2012年5月28日月曜日

天使との繋がり・チャネリングを疑ってしまうときは


いくらなんでもじぇいど♪、こんな何年も経ってるのに
ミカエルとのつながりを疑うことはなくなった。と思うでしょ。
そうでもないんだこれが。

日常が送りやすいように「繋がり低め設定」をしているときは
やっぱり一気につながりやすくなるわけじゃない。
だからそんなときにフクザツなことや、こっちがちょっと
躊躇するようなを言われたりすると
「どうせ作ってる部分だし」と後で自分で
疑ってしまうことがある。となると、聞いておきながら
いつまでも疑ってて言われた通りにしない。
先日もちょっとそんなことがありましてん。

たみえさんのこの記事、で言っている「課題」の伝言を頼まれたときのこと。
あんまりな内容にえー、えー??やだよー、と最初は即お断り。
次に自分の受け取りを疑い始めて伝言を伝えず。

そんなときミカエルはどう対処するのか。

洗面所で歯を磨き終わった、さてねよう、なんて
ふつーのとき、ほんの数分のこと。
またまたちらっと言われたことが頭に浮かぶが
「だからあれは作ってる部分が入ってるんじゃ」
と反射的に浮かぶ。

・・・と、突然、こい、と言われる。
あーあ、自分を疑ってんのバレバレ、と思いながら
その場で立ったまま目をつぶってイメージ。
羽を出し、一気にとびあがる。ミカエルの先導で
ずいぶん遠くのどこかの国へ。

様子はたいして見えないのだがなんだか
「異国情緒あふれるところだ」という認知。
アラブ圏?どこどこ?

あててみろ。そしてこれから人を紹介する。
どこかの「天使」だ。お前がまだ知らない人物。
その人物が誰なのか、自分で探れ。
そしてその情報を持ち帰って確認しろ。

おりていくと。振り返ったのは
見慣れない派手な服装をした人物。
一直線につながったサングラスをしていて
目が見えない。まるで日食グラス 笑
肩を越す茶の巻き毛のがっしりした人物で
甲冑ともなんとも言えない、凝ったデザインだが
みたことがない服、というのを着ている。
こんなんで天使なのか?

決して感じはよくない。
ミカエルがなにごとかを説明し、終ると
こちらを向いてじっとみつめられた。

ミカエルが質問する。

ここはどこだ

・・・・アラブ?昔のペルシャ圏?
ちがうな・・・イスラエル・・・あんま自信ないけど、
イスラエル。

ちなみにイスラエルがどこにあるのか
ちゃんと地図でぱっと示せないし
どんな文化なのかは知りもしない。
なぜそう浮かんだのかもわからない。

この人は。

そこの人・・・なんの天使?
これで天使?

自分で考えてみろ。

・・・・大地の・・・あ、わかった。
イスラエルの大地を守護している天使。

なぜわかるのかはわからない。
わかるからわかるとしかいいようがない。

羽は?と思うとその人物がばっと羽を広げる。
見慣れた白い大きな複数の羽とは違う。
猛禽類のような羽。二枚しかない。そして
そのリアルさにちょっとぎょっとする。

本をやろう。これはなんだ?

とその人物が近付いてくる

えーとえーとコーラ・・・違うねっ、あれはアラブのだね、
すんません、えーと・・・
なんか文字が読めないヘンな文字なんだけど・・・

タルムード

と唐突に浮かんでくる。

ひざまずかされて、首に太い金の鎖にさがったペンダントをかけていただく。
ペンダント・・・金の無骨な形の十字架に感じるがイスラエルってユダヤ教じゃ
ないんですか?唐草のふとい透かし金細工で真ん中に
ピンクの大きな透明の石がついている。

なんだ。いろいろさげているな、それはとるがいい、と
その人物が首にかかってるシュリカンがつくったものだとか
いつもしているエメラルドなどに手をかけようとする。
ずいぶんと強引な人物だ。

むっとする前にさっとミカエルが止めにはいり
「今日はさっき行った理由できただけだ。
配下に置いてもらうためにきたのではない。
このものの教育のためだ」

と毅然とした調子で止める。

さてどうすれば、と思っていると、

有事の際にイスラエルの民に伝えるがいい。
となにか伝言されたが・・・・数分後には
すっぽりその中身についての記憶がない。
記憶をまるで処理されたかのようだ。

そんなことはしなくていい、とミカエルに
あとで言われる。

あと言われたのは・・・
全く違う認識のまったく違う文化圏に
そなたたちと違う認識の天界があることを
知るが良い。お前の世界観は日本とアメリカと
欧州のものでしかない。その他にも世界は
(天界という意味)あるのだ。
いつでもくるがいい。私を思い浮かべるだけで
こられるはずだ。

他にミカエルからおそわった情報は、
「我々より一つ古い世代の天使であること」
とのこと。

さて。あわてて調べてみる。
イスラエルに関係する、イスラエルを守護する天使って?
と検索すると・・・・

ミカエルじゃん!!!

なるほど。その文化圏におけるミカエルの
別バージョン、なのか、と納得する。
道理で名前を名乗らなかったはずだ。

そして、それが記載されてるのは旧約聖書、とある。
なるほどだから「一世代前」なんだな。

しかし自分のモノ知らずにもほどがある、
おそらく、ミカエルとの繋がりが始まった頃にざっと
ミカエルのことは読んだはずなのに全く記憶に
残ってないんだな・・・・と苦笑w

ではこの本は?タルムードとか言ってたな。
タルムードというのはきいたことはあるが
あらためてちゃんと調べたことはない。検索すると
聖典としてみとめられるのはヘブライ語で書かれたもののみ、
とある。道理で「ヘンな文字」で書かれていると思ったはずだ。

そしてもらった石はピンクサファイアだろう、と
検討をつける。意味を調べると、ふううううん、と。
女性性をプラスしようと調整中のこの頃。
「今必用な石」なのかもしれない。たしかにこんなでかいの
リアルじゃ買えないもんね。せめて霊体のほうからでも
徐々に効いてくればってことだろうか。

しかしいくら考えても、なぜイスラエルの守護が
十字架をくれたのか理由がわからない。
(まあ、これもあとでたみえさんとのやりとりで
博学な彼女のレクチャーから、歴史的に言っても
なんら不自然な話ではないんだな、と納得する
ことになるんだが。)

ほらー感度悪いじゃんあたしーとまた愚痴り始めると
「いいかげんにしろ。これでもまだ満足しないのか
さっさと伝令、行く!」と言われる ^^;

天使と繋がってることや、受け取っている内容を
どーも疑ってしまう皆様。そんなもんですよ。
やたら妄信してしまうより、きっとそのくらいでちょうどいい。

じぇいど♪だって、こーやって、行きつ、もどりつ、
ときにお尻をたたかれながらやっているのだ 笑


応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

18 件のコメント:

  1. こんにちは。。
    なるほどね!!
    イスラエルの大地の天使(旧バージョン・ミカエル)!!
    確かに時空的隔たりがあるな!!

    シェアーさせて下さい。
    よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. シェアありがとうございました♪

      削除
  2. いや、じぇいどさん、感知力いいですよ。
    一世代前(フィールド違い)って、自分のフィールドから出て繋がるのはすごいです。

    でも、テリトリー違いでもあるのでお気をつけてください。

    返信削除
    返信
    1. あーなるほどフィールド違い、
      なんですかね
      まあこういうのはいつも
      「つきそわれて」ですけどね^^;
      やっぱわかりにくい感じですね

      削除
  3. いやぁ・・・うちの妄想はそんなんじゃないですよ。
    でも 「なぜか分かる」ってのは分かります←ここかー
    やっぱり もちっと分析モードを「強」にしないと体感できんですね。
    じぇいどさんいっぱい調べてますもんね。
    しかし スケールがおっきい(^-^

    返信削除
    返信
    1. 分析魔なのは「ザ・乙女座」だから
      なんだなってのが最近チャートで
      わかってなるほど、でした 笑

      削除
  4. あすケット28/5/12 12:08 午後

    「自分が言われた通りに出来るのか?」
    という大きな疑問を抱きつつも、
    「守護存在の声が聞いてみたい」
    という気持ちは、やっぱりありますねー。
    でも、それには、自分からある程度
    「扉を開いていく必要がある」、
    という事も なんとなく実感として学んできました。
    くれる事を望むばかりでなく、
    こればっかりは、自分も努力したり、
    準備が出来る時期を待つ必要があったりするんだなーと。

    自分にとって普通になっている事って、
    他の人に どれほど「すごい」と言われても、
    「普通」である事に変わりないですもんね。
    じぇいど♪さんは、シュリカンさんとかと
    普通にテレパシーで会話してますし、やっぱり
    ある種のテレパシー能力が優れてるんだなーと思います。

    それに、少し自分を疑って、そこで
    「いい加減に動きなさい」というメッセージまで受け取れる、
    というのが、一番バランスが良いと思いますねー。
    受け取ったメッセージを全て鵜呑みにして、
    そのまま「こうなのです」と書き出している人って、
    どこか違和感を感じてしまうので。
    受け取っているメッセージを
    メッセージとは感じ取れないで居る人達にとって、
    良いアドバイスになるといいですねー。

    それから、「違う天界が存在する」という事、
    地域(国など)によって信仰の対象が違う事や、
    人間は「宗教が違う」と境界線を引いてしまいますが、
    そういう認識が知識の領域を狭くしてしまっている事など、
    今までなんとなく疑問だった事に、
    しっくり来るモノがありました。
    多分、私にとっても知るべき事だったのだろうと思います。
    シェアありがとうございます☆
    たみえさんも、大変なようですが、
    (この場を借りて…)応援しています。

    返信削除
    返信
    1. (この場を借りて…)ありがとうございます。

      削除
    2. 疑念、ちゅうのも難しいですけどね。
      疑念ゼロ、のほうが当然、意識の現実化
      能力ってのは強くなるわけですしね。

      そうそう、既成概念からくる
      イメージの限定、偏見、ってのが
      知識の領域もそうですが、認識範囲
      ってのを狭めているんだろうなってのは
      実感しました。

      削除
  5. >違う天界
    思い出したのが、前世の記憶でエジプトの遺跡を発見したイギリス人女性
     ただの作り話ではなくて本当に記憶どおりに出てきたらしいのがすごい

    前世は巫女だったとか
    彼女を訪ねてきたファラオに連れられて訪れた天界はエジプトの世界観
    禁断の恋のために、転生してもそのままの姿で彼女に会えなかったのだとか
    宗教ごとにあるのかなぁと感じたお話でした。

    転生―古代エジプトから甦った女考古学者
    という本がでてますた

    返信削除
    返信
    1. 記憶どおりに遺跡が出てきたのがすごい、とか
      天のメッセージの通りにしたがったら
      本当に・・って類の話でいつもすごいなー
      って思うのは、実際にそれを莫大な資金を
      投じたりしなきゃなのに自分の見たもの
      感じたものを行動にうつし、結果が出るまで
      あきらめない、という信念ですねー。
      素直にそこんとこがすごいなーと思います。

      削除
  6. おー、なんてタイムリー。
    ちょうど悩んでいたところでした。
    見えない存在と信頼関係築くのも時間かかるけど、自分の交信信じるのも難しいときありますよね。
    地道にがんばります、、、、。

    返信削除
    返信
    1. そうですよねー
      わかります、わかります^^;

      削除
  7. きゃー!じぇいどさん!!!!
    さっきのコメ投稿した後すぐ「あなたはXXX(私がよく話している見えない存在)とよく交信できてるよ」と男の人の声が聞こえて、
    誰からの声だったのか確認してみたら、「ミカエル」だって…。私天使系の存在と話したことなかったからびっくり。
    じぇいどさんのブログ見てたから繋がったのかな。

    この場を借りて、ミカエルありがとー☆

    返信削除
    返信
    1. ふふふ(^m^)よかったですね♪

      削除
  8. うさぎのはは30/5/12 3:51 午後

    おじゃまします。天使には羽は本当は羽は生えていないとある本で見た記憶がありますが、じぇいどさんの所に現れるミカエルさんは羽があるんですね。そのほうがわたしは好きと言うかいい感じにおもいます。

    返信削除
  9. これ、本当の意味では、ない、も正解なのかも
    しれないですねぇ。
    単に「エネルギー体」だと考えるとしたら。
    そもそもどういう経緯で天使には羽があるって
    いうことになったのかなあと不思議ですが。
    現在では、羽があるよとの認識は、むこうも便宜上
    天使であると知らせるためなどの目的で「見せる」
    こちらもそのように認識する、という部分も
    あるのかな、とも思いますし。
    あるいはハートチャクラからあふれ出たエネルギーなんだ、
    って言う人もいますね。
    私の場合、ないときもあるし、今回みたいに印象に
    残る場合はなんらかの「サイン」だったりするんだと思いマス。
    「猛禽類の羽」というキーワードをビジュアルで拾って。
    あとで、旧約聖書のミカエルはたしかそのように
    表現されているとどっかでみた記憶があるが?
    とのたみえさんの発言があり。
    その先まだ繋がるのかどうかわかりませんけれども。

    返信削除
  10. うさぎのはは31/5/12 3:35 午後

    じぇいどさんお返事わざわざありがとうございます。便宜上なのですね。
    ただ、やはり天使に羽があるほうがいいなあ。
    わたしには霊能力はまったくないので、夢でさえ見ることができずざんねんですが。

    返信削除