2012年7月3日火曜日

本日の名言の背景事情~福島4号機の話

前回の記事「本日の名言」でちゅまが言った言葉、あれはどういう話の流れで
出て来た話なのかってのは、ツィッターではちらっとだけ説明しましたが。

ブログ記事は説明する暇もないままたった数行のなにがなんだかわからない、
ただ試験前のちゅまの気合のおたけび、みたいになってしまいましたね(笑)
まあ、気合入ってるのは確かなんでしょう、応援の言葉を下さった皆様、
ありがとうございます。ま、本人ネットしてるどこじゃないでしょうから
まだ気づいてないでしょうが、無事終ったら見せておきますね♪

しかし、あれは単なる試験前のアファーメーションとかではなかったのでして。
一応のところは収束したようですしよゆーができたところであらためて説明を。

みなさまご承知の通り、6月29日金曜日の首相官邸前でに大勢の
人たちが集まった大飯原発再稼動反対デモを皮切りに、
以後も大飯の正門前など各地で再稼動反対のデモがあったけれども
結局再稼動はされてしまいましたね、という数日だったわけですが。

その真っただ中の土曜日6月30日の朝には
福島4号機のプールの冷却装置停止のニュースが
・・・て、じぇいど♪、その日は朝起きてからあれこれバタバタしてて、
昼前から夕方にかけてあいかわらず楽しく海辺で遊んじゃってたもんで、
帰宅までそのニュースに全く気づいてなかったんですけどもね・・・。

4号機のプールの冷却装置が動かなくなったらどーなるのかってのは
もちろんみなさんご存知のこととは思いますけれども。
ここのプールに入ってる1500本だかの燃料棒が冷やせなくなったら
まず関東全域は避難対象、ヘタしたら日本全体居住不可能どころか
北半球全滅と言われているアレですね。
大飯の再稼動だって大問題ですが、こっちは復旧しなかったら
大問題どころじゃすまない急を要する仰天の事態。

追記:わかり易い記事を→http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33003

これはほんとにまずくない?という調子のツィートが
ちょろちょろ増え続けるだけではなく
大手新聞のニュースサイトやTVニュースなどでも淡々と
コントロール不能になったらどうなるのかという説明は一切ナシの
事実だけを伝えるニュースがなんども流れることで
「や。これはほんとにほんとなんだなあ。」とだんだんじぇいど♪も実感が増し。

万一復旧できないとなったら「保安規定上の管理温度の上限」ってやつに達するまで
60時間後と言っている。これ、わかりにくい表現だけれども
簡単に言ったら「危なくなる」ってことだろう。

てことはヘタしたらこの「普通の日常」があと60時間でおちまい、
いつ終るかわからん避難生活に突入かもしれないってこと・・だよな?
いや避難できればまだいいけれども。

しかし危機感感じてとりあえずの荷造り始めるかどうするか、って思ってるのオレだけ?
オレが大げさなの?てかもしやこの表のニュースだけでは意味がみんなわかってないとか?あれー?って思うくらい世間は静かで。

あのとても控えめな表現のニュースで、万一のとき起こり得る事態の深刻さに
気づいてる人ってのは、とっくに関東から引っ越しちゃってるとかで
ほらやっぱりね、って思ってるだけなのかもなあ?
と思ってみたり。

あちこちで言われる最悪の事態のときに避難すべき地域の250km圏、という情報は、
ttp://blog.goo.ne.jp/humon007/e/6c66288eb6ee96e3d7cb219ce9b48168
↑この記事に出てくる近藤メモ からのことだろう。
ここで距離をチェック。うちは250kmギリで圏外。
ちゅまんところは内側だな、と確認。
となると、まずはちゅまはじめ「内側」にいる家族親族を待つか迎えに行くかして
ここまで一時避難させ、それから西を目指して果てしない旅へGO?
とか想像は一気に膨らむ(苦笑)

その昔、米国のフロリダに巨大ハリケーンが来た時、100万人が避難指示された
状態ってのをTVで見ていたことがあったのだが。
どこの道もでかいRV車で大渋滞になって結局みんな
どこにも避難できなかったんだよな・・・
(ほんとに運のいいことにハリケーンはぎりぎりのところでこなかったんだけどね。)
関東全域が避難だったら、3000万人とかだ。一斉に避難なんか不可能に近い。


さ て ど う す る か

とりあえず、表をランニングしてびちょびちょで帰ってきて
またバットを持ってでかけようとするおとーさんをつかまえて
「ちょっとちょっとこういうことになってるらしいですが」と報告してみる。

すると、タイミングよくついてたテレビでまさにそのニュースが。
うん、そーか。わかったー。
と、おとーさん理解はしたようではあるが・・・
熱血野球少年はシャワーをあびると台所に行き、明日の大事な試合のための
オリジナルスポーツドリンクを楽しそうに作り始める 笑

今週末は試験前なので寮で過ごしているちゅまに
こーいう事態になってるらしいので一応今後ニュースを
チェックしておくように。万一復旧しなければ避難する必用が
出てくるだろうとメールすると

知ってるよー、との一言の次に書かれていたのが
前回の記事にそのまま貼ったちゅまの名言、というわけなのでした。

なんだ、あいつはちゃんと知ってた上で冷静なのだな、相変わらずだなwww

と可笑しくなりw

そうだな。あのプールの冷却装置止まったのは6月の初めからもう2回目で。
1日に復旧作業するって言ってんだから、
ここは素直に「冷却装置が無事に動きますように」と祈りながら
餅は餅屋にまかせて、自分が今すべきことからはずれずに待つべし、ってほうが
正しい心構えなのだろうな、やっぱ。
これからあのプールの中の燃料棒の処置には何年もかかるわけだし、
すわ一大事!ってことがこれから何どもあるんだろう。
そのたびにすべてをほっぽりだして西へ逃げて、なんにもなくてよかったねーって
またもどってきて、という生活をするわけにはいかんよな。

家でやきもきしながらじっとして復旧の結果を待つのも、
楽しく今を満喫しながら結果を待つのも同じっちゃー同じ。
だったらそら試験前の学生は試験に全力をつくしたほうがいいのはもちろん、
たとえおっさんの草野球といえどw、三度のメシより大好きなことなら
思い切り試合を楽しんだほうがいいわな。
んでホントに避難の必用がありそうだな、となってから
また行動を始めればいいだろう。

うん、必要以上に心配するの、やめーい。
ってことで、じぇいど♪も、おとーさんといつも通り・・・
いやもしかしたら、ちょぴりだけいつもより愛情深くいちゃいちゃしたり 笑
翌日もももちゃんとばんぶるとあれこれ楽しく過ごしたり
勉強の気晴らしにメールしてきたちゅまにお返事をしたりしているうちに・・・
冷却装置が無事作動した、とのニュースが入り。
あーあ、負けちゃったよー、とおとーさんも帰宅して。

さあて。
みんなでおやつでも食べにいきますか。
となんてーことのないいつもの休日の残り半分を
ありがたみ数倍増し、で過ごしたのでした。

ちょっと不思議だったのは、30日の夜にいつの間にかももちゃんが
自分の携帯から、なんの理由もなく、カラフルなハートマークいっぱいの
I love you Mommyメールをくれていたこと。
ももちゃんは今PCこわれちゃってネットもできないし、
なにがあったかなんてぜーんぜんわかってないはずなんですけどね(^^)?


応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

20 件のコメント:

  1. 先の先をいつも考えては不安になり何も手がつかない(もう捏造に近いですが) 、そんな癖がついてしまってました(^_^;)
    今回のことがなくても、誰でも今と同じ日常が必ずくるとは限らないですし、そう考えると、色んなものやコトが愛しく感じて周りに優しくなれそうです。
    朝から素敵な記事が読めたコトに感謝♩

    返信削除
    返信
    1. 先に先に考えることもまた大事かと思いますが
      何も手につかないのはやっぱり過剰になってるの
      でしょうね。以前書いた客観視の記事にリンクした
      http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120111.html
      が役立つかもです。

      削除
  2. おんぽたんぽ3/7/12 9:00 午前

    そうだったんですか。。。

    今、女の子のお祭り中で、字があんまり体に(頭に)入ってこず、
    そこまでRTを追って読んでませんでした。

    そう言えば。。。3.11の時も、女の子のお祭りだったな。。。
    普段以上に、ぼーっとしてるので、状況が入ってこないんですよね。。。
    (幸い、被災地ではなかったからだと思います)

    その時は、体が心を護ってくれたんだって(結果的に)思いました。

    でも、この記事を読んで、ハッとさせられました。
    どうもありがとうございます!

    返信削除
    返信
    1. 女の子のお祭り~だとたしかにぼーっと
      したりってありますよね
      体が心を守る、そういうこともあるのでしょうね。

      削除
  3. ちゅまちゃんすごいですね。

    テレビはあるけどつけていなかったりしてニュースなども見ないので、恥ずかしながら、関東に住んでいながら今回の危機的状況をまったく知りませんでした。

    ですが、ちょっと敏感なところがある小5の子供が、土曜の朝からずっと不安を訴えていたんです。
    理由はないけど、なんだかわからないけど、なんとなく「なんか心配なんだ」と言うのです。

    今思うと、世の中の「不安感」「緊迫感」を感じていたのではないかと。

    そして、人の想い、波動っていうやつ?は、すごいんだな、と。
    直接接していなくても、こうやって、空間を越えて伝わってしまうのだとしたら。

    もしそうだとしたら、「どういう心持ちでいるか」っていうのは、世の中のためにとても重要なことだと思いました。

    何も知らないでいた自分は別の意味でちょっと問題ですが、
    ちゅまちゃんの「知っているけど冷静」というのは、理想的、目指すものだと思いました。

    返信削除
    返信
    1. テレビだとわかんなかったでしょうね~
      私もテレビは家族は見てますが
      情報源はもっぱらネットです。
      なにかお感じだったのだったら、やはり
      多くの人に流れた感情を拾って「アラーム」
      が鳴ってたとか、守護さんからのメッセージ
      だったのかもしれませんね。

      削除
  4. あすケット3/7/12 12:37 午後

    ここ数日、飛び込んでくるキーワードは「恐れるな」 でした。
    でも、地デジ化以来、TV無しなので、
    そんな事知らなかったんですが・・・ (^-^;)
    「恐れるな」 の意味は、もっと個人的な思い込みや
    「自分のパターン」 に気付く事へと繋がったんですが。

    こうやって記事にしてくれた内容を見ていると、
    明らかに 「パニックにならないように」 という
    「それってどうなるって事?」 の部分の報道がされてないですよね。
    視聴者も心のどこかで、「ま、でも、なんとかなるだろう…」
    みたいな感覚もあるんでしょうけど。
    結果的にはいつも通りでよかったわけですけど、
    そうやって、ニュースの意味を知った上で過ごすのと、
    意味が分からず過ごすのとでは違う気がします。
    ひょっとしたら、上の世界でまた何かしら
    援助があったのかも知れないとか思ったり。
    ちゅまさんが勉強をがんばっている事も、
    ももちゃんが愛のメールを送った事も、
    そんな良い家族の関係が築けているのは、
    じぇいど♪さんが 「大事な時に 大事な事は何か?」
    を考えて、家族を大切にしてきた故だろうなーと思いました☆
    家族の絆っていいですねー☆

    返信削除
    返信
    1. 結局、個人的な「恐れるな」なのでしょうね、
      今回の件も。全く知らなければ知らないから
      怖くない。知れば普通は怖い。ではその
      怖い、という気持ちを具体的にどういう選択に
      つなげるのか、ってのはやっぱり個人的な内面の
      動きなわけですから。
      上の世界での援助、あったのでしょうね~
      家族の絆、こゆとき実感できますね^^

      削除
  5. なんか読みながら・・・こういう大事件寸前のコトって・・・
    何でもない日常がとんでもなく幸せですんごい事なんやでーっと
    噛み締めるためのエッセンスなのかなと思いました。
    病気があるから健康のありがたみが分かるとか・・そんな感じかな?^-^)
    よし!やっぱりチビたちをいっぱい怒ろう←今朝落ち込むくらいもめたんです;

    きれいにオチて、日常に戻ったとこにももちゃんの不思議メール。
    なんか映画みたいv

    返信削除
    返信
    1. 無事過ぎ去ってみるとほんとに
      「エッセンス」ですね。
      ほんとももちゃんはこゆとこ不思議です^^

      削除
  6. すみません(汗)
    テレビをほとんど見ないもので、そんな状況のもとの名言とは知らず、すごく能天気なコメントをしてしまいました(>△<)

    知ってたらどうしたかなぁ…。考えて、結局、いつもの日常を送っていた気がします。北半球とかのレベルだと、もうまな板の上の鯉の気分です(笑)

    逃げられる範囲だったら…?その時にベストと思うことをするとは思うけど、どうかなぁ。そうやって過ごしていたら、何かあっても、

    「あの時にもっと○○していたら…って、あの時の私の知恵と度胸じゃ、あれ以上何かしろって言われてもムリムリ~!もうしょうがないよね♪」

    と、いい意味でのサッパリとしたあきらめ感がある気がします。…とかいいつつジタバタしそうだけど(笑)

    返信削除
    返信
    1. いえいえ、ただの能天気な気合メールだとしても
      笑えたのでw
      そうですねえ、北半球なんて言われたらもう
      じたばたしてもしょうがないですもんね
      そしてそうなったところで、こんだけ日々を
      幸せに過ごしてきたから別に思い残すこととか
      ないねえ、と素直に思える自分ってのを発見して
      ちょっとお得気分にもなれました♪

      削除
  7. ・・・すみません。
    私は昨日までHawaii旅行に行っていたので、
    じぇいど♪さんの記事を見るまで、そのニュースを知りませんでした↓orz
    そんな事があったんですか!;;(>_<);;

    皆さん無事で良かったです・・・。
    私の義親・兄弟・親戚も東京にたくさんいるので、無事で本当によかったぁ~!

    じぇいど♪さんの書く記事は、
    『もしも自分がその場面に出くわしたら・・・』を、
    その時の戸惑い・冷静になろうとする思考・客観的な判断・度胸・・・etcを、
    上手く追体験が出来るので、とてもタメになります。いつもシェアをしてくださり、ありがとうございます♪(*^_^*)

    ちゅまちゃん、試験勉強、お疲れさまっ!
    まだそんなに慣れないであろう日本で、よく頑張ってるね♪
    ご褒美に、上の世界で美味しいもの、なにか奢るよ~♪(←よくわからんけど、上にもう一人の私がいたら、そっちにお願いしておこ・・・(ry)

    返信削除
    返信
    1. お。ハワイ~ ええですね♪
      いやでもほんと無事でよかったですよね。
      追体験ができると言ってくださると、
      いちいち内面の動きをつづったどうでもよさそうな
      長いだらだら記事もそれなりに意義があるかと
      励みになります♪
      上で寿司でもおごってやってください 笑

      削除
  8. ここのコメ見てて興味深く思ったのは、意外とテレビ見てない人って多いんだな~ってことです。私は意識的に新聞ニュース類は見ないようにしてたりするんですが…。(けっこう見てなくても本当に大事なことって入ってくるし。)ニュース見て一喜一憂しようがしまいが、次の瞬間何が起こるかなんて、実は毎日分からないってことですよね~。ちゅまちゃん、ますますお見事!普通の日常がやっぱり1番大事ですね。

    返信削除
    返信
    1. 私はニュース見るの、結構好きですよ♪(*^_^*)
      いつもYahoo!ニュースのトピックをざっと見て、興味のあるニュースを読む事が習慣化しています♪
      ニュースはネットで大体把握が出来るので、TVではあまり見ませんね・・・。

      ただ面白い記事ならいいですが、

      政治や東電等、問題が難しく、状況が一向に変わらないのは、読んでいて気分が滅入るので、←
      あまりそちらは見ないようにしています;
      これ、絶対重要!て見出しの記事は、目を通すようにはしてますが・・・(^_^;)

      削除
    2. 私はテレビは私はいらないかな~派なのですが
      おとーさんがテレビっこなのと、子供たちの
      言葉の習得のためにやむを得ず、ですね・・・
      私も大事なことをリアルタイムで知るのは最近は
      ツィッター経由なことが多いですし、
      大人はネットでニュースがわかるならいらないんじゃ
      ないかと。

      削除
    3. 原発問題や政治問題は大事なことかと
      思うのですがたしかにニュースだけで
      見るとほんとわかりにくいですねー
      こういうのは素人がごちゃごちゃ言ってる
      ところで様々な意見を(極端なのも含め)
      聞いたり、わかりやすく解説してくれてる
      個人の記事読んだりした上で(信憑性の
      面でちゃんと差し引いて読んだ上で)
      読んだほうがわかりやすいですよね。

      削除
  9. こんにちは!コメ遅いですが、火曜朝一で記事拝見しました。私もニュースRTした人間ですが、我が家のある千葉はより近いし、3月まで0.3の土地に勤務だったので、もうすでに逃げ場がないというか、そこまでちゃんと考えてなかったです。きっと守るべきご家族がおありだからですね。実際今はこんなこと言っててもいざ避難となれば、そういうこと起こるんだろうなと思います。この手のニュースにマヒしているところをリセットし、もう一回いろいろ確認して、いまの日常を大切にしていきたいと思います。
    今回ハイアーさんたちみんなで回避したっぽい感じがありますよね。
    気にしないのも、自分とは別のことととらえるのと、わかっていて気にしないのとは違うので、ちゅまちゃんやっぱりかっこいいですね!

    返信削除
    返信
    1. そうですね~自分だけだったら別にあんまり
      気にしないんだろうと思いますけれども
      やっぱり子どもたちがいるとなにかあったら
      できる限り生き延びさせる努力をしてやりたいと
      思うのは親の本能みたいなもんでしょうね。
      みんなで回避、きっとそうなのでしょう。
      そういう場面がなんどもあっての今なのでしょうね。

      削除