2012年9月28日金曜日

横浜中華街 その4 中国のカミサマって?

その1 その2 その3 の続きです♪


最近どっかおでかけするっちゅうと一応地図で「どんなお寺や神社のあるところかな」って一応確認したりするのはもう日本に帰国してからの癖になってきたんですけれどもね。

横浜の元町は!教会はあっても、西洋風の街を楽しむところだし!お寺とか神社とかあんまないでしょ!て全然調べなかったんですけれども。中華街うろうろしてたら、ちゃーんとお寺?神社?がありました。ただし、もちろん中国の(^^?)。

まずびっくりしたのはその色と装飾の細かさ派手さ!そりゃ日本の東照宮とかだってすごいですけれどもこりゃ桁違いだなあ、と感心。そしてやっぱりここもドラゴンだらけ。
んで、普通に御参りしようといたしますと。中国のお寺の習慣なのか知りませんが、500円でお線香の束を買った人しか御参りができない!しかすでに「現金オンリー」なお店でのお土産でぎりぎりまで散在しちゃったじぇいど♪。電車賃なくなったら帰れないしね・・・こんにちはするのに強制的にお金取られるみたいでなんだかなあ・・・さすが華僑のカミサマ・・・と中に入るのは断念^^;。

じゃあ、今回はすみませんが階段の下からこんにちは。はじめまして。誰なのかさっぱりわかりませんが(これまた大変に失礼^^;)また勉強しなおして出直します。と外から日本式に手を合わせて・・・合わせて・・・やっぱ好奇心とめられず、じぇいど♪そぉ~っと「ほんとにこんにちは」をして「繋いで」みると・・・・。

「○☆●※ж▲□#$☆■△~~~!!」と、どうやら中国語らしき言葉でまくしたてられ 笑 なんか「めっちゃ明るい謎のおっさん」にアクセスされた模様www

「いや!すいません!全然わかんないっすけど!またきます!」
とじぇいど♪苦笑いw

ちゅまに帰宅してその話をすると
「あたしが師匠に初めて会ったときみたいだwww テレパシーで内容だけ伝えてくれりゃまだ話せたのに、いきなりイタリア語でまくしたてられて、一言もわかんなかったのwww」
ああああ、そういや師匠にはじぇいど♪もしょっぱなに
イタリア語訛りの英語だったけど似たようなことをやられたわ!

ちゅ「しかし姿が見えないのになんでおっさんだとわかったの?」
そういえばなんでだろう。でもわかるんだよ。そこはっきっと感度がビジュアル優先の人との違い。

んで、調べてみました。じぇいど♪が御参り?したのは、関帝廟、というところで、祭られてるのは・・・読んでもわっかんないなー!中国のことってほんとに知らないや。

香炉1「玉皇上帝」国泰平安
香炉2「關聖帝君」商売繁盛
入試合格
家内安全
学問
香炉3「地母娘娘」除災・健康
香炉4「観音菩薩」解難・健康
縁談・安産
香炉5「福徳正神」金運
財産保全
・・・だそうです。玉皇上帝、ってのをwikipediaで調べてみたら予想外のことを発見してうぷぷ(^m^)英語名がJade Emperorですと。あらまあそうですかwww 道教における事実上の最高神、とありますがなんだか説明がえらく複雑。道教ってのもカミサマがいっぱい。三精、四御、などなど。でも「中心概念の(タオ)とは宇宙人生の根源的な不滅の真理」で・・・うーんよくわからん。

二番目の読めない名前は^^;関羽という、三国志に出てくる有名な武将が神格化された神様らしいです。って三国志全然知らないんでありがたみがわからないんですが・・・わーすいません、ほんと、せめて漫画の三国志でも読んで出直してきます、って感じですね・・・。

地母娘娘は名前からしてきっと地母神なんでしょう。観音菩薩はわかりますが福徳正神は初耳。土地神で、土地や不動産をはじめとする財産を守る神様とあります。

さて、あの「明るいおっちゃん」はどの人だったんでしょうか??



しかし、道教も、三国志も膨大すぎて把握しきれないからっ!と思って、ふとここんとこの流れを振り返ると・・・自分で尖閣諸島の話の記事のコメント欄に「まずは相手を『知ること』だと思います」って書いたじゃんよ!それなのに、じぇいど♪、中国の宗教や神様のこと、まるっきり知らないじゃんよ!早速「ちょっとおいでおいで♪」されちゃったって流れかこれは 笑??と気がついて唖然 ^^; 

うん、そうね・・・自分の言葉には責任をもたないとね・・・ってことで、まずは三国志、んで道教入門、みたいな本でも探してみなきゃ・・・ま、そのうちσ(^_^;)・・・。


おわり


追記:書き終わって載せ終わって、思ったんだけどね・・・そら「おっちゃん」の言ってることは一言もわからなかったし、誰かになにか言われたわけじゃないんだけどね・・・このタイミングでこんな記事書くことになって。載せて見たら9月28日で9月29日ってのが調印から40年。月餅で名月愛でるべき日が9月30日。

村上春樹さん寄稿 領土巡る熱狂「安酒の酔いに似てる」 - 本のニュース | :朝日新聞社の書評サイト

応援大感謝。↓ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

26 件のコメント:

  1. いや、いや、いつもながらお疲れ様です。

    とても参考になります。

    最近丁度、「道(タオ)」に関する本を何冊か読んでいたのです。

    横浜中華街はちょっと無理やけど、神戸の中華街「南京街」へ行ってみっか(^^)

    返信削除
    返信
    1. ほおお、神戸にも中華街あるですか。きっとなんとか廟もあるんでしょうね?ぜひそっちの「おっちゃん」にもよろしくお伝えください。

      削除
  2. 三国志は面白いですよー( ´ ▽ ` )
    子供の時ですが、NHKで人形劇してたのです。
    あと、漫画でも読みました。
    関羽さんは町の子どもに勉強教えてたり、
    槍の使い手で、もちろん強くて、
    義理厚くて…その辺りで神様化したらしいです。
    おひげの立派な方で、函館の中華会館ってところにもおまつりしてました。


    それにしても、中国語で話かけたりするんですね。(^ ^)

    返信削除
    返信
    1. ほおお、そういう親しみやすい人だったんですね
      じゃ、それがおっちゃんかなぁ・・・
      いやほんとは気の世界、中国語じゃなくったって
      いいんだろうにね・・・

      削除
  3. やっぱり、じぇいど♪さんって凄いんだなぁ
    動きながらメモとかもとってるんでしょうか?
    最近買ってないですが、横浜ウォー○ーとかそのままページ任せられちゃうんじゃない?ってくらい読み応えあった面白いです。
    中国の神様は中国語を喋る…当たり前のようでなんか変な感じ(ーー;) ちゅまちゃんのお師匠さんにしても、高次元の方はユーモアが大事なのかな

    返信削除
    返信
    1. まさかw メモはデジカメでとります(笑)
      んであとは帰宅してから検索です。
      じぇいど♪書いたら横浜ウォーカーがやたら怪しい本になっちゃうよ 笑
      まあおっちゃんにまくしたてられたのはからかわれたんだと思います(笑)ようきたようきた、なんて雰囲気で何語でもわかるし、本気で用事があったら中身だけ意味の塊でわかるようにしゃべるでしょうしwww

      削除
    2. いろんな雑誌がパワースポットとかスピリチュアルを取り上げているので、怪しくても面白ければイイんです♪

      昨日、日本武道館にライブ参戦しに行く途中「中国王朝の至宝」ってポスターを見かけ、最近のじぇいど♪さんのブログとシンクロ?とか思っちゃいました。
      10/10~12/24 当日券だと大人1500円…チョットお高めなんですが、行ってみようかなぁ

      削除
  4. いいなあ~~横浜も中華街もすっかりご無沙汰です。
    江戸清の巨大肉まん食べたいなぁぁぁ(一人じゃ食べきれないけど)。

    三国志は、日本人大好きなのでコミックもゲームも正統なものからアレンジしまくりのものまでよりどりみどりですよ。
    関羽サマもとても慕われた方ですが、私は、やっぱり諸葛亮孔明さんです。臥龍、赤壁、白い羽扇、・・・気分アガりますねぇ。

    返信削除
    返信
    1. 江戸清の肉まん、ですね、めもめも。
      実は三国志こんなにポピュラーそうなのに
      まるっきり知らないですね・・・。

      削除
  5. おお、三國志大好きでした~♪
    NHKの人形劇(超古い)であの関羽のお人形さんがすっごく格好よくてファンでした。
    テレビにかじりついて見てたの思いだしました~。

    返信削除
    返信
    1. なんか「あったらしい」ってのは知ってます。
      調べてみたらその頃は日本に住んでたんですけどね
      遊びに忙しくてTVなんか見てなかった頃なのかな。

      削除
  6. 関帝廟の他に、もう一つ、女の神様で中国ではかなりポピュラーな方の廟も、あそこにはあるんですよ!
    結構最近できたらしいけれど。

    私、旦那さんと関帝廟だとばかり思ってその廟へ行って、お金払って中国式のお線香を上げるお参りしてきました。
    なんで女性の神様なんだ???っておもいつつww
    (ちなみに私は、一応聖書至上主義のキリスト教会に所属してます←おいおい。でも神様は神様だと思うんですよ)

    ご利益は、素敵な石屋さんで、素敵な石をゲットして、暫く稼業に良縁の仕事が舞い込んできたことです☆

    返信削除
    返信
    1. あらそうなのですか!それはこんどはそっちにも
      行ってみたいですね。なんの女神さまなんでしょ。
      神様は神様、ワタシもそう思ってマスねえ
      だから観光客はいれる教会にもおまいり?しますね
      ちゅまなんて日本の、なんかはいりにくいんじゃな
      身内オンリーぽい雰囲気な教会のミサとか平気で
      出て歓待されてるみたいですけれども今日も一緒に
      神社いきましたw ご利益あってよかったですね^^

      削除
  7. あすケット28/9/12 11:14 午後

    関羽さんは、神格化されてたんですねー。
    全然詳しくないですが、友達が三國志好きで、
    人物の説明を何度か聞いた事がありました。

    「明るいおっちゃん」www
    テレパシーでの会話は、
    自然と翻訳されるものなのかと思っていました (^-^;)
    「明るいおっちゃん」 日中友好に協力してくれてるんですかね~☆

    中華街の近くで仕事をしていた事がありますが、
    中華街自体は、あまりゆっくりと回った事がなかったなぁ。
    仕事場と家の往復ばっかりで。。。
    でも、とある国で 中国人が多かったので、
    中国の習慣や 赤を基調にした原色の装飾とか、
    正月の爆竹とか、『福』を逆さにしたのとか、
    初めて飲んだ本格的なジャスミンティーとか、
    思い出されます。。。
    ・・・ってこれくらいで、後は何も分からんですが (^-^;)
    とにかく平和になってほしいです。。。
    って・・・まず、私ぁ自分の心を平和にしないとですね☆
    今日はちょっとイラッと来る状況がありましたが・・・、
    でも、以前よりは 怒りゲージは溜まりにくくなってる気がします。
    進歩という事で 自分をほめておこう・・・。。。

    返信削除
    返信
    1. テレパシーを翻訳、ってタイプのコミュニケーションだけではないようですねどうやら、経験上。そら神様級なんてのは両方できるのでしょうけれども、きっとなんらかの意味があってやってたり、あとは次元によって違う部分もあるのかなーと想像してますが「思考」じゃなく「音」なこともあるし(これはびっくりするからやめてねですが)言語もじぇいど♪母国語の日本語じゃなくて英語だったり仏語だったりなこともありましたし。
      中国の習慣、色々ありますねー チャイニーズの友だち何人もいたし、学校にチャイニーズニューイヤーを祝う習慣があったので(PTAに中国系の人が多かったので)よくお祝いにはこうするんだよ、ってのを子供も教わってきてました。

      進歩、よかったですね^^ 

      削除
  8. みかです。
    先日は、知ったかぶったようなことを書いちゃって、失礼しました。

    関帝廟、確か10年以上前だったと思うのだけど、火事で焼けちゃって、その後、しばらくしてから中華街の皆さんの浄罪を集めて、建て直されたのですよね。
    で、昔の関帝廟は、小さくて、お金なんか払わなくても、誰でも中を覗けたんですけど。
    今のは、お線香とか買わないと、お参りできないんですか〜。知りませんでした。

    それはともかく。
    三国志、私もよく知らないのですけど。(なぜか漢字の人名が苦手で読む気がしないのです。カタカナの名前だったら、読めるのに。なんででしょうかね。)

    ただ、宗教としての道教と、タオイズムと呼ばれる老荘思想(特に老子)とが、まったく別もののようで、そのことに、以前、とっても戸惑ったことがあるんですよね。
    老子の思想については、スピ系とか心理療法系の世界では、すごくポピュラーだから、本もいろいろ出ているわけですが。

    道教って、もっと、なんというか、神様なのか妖怪なのかわからないキャラがたくさんいて、神様によっては、巨大な豚の丸焼きをお供えしなくちゃいけなかったり、台湾なんかの道教のお祭りではトランスに入っちゃって自分の体中にクシをさしたりする人たちが出てきちゃったり、土俗的な要素と混じり合ってて呪術的な要素がいろいろあって、まか不思議な宗教だなあ、っていう印象があります。

    で、確か、お葬式では、亡くなった方があの世(といってもこの世に近い幽界なんだと思いますが)の生活で不自由しないように、家財道具一式を紙で作ったものを燃やして、届けるんですよね、確か。
    その紙のミニチュア一式も、昨今ではキャデラックやらパソコンやら、女性だとブランド品やら、豪華なものが詰まったセットが売られていて(台湾の場合ですけど)、けっこうなお値段がするのだということを、テレビのドキュメンタリーで見たことがあります。
    亡くなった方の供養のためだからと、このためにかなりのお金を使う人もいるようです。

    あと、横浜の中華街に話を戻すと、旧正月には獅子舞がおこなわれて、各飲食店を祝福してまわるんですけど、大陸系の人がやってるお店には大陸系の人たちの獅子舞が、台湾系の人がやっているお店には台湾系の人たちの獅子舞が来るんだ、と聞いたことがあります。
    聞いただけなんで、本当にそうなのかどうか、知らないのですけどね。

    そういえば、中華料理のお店で、お店の中に、道教の神棚みたいなのが設置してあるお店、ありますよね。

    お隣の国のことなのだから、もっと知らなきゃ、ですよね。

    返信削除
    返信
    1. あーあれは近年建て直したのですね
      それでは拝観料とっても無理ないですねえ
      道教の話、供養の話、とても興味深いです

      削除
  9. フォーレル29/9/12 2:09 午前

    中華街好きです。でもちょっぴり強引なかんじの「中国」は苦手。なんでかなと思ってたら、過去生で何かあったらしいです。でも、日本だとかその土地だとかからちょっとずれた斜めのスタンスにいる私。知りもしないのに避けたり嫌ったり、現実の目の前にいる人前にして、できないです。
    学生のころ、ベトナムでたくさん中国のお寺行きました。あの祭壇の後ろぬけるとまたつぎのの祭壇がある、みたいな入れ子細工みたいなつくり、不思議です。仏教徒もまた違うんですよね。

    返信削除
    返信
    1. そうですね目の前にいる人、今現在の関係や
      感情と過去(歴史のほうね)をごっちゃにしないで
      きちんと理解して融和したいものです
      入れ子細工みたいなつくりのお寺ってのが
      あるのですか 一口に中国のお寺っていっても
      いろいろあるんですね、私もそういえばLAに
      あったでかい中国の寺はなんだろう
      ってあらためて調べたら道教じゃなくて
      禅寺でした。

      削除
  10. 今を遡ること30数年… 
    たまたま見に行った映画が二本立てで、ジャッキーチェンの「酔拳」やってたのにハマりました。

    ちょっぴし裕福だった我が家にはベータ方式のビデオがありましたが、世にはレンタルビデオなぞなかった時代。 何とかテレビでやってくれないかと呪い(まじない)までやったら(驚いたことに叶った(ように思えた))、突然ジャッキーチェン特集が始まって、嬉々として録画に次ぐ録画。

    厨房ながらNHKの中国語講座まで始めたほどはまったのに、今回の騒動では怒りを抑えることが出来ずにいました。 中国嫌いを公言するまでに至ってたんですが

    結局は中国政府の煽りで無知蒙昧な人が利用されただけだったし… やっぱり敵視はいいことではありませんね… 「中国人を見たら思い切り親切にしよう、そうすれば『お前日本でひどい目に遭ったんじゃね?』『いや、めっちゃやさしくされただけ』で、国威発揚」というついーともありましたし。

    政府の対応はヘタレでしかないと思ってましたが(内部の密通者の無策というのもかなり本当だとは思いますが)、ここまで収まってから見るとやっぱり手を出さないでよかった…と思います。

    本当に… 日本人って高潔。 他を貶めるつもりは毛頭ありませんが、やっぱり日本人でよかった、と思います。

    返信削除
    返信
    1. ベータ方式 笑! たしかに裕福さの象徴だった
      時期がありましたよね!テレビにまじないwww

      うん、一般市民は煽られないようにしたいですよね
      いいかもその草の根運動^^

      削除
  11. この前。うちに来る訪販の人が、若い子を連れて来まして。
    「中国からの研修生です」って。
    そーですか(^-^)ニッコリ って対応しましたが。
    「尖閣諸島はどこの領土と思う?」って・・聞きたかった。
    でも一生懸命さが伝わってくるし。
    でもこの年代は確実に反日教育受けてるし。でもなのに何で日本に来たん?とも聞きたいし。もうグルグルして。
    「あなたは他の国やったら確実に暴力受けてるよ」ってホントに思いました。
    日本人って不思議。変?いーーや 不思議。
    日本人で良かったと思います。
    すいません 変なこと書き込んでしまって。
    ホントはスルーするつもりやったんですが←変なスイッチが入ってしまいました。

    返信削除
    返信
    1. 日本でも一件だけちいさなニュースありましたが
      それだけでしたね めもさん紹介してたツィッターの
      話にもありましたが、そういう留学生、研修生は
      きっとナーバスになってるでしょうからできるだけ
      やさしくしてあげたいですもんね。
      日本人はほんと穏やかでよかった^^

      削除
  12. 今回の中国の騒ぎは確かに唖然としましたが。
    「まーたやってるよー。いい加減自分の首を絞めるだけなのに」
    とわりと覚めた目で見ています。
    チベットやウイグル問題でこれだけ世界中から叩かれてるのに、
    まだ懲りないのならいずれ自滅するな、と。

    それはさておいて。
    じぇいど♪さんも三国志知らなかったのか、とほっとした自分w
    物語好き活字中毒ですが、中国方面は興味なくてまったく無知なんす。
    これだけ有名なのに全然知らないってどうよ?
    みたいに言われたことあったので(--;

    なんですが、最近「孔明のヨメ」という漫画が好きで
    単行本買おうかなーと思ってたところでした。
    タイトルどおり、諸葛孔明の奥方、月英さんが主人公。
    そもそも孔明さんが結婚してたことも知らんかったのですがw
    軍師として世に出る前の話なので、
    不器用カップルのほのぼのした物語として気楽に読めます。
    今回は、これから仲間と出会って飛躍するのか?と思わせるラストでした。

    返信削除
    返信
    1. おや凛々さんもあまり知らなかったですか
      まずはそういう軽めのものから・・・・
      って聖書よまなきゃだけど敷居たかいから
      まずは聖お兄さんでも読めば?ってな
      話でしょうか・・ま。いいやねw

      削除
  13. 月餅我が家も食べました。どの国も月を見て想いを馳せたんですね。

    昔は、月餅に大切な文を入れて通信したとか。スパイ工作?ラブレター?うーん。想像するのも楽しいです。

    息子が受験で一緒に勉強してますが、歴史を学ぶたびに力とは?誠実さとは?正義とは?と考えさせられます。強い日本掲げた自民党
    。しっかりこれから見つめていきたいと思います!

    返信削除