・残念ながら、そういうピンポンだとかインターホンも
なくて、ぜんぜんだーれもいなくなっちゃってる、ってところも
みた事があります。

本体さんが、あらー、誰もお世話してくれないから忘れちゃってたけど
そんなところにもお社あったんだっけかー、と分霊を出すのはもちろん
離れたところから御参りしてくる人をチェックするシステムの設置も
わすれちゃってる、とそんな具合らしいですが。

やっぱり神社、ってのは、神主さんがちゃんといて社務所があって
きちんと3次元的にも霊的にも管理されてて、お祭りがあったり、参拝客があったり、
綺麗な花でも植えられてて人が集まってこそ、神様方も本気で
お願いごとをしてくる人を助けてあげよう、とか、その土地を守ろうという
お仕事をしてくださる。そんな感じなんでしょうね。

で、こんな無駄知識、なんかの役に立つのかってえと。
あんまり大きな声じゃ言えないことなのかもですが。
引越し先をね、選定してるときにはけっこうこれって大事かな、と。
ようするにその家の一番そばにある神社。じゃなかったら
そこそこ大きめの神社。そういうのをチェックしてみる。
なるべくなら・・・神社そのものが大きい、小さいにかかわらず、
社務所がいつも開いてるような、普段からちらほらでも参拝客がいて
せめてお祭りのときは賑わっているような。
つまり、神社が「生き生きしている」ような。

そういう神社の神様に守られている土地ってのは、
やっぱ気持ちがいいし、天災なんかのときにもね、できるだけの
軽減策をしてくださる。そーいうもんだと思うのですよ。

そして、賑わうためには、3次元的な管理だって必用でしょうし、
ならばやっぱり、お賽銭やお守りやお札をいただくときの初穂料、これが
ないと現実問題、きれいなお花一つ植えて管理することだって
難しいことでしょう。ならば守っていただく神社にはこちらからも
できる範囲でできることをさせていただく。ってのも大事なんでしょうね。

応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

7 件のコメント:

  1. はぁぁぁなるほど…! 毎度ながらちゅまちゃんのお話、本当に有難いです。 ぼんやりとやっていることって、そのぼんやりがいつの間にか「別にやらなくても問題ないこと」に繋がって行きがちなんですよね… なぜやっぱりやった方がいいのか、よく分かりました。 ありがとうございまーす!

    返信削除
  2. 私は昨年、日本の神様カードで引いたカードの神社に遠くから参拝したのですが、今その神社のすぐ近所に住んでいます。すごくすごく不思議な縁を感じていたのですが、この記事を読んで本当にここに引っ越してよかったなぁって思いました♪
    ありがとうございます♪♪

    返信削除
  3. ・・・っということは、近所の神社も有名どころの名前がついてるけど、普段はお留守なのかなあ?
    神主さんいないし。こういう世の中じゃ、境内で遊ぶ子供もめったに見なくて、さびしい限りです。
    ガラガラ鳴らす鈴はあるけど、さい銭箱ありません。お祭り会なる組織が存在していて、会費もお祭り時期に集めてますね。
    社務所らしい建物はありますが、盆踊りと年に一度のお祭りと、お祭りの時に舞う神楽舞の練習に使うくらいで。
    ちなみに、この神楽舞は地区の持ち回りで、小学生の女の子が舞います。千早っていう巫女の着物着て、頭に花の冠つけて、鈴やら、花の枝やら持って舞います。
    かわいいですよ♪

    この神社って縁結び系だった気もするけど、近所でも跡継ぎ男子がいまだに結婚してない例、多いのですが・・・。
    ただ、よそから来て家建ててっていうのは増えました。・・・それでプラスマイナスゼロ?そういうもの?

    返信削除
  4. あすケット2/4/12 10:58 午前

    あー、ぽっぽちゃん達、かわえぇ~~~♪
    今回も、なるほどなるほどーと思いました。
    そういえば、「どこの病院が良い病院か分からない」
    という問いに対して、
    「玄関前の植え込みや植物のお世話がされているような病院が(目安として)良い」
    なんてのを聞いた事がありましたが、
    物理次元的な管理ってのは、やっぱり必要ですよね。。。
    引越しが必要になった時は意識したいと思います☆
    魂の大きさ、分霊の数・・・
    そんな事も影響しているんですねー。
    今回もとてもとても勉強になりました☆

    返信削除
  5. なるほど! 勉強になります。
    やっぱり、三次元で物理的に手をかけてあげることって大事なんですねえ・・。

    社会人になって東京に住むようになって、2回引っ越ししましたが、私も、どうやら、神社に呼ばれるようにして、新しい土地に導かれるようです。しかも有名な神社・・
    そばにあった3つの神社はどれも東京十社の中に入っている神社でした。
    物件を決めるまで、神社がそばにあることも知らなかったのですが、知らぬ知らぬのうちに導かれていて、とても不思議・ありがたい気持ちです。

    返信削除
  6. あわわわわ。
    実は昨日初めて江の島に行きまして。
    下から回ってだんだん小銭がなくなっていきまして、
    龍神様のところでえいっ!と(笑)500円玉を入れたのを最後に岩屋のところとかは無銭お参りをしてしまいました。
    もちろんいつもそんな事してる訳じゃないんですが(滝汗)。
    そっかー。確かに維持費ってかかりますよねぇ。
    簡単な事なのになんだかすごーく納得。
    今度から心してお賽銭します。ごめんなさい。m(_ _)m

    返信削除
  7. 神主さん禰宜さんの数が足りなくて、掛け持ちとか多いみたいですね。
    (って漫画で読みましたw)
    氏子さんの確保wも大変みたいだと噂を聞きましたし…

    …めっちゃ三次元な大人の事情ネタですみませんw

    返信削除