2012年12月23日日曜日

12月25日って何を祝っていたのかねと調べたら。

天使画民絵屋のたみえさんとの
しばらく前のなにげないやりとり。

たみえ「久々にるーさんとタミエルがビジョンを送ってきましたことよ。・・・大笑いしながらクリスマスの準備してるよ。△の帽子かぶってるよ!」

じぇいど♪「笑笑笑 あいかわらず暢気だなwww」

たみ「あのレイヤーの彼らはほんと
    ゆるゆる愉快でいいよねー。」

じぇ「つか彼らにとってのクリスマスってなんなんだろう」

たみ「冬至のお祝い?そもそも冬至の祭りを取り入れたんだもんね。キリスト教も。イエスの誕生日が不明だったから、ミトラ教かなんかの冬至の祭りを取り込んだようなもんだったハズ。」

じぇいど♪、最後の一文には、へーと思っただけで。別になんも意味はないさ、ただ彼らは遊んでるだけ、祭りならなんでもOKな人たちだからねー、っておもってスルーしてました。

が。

ちょうど冬至の21日、他の調べものしてて(そう、全然他のテーマの記事を書こうとしてPCに向かったはずだったんだよ)ふとまた12月25日はミトラ教の・・・という一文を目にしてあれ?と思い出し色々調べてみるとたしかにそのようで。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/cave.html
 ミトラ教信者は、正しく礼拝するためには、洞穴がなくてはならないものと考えたので、もし神殿の境内に自然の洞穴がない場合は、人工的に掘った。バチカン宮殿にある洞穴は西暦376年まではミトラ教のものであった。その年、ローマの司令官はキリストの好敵手であった救世主ミトラの祭儀を弾圧して、その神殿を占拠してキリストの名を付した。それはその異教の神ミトラの生誕の日である12月25日のことであった[11]

あらほんとに。

で、もっと調べてみた。

http://www.geocities.co.jp/StylishMonotone/6344/koyomi/12gatu.htm
12月25日とは、キリスト教に改宗する前のローマ皇帝が信仰していた「ミトラ教」の"不滅の太陽神ミトラ"の誕生祭が行われていた日でした。12月25日頃には太陽の力が一年の内で最も弱くなる「冬至」がきます。冬至を境に太陽が復活し、世界が再生されるという事を祝うのがミトラ神の誕生祭でした。
当時ローマではこのミトラ神の誕生祭は盛大に行われ、
また12月17日から24日まで「サトゥルナリア」と呼ばれる人々が無礼講で飲み食いをし、享楽にふける事が許される冬至のお祭りも行われていました。
キリスト教は民衆の間に深く浸透していたミトラ神の誕生日を取り込むことで、ミトラ神を結果的に追放し、人々をキリスト教化してゆこうとする狙いで、12月25日をキリストの誕生日と定めたのです。


ええと・・・17日?

あわててたみえさんとの上記のやりとりの日付を確認すると・・・まさに17日だよ 笑



そんで、「サトゥルナリア」なんて聞いたことない言葉だなあ、と調べてみるとちゃんと説明がみつかりました。
http://www.pleasuremind.jp/COLUMN/COLUM004.html

そういえばあの2人・・・いや「わたしたちには」と言うべきなんでしょうけれども、たぶん、そのサトゥルナリア祭が行われていたと思われる古代ローマの時代に共通過去生があると思われるなってのを話したばかり。それもわりと最近っちゃー最近のことですよ!

昔ブログに探索のさわりを書いた、ガリア人でローマ帝国の奴隷にされて悲惨な最期を遂げた男性の過去生。良いこともたくさんあった人生だったけど、たぶん今生で取り組むべきだった過去生トラウマ3本指に入る人。

しかもその共通過去生、最初に出あったときのビジョンってのはなんかのパーティーの席で、給仕の子供と酒宴の客という関係。普段は客には相手にしてもらえないただの給仕の子供を、ちゃんと人扱いして話しかけてくれ、知的な世界を開いてくれた人。その小さな出来事が後の人生をポジティブな方向に大きく変えたんですけどね。主従関係すら逆転することが許されるという無礼講のサトゥルナリア祭だったからこその出来事だったのかもしれない。

ふーん、そっか、あの2人はクリスマスの準備をしてたんじゃなくて、
サトゥルナリア祭をやってたのか、と納得。

・・・だけど、そのことにいったいなんの意味が。



あと「鍵」となりそうなのは・・・△の帽子かね。まさかね。ただの100均で売ってるようなパーティーハット、でしょ?じゃあ三角マークがなんかミトラ教のシンボルだったり?まさかね 笑?と思いながら検索窓に、ミトラ教、三角、って入れたら・・・

あああああ!ミトラ教は三角帽子の集団なんだってさwww!!!ちゃんと綺麗につながってるサインだったのねww
なんかいっぱいページでてきたからリンクは省略。

その中に、その三角帽子ってのはフリジア帽、と言うんだ。
ってあったんで、リンクを踏みましたのがこのページ
フリジア帽
フリジア帽は赤い三角帽である。この帽子は元来フリギア(フリジア)に起源するとされているが、古代ローマにおいては、自由身分の解放された奴隷が被るものとして考案された。この起源からフリジア帽は隷従から自由への解放の象徴とされ』


↑この太字部分、じぇいど♪がつけたんじゃないですよ!もともとそうなってたんですよ!はい!もうあの2人が送ってきたメッセージ、わかった!



その奴隷だった過去生の人、ね、最初の主人には大事にされ当時にしたら恵まれた境遇だったんですが・・・主人が何人も代わったりして、まあかなり悲惨な扱いをされた時期もありました。

で、最後の主人だったすごく世話になったローマ人の好意・・・なんて軽がるしい話じゃないんだけどね、ま、そこは今回ははしょって。

その人のおかげでまさにその「自由身分の解放された奴隷」って立場に一度はなったんですよ、うん。しかもね、さらに出世して、あと少しでローマ市民権が得られるところだった。・・・が。同じガリア人に集団でなぶり殺しにされちゃったんだな、ある複雑な事情で、ローマ人にもなれず、ガリア人にもなれず。

そしてその人から延々つながってじぇいど♪自身にその過去生の影響で残っちゃってた「悪癖」「トラウマ」「気質」が、もうほんとに色々あったんですが。

問題は「悪癖」ね。まさかと思うんだよね、自分でも、普通に民主主義の自由な国で生まれ育って、けっこう、いや、かなりオレさま性格なんだし。しかし、理性だの表層意識だのの影響がない、素のエネルギーに近い状態になって様々な形での「確認テスト」をさせられるとですね。

隷従、が形を変えた → 過剰な犠牲心、過剰な自分のエリアの明け渡し、過剰に開きっぱなしのゲート、つまり「無防備」
って問題があったんですね。

これはほんとに、いろんな意味でまずかった。じぇいど♪自身にとってもそうですけれども、あの人生もこの人生も、という感じでその傷が広がっていたのが理解できました。

その根本原因の体験、ってのがですよ。その過去生の人の「たった数時間の子供のときの、たいして暴力的ですらなかった虐待の末に相手に精神的に完全屈服させられた、という体験」ってもんから作られていた。ってのが今のところの自分の理解なんですけどもね。

21日に日付がかわったばかりのときにもね、また「テスト」があったのですね。でもそのとき「あれ?自分はもしかしたらそこから抜け出すことができたのかもしれない」って驚いたのですよ。そこへきてこの、この一連の「メッセージの理解へ導くあれこれ。」



そう言えばね、ちょっと話ずれるけれど、結局2012年12月21・22ってのは、エネルギー的にはなんもなかったというわけでもないらしく。

ちゅまの認識では太陽のエネルギーがすごくあがって、地表20cm地下20cmくらいのグリッドが一度ひっくり返って、またもとにもどって地面の下のネガが浄化されて空気中に放出されるという現象をわざと起こした、という作業があったそうな。

ということで、外の空気・・・いやよーするに「気」はしばらくはあまりよい状態ではなかったらしく。外に走りにいったおとーさんはチャクラが詰まってしまったり。ちゅまは古傷が痛んだり。じぇいど♪もそういえばミカエルに「今日は無駄に表をうろうろするな」と言われたり、外出したはずがあっと言う間にもどらざるを得なくなったりしてました。



で、ま、非常に個人的な話でしかないんですけどもね。じぇいど♪的には・・・や、たぶんもっとでかい、じぇいど♪が属している魂全体にとっては、ちゃんとこの2012年12月21・22って機会を捉えて「大きな一歩」があったんだな、と。

人の精神は何者にも支配されてはならない自由なものであるべきだし、誰かの精神を支配するような行為は決してしてはならない。そして自分はもう過去の「あの傷」から解放されたのだ。

ということをあらためてしみじみ実感しながら通過した
「記念すべき大きなゲート」でした(^-^)

・・・・てな話をたみえさんに見せながら確認してみたらば。2人の三角帽子はやっぱり「赤に銀色の水玉の柄の100均のっぽいやつ」だったようですけどね・・・笑



それでもクリスマスは祝うぜw↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ




11 件のコメント:

  1. おんぽたんぽ23/12/12 7:56 午前

    うわー!! 面白いお話☆☆☆

    それにしても、じぇいど♪さん世界史お詳しいですね。。。
    (たみえさんも!)

    私は、かつおの刺身が原因だったのか、12/10から
    ノロにやられて、やっと下痢が(朝からごめんなさい)
    治まったのが、12/21でした。

    日本で言えば、今回の選挙とアセンションとのギャップに
    驚き、でもこのギャップがあるからこそのアセンション
    だったのかな。。。とか、思いましたが

    そっか、ちゅまちゃんから観たら、地表20cm
    地下20cmくらいのグリッドが一度ひっくり返って、
    またもとにもどって、と言う作業があったのですね。

    まだ外に出ていなかったから分からないけれど
    今回の浄化で、色んな不必要なものが流れていって
    また少し新たな気持ちで、これからの日々を過ごせると
    いいなぁと思ってます。

    じぇいど♪さん、貴重な記事をシェアして下って
    いつもありがとう☆

    追記:青い月さんのNani Mierry Christmas
    よく考えられたなぁと思います♪

    返信削除
  2. おはようございます。
    大変勉強になりました。

    その彼の思いが解放されて本当に良かったですね。

    何か言葉で書くと軽くなってしまい、上手く言えないけど、トラウマという魂に染み込んだもの、その解放がこの星の配列で起きる、本当に良かったと思いです。

    このあいだのブログの壮大な新世界の意味はこれですか、すんごい計画でしたね。
    トラウマ解放されると、今見えているのが意味が違って見えます。

    返信削除
  3. ミトラ教という宗教があったこと自体はじめて知りました!
    はー、キリストの誕生日については諸説入り乱れてしっちゃかめっちゃかになってる事しか知らなかったんですが、なるほど、こういう事情があったんですね…

    過去生の彼は、ほんとに苦しい傷を持ってらしたんですね。
    自分が推し量れる範囲なんて微々たるものですが、解放されたこと嬉しく思います。

    そして地面の下のネガ放出、どうやら私もしっかりばっちり引っかかっていたようです^^;
    22日は出かけたんですが、朝から「外やだ外出たくない~」という気持ちが強くて、自分自身をなだめすかすのに一苦労でした。
    出たら出たで身体は重いし気分は悪いしチャクラは上から下まで痛むしと散々で。
    ミカエルに訊く余裕も持てなかったので始終「なんだこれ」状態でしたが、ようやく腑に落ちました…ちゅまさん情報ありがとうございます!

    返信削除
  4. やはりなにかはあったんですか。そうですか。まったくいろいろ言っていた人たちはうそをいっていたわけではないということなんですね。私にはというより大多数の人はわからなかったんでしょうけど。不思議世界一度見てみたいものです。
    今月身近な人が亡くなったら、その孫の一人(小4)が仏壇でてをふるおじいちゃんの姿を見たそうで身近にも不思議さんがいることが判明しましたよ。

    返信削除
  5. じぇいどさんのブログにはいつも不思議なシンクロがあります。21日はいつもと違う雨(出かけるときだけ不思議にさっとはれましたが、帰宅後はまた嫌な雨。)今日22日はハリケーンサンディ後の嫌な空模様&嵐でした。ちゅまさんが言われたグリッドのお話。なんとなく納得です。(天使の梯子のお話で、ウチは1週間の停電騒ぎで書き込みできなかったのですが、あのときはシュリカンさんの上司様は始めたくさんの龍さんドラゴンさんがハリケーンサンディのためにny辺りに出張に来てくださってたのではないでしょうか?)
    そして精神の支配と自由。私がつい最近、アセンション直前に私は自分の親に支配され、それがいやでもがいてもがいて抜け出たと思ったら今度は自分の義理親にも少し形を変えて支配されていたのかも。と、気づき。改めて、精神的に屈服させられ、支配されるいわれはない。私の心は私のもの。と、自分に宣言することができました。テストがあったとは思っていなかったのですが、テストという符号で考えてみたら、あれはそうだったのかも。と思い当たることが。まとまりませんが、いつも貴重なブログを公開してくださって、ありがとうございます。

    返信削除
  6. ps
    このコメントを記入したのはこちら現地時間の2時22分でした。

    返信削除
  7. ユング深層心理学の本の中でユングの患者が
    「太陽にはしっぽがある」と言うくだりがあって、
    「患者がヘレニズム時代の儀礼、
    ミトラ文書を知っていたというのか」と
    驚くシーンがあって、
    ミトラって何だろうと思っていたら、
    じぇいど♪さんの今日の日記に詳しく書かれていてw
    うれしいですw

    21日22日は、睡眠不足でもないのに
    眠くて眠くて仕方がなかったのですが
    そういった理由があったのですか、、。
    (そういえば家族もコタツでうたたねしてましたねw)

    返信削除
  8. 弥勒菩薩つながりで、ミトラ教ぐぐっとりました〜三角ぼーし(笑)しかも100均wって。時の為政者の都合で押し込められ、忘れ去られてきた古い神々の解放は、これから進んでいくのでしょうか。
    グリッドぐりん、ですか〜!!(◎_◎;)お祭りは楽しんでおこうかなあ、と思っていましたが、お天気悪かったですし、めでたい日らしいのに閉じこもっているわ私〜と罪悪感?あったのですが、そーですかー。いや、自分の感覚、もっと信用していいのですね。

    返信削除
  9. いっぱい書いたのに消えちゃった(TдT)
    従って内容も忘れました。
    覚えてるトコ・・12月25日はキリストの復活のお祝いだと思ってました。
    合ってるのかも不明ですが。

    返信削除
  10. ちゅまちゃんのグリッドの話、大納得でした!!(ΦωΦ)!
    仕事でもなんかいらっぱちのお客さんが多いし、滅多にならない火災警報器が
    おんおん鳴るし、単純に空気があんまりいい感じしないし。
    何なんだろう?と思ってたので、読んでスッキリ★
    メインのお話とは直接関係ない部分に反応してしまったけどww
    じぇいど♪さん、ありがとうございます!

    返信削除
  11. あら、ブログからこちらにリンクを張らせて頂こうと思って再度確認しにきてみたら、
    すごく詳細な記事になっていてびっくり!

    21日前後、自分を含め、友人に腰痛を感じている人がたくさんいました。
    何か、見えない力がはたらいているんだなぁ、となんとなく体感していたところだったので、
    とても腑に落ちる内容でした。いつもありがとうございます。

    というわけでリンクさせていただきます。宜しくお願いします。

    返信削除