2012年6月28日木曜日

デモに参加するならば・・・

6月29日(金)夕方にまた首相官邸前集合でデモの計画があるようですね。スピ系視点から見たデモという意思表示の手法の是非についていろんな発言をネットで見かけます。

参加するにしてもしないにしても、考える材料になるんじゃないかなと思うんで、色々見かけた中から2つだけご紹介。

ひとつめは鈴木啓介氏の記事。だいじなことを書きました、無許可転載OKっておっしゃてましたが、全部転載すると字数が多くなるからリンクに飛んで読んでみてね。

「反原発な人」であっても・・・闇はあらゆるところに入り込んでくるhttp://ameblo.jp/blessthechildren/entry-11285582802.html


闇、などとタイトルちょっと仰々しいですがw 普通に当たり前の、しかしもし気づいてなかったら知っておくべき警告をしていると思います。リンク先が見られない人のためにどういう内容かちょっと説明してみますと。

政治的な意味で「なにか」(原発など)に反対運動をするとき、反対する人はあまりいい形ではない「怒り」を対象に向けていることがあって。なぜなら、自らの中にジェネラルな意味での怒りの感情を元々抱えているので、そのはけ口に「反対運動」というのを利用してしまっているからなんだ、と。

啓介氏はその前の記事で「波動が荒いからデモには行かないよ、ってのはスピ的に一見はあってるようでもそれはやっぱり自己愛からの逃避だよね」って話をしたんでその続きとして「だからってデモに行く人がみんな利他的な愛で行動してるかっていうとそうではないよね」ってことを説明したという話の流れでした。

2つめは、清水さん、って存じ上げてる方じゃなくTwitterで偶然見かけただけなんですが、スピ系のセラピストさんのようですね。その方のTweetの一部を抜粋。全体を読みたい方はTwitterでRTしておきましたから、たどってよんでみてね。

2)怒りの感情を他者に投影して行動してはいけない。それでは無意識の力に自我が飲み込まれてしまって原発を推進する旧体制と同じことになってしまう。革命家が新たな自由の抑圧者になってしまうのはいままでの社会運動によく見られたパターン。

つまり両方言ってることは大体同じと思うのですけどね。

☆  ☆  ☆

自らの内側に怒りの感情を抱えてるからこその反体制派への共感。これはねえ、覚えがあるんですよ。表面的には「自国政府に不当な支配と搾取を受ける一般市民もしくは大国に蹂躙される小国の民」の立場にじぇいど♪、共感・同情しておったわけですが。

それがピークに達してたのが911テロの頃で。米国に住んでた時期なので藪譲二氏wの写真や動画が毎日しこたま日常にあったわけですが、マジで正視できなかったのですよ。あきらかに怒りという感情を感じておりました。

でも自分の感情ってもんがわり分析できるようになった今思い返すとあれは単なる即物的な怒りだけじゃなかったんですね。それまで様々な今生の個人的経験の中で溜め込んできた、とくに「権威者からの抑圧」への怒りの感情、それにプラスして、もしかしたら過去生のトラウマからくる怒りとが合わさって(そういう過去生が出てきたことは旧ブログに書きました)はけ口を求めていた、という心の仕組みもあったんだろうと今は思います。

しかし裏じぇいど♪の日記に書いたことはある「ある事件」の顛末によって、じぇいど♪はなんとか活動家、みたいなもんにならずにすんで(笑)。その後ジェネラルな怒りってのもだいぶ手放して政治的な問題についても多少以前より冷静に見ることが出来るようになったかな、と思っていますが。

しかしね、怒りってのは・・・特定の人間に向けられ、暴力や暴言などなんらかの形をとって誰かを傷つける怒りは論外でしょうけれども、人の善良さや正義感から生まれる世の不正への怒りというのは、変革をめざす行動のパワーになることもあると思います。

よくスピ世界で言われる、社会に変革をせまるインディゴ世代の怒り、ってのがこれですね。それは場合によってはあっていいし、世の中を変えるには必用なんじゃないかと思いますけどね。

☆  ☆  ☆

・・・だんだん脱線していきそうだやね。
話を原発反対デモにもどしますと。

じぇいど♪は29日はとりあえず行きませんが。別に波動が荒いところに行きたくないと思ってるからじゃないですし、まあ現実問題行くのが大変困難、遠いし身軽じゃない、ってのが一番大きいですが。

ちゅまも今回は無理ですが、もう随分前、311東京大行進に行ってました。友達と行っていい?と聞かれて、なにごとも経験だから行ってくればー、と快く、しかし色々忠告を与えた上で(心配症ですからねーw)送り出しました。ま、デモがすぐに暴徒化しかねない他の国と日本のデモは違う、日本の公安や機動隊も今は無茶な止め方はしないとたかをくくってのことではありますが。案の定「お祭りみたいななごやかさ」だったようですね。

んで「教授とこんにちはしたー いますぐそばにいるー♪」とかのうらまやしいリアルタイムレポをメールしてきたり 笑 とめどない土産話から、友人知人が増えたり、色んな団体が出してるブースを見たり、刺激満載な一日を過ごした事が伺がわれました。まずは頭では考えずに経験をまるごとお持ち帰りしたというわけでしょう。

そしてその後ちゅま、ごちゃっとお持ち帰りしたものを自分の栄養にする時点で、様々な方面から眺めて必用な整理をしてるんだなーと、思わされる発言がなにげない会話に現れていました。

たとえば覚えているものの一つでは。
原発推進派=利己的な拝金主義者
原発反対派=人道的な平和主義者
というステレオタイプな枠には実は収まりきらないんだな
という話。

つまり同じ反対者の中にも、ほんとうは利害があっての選択の場合もあるし、個人的な立場や事情もある。原発産業に依存せざるを得なかった地域の貧しさ、地域格差、というのもある。そしてたとえば企業ならば、反対していれば必ず善良な企業だというわけじゃなくて、なんらかの「利」があるから反対運動のスポンサーをしたりする場合もあるだろうし、人ならば反対すれば善人で賛成派は悪人なのだという単純な判断はできないんだな、と。

また、デモってのは波動的にどうなのか、どういう気持ちで反対運動をするのか、ってことも、ちゅまは実際にデモを目撃することでだいぶ前に自分で発見したようでしたし。

どっかのメディアで拾った2次情報だけじゃなくて、自分で体験した1次情報の中の具体的なものから情報を汲み取ってその意味を考える。それはべつに16歳の高校生じゃなくて大人にとってもいい体験かと思いますけれども、若い世代は特に「経験値」ってもんがまだ少ないだけに、買ってでも・・・いやいや、ちょっと無理して都合つけてでも、たとえ、今のデモには実際の政治的な抑止効果なんかないよ、って批判があってそれがまあ事実だったとしても、体験したい、と思ったら体験してみるのはよい経験かと思っています。

☆  ☆  ☆

やーだらだらと、いったい何が言いたいの?な記事になってしまいましたが。選挙、という国民に許された主権の行使の方法では国民の意見がリアルタイムな政治に反映されないならば。
デモってのは正式な手順を踏んでルールを守って行うならば国民に憲法で許された意思表示なのだからどんどん機会を生かすべきかと思います。今は効果が薄いとしても、今後どう発展していくかわかりませんしね。

ただし参加するならば、上でリンクしたような事実を知って、感情的な怒りを発散する人がいても、そういうことなんだ、と理解して客観的に見る心の準備をしておくことは必用だと思いますし・・・。

もしこれを読んでいるのが親の立場の方で、我が家のように高校生くらいのお子さんが参加したい、と言った場合にはそのことを簡単にでも説明して、少しでも雰囲気がおかしくなったと思ったら騒動に巻き込まれる前に場を離れるよう教えておくといいかな、と思います。

デモで揉める原因の多くは、政治的にどうのでなくて、現場の警察の指示や決められた時間帯やルートを無視した行動をしてのトラブルでしょう。これは、実に馬鹿馬鹿しいじゃないですか。現場の警察=政府じゃないのです。そんなこと冷静な時はわかってるんでしょう。しかし怒りに飲まれるとそこを参加者も忘れてしまうし、反抗されれば警察も人間ですから怒りに飲まれて単なるおだやかな制止でなくなってしまうことがあるのでしょう。

 追記:デモを止める側から見た場合はこういうものなのだ、ということも知っておいた上で参加すべきと思うのでこの記事をリンクしておきます。↓
http://www.news-postseven.com/archives/20120713_128054.html
政治的主張云々とは別に公安というのは仕事としてデモの鎮静化を図らなければならないのですから、ずるい、とかそういうことではなく当然の知恵、方策かと思います。

逮捕された様子を語っている人がここに。ま、しかしオルタナ系のサイトですから、あくまでも逮捕された側の主張でしかありませんが。二番目の記事なんてのはあきらかに一方的な記事で、おそらく騒音の害などで違反があってのことだろうな、と思わされます。
http://www.alterna.co.jp/6896
http://www.alterna.co.jp/6801

そしてこんなのも見つけました↓。きちんとあらかじめ申請した内容、提示されたルールや常識的なマナーを守るべきだな、と改めて思わされます。
http://blog.livedoor.jp/yui_net/archives/52767313.html

そしてスピ系ブログらしいことを最後に付け加えてみると、場の波動が荒い、というのはやっぱり確かなことですから、感情的な怒りに気づかないうちに巻き込まれないように、そして場の波動に敏感な人は霊的なワザが使える人は自分なりの方法で、わからない人も持ってるならば石などでプロテクションを一応したほうがいいだろうな、ってことも補足しておきます。

すべてがよい未来につながりますように。


応援大感謝。↓ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

38 件のコメント:

  1. 「正義感」という面倒なものでエゴを強化しているといった感じです。
    総理など為政者に対して、最低でもさん付けで呼ぶのがかつては当たり前だったはず。
    少なくとも今の親の世代が子供だった30年前、昭和はそうでした。

    人様への言葉遣いや態度、これからの電気の使い方を見直し、実践するほうが理にかなっているし。
    一方的な自己主張する以前に、今の自分の顔を鏡で見た方がいいんじゃないかな、と。
    人の顔や目の奥の光にその人自身が顕われるので。

    返信削除
    返信
    1. 正義感、って難しいですね。善悪のモラルというのは
      人に必用なものだとは思いますし、次世代に教えるべき
      ものかと思いますけれども、怒りとともに相手を敵と
      みなして追求する、というのはいい解決方法とは
      なりえずに新たな争いを生むだけなのでしょう。
      たしかに、電気の使い方だけじゃなくて、物質文明の
      あり方、日本で当たり前とされている贅沢な生活
      そのものを見直す、ということはしたほうがいいかと
      感じますね。日本にきてかなりびっくりしましたもん。
      サイバーパンク以前の昔のSF映画みたいにぴかぴかだな、と。

      削除
  2. あすケット28/6/12 9:34 午前

    自分が、「何がしたくて」 「何を伝えたくて」 「何を得たくて」
    それをしようとしているのか?
    というのは、何をするにしても考えた方がいいですよね。
    特に、「相手に意見する時」 「相手に親切にする時」 など。。。
    ここを考えてないと、何かと 「正当化」 してしまう気がします。
    ちゅまさん、いろんな事を体験して、学んでいるんですねー。
    ウチの家族は骨髄反射会話ばかりなので、
    今回も記事を見ていて、やっぱ素晴らしーなーと思いました。。。
    高校生って、行動範囲が広がる時期でもありますよね。
    有意義な経験ができますように。
    物事が良い方にいきますように。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうです♪
      あすケットさんの文読んでてふと思い出したのが
      ゴミの話ですね。分別をしない人がいる。なので
      正義感から近所の人のゴミをチェックして
      分別しなおしたり、持ち主を特定して注意をする人。
      あれも正義の名を借りた怒りからの行動が
      相手を怒らす結果になるだけでいい結果を生まない
      一例かなあと。いやうちだって骨髄反射会話(笑)
      多いですよwww

      削除
  3. 情報、ありがとうございます。
    まさに、そのデモに行こうかどうしようか考えていたところなので・・・。
    今日一日、どうしてそこに行こうと思ったのか、
    しっかり向き合ってから、決めようと思います。
    行くなら行くで、余計なものをもらわないよう、対策、しっかりしますね。

    返信削除
    返信
    1. そうですか^^ 行かれるならば
      気をつけて行ってらっしゃいませ♪
      有意義な体験になるといいですね^^

      削除
  4. 一昨日学校の権力者にすごい反発する感情が出てきて、何かなんでこんなになる程の物事でもないのにどうしたのだろう何かヤバいと、石で防御してましたが陥ってしまったので最終的にはポジティブ思考で治していたんですが、これに繋がる内容だったのねーと納得しました。

    返信削除
    返信
    1. 自分の普段の域を超えてなにかの感情が
      出てくるとき、エンパスさんは、周囲から
      貰ってる可能性もありますしね~

      削除
  5. じぇいど♪さん、スゴイです・・・!
    こんな難しい問題を記事に纏める事が出来るなんて・・・(私にはムリだ~!^^;)

    原発の問題は複雑ですよね・・・。
    それぞれに利害があって、恩恵もあれば災いもあって・・・。
    簡単には解決できないテーマを、今、世界中の人々が真剣になって考えて、-そこから得られる『学び』を求めているのでしょうか・・・?

    自分が正義だと思って発言・行動する時ほど、人は盲目的になりやすいですよね。私も普段なるべく気をつけてイマス・・・(^_^;A
    ネットの掲示板やデモ等は、集団心理も働くので、特に『客観視』の自衛は必要ですね。
    何事も中立な視点、バランスを持って行動していければ良いですね。

    ちゅまちゃんは行動力があるなぁ~・・・そして洞察力も鋭い。(じぇいど♪さんも)
    私も見習わないと・・・f(^_^;)

    返信削除
    返信
    1. ネットの場合はリアルタイムではないというか
      一旦置いて考えることも可能ですが
      デモというのは参加している時点では
      全体像がわからなかったり、周囲のなにげない
      出来事への反応や、たった数人の行動が
      連鎖反応で周囲に広がって思わぬ事態になって
      しまったり、ということがあるので
      (暴動に発展してしまうデモなんかそうですね)
      やはり参加するなら冷静な視点が必要ですね。

      削除
  6. 反戦デモに誘われた時のマザー・テレサさんの対応を思い出しました。【戦争をテーマにしたものには、それが賛成であれ反対であれ参加しません。平和を語る会ならば、喜んで参加いたします。】引き寄せ的にもこの対応は理にかなっている・・・。

    返信削除
    返信
    1. さすがマザーテレサさんですね。
      ほんと、理にかなってますよね。

      削除
  7. ありがとう。私はすごい単純だから、人種・国籍に関わらず日本に住む子どもの命を脅かす原発はこの国の将来に必要ないと判断して、原発反対。広島・長崎の歴史もあるしね。今回の福島のように事故が起きたら一国だけ人間だけの問題じゃないしね。意志を表明しないと「ない」ことにカウントされてしまうから、反対と意志を表明。東電は電気作って売ってるんだから原発で作らなくてもいいと思う。自らそれを選ぶ度量があればいいね。デモは人生一回は革命のうねりを感じたいから、10万人越えたら一度は行きたい。

    返信削除
    返信
    1. 度量、そうだよね~今、東電が「太陽や風力などの
      クリーンな発電へのスムースな移行を目指します。
      そのために値上げはやむを得ないのです。
      暫定的にどうしても必用な地域に限って
      再稼動はするものの、最終的には
      原子力の全廃をめざします。」とでも言えばね、
      だいぶ違うと思うんだよね、心情的にも。
      花名さんのようなもののわかった大人が
      革命のうねり、この時代の変化をリアルタイムで
      現場で感じたい、という理由で参加するのは
      意義あることだと思うし、エネルギー的に現場が
      どうなってるのかもわかるだろうし
      全く心配ないんだろうと思いますよ。

      削除
    2. 東電、言えないのが辛いね。そういう考えの社員もいると思うんだ。デモや意思表示は日本やっとここまで来たんだよ。まだまだ村社会だから。形だけの民主主義から抜け出すチャンス。

      削除
  8. サルファ★28/6/12 3:56 午後

    花名ママさんの「意志を表明しないと「ない」ことにカウントされてしまうから、反対と意志を表明」に共感します。
    平和な日本で暮らしていると、ともすれば事なかれ主義に陥りがちです。
    しかし、国を愛するものとして、未来を育ててる母として、関心を持ち表明すべき必要はあると思います(原発問題にかぎらず)
    その際は、プロテクションと、冷静な感情を忘れずに、よい未来につなげます∠(*^ー^*)o

    返信削除
    返信
    1. そうですね、なんらかの形で自分の意見を
      表明していくことは大事なんだと思います。

      削除
  9. マザー・テレサさんの言葉に共感です
    もっと再生可能エネルギーにシフトしよう!
    今すぐはできなくてもそうなるように計画していきましょうよ
    原発で生活している人たちも新しい事業に移行できるように計画していきましょうよ
    未来の子供たちのためにも地球にやさしいエネルギーへ

    返信削除
    返信
    1. 愛♪さんの言葉に、共感です(*^_^*)
      様々な人の立場、環境、生活もあると思うので、
      今すぐには無理だとしても、せめてそうなるようには計画。
      再生可能エネルギーへシフト、地球にやさしいエネルギーへ・・・!

      原発に頼らなければ、日本の経済は破綻して、路頭に迷う人が更に増えてしまうと恐れているのかもしれませんが、
      政府にも、せめてそれ位の譲歩案・意思表明くらいはして欲しいですね・・・。

      感情論で言えば、私も原発は反対ですが、
      客観論で言えば、上記に書いた通りの事を私は思っていますf(^_^;)

      削除
  10. 私は最近、デモとかこういうのをフツーに見れないんです。
    アメリカで何年か前に、女性兵士を助けに行ったという美談、アフガニスタンですかね?昨夜の献立も覚えてないくらいなんで何とも言えませんが;
    後から情報操作であったことが分かりましたが。
    インフルエンザもそうですが、病気に対する不安感を煽った製薬会社のCMだったり←全てが作りものとは言いませんが。
    反○○を口にしながら、実は、反○○を支援する団体なんかのカブを落とそうとする○○肯定派のサクラの暴言暴動だったり。原発の総会なんて、何で株主が出してる事が否決されるのか。反総会屋としか思えない。
    ニュースだって、このデモすら放送されない。
    他にもいっぱい放送されてない事がありますよね。
    あきません・・今の私は怒りの塊。
    でもマスコミはきっと、情報操作しまくりです。
    お笑いしか見れんです。

    返信削除
    返信
    1. その美談っての、覚えてないですが、おっしゃる
      とおり、世界情勢については公式発表と現実の差には
      かなりひどいものがあるんでしょう。
      株主総会もほんとにおかしいことがあるみたいですね。 
      22日のデモもNHKで報道されなかったので、今日の
      デモも、有志がヘリを飛ばす予定で寄付をつのってますね。
      そうしたことにたいする怒りは大事なものも含んで
      いると思うので、うまくいいものに変えていかれると
      いいですね。わたしもまだまだ、ですが^^;

      削除
  11. クリキンディ29/6/12 1:10 午前

    mixi限定のリンクになりますが、
    くりえいとさんの日記をご紹介します。これもすごく参考になると思いますよ〜
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1854632426&owner_id=1023937(06月25日)

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます^^

      削除
  12. クリキンディ29/6/12 1:12 午前

    あ、すみません↑のコメント、日付が入っちゃってリンクになってないですね。
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1854632426&owner_id=1023937

    返信削除
  13. 匿名さんの書かれたマザーテレサさんの言葉、なるほどですね。
    たとえ原発問題だとしても、反対なだけではなくて、何故反対なのか。みんなの未来のためには、どうしていきたいのかを愛を持って考えた上で行動していきたいと思いました。
    とはいえ、明らかな暴力には自分や大事な人達の為にも、毅然とした態度で接したい気にもなるし、ある事象に対して自分をどう表現していくのか考えてしまいます。正しい答えなんてないのかもしれませが。
    この問題 深いです。

    返信削除
    返信
    1. そうですね。明らかな暴力に、それも大事な人に
      たいして振るわれたとき、なにができるのか。
      多くの戦争の原因になっているのはここですし
      ほんとに難しい問題ですね。

      削除
  14. 上の匿名の者です。チェルノブイリの頃に10代してました。デモには参加しないけど、天国のキヨシローが今も歌っているかもね・・・と思うと涙が出ます。YouTubeにリンクします。
    http://www.youtube.com/watch?v=q0cmuaNgf8s

    今、街中では夾竹桃の花が見られますね。原爆後の広島で、1番最初に咲いたといわれる花です。それくらい大気汚染に強いけど、半面それ自体も体内に入れれば有毒の植物です。吸収する分、自身にも貯める・・・のでしょうか?それともそれくらいでないと抵抗できないのか?しかし見て育てる分にはとても美しい植物です。雑草もそれに似た働きをします。

    個人のできるアクションはいろいろで、一見関係ないように見えても後ほどビッグインパクトになりえる活動も多々あるなぁと思っています。怒りに任せるのではなく、自分が心から愛を感じてそれを注げるアクションを、地道にしたいなぁと思います。

    返信削除
    返信
    1. じぇいど♪5/7/12 8:38 午前

      なつかしい歌のリンクありがとうございました。
      キヨシローは大昔からのファンでしたが、彼が
      反核を歌い始めた頃はまだ問題意識を感じてなかった人が殆どだったかと思います。それを考えると
      すごいことではあるなと。夾竹桃の話は知りませんでした。
      ナウシカの話を思い出しますね。
      そうですね、アクションも色んな形があるほうが
      いいだろうと思います。どれがどう芽を出すか
      わかりませんものね。

      削除
  15. じぇいど♪さん、お久しぶりです!

    デモの話ですが、以前終戦記念日に家族で靖国神社に
    参拝にいったときの話です。

    参拝を終えて近所の公園で子供を遊ばせていると、
    真夏なのに全身黒い服と黒いマスク、サングラスを
    した団体が横断幕を掲げて公園の中に入ってきました。

    するとスーツを着て子供を見ていた私の元に
    そのうちの一人が物凄い勢いで走ってきて

    「何見てんだ!お前ら警察に関係ねぇだろっ!」

    と物凄い剣幕で駆け寄ってくるじゃないですか。

    いや一般市民ですがwwwと答えても信じる訳でもなく…。
    ちょっと険悪な雰囲気になりかけたとき、長女が走ってきて

    「パパ、どうしたの?」

    と言って駆け寄ってきた瞬間…

    「ど、どうもすいませんでした。まさか一般の方だと思わなくて。どうか勘弁してください」と土下座されてしまいました。

    個人の問題か、団体になったせいで気が大きくなり興奮したのかはわかりませんが、一体何に対する怒りなのか意味がわかりませんでした。

    一つだけ言える事はやはり「良い気、良い波動」ではないなということ。

    今の日本で、反原発などの活動も含め、自分達の意思表示をする人達も少ない中でデモそのものがどうこう言うつもりはないですが、こういうことする以上は周りが見ている訳で、その中で自分達の主張(目的)がいくら正しくても行動如何(手段)では全く裏目に出ることもあると思います。

    とかく感情論で動いてしまう事が多いと思いますが、本当に冷静になって子や孫の代の事まで考えた議論を進める必要があるのではないかと思います。

    ちなみに私は原発反対派です。

    しかし太陽も風力も原発の変わりにはなり得ないと思います。

    新しい時代の技術がこれから産まれてくる事を期待しています。

    問題はそういう技術を世に出すことを良しとしない人達がどう変わって行くかではないかと思っています。

    自己愛→利他愛に一人一人が変わる時期が迫っていますね。

    返信削除
  16. おひさしぶりです♪災難でしたが考えようによっては
    貴重な体験かもですね。
    靖国は政治的にどういう場所なのか全く情報を与えない
    ままのちゅまを一時帰国のときに散歩に連れて行ったら
    「とても気持ちのいいところ」としか感じてませんでしたね。
    なんらかの意味を与えるのは見る人の気持ち、
    別の言い方ならば、それぞれが共振する波動域を
    感じるものなのだろうと思います。
    その黒服の人たちも、なんらかの信念や正義感で
    行動しているのでしょうが、その手法が「怒り」で
    ある限り良い形では伝わらないだろうになあと
    残念に思いますね。
    洋上風力発電ならば、って話もありましたが、まだ
    台風に耐えられるものをどうやって作るかの問題も
    あるようですし、早く技術的な突破口が見つかると
    いいですよね。そして突破口となりうる技術を大企業が
    儲けのために隠蔽することのない社会になってほしいですね。

    返信削除
  17. じぇいど♪さん、初めまして。日紗と申します。アメリカ編が終わる頃にこちらと出会ってからこっそりと拝見させていただいておりました。特に不思議なことと出会ったことのない私にも読みやすく、日常の一コマも交えながらの楽しい文章をいつもありがとうございます。

    原発問題に関しては、他のクリーンなエネルギーに代わっていけたらなと思っています。何か新たなクリーンなエネルギーが出来ないものでしょうか。他の発電方法は原発よりは未来を守れるのかもしれませんが、やっぱり考えてしまうところもあります。今、原発と取って代われる発電量を確保できるのは火力発電ということでしょうか。そうなると、燃料の輸入費、それは置いておくとしても化石燃料を使うということは二酸化炭素や地球の財産をものすごい勢いで消費しているという問題があります。水力発電ですと、ダムを作らねばならず、その周辺は自然も村も水に沈むといいう問題があるのだと思います。地熱発電ですと、国立公園になっているような自然の中に発電所をつくり、その周辺に送電のための鉄塔が立つことになるのだと思います。これらの方法は自然や環境を考えると、戸惑ってしまう思いがあるのです。風力発電では、風が良く吹くところで、じぇいど♪さんおっしゃるように強度の面で強風でもないところが確か求められる条件だったかと。強度を上げたり、もしくは出し入れ出来るような感じになればもっと使えるようになるのでしょうか。太陽発電では、景観を保ちたいところをしっかり考えつつ、いろんな隙間を使えるようになればよいですね。休耕田を使っている自治体もあるようです。また、幼いころ、高速道路をカンカン照りの中乗せられていたときにあの仕切っている隙間とか、壁などに太陽電池はっつけたらすごい量発電できそうだな、などと思ったのを思い出しました。自宅用の太陽電池だと、太陽電池の設備を買う場所とお金の余裕のある人でないとならないのがつらいところです。また、風と太陽ですと発電量が一定ではないことも考える部分だと思います。

    これらを考えるにつけ、今はまず社会全体で節電方向に進んでいくのも無駄ではないのかなと思ったり、自分自身で出来ることというのも節電なのかなと考えたりします。
    あまりに極端なことを言ってしまえば、世界で話し合って日が出ると共に起きて日が落ちる頃には家族とご飯を食べ終わる、その後家族とちょっと団欒だったりくらいのタイムスケジュールの世界になれば節電の他に過労や心の余裕などの問題も少しは解決するんじゃないか、食事の時間の関係で夜食を食べずに寝ちゃったりすれば健康にも良いんではないかなど。白夜や極夜がある地域もあるので昼夜のバランスが取れたところでの時間を基本にという意味です。まあ、ふと思ったこれはあまりに夢想じみているのですがね。(^_^;)

    電気をいらないだなんて言えません。病院で命を助ける力の一部になっている、それらの、その他のいろいろな物を作るときに使われていて、生活でも水を蛇口に届けるそれだけにも使われています。東電社員さんも入社するとき、そんな電気の力に魅力を感じていたりしたのではないか、また社員さん自身では山や自然が好きだったりも、いろいろ思うところがある方も花名ママさんがおしゃるようにいたりもするでしょう。ほんの少し垣間見れるような位置にいるものだから・・・どうにも難しい問題です。政府やトップの方が良いほうに舵を取ってくださることを願うばかりです。

    長文・乱分を初めてにもかかわらず大変失礼いたしました。

    返信削除
    返信
    1. はじめまして^^ コメントありがとうございます。
      クリーンな技術はもしかしたらまだできない、じゃ
      なくて、開発しようという志が形をとって芽生え
      そうになると潰されてきたのかな、とも思えます。
      つまり必用なのは人間の「意識改革」だけなのかなと。
      東電社員、そうですね。優秀な人が多いでしょうし
      一人ひとりは本当は「わかってる」と思うのですが
      集団の縛りに負けてしまうのでしょうね。

      削除
  18. おてんとう30/6/12 12:02 午後

    違う怒りをぶつけている=八つ当たりみたいなものなのかな?と
    思いました。
    最近 自分自身気を付けないとって思っていたことで
    周りからも 私も八つ当たりされてるんだな~
    =その人の怒りのはけ口を私に向けるので
    「なんかムカつく」って言われたのは 納得でした。
    理由があって 納得できれば直すかもしれないけど
    「なんか」ってのは (。-`ω´-)ンーって 思ってたんです。

    私にとってのシンクロでした。
    腑に落ちて スッキリです ありがとうございました♪

    返信削除
    返信
    1. デモに限らず、どんな場面でも
      怒り、というのはそういう可能性を
      含んでいるのでしょうね。

      削除
  19. ここ数日「怒り」について、考える事がありました。
    それは原発の問題とは全然関係ない個人的な事なのですが、
    私はそれほど怒りを感じない事でも、別の人はそれに対してものすごく怒っていた。
    という事が何度もあって、なんでそんなに違うんだろうなぁ、って考えていた所でした。
    「ジェネラルな意味での怒りの感情を元々抱えている」のが原因になっていた部分もあるのかも、
    と思いました。

    ちゅまちゃんの冷静な分析とじぇいど♪さんのそれをそっと見守る関係は素敵な親子ですね!
    私も脱原発派ですが、先日Eテレで放送されていたディベートの番組
    「マイケル•サンデル 5千人の白熱教室」の後編を観まして、原発再稼働の話もそこにありました。
    そこで原発再稼働賛成の人の意見も聞く事が出来たのですが、あぁ、そういう考え方もあるのか、
    と自分が考えなかった角度からの意見があって面白かったです。
    私はマイケルサンデル教授の番組が好きでよく観ていますが、
    彼はそのディベートのテーマをまず言い、それについてどう思うかの2択をパネラーや学生達に聴いてから、さらにその先にある問題に切り込んで鋭い質問をしていくのですけど、彼は決して正解を与えたり、ジャッジをしません。
    先日の放送は、見解の違う双方の意見を聴いて、色々な角度から考えた上で「自分の思う正解」を考えるのが大事なんだなぁと改めて思わせられた回でした。
    闇雲に怒りをぶつけ合うよりも、冷静にどちらの言い分も考察した上で、自分で取捨選択をする、
    それがとても大事だなぁと思います。

    返信削除
    返信
    1. ほんと、怒りってのは温度差があるものですが
      そういうことかとわかるとなるほどと思いますね。
      マイケル・サンデル、なかなか見られないのですが
      いい番組ですよね。ディベートの仕方の授業みたいの
      見ながら、あれ、この方式はやったことがあるぞ、
      とうちの子たちは言ってたり。米国の教育現場では小学生レベルといえどああいう形の授業は
      多いのでしょうね。
      教師は色んな意見を引き出すけれども最終的に
      ジャッジをしないし正解も与えない、これはとても
      大事なことなのでしょうね。そういう教え方を
      する教師に見てもらってたことがありますが
      当時はその意味がわかっておらず、なんかいつも
      中途半端で結論の出ないまま終る授業だなと
      もやもやしていました。が、それこそが「自分で
      深く考える」「自分の意見だけに凝り固まらず
      反対意見も受け入れる」などに繋がったりするのだなと
      何年もたってからわかりました。

      削除
  20. わたしもマザーテレサさんの言葉をあるスピ系ブログでしりました。
    そして反原発、脱原発と原発という言葉を使っていくと原発という言葉にフォーカスしてしまいいつまでもなくならないということでした。難しいけどわかるようなきがします。早くエコな永久エネルギーが見つかってほしいと思います。

    返信削除