2012年9月28日金曜日

横浜中華街 その2 お月見は月餅で

前記事の続きね~(´ω`)/

じぇいど♪・ぽっちゃんのパパちゃん、ママちゃん、もうお年なのでそうそう遠くまでお出かけできない。じゃお土産あげよう、パパちゃん月餅好きだったよなー、と月餅探しへ。月餅やさんだけでもいーっぱい!

数件見て回って、おおこれは!って決めたのは、萬珍楼ってところの塩卵と蓮あん月餅。蛋黄月餅って書いてありますね。すごくでっかくて迫力。中にあひるの卵の黄身が入ってて餡は蓮。まだ買ってきたやつは9月30日までとっとくんで開けてないから写真はここでみてちょ。

中秋の時節限定商品で、中秋の時節に親類やお世話になった方々へ「月餅」を贈り、名月を祝う風習が伝え継がれています。 数量限定での販売です。 今年の中秋節は9月30日です

とのうたい文句。いやてきとーにお店で作った風習じゃないの?バレンタインみたいなもんで。とか思ったらそうでもないんですね。

月餅(wikipedia)
旧暦の 8月15日の中秋節の時、家族や親しい友人が集まり、月を愛でてこの菓子を食べる風習がある[1]。現在は、中秋節が近づく頃、親しい人やお世話になっている人にこれを贈ることが盛んである[2]。数多く贈る手間を省いたり、新しいものを入手できるように、特定の店で使える月餅専用の商品券で贈る場合もある。

ですってよ。ああだから月餅っていうのか!

ちゅまにおみやげだよーとパッケージを見せて
「げっぺい」って知ってる?と聞くと、
しばらく怪訝な顔をした後、突然ひらめいたかのごとく
「ああ、moon cake! 」

なんでわかったの?と聞くと・・・
「龍さんが『月・餅でげっぺい!』って文字を送信してきた」と。
便利だねえ 笑

どうです、今年は日中友好を願って、
お月見団子といっしょに月餅。


つづく

応援大感謝。↓ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

5 件のコメント:

  1. moon cake (^^♪ なんか可愛らしいイメージに変わりますね。月餅も今は種類が多すぎて、迷うんですよね。
    大きさも入ってるものも色々だし…
    中国のお菓子って認識しかありませんでしたが、日本の月見団子と同じようなものだったんですね。
    私も今年は日中友好願って月餅と団子並べようかな。

    返信削除
    返信
    1. 少しずついろんな味のを
      また食べてみたいですねえ

      削除
  2. ちゅまちゃん、すごい・・・ 龍さんからそんなにくっきり教えてもらえるなんて。笑

    返信削除
    返信
    1. でもだからって漢字テストは手伝ってもらえぬようで
      いまだに苦労しておるようです^^;

      削除
    2. あはは。さすが、龍さん、使い分けてるのですね、飴とムチを。笑

      削除