2013年1月23日水曜日

こそこそっとしておく話その2

ってことでこないだのお守りがどーのの話につづき、こんどはお札がどーの、の話ですが、あくまでもじぇいど♪家流ちゅうか、ちゅまの私見ちゅうもんに過ぎない話なのでこそこそシリーズ(シリーズ化するのかよとセルフつっこむwww)で。

神棚のお札をね、新年に変えるわけじゃないですか。そのあたりのもーちっと一般的な話にからめた、やっぱ取り替えたほうがいいのはなぜってことは2012年の年末年始だったかに書いたと思うんですけれども。

 で、現代の神道のじょーしきから言うと、真ん中に神宮大麻、つまり、アマテラスさんのお札、ってことになってますわね?でね?どうせアマテラスさんのお札いただくんだったら、氏神様んところでいただくんじゃなくてさあ、アマテラスさんをお祀りしてるおっきな神社、まあ伊勢までは行かれないとしてもそんな遠くないところにあるみたいだし、そこでいただいてきたほうがいいとか、ないのかなあ?って思ってちゅまにそう聞いてみたんですね。

そしたらちゅま、うーん・・・と考えて、渋い顔しましてね。それはちょっと困るかなあ、と。相変わらずちゅまの認識では、ちゅまは・・・あるいはちゅまのハイヤーセルフの部分?ちゅまの魂の一個上の階層の部分? というべきなのかよくわかりませんけれども、見えない世界においてなんらかのお仕事、工事修復みたいな分野をお手伝いさしていただいているようなんですけれども。そゆときに、その現場にあわせて必要なエネルギーってのは、その土地土地の日本の神様方からお借りするってことが多いらしいんですね。で、うちの神棚ってのはそのための入り口みたいなもんとしても使われている、と。

でね、その際に、神宮大麻を通じて天照さんのエネルギーお借りするときに、地元の氏神様とか自分に関係深いなじみの神社でいただいてきたんじゃない、よその地域でいただいた神宮大麻使うと、たとえ同じところで同じプロセスで作成されて同じとこから送られたはずの神宮大麻といえど、エネルギーをお借りするルートが違うことになっちゃう、と。

あーでもない、こーでもないと、うまいたとえを捜していて、どうもどれもしっくりこなくてものすごく言葉では説明しづらいことらしいですが、たとえて言えば、知らない人の家の窓をいきなりがらがらーってあけて、すいませーん、通らせてもらいますー 、ってことになっちゃうんだよねえ、玄関ですらないのよ、窓なのよ、と。たとえ見えない世界で自分も霊体になっている状態だといえど、たとえそれがお仕事上の訪問であろうとみ、神社って「どなたかのおうち」にあたるわけだから、自分のホームグラウンド以外にあたる場所では、ちゃんと一の鳥居から順に通ってこんにちは、ってしないと失礼だし、ってことらしいのですね。

神社本庁監修の神社のいろは、って本によりますと
「年 末年始に氏神様からいただくお神札には、氏神様のお神札のほかに神宮のお神札である神宮大麻があります。氏神様がその地域をお守りになっている神様である なら、神宮は日本全国をお守りくださっている総氏神様です。ですから、たとえば氏神様が神明社で天照大御神をご祭神としていても、神宮大麻は、皇祖神であ り全国の総氏神様である神宮のお神札として、氏神さまのお神札と共にお祀りするのです。」(『神社のいろは』162㌻)
ちゅうことらしく。やっぱなにげにさらっとですが「氏神様からいただく」って書いてありますね。

ま、見えないお仕事なんかしない我々にとっては所詮無駄知識ではありますけれども。へー、って話だったのでメモしておきます^^


ぽっちりよろしくお願いいたします^^↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ







 



16 件のコメント:

  1. 3月に伊勢参りをするので
    実に参考になるお話でしたw

    そっか、やっぱり地元の神様のお札から
    アマテラスオオミカミに通してもらうのが
    ポータルとしては、礼儀に反しないという
    事なんですねw

    返信削除
    返信
    1. いやこれねえ?伊勢神宮でいただいてきたらどーなるのかな?
      それなら「直」のルートになって失礼じゃないんじゃとかも
      疑問なのですが・・・確認のために伊勢神宮まで行くわけにも
      まいりませんしねー 笑
      お伊勢参り、いいですねー 赤福たらふく召し上がれ♪

      削除
  2. うーん難しいです。
    まだ噛み砕けない(^-^;
    今年お伊勢さん行くんですが、この場合は・・・直ルート?
    でも氏神さまを経由しないと窓から「こんちはー」なカンジなんですよね?
    じゃあ家を出て高速に乗る前に氏神さまに「今からお伊勢さん行ってお札もらってくるよ」と一言声を掛ける・・気休めにしかならないか。
    うち出雲大社も行ってお札もらう・・うーん。

    返信削除
    返信
    1. ますます謎は深まりますねえ・・・
      しかしご挨拶してからってのは
      いいことかもって思いますよ。

      削除
  3. 常々思っていたんですが、
    外国に住んでいる私のうちにも日本の神様のお札を置いたり、
    車にお守りをつけたりしてもいいんでしょうか。
    (ちなみに堂々とやっております)
    しかしやはりこちらはこちらなりに十字架つけたり置いたりするほうがよいのか、
    でもそれは私としては違和感強いし。
    どうなんでしょうか。
    ご教授願えればうれしいです。

    返信削除
    返信
    1. きゃあ。ご教授なんかできないですが。
      うちも海外でお札もお守りも使って?ましたよ。そして、お守りって何なのか、
      ってことをちゅまの感じたこととかから考えると、それって理にかなってたのかなと
      思っています。ようするに、その神様の守護エリアから出てしまっても、守護が
      効くようにしているのがお守りだ、って考えると日本の神様になじんでいる人ほど
      お守りあったほうがいいのかなと。

      削除
  4. 時々読んでる神様とつながるツアーをなさっている方のブログ読むと。
    神様ツアーに出かける前に神棚とか氏神さまに、これこれのツアーに行きますのでよろしくお願いしますって、御挨拶しておくといいって書いてありました。
    神棚の神様や氏神さまが、外の神様につながるサポートをして下さるようですね。でも、お札までいただいてくるとどうなるんでしょう?私も知りたいです。

    今年は、出雲大社も伊勢神宮もいいですよね。私も予定しちゃおうかな。

    返信削除
    返信
    1. わかりますねーこれ。
      言われたことあります。地元を離れるときは一言
      挨拶していきなさい、みたいなこと。(見えない人にね)
      伊勢も出雲も今年は色々特別な年みたいですし盛り上がるでしょうねー^^

      削除
  5. 去年とっとといっちゃったのですが、お伊勢さん。
    で、内宮でお守り買ってきてあったので、首からぶら下げてみたのです〜。
    なんか心臓がどきどき…突然耳鳴りしたり。悪い感じではないのですが、なんだか落ち着かない。
    …わたし、社長にイキナリ直談判!しちゃったかなあ?
    組織で働く経験のある方は判るとおもうのですが、これ↑、最終手段で、あまり褒められたことじゃない…。逆もまた然り。現場は大混乱したりするヽ(;▽;)ノ
    …ってなことがいえるのかな〜と感じました☆お守り、でお札じゃないんですがσ(^_^;)まず直属の上司通せよ!手順をキチンとふめ!みたいな?
    ハナシそれますが、女性はやりがちなんですよね、これ↑(~_~;)。
    ちゅまちゃんのいいたいこととは違うかな〜?

    返信削除
    返信
    1. わはw 社会に出て直談判はそりゃ駄目ですよねえ^^;
      そーいうこと抜きにしても強すぎる石を体につけて持つのはあまりいいことじゃないのと同じように、敏感な方にとってはこれはケースバイケースであわないときもあるのかもですねえ・・・

      削除
  6. なるほど~!
    参考になりました~☆
    ありがとうございます♪(*^▽^*)ノ

    返信削除
    返信
    1. やーそういう意見もある、ってくらいにきいといてください^^;

      削除
  7. 昨年念願のお伊勢参りに 行ってきましたが、行くことが決まる五ヶ月ぐらい前から、地元の神社に毎週のように参拝しておりました。今考えると、「伊勢に参る前にこっちに参りなさいねw」という意味だったのかなと。
    もちろん、伊勢参り決まった時点で「いって参ります」報告もいたしました。
    神宮大麻は内宮で
    「すでに氏神さまでいただいたものと重ねていいですよ」
    と言われたのでそのようにしてます。氏神さまにいただいたアマテラスさんと本家でいただいたアマテラスさんが。
    ポータルの状態はどうなっているのかなあ。

    返信削除
    返信
    1. ほー、ほー、では他の神社もきっと本宮さんのと
      ローカルなものを重ねるのはそれでいいんですね
      うちも自然にそうしてましたが。

      削除
  8. 我が家もは引っ越して来て氏神様が変わりました。人間の決めた管轄で御守りする場所が決まるのは納得されてるものなのかしら?不都合はないのかな?とか色々考えたこともありましたが、このこそこそシリーズで合点がいきました。ありがとうございます。

    お天道様に感謝して地に足つけた生活をすることが、古めかしい言い方ですが大切なんでしょうねー!(*^^*)

    返信削除
    返信
    1. うんうん、まさにそのとーりなんでしょうね^^

      削除