2012年8月4日土曜日

おススメされた?ので『うつほ草紙』

ブックオフ、よくいくんですが周囲に二件ありましてね。
不思議だなーって思うんですが。

一件のほうは、別になんも感じないんです。
でも、もう一件のほうは、じぇいど♪のこれまでの
経験的に「見えない仕込みがある本屋」だと感じてまして。

昨日子供たちと一緒にひさびさに「そっちのブックオフ」に
行きまして用事はすっかり済んだつもりで帰ろうといたしましたらね。

レジに向かう途中ある漫画がふっと目に入りまして。
その棚は前にも「課題図書」が置かれてた場所。

諏訪緑 って方の作品。
じぇいど♪、ぜんぜんこの方知らなかったんですが、
「諏訪」で「緑」だって。うげげげげ。
バラバラではあるんだけど、どっちもじぇいど♪には縁の深いキーワード。
これはーまあいわゆるその、自分にしかわからん「サイン」だよねえ。
なんだかわからないけどまあいいか。ハズレならハズレでいいし。
と、子供らの漫画の山と一緒によく見もせずにぱっと籠に入れました。

・・・で、読んでみたらば。

うげげげげ。・・・じゃなくて。
ほんとにいい作品でした。

【送料無料】うつほ草紙(第1巻) [ 諏訪緑 ]
【送料無料】うつほ草紙(第1巻) [ 諏訪緑 ]
価格:590円(税込、送料別)

どうやら完全な創作漫画ではなくて「うつほ物語」という
日本文学史上最古の長編物語が原作。

原作のあらすじを読んでみてもおおざっぱすぎて、どのくらい原作に沿ったもので
どこからが諏訪緑さんの創作なのかがよくわかりませんけれども。

清原家の跡継ぎである主人公が、ライバルの藤原家の謀略で
無理な遣唐使として送り出され、ペルシャに漂着してそこから
「琴」・・・と言っても五弦の琵琶のようなものなんですが、それを
1対持ち帰り。

心澄んだ者がその1対の琴を奏でれば、世の不浄は浄化され
本人の願いも叶う、ただし、少しでも深層に邪な想いがあれば
世に破滅をもたらす、そのために主人公とその子孫が苦労を重ね・・・
とうんと簡単に言っちゃえばそゆことなんですが。

なんか世界樹みたいな木は出てくるし、言ってることだの設定だのが
現代社会に照らし合わせても、これまで知ってるスピ的な知識に
照らし合わせてもほんとになるほどでいちいち深い深い。

まーそしてね、個人的にもちょいと今取り組んでることについての
「参考書」みたいなもんだなーって部分も、あいかわらずですねー
ちゃーんとあったのですが 苦笑

これ以上ネタばらししちゃうとつまんないかなーなので
こんくらいにしてますが。色んな切り口で色んな読み方も
できる作品かと思いますし、そんなに長い話でもないし
ひさびさにこれは自信もっておススメです♪


応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

15 件のコメント:

  1. じぇいどさんまたまた面白そうな本を紹介して頂きありがとうございます♪

    今アニメで放映されているソードアートオンラインも設定がまるで上から現世を見た話みたいで面白いですよ。
    仮装の生で、でも取り返しのつかない生、中には進んで悪役を演じるとか、人のとる行動、感情を見るため箱庭的な世界(ゲーム)で、そこから出るために頑張る話です。
    設定が似てるだけですが、お薦めです♪

    返信削除
    返信
    1. おすすめありがとうございます。
      うむむ。それはきょわい設定ですね
      でもこの3次元そのものがそんな感じ、って
      言われてますよね・・・

      削除
  2. あーなんか思い出しました。
    うつほ物語は、小学生のころ「天人の琴」?とかいうタイトルで読んだことあります。結構好きだったんですよ。当時。
    この「うつほ草紙」も発売当初、気になったんですが、主人公の俊陰の名前がものすごい当て字、今でいうキラキラネームでゲゲッと思って、やーめたとなったんです。
    うーん、しかし、じぇいど♪さんのおすすめとあれば、読まずにおれない・・・。まずは、読みやすい中高生向けの「宇津保物語」を読み返すことからにしよう!

    返信削除
    返信
    1. ほおお、子供本にアレンジされていたのですね
      そうそう、キラキラネームと、時代考証全く
      無視のキャラの外見にちょっと引きますんで
      なにも「おススメサイン」がなければ
      読もうと思わなかった類かもですが。
      でも読んでるうちに違和感はなくなりましたけどね。

      削除
  3. マルテン4/8/12 4:18 午後

    こんにちわ!
    またまたインスピを感じられたんですね~。時折、何気に見た漫画やアニメがつぼにハマるってやつですかね☆
     先日ご紹介されてた「毒になる親」読みました。
    今、読み返し中です。もう自分の中で整理できていますが、さらにこの本の知恵を借りてもっと自分を癒してみようかな・・、とも思ってます。
    ちょっと話題がそれましたが、この本に出会わせてくださって、ありがとうございました♪

    返信削除
    返信
    1. そういうふうに思える本に出あえるって
      たのしいですよね^^

      削除
  4. うつほ物語は子供の頃ダイジェストで読んだなあ。
    不思議な琴の話、としてしか捉えてなかったんですが
    さすが古典だけに深いのね。

    そして前コメントで「はじめての夏休み」という大ボケを…
    しっかりしろよ自分orz

    返信削除
    返信
    1. それも読んでみたいですね~
      どのあたりが原作から
      アレンジしてあって原作の骨子が
      どんなのなのかは子供版よむと
      きっとわかりそうですね

      削除
  5. 素敵な本屋さんやビビっと来る本との出会いって、中々ないですもんねー。
    面白い切り口で本を選んでるじぇいどさんに「おお☆」

    私も今度じぇいどさんの切り口で本、選んでみよう。
    面白そうだし、今まで読んだことない本選んで世界が広がるかも~。

    返信削除
    返信
    1. 自分だけなら選ばなそうなものを
      おススメされるというのは
      やっぱ世界が広がりますよね~

      削除
  6. こんばんは。じぇいどさんのこの記事を読んで、「見えない仕込みかー素敵だなぁ」と思っていたら、
    私も思わぬ所で諏訪緑さんの名前を目にする機会があったので「うつぼ草紙」注文してみました。
    こんなふうに本を選ぶのも面白いですね^^ 楽しみです。

    返信削除
    返信
    1. おやおや面白いですね
      なんだか念押しされたような 笑
      お気に召されるといいですが~^^

      削除
    2. とりあえず1巻を買って読んでみました。
      面白かったです。それとこの現状にドンピシャなスパルタを感じました;
      ああ、これはずいぶんわかりやすいシンクロきたわーと思ったら
      PC画面に「jade」の単語がでてきたりしまして… 笑
      (前回の記事内容にもぐさぐさ刺さる要素があったりしたもので、びびりました)

      とりあえず、ケチケチしてないでさっさと全巻買って読めという念押しかもしれませんので続きも読みます 笑
      ご紹介ありがとうございました!

      削除
  7. >これまでの経験的に
    >「見えない仕込みがある本屋」だと感じて…

    ここの部分、よく分かります。
    「これを読みなされ」と差し出すかのようなところ、
    ありますよね(笑)。
    今までもその本はきっとそこにあったかもしれなくても、
    あぁ、今なんだな、とか。

    そういう本が見つかると嬉しいものですね。

    でも考えてみたら、本ではなかったけれど「(旧)なに見え」にも、
    そんな風にして出会ったんだよなぁ…と思い出しました。

    返信削除
  8. おお、じぇいどさんも諏訪に繋がりがあるのですね!
    なんか嬉しくなってしまいます(*・ω・*)

    うつほ、って漢字で書くと「空」や「虚」になるみたいですが、紹介して下さってるお話の内容とも相まって、なかなか興味深いです。
    というか、読む前から思うところがありまくりですw
    ご紹介ありがとうございました!

    返信削除