2012年12月30日日曜日

捨てられないカレンダーには愛がつまりすぎてるのだ

断捨離の話だのモノへの執着はないだの偉そうにしてたのに、終ったカレンダーすら捨てられないのかぃ、じぇいど♪さんちは。って話でしょうが、ちょっと聞いてくださいな。

我が家の廊下に、2011年のカレンダーが下がっています。2012年中ずっとそこにありました。そしてもうすぐ年が明けるわけですが・・・たぶんまた当分そこから動くことはないでしょう。いったいなにやってんでしょうかね 笑

同じ作者のカレンダーの2012年のものは、目立つリビングとキッチンの間の壁にでかでかと貼られていて1年間じぇいど♪家を見守ってくれました。そして2013年のものが届きました。同じ大きさ、同じテイスト。すでに定位置となったそこにまったく違和感なく、元旦にかけられる予定です。

どれももう3回目になる、フィレ・ポーユさんからの贈り物。それは、フィレポーユさんのお父さま中川さくたろう氏の経営する原宿の「ことばのお店」という・・・お店?工房?広告コピー&デザインの制作会社?カード&絵本&カレンダーやさん?なんだか一言では表しがたい「お店」の作品で、ミサワホームの偉人筆跡カレンダーという、長年続いているシリーズのものなのですが。

なーんだ、企業が年末にくれるアレね、ってあなどってはいけません。実物見てみればそのすごさはわかります。カレンダーとしてあちこちで賞を取りまくってるのもわかるなあ、って感じさせる逸品。元々はお客様向けの販促ツールなんでしょうけれども一般向けにも丸善とかハンズで販売されているようです。

・・・ってだけでは延々保存しないよね。

あのね、そのカレンダー。過去の偉人の筆跡を、手紙や遺稿などから拾ってカレンダーの文字にした、というもの。2008年までは20年ほど、1年の12ヶ月が別々の偉人で1ページずつ構成されていたのですが、その後は1年分が1人の偉人。過去は夏目漱石、宮沢賢治・・・。

2012年はももちゃんが大好きなゴッホでした。。ももちゃん、以前ブログでも紹介したことがあった「ライトワーカー?」な不思議な担任の先生が「ゴッホはあたしの恋人」と呼ぶまでに入れ込んでて、任期中にフランスまで軌跡をたどりに行った話を子供たちにしたり、カリキュラムそのものにも取り入れて、大統領からホワイトハウスで表彰までされていたためにそりゃーもちろん「刷り込まれた」部分はあるんだけれども。

でも今は自分の好みとなってるんだろうな。こないだも美術の宿題で、印象派の画家を2人比べましょうって課題を、セザンヌとゴッホにしてて。セザンヌをこき下ろしてもう一方的にゴッホをべたぼめ^^;。セザンヌは実際にそこにあるもののデフォルメを描いてるのに対し、ゴッホの絵は風景であっても線といい色といい彼の内側にしかない世界なんだって説を力説してました^^

2013年はパウル・クレー。すでにすごい賞を受賞したようです。じぇいど♪、クレーって、ああ、じぇいど♪好きなカンディンスキーの友達で、ユーモラスな絵の人ね。ってくらいの印象しかなく。ちゅまだかももちゃんが小学校で名画の模写をさせられてたときに「セネシオ」をやらされてたな、と。しかし今ちょろっと調べてみると晩年には天使の絵をたくさん書いていた、と。霊界天界とも繋がってた人なんでしょうかね。こりゃ1年かけてどんな人なのかじっくり知るのが楽しみ。



一緒に、子供たちに、ととっても素敵な絵本をいただきましてね。これも中川さくたろう氏の作品。

「うまれる」という本。きっと妊娠がわかったばかりの人にプレゼントするといいだろうなあ、って感じの、おなかの中にいる赤ちゃんの話なんですけどもね。胎教って効くしおなかの赤ちゃんはものすごく外界のこともお母さんの気持ちや言葉も通じていると信じておなかに語りかけながら育てたじぇいど♪にとってはすごくなつかしい内容の本。絵もとってもかわいいの・・・あらこの本、絵の江口あさ子さんの直筆画が裏表紙に描いてある。これはスペシャルなものをありがとうございます♪



それでね。「永久保存版」になっちゃいそうな2011年の偉人は誰なのかっちゅうと・・・・レオナルド・ダヴィンチなんだ。や。これ以上の説明はいいよね。え?それじゃわからん?わかんない人はもう、わかんなくていーのだ。ちゅまとじぇいど♪が親子してものすごいダビンチファンなんだとでも思っててくださいwww

ちゅまにとっても、じぇいど♪にとっても、特別深い思い入れがありすぎで、とてもじゃないけどカレンダーとしての役目が終ったからって処分する気になんてならない。しかも彼の「手書き文字」だよ!そして2011年ってのがまた元旦にLAを離れて日本に越して来て始まった年で、色々、ほんとに色々あった年だっただけに、ますますその思いは深くて。

なんかほんと、詳細語ると完全にイタイ人になっちゃうからね(いやもうさんざん前のブログでも語っちゃったけどさw)こんくらいに留めておきますけれども。こんな見ず知らずのアブないことばかり書いてる、いちマイナー一般人ブロガーに言われてもしょーがないでしょうけれども。このカレンダーがどのくらいじぇいど♪家にとって大事なものになってるのか、ってことを何かの機会にフィレ・ポーユさんと作者の中川さくたろうさんにはブログ上でお伝えできたらなあと思っていたので。

ほんとにこころからありがとう

なのです♪

追記 :: 廊下のそのカレンダーの写真撮ろうとして気づいたけどさ。その上に写ってるピカソのキャンバスプリントはじぇいど♪がばんぶるくらいんときにルーブルの土産やで買ってもらったもんだよな・・・どんだけモノもちいいんだょ・・・ってかもう断捨離を語る資格は全くないわな^^;



ぽちっとしていただければ
感謝感激あめあられ。↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

6 件のコメント:

  1. 師匠はそのカレンダーを見てどういう反応をしたのか、ちょっと興味あります(*^^*)

    返信削除
  2. 大分捨てましたので、逆に自分の体験が不必要だったのかなと振り返ってます。

    断捨できないのは大切なもので、素敵な体験ができたことで良いことたなあと思います。

    返信削除
  3. 今年は容赦ない断捨離の年だったので
    45リットル入るゴミ袋を一体何十袋捨てた事かw
    7月から10月まで3か月間が特に壮絶でしたw
    多分自分の中の価値観がぐるんと
    ひっくり返ったんでしょうねw
    今は本当に自分がワクワクするものだけに囲まれて、
    みんながくつろげる素敵な空間もできましたw

    じぇいど♪さんの書いておられたように
    素敵な画家さんのカレンダーは
    やっぱり捨てられないですw

    TOP絵のみかんの皮の芸術品、
    わかるわぁwww

    返信削除
  4. キラキラみーこ31/12/12 12:59 午前

    なぜ処分されないのかが気になりましたが、そりゃ捨てられないですよね
    完全に永久保存版ですな
    直筆のサイン入りなんていいですね~
    それに直筆、かっこいいわぁ 達筆だし
    私もカレンダーを見た時の彼の反応に興味あります

    返信削除
  5. みかです。

    ふと思いました。
    そういえば、このあいだ、ちゅまさん、マッキーの歌の一つがお好きだ、って書いておられたけど、レオ師匠も(あの時代においては)ゲイの方だったな〜、って。
    ルネサンスの工房って、そういう人が多かったみたいですね。
    (そういうカルチャー?)
    レオ師匠の(当時の)工房での師匠や弟子もそうだったみたいだし。
    そういやミケランジェロもそうだし。(って、あ、この名前にはミカエルと天使とが入ってる…。)
    性別なんて、この肉体に住まうための仮のものかも、だけど。

    それはそうと。
    クレー、天使の絵をたくさん描くようになったのは、たしか、晩年に難病になって、体が不自由になってきてからだったと思います。
    (今調べたら、やっぱりそのようでした。背もたれのあるイスに座って、画用紙をたびたび床に落としながら、思うように動かない体で描いたようです。)
    いろんな思いがあって、そして、もしかしたら、何かを実際に感じながら、描いたのかな〜。

    返信削除
  6. あすケット31/12/12 6:56 午後

    わ~。そのカレンダー、
    今からでも欲しくなっちゃいますね☆
    めっちゃかっちょえぇ☆

    どこの国だったか忘れたんですが、
    どこの家庭にも何年も使うカレンダーがあるらしく、
    万年カレンダーとかではなくて、
    知人や家族・親戚の誕生日や記念日を書いたカレンダー
    なのだそうで、それは何年も書き込みながら使うそうで。
    私もこのカレンダーも欲しいなーと思ってるんですけどね。
    今の時代、探せばネット通販とかされてそうですけどもw
    ダヴィンチ先生のと合わせて欲しい気がします。
    そういえば、先日、知人が沖縄出身だとかで、
    沖縄では沖縄の行事が書かれた旧暦のカレンダーが
    使われているそうですね。
    あと、各家庭に、苗字とは別に、家紋ならぬ「神様の名前」
    が付いているとかで、それにもとても興味が湧きました。
    ついその人に 「そのカレンダー欲しいです」
    って言って本当に買ってきてもらう事になったんですが、
    なにみえのこの記事を見て、私にとって2013年は、
    いろんなカレンダーを見る年なのか?って思ってしまいましたw
    断捨離と言っても、特別な意味のあるアイテムは
    それでいいんじゃないでしょうかね☆
    悪い執着があるなら捨てる必要もあるんでしょうけど、
    ポジティブな執着(?)ならw

    返信削除