2012年5月22日火曜日

満月・新月とともに浮上する幻の海の道~トンボロ その1

金環日食の余韻がまだまだの中ですが。
それに比べたらだいぶ地味だけどね、
天体もちょっとかかわってるイベントが
江の島では同時進行でした。それは・・・

トンボロ という普段はない、江の島と対岸を繋ぐ
砂の道が浮上するというもの。

和名では陸繋砂州
漢字で想像つきますでしょうがつまりは、もともと海だった場所に
波が運んできた砂がたまって自然にできた「道」なのですな。

中にはもう海に沈まなくなっちゃってそのまま上に
家が建って街になっちゃったものもあったりしますけれど
面白いのは普段は海なのに大潮の干潮時に
ほんの一時だけ道ができて徒歩で島に渡れるようになる
ってヤツですね。

そーです。江の島ってのはそういう場所なのですね、もともと。
むかしは橋がなかったわけですから。
こんな感じでほんのときたま歩いて渡れるようになるんだけれど
普段は担いでもらうか船じゃないと渡れない。そーいう場所だったようで。

そして、これの有名なもう一つの例がかのフランスのモン・サンミッシェル。ここは怖いんですけどね。海岸から10数キロの水がなくなるもんだから、いい気になって散歩してると干潮が終わって満ち潮が一気にがーっとやってきて、流される観光客が後を絶たない、という場所で^^; こんな感じですね 。まあ、江の島は潮の動きがえらくゆっくりなのでトンボロ見学してて大人がうっかり流されるってことはなさそうですが。しかし以前から江の島とモン・サンミッシェルなんか色んな意味で似てるよな、だったんですが地理学的に言っても同じ構造をしてるんですね。

日本で他に有名なものは、函館の函館山に通じる部分、福岡県の海の中道、本州最南端の町和歌山県串本町、鹿児島の薩摩川内。これらはもう沈まないトンボロ。
かちょいいのは西伊豆の三四郎島。やっぱ橋ができて観光化されちゃったものより美しいですね。
で、トンボロじゃないんだけど、大潮の干潮時だけ渡れるようになる島ってのは日本全国にいくつかはあるようで。調べてみたら鹿児島の知林ヶ島ってのがそうらしいです。


トンボロとは
↑このリンクにある香川県の「エンジェルロード」ってのも
まず名前がええですねえ♪


☆   ☆   ☆

で、なんとなく知ってはいても江の島、実際にトンボロを
干潮時に渡った事がなかった。
だって今は橋が2本もあって、車ですら渡れますからねえ。
それにそうそう見やすい時間に起こるもんじゃないし
晴れてなきゃだし寒いときはやだしってのもありまして。

神奈川潮干狩り情報

この上記のリンクの表が大変わかりやすいのですが。
この「潮干狩り」で◎がついているあたり。
干潮時の水位が15cm以下くらいうんと低いときじゃないと
ここのトンボロってのは渡れるようにならないのです。

理由わかりませんが4月~7月くらいしかいい時間帯に
潮位が低くならんそうでして。
4月は残念ながら見逃してしまいましたが
5月はこうやってうまいこと、午前中にあたるときがある。

今がちょうどその期間。明日23日はお昼12時12分に3cm
とありますから見ごろでしょう。あとは6月にもあります。
ウィークエンドなら3日の日曜日が10時14分に10cm。前後の1時間ちょっとがその「水のない状態」を楽しめる時間帯。
ま、暗い橋の下が全部歩けるようになる、ってだけだから
地味っちゃー地味なんですけどねw

せっかくなら、ただ行って、水ほんとにないねえ。で終りでは
つまらんので「理科の学習」をばんぶるにさせてやろうと。
てことでなぎさの体験学習館ってところでやってるツアーに
参加してみました。

つづく



応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

17 件のコメント:

  1. 昨日江ノ島に行って来ました。
    あれっ!こんなに砂浜出ていたっけ?と思いながら橋を渡ったんです。
    満潮、干潮の関係かな〜なんて思っていたのですが、トロンボって言うんですね!
    紹介されていたリンクに飛んで見て来ました。楽しそう♪ 
    私も子どもたちとツアーに参加してみたいです。
    つづく楽しみにしています^^

    返信削除
    返信
    1. なんともちょうどいい時間に行ったのですね!
      このツアーも楽しいですし
      いろんな子供向けのイベントが
      あるようですよ♪

      削除
  2. 江ノ島の浮世絵みて、知林ヶ島みたいだって思ったら、知林ヶ島の話やリンクもあって懐かしく拝見しました。
    私は子供の頃、知林ヶ島のある指宿に住んでいたので、島に渡ったことあります。
    でも、テレビドラマ「青い鳥」で全国的に有名になったとかは初めて知りました。
    ドラマ自体も知らなかったし。
    800mとはいえ、砂の道なので、そんなに早くは歩けません。潮が満ちてきて道が狭くなる中を帰った覚えがあります。
    あの道のことトンボロって言うんですね。それも初めて知りました。

    返信削除
    返信
    1. ほぉ!ken2さん指宿の方でしたか!
      こりゃー自然のまんまで面白そうですよねえ。
      800mもあったら、島で遊びすぎたら
      帰りの道がない!なんてことに
      なりかねないんじゃって思ってたんですが
      やっぱそういう場所なんですねえ。

      削除
  3. エンジェルロードはまだ見たことないけど、高知県の西の果ての宿毛湾にも
    トンボロのできる島があって、ちょうど1年くらい前、友達が潮干狩りに
    連れて行ってもらうというので一緒について行きました。
    200mくらいのもんですけど、帰りはどんどん潮が満ちてくるので
    子供をせかしつつ渡ってました。
    能登半島の軍艦島もそうじゃなかったっけ?違ったかなぁ。

    返信削除
    返信
    1. 200mもけっこう長いですよねえ
      軍艦島http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%8B%E9%99%84%E5%B3%B6_(%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%9C%8C)
      ですね。面白い光景ですねえこれは。

      削除
  4. なんかトンボロって不思議な魅力ですね。江の島ではちょうど橋の下なのですか。昔親に連れて行ってもらった天橋立なんかは陸になったところなのかな?と思いつつ読んでました。モンサンミッシェル憧れだったのですがそんな危ないところだったのですね。アスファルトの上でも私の歩く速さは1時間に4,5キロ。私もブクブクです。聞いていてよかった!
    あ、いつぞやのトンビの話、「ファーストキッチンのウッドデッキには来ない」というのが正確な話でした。お近くにウッドデッキのある海辺のファーストキッチンありますか?たぶん鎌倉近郊だと思われます。

    返信削除
    返信
    1. ファーストキッチンはこのあたりは
      2個あって、一個は江の島ですがウッドデッキ
      あるようなとこじゃなくて、もうひとつは
      あそこは七里だったかなあ 海沿いにありますね
      入ったことないのでわからんですが
      たぶんそこのことでしょう。
      今度行ってみようかな。

      削除
  5. ほぉぉぉしかし何故イタリア語で…

    私も昔からモンサンミシェルは憧れでしたがまだ行ってなかったです。 そんなキツい場所だったとは… 名前が名前だけに、スパルタな島だったんですねw

    …にしても、潮干狩り情報というのがちょっと衝撃でした。 日本ではまだ浜で採った物が食べられるんですね。 私のいる国では、自宅から一番近い浜(それでも車で2時間)はタンカーの石油などが流れてくるし陸の工場から廃液も垂れ流しだし、悲しいことに自分で採集した食物⇒食べる という流れがチョン切れております。 日本、うらやましす…

    返信削除
    返信
    1. なんでイタリア語なんでしょうかね、
      まあ英語でも仏語でもみんなtomboloですが
      ツアーの説明でそう言ってたので
      理由がわかりませんが。
      スパルタ島www
      潮干狩りったって食べるものなさそうですけどね。
      っていったらぽっちゃんに
      「今どきの潮干狩りは業者が撒くんだよ」
      と教わりましたw たぶん養殖ものかなんかを
      撒くんでしょうね・・・

      削除
  6. あ~~やっぱり、江ノ島もトンボロになる島だったんですね。
    なんか、いかにもつながりそうだなと思ってたんですよ~。

    伊豆の三四郎島なんかは石がいっぱいで渡るのも大変そうなのをテレビで見ましたが、砂なら少しはマシですかね?
    でも、潮が満ちてくるとなんかコワくて焦りそうですよね。

    それにしても、モンサンミッシェルは、昔は巡礼者が流されたりした難所だったそうですが、今だに流される巡礼者(観光客)がいるとは、いやはや・・・

    返信削除
    返信
    1. そんなに歩きづらくなかったですよ
      すんません、何年か前に事故があったのは、
      もう一つの名所、イギリスのモーカム湾渡り、
      の勘違いでしたね。
      しかしモンサンミッシェルもうっかり
      とめた車が流されたとかも数年に一回は
      あるとか。だから但し書きだらけですね。

      削除
  7. あすケット23/5/12 11:39 午前

    「トンボロ現象」 って言うんですねー。
    地球は、まだまだ分からない事がいっぱいですよね。
    地球と月、その他の天体の関係とか、
    きっと、スピリチュアルな観点でも、
    何かしらの意味がありそうな気がします。

    返信削除
    返信
    1. そーなんですよ
      これなんかあるんじゃ、と
      思えてならんのですが。

      削除
  8. 知林ヶ島ねぇ~~
    昔、1人でドライブした時に、偶然にも渡れる時間帯に出くわしましたよw
    たくさんの家族組やカップルが渡っていましたねぇ~
    カップルが一緒に渡ると永遠に結ばれる・・・とかいうジンクス?があるらしいw
    私は1人だったし、その時履いていた靴がパンプスだったので
    砂に埋まる埋まるwwwで、諦めました( ゚∀゚)ブハッ
    せっかくのチャンスだったのに~~渡りたかったわ~~( p_q)シクシク

    返信削除
    返信
    1. へえええ、そんなジンクスがあるのですか
      江の島もデートで女の子がおしゃれして
      パンプスで来てるのよくみかけますけど
      自然を楽しむにはやっぱびーさんとか
      アクアシューズで来て欲しいですねえ。
      ばんぶると私はとーぜん
      アクアシューズに履き替えました♪

      削除
  9.  作家:柳瀬良行です。この9月1日、小説「知林ヶ島物語 砂の道の向こう」(文庫本 税込630円)を、日本文学館から発行いたしました。
     知林ヶ島周辺の国立公園を守る人々と指宿海軍航空隊の隊員との時空を超える愛と献身の物語です。隠れた歴史を知っていただきたいと思います。ぜひ、お目通しください。きっと、また知林ヶ島へ行きたくなられる事でしょう。 

    返信削除