2013年6月19日水曜日

沖縄あれこれ

ちゅま、こないだ、修学旅行に行きましてね。行き先は沖縄。

ちゅまって自分の過去生が記録してあるアカシックレコードを、タイトルだけ残して中身は全消去しちゃったという断捨離の猛者なんですが(笑) 日本に来てから、つまり15歳くらいになってから自分で思い出したのは。

自分って・・・沖縄の地龍だった

ってこと。しかも、その途中だ、ってこと。途中?どういうことか、っていうと。

ちゅまの話では、特定の土地を守る種類の龍やドラゴンである地龍ってのはですね、もう人間の感覚では尺度違いすぎて、ええええ?なんですけれどもね。寿命が数百年とか長生きなら千数百年とかの個体が、同じ場所で、たいていの場合は記憶や能力をほぼ保持したまま、延々生まれ変わるんだそうで。

で、そういう転生の仕方をする中で、自分は沖縄の地龍だった、そんで、生まれ変わる切れ目んときに、ちょっとバカンス気分で人間に転生さしてもらって・・・ただし、お仕事もするから、っていう約束で(笑) ・・・んで、この人間の生が終わったらまた沖縄の地龍にもどる予定なんだ、と。

そんでですね。ちゅまのさらなる話では・・・もうなんか、確かめようもない話ですしね、知っててもしょーがないっちゃしょーがない話なんですけれども。

龍族としてだけじゃなくて、霊的には沖縄ってのは、やっぱ日本の本土の大方の場所とは「別枠」みたいな場所、龍の種族も微妙に違うし、色々と違うんだ、と。まあ琉球は昔は全く別の国でしたし、今でも独自の文化があれだけ残ってるんだから霊的な世界でも違うんだろうってのは想像つきますけどもね。

日本の龍とどんくらい違うの?アフリカゾウとインドゾウくらい?とか、うまいたとえをさがそうとしましたら・・・虎とライガーくらいかな?と。ライガー???じぇいど♪そんなんがいるのも知らなかったですが。ライオンがまじった虎のことですね。

ま、そんなわけで、沖縄が自分のルーツ?なんだ、と思い出した後に「あらら・・・修学旅行、うちの学年は、沖縄だってさwww」ということになり。ようやく先日行って来たわけなのですが。普通の土産話ももちろん色々ありましたが、見えない世界系の土産話もちらほら。

しかも、過去世の記憶、ほんとにちょっぴりはあるとは言っても、大半忘れちゃってますから、本人だって知らない場所の観光気分で驚きがいっぱい。

まずは面白かったのは・・・「シーサーはマジでいるのか」


いました 笑 

けっこうでかいもんらしいです。んで、やっぱり本土では見たことがないし、沖縄にしかいないんだろうなあ、と。


『シーサーは実際いるのにさあ。お正月の獅子舞の獅子はどうしていないんだろうね?』とちゅま。 あああ、似てますけどねえ、なんでなんでしょうね。

あとは、首里城の近くに泊まったらしいんですが。「首里城、修復したんだろうけれども・・・がんばってるのわかるんだけれども・・・やっぱだいぶ違う」。だいぶ違う、って、なにと比べてるのかというと・・・記憶の中の元の姿wwwどんだけ前の話なんだよwww

で、やっぱし、今の担当さんたちなんかに寝てる間?抜けてる間?もご挨拶なんかで忙しかったらしく、いやあああ、いろいろ忙しかった・・・疲れた・・・と 笑 なんかわかりますねそれww 人間の世界でも元の職場とか昔の駐在先とか訪問するとそんな感じでしょうねw
 
そして、一日は色々コースに分かれたらしいんですけれどもね。ちゅまは超真面目、沖縄の歴史コース。ってことで、 戦没者の慰霊碑なんかがある場所にいったらしいんですが・・・

・・・仕事も込みだった^^;

と。そうでしょうねそうでしょうね 笑 なんか頼まれてあれもこれもと色々やらされたらしいです。

でもちゃんとスペシャルご褒美があったようで。帰りの飛行機、席が足らなくなっちゃったとかで、ちゅまと一部の生徒がなんとビジネスにアップグレード 笑笑笑 

そしてなんともスペシャルなお土産が。

沖縄の「地龍の子」。

それ、お土産っていうかwww!?

あらまよくこんなのあったね、というような、かわいいドラゴンのぬいぐるみさんを買ってきたんですが、「中身入り」。そこに入ってはるばるやってきたと。

ってことで、ちょっとドラゴンとも、日本の龍とも種族が違う沖縄龍さんが我が家の家族に仲間入り。これまで自然の中で人間とあまり接することもなく暮らしていたようで、見るもの聞くものめずらしくてしょーがない!という毎日らしいです(´∀`)。


応援ぽっちりありがとう(*´∀`) 。↓

精神世界ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村




44 件のコメント:

  1. ちゅまちゃん、修学旅行楽しくって良かったです♪
    それにしても面白いお話ですね。
    本物のシーサー見てみたいし、お土産が本物の龍ってとこも、さすがちゅまちゃん。
    沖縄には海に沈んだ遺跡とかありますし、興味がつきませんよね。
    ぜひぜひ、また沖縄の面白い話を読ませてください。





    返信削除
    返信
    1. ほおお、海に沈んだ遺跡もあるんですか!
      興味のつきなそうなところですよねえ

      削除
  2. グリーンアイス19/6/13 10:17 午前

    ちゅまちゃん、修学旅行先が沖縄だったんですね。
    「うちの学年は」ということは、毎年行先が違うのでしょうか?
    そうだとしたら、さすが、ちゅまちゃん!ですね(^_^)

    実は、うちの息子が今日から沖縄への修学旅行だったので、
    じぇいど♪さんのこの記事にびっくりしました。
    少し感じることがあるようで、平和学習の一環としていくひめゆりの塔が
    イヤだな~と言っていたのですが…。
    ちゅまちゃんのように楽しんでこれたら良いなぁ。

    シーサーも本当にいるんですね!
    何を&何から守ってくれているのかなぁ。
    沖縄の龍さんは、日本の龍と種族が違うというのも面白かったです。

    返信削除
    返信
    1. おやや、同じ場所だったんですね
      楽しめたでしょうか
      シーサーさん、ほんとに家の守り神、なんでしょかね^^

      削除
  3. ちゅまちゃんって沖縄の地龍さんだったんですね!かっこいい♪
    首里城の元の姿も覚えてらっしゃるのね。
    実際見た事あるわけですもんね。すごいなぁ✿
    修学旅行楽しめたようで良かったですね^^
    お仕事もお疲れさまでした。
    お土産が沖縄龍さんですか♪すごいわ✿私も欲しい(笑)
    それにしてもシーサーって本当に居るんですね!
    うちの玄関にシーサーの置物があるのですが。
    お話聞いてなんだか愛着がさらにUPしました^^
    面白いお話たくさんありがとうございました♪

    返信削除
    返信
    1. うちも沖縄出身の人からいただいた
      シーサーが昔から飾ってありましたが
      意外な接点でした♪

      削除
  4. Jadeさん初めまして、「なにみえアメリカ編」から読ませて頂いています。
    jadeさんファミリーやご自身の壮大な物語に圧倒されるばかりの私です。

    以前、jadeさんが「ちゅまは実は沖縄に深いつながりがあるのです」みたいな事を述べられていて、その事がとても気になっていたので、今回のお話はとてもよかったです。

    私の娘が沖縄の「おもろそうし」の研究をしているのですが、沖縄の昔に関する資料があまりに少なく、苦労しているようです。

    そのこともあって、今回なれない投稿をしてみたのですが、

    ちゅまちゃんに沖縄の地龍として知っている事、覚えている事をどんな事でもよいので、可能な範囲で語ってもらえないでしょうか?

    不仕付けなお願いで恐縮ですが、沖縄の本当の事が知りたいので、御一考よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      おはようございます。
      横からすみません。
      私も大学の卒論で古い歴史を選択したものの、思った以上に資料がなく困っている口です^;

      でも、どんなに資料が乏しくとも、人間の歴史は、人間の視点から人間の残したものを調べてひも解くことに意味があるのではないかと考えています。
      匿名様のお申し出にじぇいど♪さんとちゅまちゃんがなんと答えられるかわかりませんが、見えない世界見た世界は、そこでその時生きていた人間の次元とは違う世界の視点です。その時代をその次元で一生懸命生きていた一人一人の思いは、人間からみたその時代の姿から考えてみたいと思うのです。
      ちゅまちゃんのお話を聞いても、そこからその時代に生きていた人たちのこと理解することはできないのではないかと思います。

      お調べになっている内容も知らないのに、しかもいきなり横からですみません。

      同じ資料の少ない調べ物をしている立場として、どうしても気になってコメントさせていただきました。


      じぇいど♪さん、ちゅまちゃん、
      私の考えが間違っていたらごめんなさい。
      その時は、匿名さんのお願いに応えて差し上げてください、
      沖縄は大好きな地なので、私も興味はとてもあります。

      失礼いたしました。

      削除
    2. 匿名さま、引越しにかかっちゃったんで全然お返事できなくてすみません。おもろそうし、ってのがあるんですねえ。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%82%82%E3%82%8D%E3%81%95%E3%81%86%E3%81%97
      そうですねえ、もうおひとかたの匿名さんが語ってくださってるとおり、やっぱり卒論ですからね、学問ですから、違う次元の話っていうか 見えない世界が見えると主張している子供、なんてもんの証言を根拠に混ぜるわけにはまいりませんでしょうし。
      第一ちゅまもこうして人としての生を楽しむために生まれ直してるわけですから、詳細で具体的な記憶なんか残ってないんですよ。
      お嬢様の卒論、資料がすくないと大変でしょうがうまくいきますように!

      削除
  5. じぇいどさん、お久しぶりです~♪

    沖縄・・・なんてタイムリーな!!
    私、つい先日石垣島に行ってきましたよ~^^
    ダイビングとシュノーケル~♪
    2ヶ月前には沖縄本島にも行ったので、時期が合えば擦れ違えたのになぁ・・w
    ・・・ってちゅまちゃんは半分お仕事で行っているのに、私は遊んでばかりでスミマセンorz

    沖縄は、サンゴがたくさんあって、海が綺麗なので、
    予定と天候と予算さえ合えば、何度でも行きたい場所ですね~♪^^
    今回の石垣島は、JALマイレージとおともdeマイルを利用して、格安で行ってきましたw(←旅行は毎回旦那さんが手配ww)

    行きと帰りは生憎の雨だったのですが、
    海に潜る日は、不思議とちょうどいい天候に恵まれました♪
    勿論そんな時は、地元の(天候を管理する)ドラゴンさん達に、感謝しました☆^^

    それにしても
    シーサーって、本当にいるんですね~@@
    家の守り神として(だったけ?)、信仰の対象になっているから、カナ?^^

    返信削除
    返信
    1. ダイビングとシュノーケリング、いいなぁ~ 実はちゅまたちもそういうオプショナル時間あったんですけどね、なんでそっちにしないんだよう、もったいない、ってじぇいど♪は思ったんですが、ちゅまにしてみれば、せっかく学校で行ってるのに、学校ならではの活動に参加しないともったいないでしょと返されてしまいました 笑

      削除
  6. じぇいどさん、初めまして。最近ここのHPを見つけて何度かお邪魔させて
    頂いています。なにみえ本も購入できました(遅くて、スイマセン”)
    私は沖縄在住なので、今日の記事の「沖縄」の文字を見たらもう嬉しくて
    いてもたってもいられず(笑)この気持ちを伝えたい!と思い投稿しました。

    パソコンにもあまり慣れておらず、投稿もあまりした事がないので無事に
    コメントできているか、失礼な文章になっていないか・・など心配ですが
    これからもじぇいどさん一家を応援していますので、現実の世界、見えない世界、大変だと思いますが頑張って下さいvv

    返信削除
    返信
    1. 沖縄の方ですか♪
      本も読んでくださってありがとうございます(^^)
      またコメントしてくださいね~♪

      削除
  7. じぇいど♪さん、こんにちは、おひさしぶりです!

    ちゅまちゃん、沖縄の地龍さんだったときがあったのですね~!^^

    なんか、私も沖縄に行ったときに、沖縄には龍神さまがいるなぁって感じたことがありました。 海のほうから呼ばれたような気がしてご挨拶したことがありました。

    そしたら、その後に観た「テンペスト」(仲間由紀恵 主演)での琉球王国の紋章に龍があって、やっぱり龍神さまを祀っていたんだろうな~と思ったことがありました。

    そっか~、ちゅまちゃん、沖縄の龍さんだったんですね~♪

    返信削除
    返信
    1. どうもお久しぶりです~ 
      ああ、テンペスト、見てないですが、そのあたりのお話ですね。
      いつか見てみたいです。

      削除
  8. じぇいど♪さん、はじめまして。
    最近旧ブログを知って、順々に拝読している者です。
    内容の濃い記事ばかりで感謝しきり!
    記事ごとに租借して栄養にしていく過程が大切だと思ったので、
    ゆっくり読み進めていたものですから、やっと2010に到達したばかりです。
    まだ途中ですが、既にいろんなギフトがありました!ありがとうございます!

    本当は、湘南編も含めて全てを拝読してから、いずれ感謝のコメントを…と思っていたのですが、今日なんとなくこちらを開きましたら、とても気になる記事がありましたので、フライングしてしまいましたw

    ちゅまちゃん、沖縄の地龍さんでしたか~!
    私個人も沖縄にはご縁があるようなので、感慨深いものがありました。
    来世はまた沖縄の守護に戻られるのですね。
    私も、沖縄の為になること、何かできたらいいなと思っています。

    いきなり長コメ失礼しました~m(__)m

    返信削除
    返信
    1. さかのぼって読んでくださってありがとうございます^^
      ゆっくりお楽しみくださいねー(^^)

      削除
  9. こんにちは。ちはると言います。
    旧ブログから、楽しく読ませていただいてます。
    沖縄の記事にテンションあがって、コメントしてます。
    沖縄生まれの沖縄育ち、もちろん沖縄在住なので、シーサーは普通に家にいますよ。沖縄ならどこの家にもほとんどいます。龍も、我が家の地鎮祭のときに来てくれてました。ありがたいことです。

    ちゅまちゃん、お仕事があったとはいえ、沖縄を楽しんでいただけたようでよかったです。そして、地龍さんだったんですね~。ありがとう。

    返信削除
    返信
    1. おおお、やっぱりシーサー、たいていの家にいるもんなんですか。
      面白いですねえ、そういう文化の違いが見えない世界でも
      ちゃんと違いがあるってのは。

      削除
  10. 書き忘れましたm(_ _)m
    沖縄でも獅子舞ありますよ。でも、正月ではなくて、お月見の時などのお祭りの時です。あと、学校行事の中で子供たちがやったりもします。
    首里城は、沖縄戦で全壊したり、そのあと琉球大学が建っていたりして、やっと少ない資料から復元してきたので。。。ご容赦ください。

    返信削除
    返信
    1. へええ、お正月じゃなくてお月見に獅子舞するんですか。
      獅子舞の獅はシーサーとは別?
      なるほど、一度別のもんが建ってたりした場なんですね
      そして資料もあまり残ってないんですねえ
      中学の教科書だったかな、首里城の瓦を焼いた職人さんの話が
      載ってたんですが、で、ちゅまはそれ覚えてたんで
      中学の国語の教科書にあったよねえ!って感激して言ったら
      おともだちは誰も知らなかったという・・・・^^;

      削除
  11. だから沖縄に行かされたのかーっ!!!

    遠足直前に決まった沖縄ツアー、
    どう考えても上に手配されたとしか思えない状況でした…
    地元在住の友人(前世でかなり濃い縁があったと思われ)のナビつきで。

    御嶽斎場で地中から上がってきた龍が自分の中に入った感触がありました。
    パワーアップ?と単純に考えてたけど、そういういきさつがあったか…

    降り立った瞬間から「龍の土地だ」と思ったのは確かだったんですね。
    首里城は、本来結界があったところを細工していろんな存在が入れるようにしたらしいです。

    返信削除
    返信
    1. あらまあ。沖縄いらしてたんですね。
      しかもそんな遠くから^^;
      龍の土地、そうなのかもしれませんね
      あああ、そして結界が特殊、そうなのでしょうねえ
      元が王宮だったり歴史的な経緯を考えると。

      削除
  12. 地龍とな?!

    私もにたようなもんらしいんですが記憶が一切無いし
    言われても「あぁ、そうなんですか」ぐらいしか
    反応できないんで

    そんな人は今世でどうしたらいいんですかね?

    返信削除
    返信
    1. いやもう、今生は今生、今ある自分を思い切り
      楽しむべし!ではないでしょうかね?
      満喫しすぎなうちのおじょーさんは
      本日も行方不明です 笑

      削除
  13. 超絶おもしろかったですっ!
    シーサーほんまにいるんですね!?
    電車の中で吹き出しそうになりました~( ☆∀☆)

    ちゅまちゃん、沖縄に行けて良かったですね♪
    お仕事もあったようですが、沖縄に行けたことも普段お勉強や諸々頑張っているご褒美だったのではないでしょうか?

    いつも素敵なお話をありがとうございます!

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      ご褒美、そうかもですね^^

      削除
  14. 沖縄といえばユタ、
    「誰の上にも奇跡は降りてくる」の著者
    はるさんの本を読んだ後に来た、実にタイムリーな記事w

    シーサーの置物を旦那が沖縄サミットの時に
    お土産で買ってきてくれましたが、
    実際あのような容姿のエネルギー体が
    沖縄には居るんですねw

    「獅子舞の獅子は居ない」ということは
    狛犬も居ないのか、、、。

    沖縄生まれのはるさんが
    カウンセリングをするときに本土の人達が
    首にキツネ(お稲荷さん)を巻きつけているのを
    見て「なんだあれ?!」と驚いていたのを
    ふと思い出しましましたw
    (地域によって祀る神様も眷属も違うって事でしょうが)

    返信削除
    返信
    1. そういう本があるんですか。読んでみたいですねえ。
      はー。なるほど、本土にはいるお稲荷さんが
      逆に沖縄にはいなかったり、ってことなんですね。

      削除
  15. ん、ということは、ちゅまちゃんは
    坂本政道の「ベールを脱いだ日本古代史Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」あたりを
    リアルタイムで見てきた強者(?!)
    オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!

    オオモノヌシ(龍型シリウス人)にも
    会っていた可能性もw

    な、なんと羨ましい、、(涙

    返信削除
    返信
    1. うーん、その本拝見してないので内容がわかりませんが
      大物主って龍型シリウス人、なんですか?
      ちゅまの自覚では自分のハイヤー?本体?は
      まさにその龍型シリウス人みたいなもんじゃないかと?
      シリウスから地球にアトランティス期くらいに来たはず、
      って言ってますから。

      削除
  16. ガンダンブルフドア21/6/13 11:51 午前

    Naomi angel ちゃんも、見てたのね♪テンペスト!
    勾玉から、すんごい龍、いつもはドラマ観る時間とらない私も珍しくみたんです。
    あれ見たら、沖縄は日本じゃなかった感伝わるはず。
    沖縄旅行したとき、
    首里城の中の歴史を読んだら、沖縄は全然日本じゃない場所だって判って、ほえー!って驚いたものでした。
    沖縄の海の中の遺跡や、海の中の ストーンヘンジみたいなやつ、チュマちゃんなら、あれが何だったか知ってるかもと思ったらワクワクするっ。次ぎに何に産まれるか知ってるって、やっぱりスゴイ話。
    是非、沖縄続編いつか宜しくお願いいたします!

    返信削除
    返信
    1. 勾玉から龍がでてくる話なんですか
      いやいや沖縄編、つぎは取材費あちら持ち、でなら・・・ 笑

      削除
    2. わ。。。がんちゃん、ここで私に向けてコメントくれていたのね・・
      ごめん、返信3年近く遅れて(苦笑) テンペストは魅力的なドラマよね。ちょっと切ないけれど・・・。
      そんなこんなで、いつのまに沖縄に移住している私(笑)

      じぇいど♪さん、今日何気にここの記事が検索にひっかかり、読み返しました。 ちゅまちゃん、沖縄の地龍さんだったんですね!そしてまた戻るんですね!??(3年経つと記憶が薄れる・・・^^;)

      ええ、沖縄の龍、素晴らしいです。あちこちに龍神信仰の跡がたくさんあるので、沖縄は格別だと思います。 なんていうか、祀られ方が原始的、自然の姿をそのまま尊敬している。とても古い歴史があるのをひしひしと感じます。
      ちゅまちゃん、ここを護っていたのか~・・・しみじみ・・

      私も与那国島の海底遺跡は竜宮城伝説と深い関係があるんじゃないかと見ています。
      海のほうに龍神様がいるのを強く感じます。実際竜宮神が祀られている神社も多いですし・・・

      削除
    3. ふふふ、沖縄に移住してしまわれるなんでびっくりいたしましたですよ。旅行あんまり好きじゃないほうですけれど、沖縄、それも龍神信仰k残ってる地域ってのはいつか行きたいですねえ。

      削除
    4. ぜひぜひいらしてください☆ そして、もしいらっしゃるときはご連絡ください!ぜひお会いしましょう!(≧▽≦)

      削除
  17. こんにちは。スエマと申します。いつもたのしいお話をありがとうございます。

    ちゅまちゃん、リアル聖☆おにいさんだったんですね。びっくり。

    返信削除
    返信
    1. ああああ、そういえばバカンスは同じですねwww

      削除
  18. あすケット23/6/13 3:00 午後

    ちゅまさん、沖縄の地龍さんだったんですかー(・◇・)
    人間の生活、バカンスになるんですかねー(・_・;)
    学生なのにお仕事いっぱいしてて、大変そうですが・・・ (^-^;)
    でも、ちゅまさんのこういうお話は、
    やっぱりとても惹かれるし、癒される自分がいます☆

    話が変わりますが、去年から少し関わる事になった若い女性が、
    どーも、インディゴでは?という感じの人で。
    女性といっても、あまり女性っぽくないんですけども。
    多分、インディゴチルドレンとかは知らないような気がしますが、
    霊的な話をした時に、「オーラは見える?」 と聞いてみたら
    「時々虹色のオーラの子がいるんですよ~~~。」
    なんて言ってて、「上の世界と繋がれるんです」
    って話もしてたり、お姉さんも何やら異次元的なお仕事(?)をしてるとかで、
    妹の彼女に 「あんたもそういう使命なんだよ」 なんて言ってくるとか。

    でもやっぱり、そっちの感覚を開いたままでは物理次元では色々大変なので、
    普段は閉じていると言っていますねー。
    スピな仕事をしようとも思っていないようですし。
    「石を強くする事ができる」 なんて事も言ってました。
    浄化の事なのか、チャージの事なのか、
    それらとは違う強化の事なのかは、まだ詳しく分からないですが。

    またゆっくり話を聞いてみたいなーと思っているところです。
    興味津々なのですが、さすがに、ちょっとした時間の合間程度では、
    詳しい話ができないですねー。。。 う~む。。。

    とにかく、ちゅまさん、沖縄では忙しかったようですが、
    楽しむこともできたのでしょうかー。
    今後も、学生生活を楽しんで下さい☆
    で、また時々こんなエピソードを聞かせていただけると嬉しいです☆

    返信削除
    返信
    1. やっぱこういう系統のちゅまの話、みなさん喜んで
      いただけるのですねえ
      今回沖縄、とめずらしい話だったのでメモったりしましたが
      もうなんか普通に日常の一部になっちゃってると
      いちいちメモしなかったりね・・・

      削除
  19. 久々に見えない世界全開のお話おもしろかったです〜
    なにみえ読んでて、こういう話があったり前〜って感じで話されることがなんかいいんですよね。
    普段は見える事がすべての私たちの世界で、
    こういうこともあるんだって思うとなんか気が楽になるというか。
    なのでぜひこれからも、些細なお話でいいので記事アップお願いします^^
    楽しみにしてます。

    返信削除
    返信
    1. あらためて自分たちで客観的に見ると
      「ぬいぐるみにドラゴンが入ってて、って
      まるっきりなんか漫画だよね、それもストーリー性も
      オチもなんもない」
      「そっち系ブログの中でもダントツ怪しいってか
      信ぴょう性がぜんぜんなさそうだよねwww」
      ってちゅま自身が言ってますけどねwww
      まあでもお楽しみいただけて、見えない世界もあるよ、
      コワいもんばっかじゃないよ、って思っていただければ
      それでいいんだけどね、とそういうスタンスで
      相変わらずやってマス。

      削除
  20. あぁ…地竜の子…かわいいでしょうね…vv
    視覚的に見えたらどんなに嬉しいでしょう…
    なんだか今年に入って急にスピリチュアル(?)が
    身近に感じるようになったといいますか…(わからないし、見えもしないんですが)

    自分と向き合う(言うほど簡単じゃないですが)事って…。です。
    何がどうして、こう。なのかわかってない私ですが。

    ありがとうございますー。な今日この頃です。

    返信削除
    返信
    1. ふふふ、でも視覚的に見えるってことは
      他のあれこれも視覚的に見えるってことみたいですよ
      今どっかで妖怪展やってるのがテレビで紹介されてて
      とんでもない怖そうなもんの絵がいっぱい紹介されてましたら
      いやふつーに、いるよ。そんで、脅かすとかいたずらする、
      とかが趣味みたいな存在だからほんとにやるし。とか
      言ってますからね、そういうのは見たくないですしねえ 苦笑

      見えなくても、スピリチュアル的なものごとの受け止め方、
      とかは身につけることができますしね、自分と向き合うって
      簡単なことじゃないですけれども、だからじぇいど♪も
      三歩進んで二歩さがってはのあゆみですけどもね、
      色々とヒントにはなりますよね(^^)

      削除