2012年8月1日水曜日

幽霊話2つ アニメ『夏雪ランデブー』 とドラマ『ゴーストママ捜査線』

日本に帰国してから深夜のアニメ枠「ノイタミナ」で
やってるアニメを度々見てるじぇいど♪家。
以前紹介した江の島が舞台になってたアニメが終了して
次に始まったのが

夏雪ランデブー
http://natsuyuki.tv/

これにももちゃんがめっちゃハマったらしく。

あたしこれだあああいすき!だって、かわいいんだもん!
と連発するので、じぇいど♪も録画してあるのを見てみましたらば・・・

いやいやこれ内容はわりとオトナの恋愛モノじゃないですか。
そりゃかわいいけど、12歳の子がかわいいい!って
もだえるようなかわいい話じゃないじゃんよ 笑
さすがAround40に9才でハマってたおマセさん 笑

ヒロイン六花ちゃんはお花屋さん。六花ちゃん、と言っても
未亡人でりっぱなオトナの女性。
その六花ちゃんに恋をした8歳も年下の青年、葉月。
しかし・・・六花ちゃんの傍にはいつも・・・
幽霊になった元ダンナの島尾がはりついている!
しかも葉月はそのダンナがばっちり見えててお話もできる。
幽霊ダンナは六花ちゃんに葉月を近づけまいと邪魔をしたあげく
「体貸して」とせまってくる始末。

・・・という話。でもぜんぜん怖い話じゃないの。
むしろ、どの立場の登場人物もかわいそうすぎて
かわいすぎてあまりのせつなさに泣ける話。

で、じぇいど♪も、シチュエーションは全然違うものの
見えない人が傍にいる状況ってのは 
びみょーに思い当たるふしもあったりで 笑
まあ、そうじゃなくてもわーーーこれはせつなすぎるわ!
って自分でもかなーり気に入ってしまいました。

どうやら原作コミックはもう4巻まで出てるんですね。

ってことは当然話の続きがどうなるのかは
すでにわかってるわけですけれども・・・
あえてこれはコミック読んじゃって知りたくないですねえ。
ここで一巻がちょっと試し読みできます。
http://www.shodensha.co.jp/natuyuki/

しかし、ももちゃんが「かわいいっ!」って悶えるポイント見てると
12歳にして感覚がオトナだなーってつくづく思いますね。
そりゃ美形に描いてるから印象がいいのだとしても
オトコの往生際の悪い嫉妬からのなさけない行動、
とかも、ももちゃんにかかったら
「かわいいいいいっ!」なんですね 笑

いやでもねえ。恋愛での嫉妬は醜い感情だ、って一般的には
思われてるもんでしょうけれども、そしてスピの世界では特に
手放すべき、忌むべき感情だと思われてるもんでしょうけれども、
小説だのアニメだのの描き方によっては、嫉妬だって
心打たれる深い愛情表現だなあ、とつくづく思いますよ。
いや現実にも実は見方一つでそうなのかもね?

☆   ☆   ☆

んでもう一つ我が家で見てる幽霊話は、
土曜9時日テレでやってる仲間由紀恵のゴーストママ捜査線。
http://www.ntv.co.jp/ghostmama/
こっちも漫画原作ですね。
こっちは主にばんぶるが気に入ってるんですが
これは小さい子供も安心して見られる話。

警官だったママは幼い息子が心配で成仏できず。
ママの残しためがねをかけたら、息子にはママが見えちゃった。
で、2人で色んな事件を解決していく、って話なんですが。
そりゃ幽霊であることそのものがネタになってる
シーンだってあるんですが、なんかもうフツーに
登場人物の一人が(一人じゃないけどね)幽霊だ、ってだけで
幽霊話なのにこの軽さ、明るさってのは
なんか新しいというか、今らしいな、と。

☆   ☆   ☆

なんの番組だったか途中をちら見しただけなんで忘れましたが
イギリス人と日本人を集めて、幽霊を怖るかどうか、っていう
実験をやってました。

古い屋敷の一室に隠しカメラを仕掛けて、幽霊がいる、という
前情報でその部屋に一人で入らせ、怖がるかどうか、という
実験でした。結果、日本人はびくびくモノでちょっとした物音にも
とびあがり、イギリス人は幽霊を信じてるわりに平然としている。

対して、幽霊をこんどは「悪魔」と変えただけで結果は全く
逆に。つまり、幽霊=怖いもの、と認識しているのは日本の
文化的なものなのですね、って話で。イギリス人にとっては
昔の王様だったり昔生きてた人であった幽霊が怖いという
イメージが文化的にないらしいのですね。

☆   ☆   ☆

最近ちゅまが、幽霊おおいなー、とよく言います。
鎌倉ってのはどうやら幽霊多い土地らしいですが
それだけじゃなくて都内にいても言いますね。

お盆はまだですしねえ?
境界が薄くなってるとか次元があがってる
とかなんでしょうかね?

なんにしても、こういう明るい幽霊話のアニメやドラマを見ると
ますます幽霊って怖い存在ばっかりじゃないんだろうなーって
思いますし、だからやたら怖がらないように自分も
したいものだな、と思いますし、従来はおどろおどろしい
幽霊話ばっかりだった日本でも、幽霊のイメージは
lこれから変わっていくのじゃないかなーと
ちょっと期待できますね♪


応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

30 件のコメント:

  1. ももちゃんは、おませさんなんですね( ´ ▽ ` )
    可愛いわ〜(*^^*)

    私は、イギリス派です。
    幽霊よりも生きてる人間の方が怖いです(~_~;)
    ←これ、問題有るかもはさておきf^_^;)

    悪魔ってのは何だかピンとこないので怖いとかもないなぁ…

    返信削除
    返信
    1. 生きてる人間のほうが怖い・・・
      いや通り魔とかある現代ではほんとですよね
      悪魔はやっぱぴんとこないですよね

      削除
  2. 風使いのろっく1/8/12 8:07 午前

    幽霊じゃなく妖怪の設定だけど、「ぬらりひょんの孫」ってアニメ、面白いですよ。

    4分の1の妖怪の血が混じったぬらりひょんの孫の話なんですが、感動しますよ。

    もっとも日本では、鬼太郎が人間の味方の設定ですけどね。

    って鬼太郎も妖怪か。(笑)

    返信削除
    返信
    1. 名前だけ聞いた事があります~
      それもそのうち見てみたいですねえ

      削除
  3. 初めて書き込みします<(_ _)>
    ブログ本を出されてからずっと、楽しく読ませていただい
    てます♪

    ちゅまちゃんの「幽霊多いな」について少しだけ。
    東京は”江戸盆”といって7月13~15日にお盆があります、
    他は8月。そのため7月になるとたくさんの見えない方が
    里帰りされます。そしてそのまま8月のお盆、そして9月
    のお彼岸まで帰らない方も多いんだそうです。
    (私の先生から教わった話です)

    おかげでこの3か月は超!ハードですが、ちゅまちゃんは
    体調とかに影響は出ないほうなんでしょうか、暑さもある
    のでみなさまご自愛ください!

    名前の記入がよくわからなくて”匿名”なってしまい
    ましたのでこちらに記入します。
    それでは、これからもブログ楽しみにしております♪

    コトハ

    返信削除
    返信
    1. 初カキコありがとうです。
      なるほど、そのまま9月まで
      帰らなくてもいい、なんて制度?
      があるなら、人出(笑)は多そうですねえ。
      敏感な人は大変かもですね
      コトハさんもご自愛くださいませ♪

      削除
  4. tugumi1/8/12 10:28 午前

    いつもブログ読ませていただいてます(^^
     
    幽霊アニメや映画など、最近よく見かけますよね☆
    夏雪ランデブー早速読んでみたいと思います♪
    じぇいどさんオススメ漫画面白ですし!!!
     
    もうご覧になってるかも知れませんが、幽霊が出てきて切なく面白いアニメだと
    『あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない』←これも切ないけど、可愛くておススメです!!
    機会があったら是非見てみてください☆☆

    返信削除
    返信
    1. おお、それ知らないです。
      お勧めありがとう!!

      削除
  5. いつも楽しく読ませていただいています♪

    私も小さい頃は「幽霊」=怖いものという刷り込み的な思い込みがありましたが、6歳の息子も「見える」とわかったのが、亡くなった愛犬が側に居る、と息子が教えてくれたことでした。
    身内だと怖くない、というのも身勝手な気がしますが、これも「幽霊」なわけで、ただ幽霊ってだけで怖がられるのもかわいそうだよなぁ、というのとやはり怨霊や地縛霊と呼ばれるような悪いものばかりじゃないんだよな、と感じさせられ、無駄に怖がる事をやめました(^^v

    妖怪とか、幽霊とか、話してみると意外と仲良くなれちゃうかもですよね♪

    返信削除
    返信
    1. そうなんですよね~。
      大好きだからそばにいてくれる、
      ってのも幽霊と言えば幽霊。
      そう考えると、ハンパにわかっちゃったときに
      やたら怖がるのは失礼だったなーと。

      削除
  6. いつも楽しく読ませていただいてます。
    ちょっと、前だと思いますが、「夏目友人帳」もよかったですよ。
    妖怪関係のお話です。
    鬼太郎とか極端に言えば、バイオレンスですが、夏目さんはやさしい話でした。

    返信削除
    返信
    1. 本屋で立ち読み用に置いてある薄い冊子で
      さわりだけ読みましたがよさそうな話でした。
      そのうち大人買いしたいなーと。

      削除
  7. こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
    夏雪ランデブー面白いですよね。ヒロインがショートカットなところが
    今時のヒロインらしからずサバサバした雰囲気で好きです。

    そういえば、TARITARIという今放送中のアニメが江ノ島を舞台にしていましたよ!
    鎌倉高校前駅とか、出ていました。
    確か合唱部のお話だったと思います。是非☆
    http://taritari.jp/

    返信削除
    返信
    1. うんうん、あのショートカットがいいですよね。
      TARITARI私みてないけどちゅまは知ってました。
      江の島のみやげ物やの娘で高校生で
      合唱部なんだwww
      それはかぶりすぎwww

      削除
  8. あすケット1/8/12 1:01 午後

    また面白そうなアニメが始まったんですね~☆
    ももちゃんは、感覚が大人なんじゃないですかねー。
    体が子供だと「おませさん」 って事になっちゃうんでしょうけども。
    日本での幽霊に対する印象は、
    夏によくある「怪談話」 が意識に刷り込まれてる気がします。
    方やイギリスは 心霊現象に対して
    とてもアカデミックだと聞きました。
    単純に 肉体を持っていない人間 という事なんでしょうかね。
    日本では悪魔についての怖い話とか
    ほとんど聞かないですし。
    当たり前のように頭に入ってくる情報ってのは、
    頭の奥深くに刷り込まれてるんだなーと思いました。
    ちゅまさんの言う「幽霊が多い」ってのは、
    以前記事でかかれてた 「下界への旅行」
    ではないパターンなんでしょうか。
    他次元との境界が薄れてきているのか?
    というじぇいど♪さんの説も興味があります☆
    「幽霊が多い」 ってのが、ネガティブな現象でないといいですね。

    返信削除
    返信
    1. そうそう、日本の昔からある「怪談話」とか
      幽霊の日本画とかの影響があるでしょうね。
      アカデミック、なんですか。
      境界が薄れてる?は私じゃなくてちゅまが
      なんとなく言ったんですけどね。
      次元あがってるのかなあ?とか。
      でも原因はわかんなーい、と。

      削除
  9. 人がいるとこには何処にでもいますよね。

    漫画みたいに面白ければいいんですけどもね。

    返信削除
    返信
    1. まあ、面白い存在ばっかとは限らないですから
      面白半分にコンタクトこころみたり
      まして肝試しと称してわざわざ有名なスポット
      行ったりとかはすべきじゃないなと思います。

      削除
  10. コミックでも「スカイハイ」「夏目友人帳」「視えるんです」「永久保怪異談」とか結構霊とのお話は多くなった気がします。
    (ももちゃんの様にロマンティックなコミックでは無いですがw)
    全般に言えるのは生きている時に出来なかった事が未練や
    執着になる。
    だからこそ普段からいろんな事柄や物を「リリース」する事が大切になってくるのかなと。

    返信削除
    返信
    1. おお、いっぱいありますねえ。
      たしかにそうなんでしょうね
      今の自分が楽になるためにリリースって
      やってるもんかと思いますでしょうが
      成仏するというかなんというか
      「いい状態の霊」になるためでも
      あるんでしょうね。

      削除
  11. じぇいど♪さんが日本に帰られてから(というのか?)のTwitterをちょこちょこ拝見していましたが、ある日途絶えてしまったのでオヨヨと思っていたらブログ発見しました♪
    まだ湘南編は読破してませんが、相変わらずの文体が好きです~
    読みやすいです(*≧∀≦*)

    文庫本ですが、コンビニたそがれ堂のシリーズが面白いですよ。
    幽霊幽霊してない感じがいいのかも?
    (幽霊がらみじゃないものもあり)

    元々童話だったようで1巻目はももちゃんでも楽しめるかもです。
    2巻目以降は大人用に書かれたのだとか?
    感動しますよ♪

    返信削除
    返信
    1. ツィッター一時期整理しちゃったり
      しましたものね、そういえば。
      文体気に入ってくれて嬉しいです
      ・・・ってこんなくだけすぎた酷い文体を^^;
      コンビ二たそがれ堂、知らないです
      さがしてみますね^^

      削除
  12. ガンダンブルフドア2/8/12 4:55 午後

    暑中見舞申し上げます♪であります。最近、やっと、ちょこちょこ見に来れるようになって、今更ながら、ああ、日本在住してる!じぇいど♪姉貴がin Japan !を噛み締めながら拝見。
    そして、拝見しながら気になるのは、背景の家紋、おんなじ家紋、おじいちゃん家についてたっす!
    幽霊、私には見えないけど、服って亡くなった時のままなんですかね…
    勝手なイメージでいくと、鎌倉だったら武士っぽい格好の幽霊が、わんさかいそうであります。
    こないだ、ちゃんと、マックのドナルドに仇討ちに、ハッピーセットたのもー!ってしました。
    オモチャだけ別売り希望と思うのはガンちゃんだけですかね?

    返信削除
    返信
    1. ええええ!家紋が同じってのは、どーいうこと
      なんでしょうかね?最近発見したのは外側の
      わっかの部分ってのはスサノオさんをあらわす
      らしい、ってことで、へえええ、でした。
      亡くなったときのままっちゅうか、昔風の
      着物の人、いるみたいですよちゅまによると。
      仇討ちありがとうwww ばんぶるは食べ物
      ナシで玩具だけでいいような、って
      いつも思いますよw

      削除
  13. 夏といえば、幽霊話ですね!オススメは「鬼灯の冷徹」閻魔さまの秘書「鬼灯(ドS)」が、地獄やお盆について日常を通して教えてくれます☆「聖☆おにいさん」もオススメです。その手のマンガが増えて、なんだか異界とのヴェールが薄くなってきたような気がします。

    返信削除
    返信
    1. おススメありがとうございます♪

      削除
  14. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  15. すみません、上の文章間違えちゃったので打ち直させていただきます。
    普段あまりアニメは見ないんですが、じぇいど♪さんの紹介で興味を持ってつり球にハマりました。もう、最高でした!見れて良かったです。
    ユキの成長ぶりを見て最終話は不覚にも涙しちゃいました。
    じぇいど♪さんに大感謝です。

    返信削除
    返信
    1. うんうん、つり球の最後、荒唐無稽な
      話のわりになかなかよかったですよね~
      盆踊りで江の島おんどの元になったと
      思われる踊りがちょっと振りが似てて
      おもわずうふふ、でした♪

      削除
  16. 伊藤三巳華さんの「スピ☆散歩」で
    江島神社の事が描かれていました。
    「江ノ島全体が龍の巣で~」ともw
    天女と龍が夫婦になった伝説を読んで
    なぜか、じぇいど♪さんとシュリカンの姿を
    想像してしまいましたw
    江ノ島、一度行ってみたいです♪

    返信削除