2013年4月18日木曜日

最近の震源地を結ぶと~はポジティブなサインかもしれない

ここんところで、淡路島・ 三宅島・石巻でたてつづけに大きめの地震ありましたけれども。昨夜誰かが流したこんな画像がTwitterやら2chやらまとめ系サイトでもちきりで流れてたのをちゅまが気づいて送ってきたんですが。


 三つのね、震源地を頂点にして三角形を書いて、三点の中心を反対まで延ばして、交わる・・・これ重心ってんですか?の点を求めると・・・富士山・富士五湖のあたりになる、と。

まあ、もうほとんど全部の反応が、と言っていいでしょうね、悲観的な反応ばかりで、日本オワタ、などとコメントされてたりなわけですけれども。っちゅうてもまあ、2chノリですから、日本人、達観してるよなー、って雰囲気なんですが。

しかしね?見えない世界での動きを感じてる人間が、 ちゅまの他にも私のまわりにたくさんおるわけですし、私自身も多少は見えない人たちからあれこれ言われたり感じたり普段からしていますが、そういう見聞きから普段得ている情報を総合すると、これは、必ずしも悲観的な材料じゃないんじゃないかなーと思うのですよ。



地震のエネルギーってのは、地球の地殻が物理的に動いて溜まった歪みが一気に開放されるという物理的な世界での出来事だから霊的な世界と関係ないようではありますけれども・・・しかし、地球そのものも一種のエネルギー体だからだってことなんでしょうかね?霊的な世界からも多少は?なのか、だいぶ?なのかはわかりませんが、影響を及ぼせるものだし、神々と言われるような存在たちも、地上の人間を守るために懸命に努力をしてくれているもののようです。

ちゅまがもう小さい頃からずっと・・・そうですねえ、具体的に「地震エネルギー」という話題としては、5、6年前からですか?見えない世界での見聞として折々に私に話し続けてきたことなのですが。その世界の人たちは、大規模な協力体制で、地震エネルギーの管理の仕事をやっている、と。

その基本は「できるだけ小出しに頻繁に、人口密集地域での直下型地震という大災害にならないように調整を行う」というもの。ただし、見えない世界の力を持ってしても、おそらく現代の人間とは違った形でなんらかの影響力を及ぼすことはできても、完全にコントロールできているわけではない、失敗することもあるし、完全回避は不可能だ、という程度だ、と。

そして子供である顕在意識の部分では全体像はあまりわからないものの、ちゅまも、所属している組織の指示に従って現場の細かい仕事を見えない世界において手伝ってきたようなのですが。

面白いことに、霊的な世界でそういう部門に関わるようになってすぐに、米国の学校で履修した6th Gradeでの理科が、地震・火山・地球のマントル対流のしくみ、ばかりを一年間かけて勉強する、というものであることがわかり。地学科だったたみえさんによると「それは大学でやること」と言ったようなレベルの内容までときにはカバーしているくらい、地震についても詳しく学ぶはめに(・・・学ばされるように手配された?(笑))なったことがありました。

また、米国にいるときはじぇいど♪家全員で「行くだけでいいから」という形でちゅまを通じた形で依頼を受けたことがあり、そのあたりはこれまであまりブログには詳細までは書いてこなかった話なのですが。サンアンドレアス断層にある主要なエネルギースポットへ旅行?に行かされた?ことがありました。そういう時の旅費は不思議な経緯で数百ドル、時には数千ドルの単位で無料になるのがサインといえばサインでした。

こういう、霊的な世界でのお仕事、ってのを顕在意識で多少なりとも感知しているのはもちろんちゅまだけではありません。だから今回も、詳細まではわからないながらも、自分の別の部分が何か手伝いをしているという感知してる方のお話も聞きましたし。ネットでも、何か体感のようなものを感じてる人を何人も見かけましたし。

そして、もしかしたらそういうのは特別な誰かに起きることなんかではなく、自分の大きな魂の別の部分がそういうお仕事に関わっていても、まったくわかっていない、というのが通常の意識状態なだけで、実は大勢が大なり小なり関わっているのかもしれませんね。



ま、そういうちゅまが、この図を見てなんと思ったのか、と言うと。これはたぶん、結界の一種なんだろうな、三角形の重心ってのは、 結界に使われるし。と。

ま、ただし今回はちゅま自身は普段の担当エリア外で起こってることだし、緊急でお手伝いに召集されたわけでもなく(SATでの受験真っ最中だしネ)。だから最初、こうやって記事にするの、えー、だから何が起こってるか知らされてないしー、日本の結界なんて詳しく知らないしー、って渋ったくらいだったんですけれども。しかしね。

 わざとここで起こした、ってのは当たり前だろうけど

って認識なわけです。

つまり、霊的な世界では、ある程度、地震ってのはそういうもんなんだ、震度5強くらいの、致命的な被害とならないようなレベルでエネルギーを開放するのが、理想的なんだ、と。


だからね、何が言いたいのかというと、繰り返すようですが。
こういうものを見ても

悲観的になりすぎないようにしましょうや

ってこと。

そして、完全にコントロールできないのは我々の世界と同じではあるけれども、肉体を持った人間の世界をできるだけ守ろうと

霊的な世界ではたゆまぬ助力が行われている

ということですね^^。



おまけ

まあ、不安あおられちゃうようだったらわざわざ読まなくても、とは思いますが。元ネタになった話、最近の地震 震源を結ぶと なんかで検索すると出てくるリンクいくつかつけておきますね。

http://blog.livedoor.jp/gamesukinews/archives/26857901.html

http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/6458980.html

http://www.yukawanet.com/archives/4439218.html



応援大感謝。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村

38 件のコメント:

  1. 風使いのろっく18/4/13 10:30 午後

    「できるだけ小出しに頻繁に、人口密集地域での直下型地震という大災害にならないように調整を行う」というもの。

    これ、最近私に降りてきているメッセージとまったく一緒です。(^^)

    返信削除
    返信
    1. それが人間の目でいう科学的にどうなのか、もし人工地震でやるとしたら有効なのか、ってことはまったく知りませんけれども、もしやってくれてる存在さんたちがほんとにおるとしたらありがたいことですね。

      削除
  2. ありがたいことですねぇ…

    でもその「地球が一種のエネルギー体」というのを読んで、ちょうど昨日読んだ『太陽が子供を生んだ』記事を思い出しました。
    http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51854220.html

    どこだったか忘れてしまいましたが結構最近のこと、ツイッターからリンクを追って行った先にも、今の地球の激動ぶりは地球がやっと成熟して子が生まれようとしているからだとの説明がありました。 それを読んでいたので「太陽が子を生んだ」記事もごく自然に入ってきましたナ。

    最近のあまりにも多すぎる悲惨なニュースに絶望しそうになりますが、気を持ち直して見えない世界の助力を信じて心の拠り所にさせてもらおうと思います。

    返信削除
    返信
    1. いやあああ、こんなすごい人が世の中にはおるのですね。なんかもうぜんぜん理解の範疇を超えた話で、へええええ・・・としか言いようがないですけれども。こういう方の大発見によって世界に希望が生まれるといいなあああ、と思います。

      削除
  3. 昔、そういうことやってる夢を見てましたね。

    返信削除
    返信
    1. ソラさんの別の一部の方がそういう仕事されてたんでしょうかねえ。

      削除
  4. おんぽたんぽ19/4/13 7:51 午前

    最近、ずーっと続けている定期便のお陰か、地震が来る前のサインを
    ぽつぽつ感じるようになって。。。(ぽつぽつなので、まだ2回目^^)

    でも後になってからサインだったと分かるので、私の予知夢と同じ
    おとぼけ路線まっしぐら。。。
    (未来に行く観光地の夢でも、有名な場所が夢に出てこないので、
      行くまで、それが予知夢か分からない)

    最初は、「そういうのこわいからやめて!」とお願いしたけど

    2回目の時は、最近そういえば、今日が最後の日だったら。。。
    と言う気持ちで生きるの忘れてたなって。

    それを知らせるためのサインなのかな。。。とも。

    地震もストレスと一緒で、小出しにしながら微調整が大事なのかな。

    じゃ私が(世界中の人が)、ためこまずに微調整していったら
    地震も起こらなくなるのかな。。。

    地球も生きているから、動いて当たり前で、私達もその地球から誕生して
    静止してるものだと一つもないんだなと、改めて今気づきました。

    まとまりなくて、ごめんなさい。

    返信削除
    返信
    1. いや個人としてそういうサインはなんのために受け止めるかってことに関して
      とっても大事な話ですよねこれ。怖がるだけじゃもったいない。
      地球は生きていてこの瞬間はとても貴重なんだってことを
      実感しながら生きることができたら充実感は違ってくるだろうし
      つらいことがあっても受け止め方も違ってくるだろうし。

      削除
  5. >これはたぶん、結界の一種なんだろうな、
    >三角形の重心ってのは、 結界に使われるし。と。

    そうだったんですか。
    地震を3方向に同じ大きさで分散する事で、
    重心の富士の噴火をある程度抑えている
    可能性もあるかも知れないという事なのでしょうか。

    多分今回も「ももへの手紙」の様に
    地元の守護をされている方々、龍神様達の御配慮があって
    東京が守られているのではないかと思ってはいましたが。

    最初、こういう情報が入って来ると、
    自分自身がどう対処していいのか
    わからなくて葛藤を持ってしまっていましたが、
    「マトリックス」をDVDで復習(笑)してみたら
    情報を得た時に一人一人が
    「その部分に明るい未来の意識をフォーカスする事により
    現実に起きる出来事も変わってくるのではないか」と
    思えるようになりました。

    いつも、タイムリーなじぇいど♪さんのブログに
    感謝です!気付きを、ありがとうございます!

    返信削除
    返信
    1. あー、ほんと、きっとそうですね。一人一人が少しずつでも明るい未来を思い描くことで全体が変わっていくならいいなと思います。

      削除
  6. 富士山を守る結界と理解すればいいんでしょうか。あの美しい富士山のお姿は変わってほしくないと思います。いいほうに考えましょう。

    返信削除
    返信
    1. そうですね^^
      ほんとに美しい山だと何度見ても思いますますね^^

      削除
  7. インカローズ19/4/13 6:02 午後

    こんにちは。

    ネット情報ですが、千賀一生さんの著書「ガイアの法則」に書かれている、
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4198628874/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4198628874&linkCode=as2&tag=sach375-22#_
    東経135度を中心とする新しい文明の胎動という説もあります。

    この東経135度は、日本標準時子午線でもあり、
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%A8%99%E6%BA%96%E6%99%82%E5%AD%90%E5%8D%88%E7%B7%9A

    2013年4月13日の震源の淡路島も通っています。
    http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20130413053320.html

    13という数字が重なっているのも意味深です。

    ちゅまちゃんの結界というのは、個人的には、鋭い指摘だと感じています。

    返信削除
    返信
    1. はー、おもしろそうな話ですね。
      こういうレイラインみたいのはたしかにあるのでしょうね。

      削除
  8. 小出しにしてー( ゚Д゚)
    って次男坊が言ってました(笑)
    地震は小出しに…っていう考え方みたいで、「最近地震来ないから」って逆に心配してる息子に謎だったんですが、もしかしたらこういうことを言ってたのかなーと。
    それを勉強してるふうでもなかったんですが、無意識にわかってるってやつかもしれません。

    ぱっと見て図形の対角線や重心を無意識に引いてるのはなんだろう(^_^;)
    これ気づいたらやっててある種クセになってるんですが。
    数学も物理もまっ・・・・・たくダメですが。

    返信削除
    返信
    1. うん、次男さんもきっといろいろわかってるのでしょうね。
      おやそういう癖があるんですか。なんかわかります、それ。
      私の場合無意識に場でバランスをとろうとするというか。

      削除
  9. フォーレル19/4/13 7:50 午後

    レムリアが沈んだ時にいた人らしい(笑)、からか、地震はなぜかさっぱり怖くない。こんなもんじゃないらしい。でも、いろいろあって傷ついた方々には、怖いだろうなと心配でした。怖いのは思い通りにならなくなることや、生活が変わること。どうか小出しで、一番いいように調整されますように。

    返信削除
    返信
    1. はー、レムリアやアトランティスの恐怖が残ってる人はちょっとした災害も怖くなってしまう場合があると聞いてますが、逆にそういう場合もあるんですね。ほんと、できるだけ傷つく人がいないような状態でエネルギーの解放ができれば、と思います。

      削除
  10. 三角形の重心って結界に使われるんですね。
    地殻プレートが押し合って、限界になってバネのように跳ね上がる地震模型の説明映像をみてから、
    ちょっとずつちょっとずつ動きますようにって願ってしまいます。

    そういえば、以前ちゅまちゃんのプロテクトブレスを購入したんですけど
    これも三カ所に、ちょうど三角形をつくるようにポイントになる石が配置されてますね。
    これはあんまり関係ないかな?

    返信削除
    返信
    1. ああ、あるといえば、あるでしょうね。あのブレスレットも目的別の石をその目的に合ったバランスで配置することで一種の結界というかグリッドになっています。

      削除
  11. 私はキョーリョクに守られているのだわ〜と思い出した?、そして文字にしてみたら、「そーだよ、もう忘れんな〜」…みたいな(笑)ことがありましたよ〜、最近。信頼して委ねるってのも大事ですね!
    私地方も2年前かな?直下型で揺れまして。んでその時思ったのが、「なんもできねー、ヒトなんて!」でした☆イナカに暮らしておりますと、時にヒトのいう自然なんて、ヒトにとって都合のいい自然に過ぎない、とみにしみていますが。あとなんか、時間経ってからのほうが恐怖心ってやってくる。ヒトって変わったコトが起きると、とりあえず元に戻そーとするのですね。←この間は必死だから、あんまイロイロ考えず。で、ジタバタして、どーにも元に戻せないことと向き合わざるを得なくなったとき、どういう選択をするのか。
    …アタシ、でも守られてるしー!
    別に「不幸」が起きなくなる、とかいう意味でなく。なんだか大きな存在に対する信頼がある、のは、私にとってギフトだなあ、と思った…のです。
    スピな世界って、インボー論とか、なんか色々あるようですが、まあそりゃあるんでしょうが、私自身は平和とか光なんかにフォーカスし続けるようにしていきたいです〜!
    今回の記事、スピリチュアルブログ〜って感じですね〜(笑)私は周りにそーいう方、全くいないので、新鮮です。見える方たち、ご尽力くださっている方たち、ありがとうです〜!!

    返信削除
    返信
    1. 陰謀論とかもね、ありますね、たしかに。人工地震で人口を減らそうとしてるとか。考えてもわからないことというのは、そういう考えを持てばそういう世界に生きていることになるし、となると、悪意でいっぱいの世界に生きているかわいそうで無力な自分、ってのを自分で作り出していることになってしまいますね。
      地球はあるべき動きをしているだけなのでしょうから、それに対してたとえ無力であっても、生き方、受け止め方、心持を決めるのは自分自身ですし、魂として大きなものを信頼してゆだねることで落ち着いて生きれるようになるのだ、と私も思います。

      削除
  12. この記事に書いていらっしゃる事が、地震が起こったときの私の口癖(大地震より、震度3で毎日の方が良くない?で、いつのまにかプレートにかかる力が弱まってるの!)とリンクしててびっくりしました。既に調整されてるんですね…上の方たちは。まわりの反応が「何を子供じみた事を言ってるのか」なので、最近は言わないようにしていたのですが(^ ^;)

    返信削除
    返信
    1. これって科学的にどうなんでしょうかね?子供じみたことだとは私には思えないですけどね?

      削除
  13. メタトロンさんが、上に掛け合って分散する方向になったとか…

    下生してるサンダルフォンさんに聞きました

    大きな地震は起きてるけど…分散しているな~と感じている今日この頃です

    返信削除
    返信
    1. メタトロンさんはある時期からサナンダさんに代わって地球を統括?管理?している存在だと私も聞いたことありますからそうなのかもですね。

      削除
  14. お久しぶりにおじゃましますぅ
    こないだの淡路島の地震の時なんですけれど、
    京都に住んでおります私も震度4を味わいましたが、
    阪神大震災に比べれば 揺れてるなぁ程度でした。
    電車に乗ってるようなガタンゴトンって揺れだったので、
    ちょっと ぷっ(* ̄m ̄)って笑った位余裕でした。
    で、止まったくらいに壁際に緑色の東洋系の龍がいてました。
    なのでなんか安心とゆーか、抑えてくれたんかいなぁって感じで
    ちょっとほっとしたのです。
    なんかもう大丈夫なんだなぁって思った日でございました。
    ま、その後海外で大きいのが来てますけれど(ノ_・、)

    返信削除
    返信
    1. おひさしぶりです^^ 震度4、他の地震になれてない国だったら大騒ぎでしょうね 笑
      そうですかー、龍神さんがいらしたのですね。守られてますね♪

      削除
  15. 最近ないから嫌やなあと思ってたんです。
    ありがたいや。

    返信削除
    返信
    1. あまりにこないとやっぱりどうしたのかなーと思いますね。

      削除
  16. フジテレビでこの画像が使われたそうで・・・
    今は2chでは「フジテレビがオカルト板に盛大に釣られる」って大笑いですw

    「悲観的な反応」も、あれはほとんどはネタでやってるだけなので、本気で悲観していると受け取らないほうがいいかもです(2ch内ではの話で、ツイッターではどうかしりませんが)

    返信削除
    返信
    1. おやテレビもでやったのですか。最近、テレビの情報番組はネットの情報を
      あとおいで発表してるのが多いですね。
      うん、2chのこういうノリは好きですよ。
      話の方向性という意味で、悲観という言葉一応つかいましたけれどもね、ってのは
      わーこの図なら、次は富士山どーん、っていう方向で考えるのは一応後ろ向きなので
      悲観、としましたけれども、そこからは恐怖感だの悲しみだのは感じないですもんね。

      しかしね、ありえないネタだと思って、ではなくて、こういうことなら、次は富士山、
      あるかもね、と思っていたとしても、それも淡々と受け止めてて、という
      感じなのかな、と思ってますし、そこに、現代だから形は違っても
      江戸っ子は宵越しの金は持たない、火事があったらすべて捨てて逃げるだけ
      だから紙と木の家に住む、という天災や災害を柔軟運に受け止めて
      生きている気質の流れを感じますね。

      削除
  17. ガンダンブルフドア24/4/13 9:45 午後

    ギャーギャーガオー!冒険はそこにある!って言い過ぎたのか、淡路が揺れたあの日、我が家は、大分の別府に滞在、そして、ライオンの形のバスに乗り込み、サファリランドで、ライオンやシマウマやキリンや象にご飯あげてきました。衝撃的な冒険でした。あれから、何故か、ギャーギャーガオー!は言わなくなりました。
    それはさておき、あの富士山のやつ、三角の先の方向に、富士富士言いますけど、八丈島の八丈富士もアリマスヨ、っていう富士山からの紹介メッセージも含まれてたらうけるんですけど。
    あー、今回の本題の姉貴のセリフ、スンゴイ好きっ!
    悲観的になりすぎないようにしましょうや、って、もはや、決め台詞的に聞こえました。
    必殺仕事人のテーマが流れてきそうですもん。

    返信削除
    返信
    1. おおおお、サファリランド、ええですねえ。
      あああ、八丈富士なんてのもあるんですね。
      必殺仕事人www
      藤田まこと氏の飄々としたところが好きでしたよー
      ちゃらら~ん♪ だかだーん♪(テーマのつもりw)

      削除
  18. 東京スカイツリーが建つ墨田区の紋章と同じ形ですね。ちゅまちゃんにはぜひ、スカイツリーが持つ役割に関する見解があれば、教えて欲しいです。

    返信削除
    返信
    1. ほおおおそうなんですかあああ。
      スカイツリー、さああ?ちゅまと都心に行ってみたことないんでわかりませんが、
      そういや遠足で浅草行ってましたね。どう思ったんでしょうかね?
      なんかあれは風水として非常にマズイ、って説ありますね。

      削除
  19. 悲観的になりすぎないようにしましょ…と言う言葉がサムライ過ぎて惚れます。笑
    でも、私もそう思います…!

    悲観的になると余計、邪魔しちゃう気がしたんです。
    その、神さまの計画??みたいなのを。

    なので、政治とかについても…
    あまりに無関心過ぎるのもちょっと違うかなとは思うのですけど^^;
    むしろ関心あるからこそ、ついうっかり悲観しちゃいそうになるからこそ
    前向きにあろうと思います。

    じぇいど姐さん、ありがとうございます!
    気分は私もサムライとして生きることを決めた…みたいな私ですwww

    返信削除
  20. ぶふふw サムライw 

    そして「姐さん」をひさびさに見たw
    高校生んときにもそっちの字でね、という但し書き付きで
    友達の間で、ねーさま、と呼ばれてましたねそういやw

    でもほんと、政治に無関心であるのと、関心があって憂うのと、
    どっちがエネルギーの観点からはいいのか・・・これは悩みますねえ
    関心あると憂いとかとほほ感しか湧いてこない政治がまかりとおってる
    っちゅうのがそもそも問題なんだけどね^^;

    返信削除