2012年12月7日金曜日

長谷寺 弁天窟と巳年に向けての蛇神さんなのか?な宇賀神

前回長谷寺の紅葉イベントの話しましたけれどもね。長谷寺についてもう少し。長谷寺の端っこに弁天窟ってのがありまして。そこがおもしろかったのでご紹介。

その昔弘法大師がこの洞窟にお篭りして弁天像を彫られたと。その大師作の弁天様は洞窟手前にある弁天堂で祀られていて。弁天堂は今は写経場になってて時間外で入れなかったんですが、ガラス越しにカラフルで大きな弁天像が見えました。これは前立ってことなのかな?どこ探しても説明がないんでよくわかんないんですけれども、この像はカラフルで新しそうです。たぶん大師作の像は大事に仕舞われてるのでしょう。

で、その洞窟なんですけれどもね。入り口は地味なのに奥がけっこう広い。入ってすぐに宇賀神という神様が祀られてまして。鎮座している像はとぐろを巻いたへび。おとーさん、見るなり「×××××~?」と、ぴーを入れさせていただきますたわごとを言いましたんで、たしなめるとこんどは、誰?なんの神様?って質問・・・いや宇賀神さんて何者?って聞かれるとねえ?じぇいど♪もなんど何読んでもさっぱりわからなくてね?ウィキでもこんな説明だしね?

中世以降信仰されてて出自不明。人頭蛇身で頭部は女性だったり翁だったり。蛇神・龍神の化身だとされたり。後に弁財天と習合あるいは合体、なので宇賀弁財天と一体化して呼ばれることも多く、宇賀神は弁天様の化身と説明する神社もあるし弁天様のお使いの蛇だと説明する神社もあるしその土地の神様、古来からの稲荷神だとの説明もあるし・・・ってほんとよくわかんないし!でもそのために弁天様の仏像の頭に翁姿で乗ってることもあるってことらしいんですが。

なのでしょーがなくぼそっと全部の説明はぶいて「宇賀さん」って答えましたら・・・「宇賀さん宇賀さん、こんにちはっ!」とおとーさん、元気よくご挨拶。声に出して 笑 激混みでまわりは人いっぱいなんだっつぅの。でもおとーさんだからね、ぜんぜん気にしないw

で、じぇいど♪もご挨拶しましたら・・・ええと、じぇいど♪には辛辣ジョーク好きのじーさま、に思えました。っつぅか、軽くからかわれて、カカカカって明るく笑われました^^; 何からかわれたかって?それはハズカシイからナイショだっw

しかしね、改めてこの記事書いてる今考えてみるとだ。2013年って巳年。この記事で書いたようになぜかスサノオさんに「白い蛇さん行くからね」とか謎のことを言われて謎のまま。宇賀さんって初めてまともにご挨拶したけど、弁天様と一緒ではないじゃん。蛇神さまなのかはわからんけど、じーさんじゃん。そしてなんかつながりやすい?

んで、宇賀神の説明を色々検索してて見つけたのですが。頼朝さんが巳年の巳の月巳の日に翁姿の宇賀神の霊夢を見て建てたのが鎌倉駅の北口の山にあるあの有名な銭洗い弁天で・・・そういや去年のお誕生日に行ったなあ・・・で、あれはほんとは銭洗い弁天なんて名前じゃなくて宇賀弁財天だと。へえそうなの?

なんだかよくわかんないですけどね。とりあえず、宇賀さんって神さまを改めて意識したら一応ご挨拶はできたみたいだな、と。
意識するように促されたのはやっぱり巳年迎えるからなんでしょかね。


つづく




応援大感謝。↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 

6 件のコメント:

  1. 辛辣ジョークのじーさまとのトーク内容を聞いてみたい。
    会いたくはないですが。

    返信削除
    返信
    1. ばりばり見える人にとって
      身体蛇、頭人間のじーさまで
      出てこられたらびびりそうですね・・・
      いやもうくだらない話ですが
      ナイショですw

      削除
  2. あら…、実はうちから駅までの間に、宇賀稲荷?とかいうところがあり、ずっと気になっていたところなんです。
    そして、銭洗い弁天様にも行きたいなあと思っていたところ…。
    ちょっと行ってみます^^

    返信削除
  3. 宇賀神さんに関して
    「密教僧 秋月慈童の秘儀 霊験修法曼荼羅 1 永久保貴一著」の中でも
    書かれており、気になる神様だなと思いつつ、
    詳しくは知らないまま疑問は残ったままでしたw

    そしたらじぇいど♪さんの日記で書かれていてw
    実にタイムリーな記事に感心していますw

    いつもグッドタイミングな日記に感謝!
    ありがとうございます!

    返信削除
    返信
    1. うわ難そうなタイトルの
      ぶあつい日本系スピ本?って思ったら
      漫画なのですね
      宇賀さんに限らず蛇神信仰というのは
      出雲大社にも龍神信仰として形を
      かえてあるようですし
      奥の深い世界なんでしょうね

      削除