2013年9月12日木曜日

【石大好き!】山梨県乙女鉱山と岐阜県ちんの峠の石たち

石井ゆかりさんのデイリーの占いで、乙女座は赤、郵便ポスト。ってのに、へぇ~と思いながら和室でごろごろまったりしておりましたら、真夏のぷちサンタさんです♪と、プレゼントが届きました。
こんなかわいいパッケージ。なんだろう。

わお。色々詰め合わせ。いっぱーい。

送り主の楓さんは、ぴ子画伯のネットショップkomorebi屋さん、でアクセサリーを創ってる作家さんのお一人です。


作品はkomorebi屋さんの他には佐賀市内のluceってケーキ屋さんでも購入できるようですが、個人的に連絡するとオーダーメイドの作品も作ってくださるそうで。ちょっとかわった形のストーン付きのブックマークや、サンキャッチャーなども作っておられる方。


こんなかわいい天使さんたちをいただきました。って、石のセレクションがね。ちょっと凝ってます。あまり写ってないかもだけど、それぞれすごおく味がある石たち。

ばんぶるは見るなり、左から、おかあさーん、おとうさーん、あたし。ですと。あれ?左から自分、ちゅま、ももちゃん、ではないの?と思いましたが・・・最近、おねーちゃんたちは忙しいもんだから、おとーさんと3人でのお出かけが多いんだよね。

お菓子とお茶は、辛子明太風味めんべい、ってのとしいたけ茶。辛子明太子、福岡の方なのだな。おおう。同郷。ってじぇいど♪はルーツだけだからそうゆっていいかわからんけども。そしてしいたけ茶は・・・また後ほどご紹介するほうの石と同郷らしい。

が、しかし今日は別のもんのほうを。

★     ★     ★

山梨県甲府市 乙女鉱山 水晶

じぇいど♪、日本の水晶って、あんまり詳しくありません。日本でもその昔は水晶が取れました。今はほとんど取れません。だと思ってたんですけどね。採算が合わないから掘ってない。とか、閉山してしまっただけで、なくはない。ということなんでしょうかね。

http://www.yguppr.net/090802otome/090802otome_main.html
http://happy-man.jp/engineer/2010/12/02/乙女鉱山は入山できないのか・・・/
ぐぐってみると・・・乙女鉱山ってのは立ち入り禁止にして閉山したのは2006年のことらしく。商業ベースでの採掘が終わってからもちらほらいたミネラルハンターたちのマナーの悪さにやむなく閉山したってのがその事情のようですね。残念な話です。

ということで、これってもうすごい貴重なレアものなんでしょう。35mmくらいあります。手ひねりの茶器のような渋さをもった、そんな味わいを感じますね。

でね。乙女鉱山ってどこよー。ってググッてみて、あああああ(°д°)、そうでしたか・・・・ってその「必然ぽさ」にまたまた呆れたんですがね。

じぇいど♪が子供んとき半年くらいかな、住んでた場所から見えてたお山の一部はこの乙女鉱山のあるあたりじゃなかったかと。距離的にもかなり近そうです。正確な場所は地図では表示されないものの、乙女鉱山ってのは金峰山ってのの少し南にあるって書いてありますから。

ついこないだも、飲みなれたシャスタの水を切らしちゃったもんだからね、仕方なくコンビニで知らない水を買ったときにですね。意外に美味しかったから、これってどこの水だ?って調べたら・・・やっぱりこのあたりで、あれれ?って思ったんですよ。

当時そこで一緒に住んでた同じ年の従姉妹と数十年ぶりに会ったばかりでしたしね。小さい頃縁側に2人でねころがって足で障子やぶきまくって遊んで、2人で叱られたよねー
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー とかの話してwww

なんか、前の九州の神社の彫刻の記事といい。最近やたら「ルーツ」とか「血縁」「地縁」ってのにアピールされてますね?

で、金峰山あたりの地図みてたらなんか妙に目をひく神社があったのでクリックしてみましたら。

金櫻神社
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4473.html

なんかすげぃですよ!この神社ってば、中国のお寺でもないのに、めっちゃカラフルなんですけど!

しかも柱に巻き付いてるのって、左甚五郎作の龍、とな。おおおぅ。こないだ紹介したばかりのうちのじぃちゃんは「福岡の左甚五郎」と言われてたとうちにある美術館の紹介パンフに書いてあったよ。

説明読んでたら、ここの神社の御神体が金峰山なのですと。ああやっぱり。

そんでもって、昇仙峡を登った突き当たりにあるとな・・・って、えええええ、数年前、昇仙峡にぽっちゃんや両親と子供たちと行ったときに、この先になにがあるかなー、とりあえずお昼食べてから、って思ったら、車では危険なほどのゲリラ豪雨に見舞われてそれ以上進めなくてやむなく街に降りたんじゃん!それはそれで意味があったんだけど、こんないいところに行き損ねてたのか!

・・・とね。こんな小さなひとかけらの水晶から調べていくと色々つながって個人的には非常に面白かったです。

★     ★     ★

岐阜県中津川市 ちんの峠 煙水晶

さて、こちらは岐阜県の「ちんの峠」ってとこの石ちゃんたちです。これは小さい!!!一番大きい左から二番目のが、8mm玉よりちょっと大きいくらいですかね。

かわいいです。じぇいど♪おとさん、三姉妹みたいに見えますね。大きさ的には普通の水晶から比べたらもう、ミニチュアの世界みたいです。ちなみにこれどーやって撮ってるかというと、乗っけてるのは障子の桟のとこ。いかにちっちゃいか。

これもね。ちんの峠、って調べると、なんでちっちゃいのか、どんだけ貴重なのか、なんとなくわかる気がします。道もないような山の中でね。手掘りでね。何時間も探して水晶らしきものが見つかるのはラッキーだとしてもほんとにちょっと。そういう世界なんでしょう、ミネラルハンティング、ってのは。

でもこちらはね、岐阜県って行ったこともないし。乙女鉱山のように、ああああ。っていう、芋づる式の情報つながり、ってのは出てきません。だから知らないところから、ようこそこんにちは。って感じでなおさら乙女鉱山の石との違いがよくわかるんですが。

でも、ここに掲載しておくと、何年かたった後で見て、あああああ(°д°)! ここにこんなこと書いてるし!って日がくるのかもしれないですね 笑

楓さん、ありがとうございました。他にも頂いたものあったんですがってかそっちがメインなんですが、それはまた次に♪



応援ぽっちりありがとう(*´∀`) 。↓

精神世界ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村



14 件のコメント:

  1. こんにちは!ずっとブログを拝見させて頂いておりますランジと申します。
    地元山梨の乙女高山のことが取り上げられていてびっくりしたので初コメ失礼します!
    子供の頃から何度も乙女高原でキャンプしていた身なのですが、山梨の水晶って乙女高山でも採れていたんですね!
    そういえば庭先に山からとってきたと言われる水晶がごろごろしていた家だったので、へ~山からとれるんだくらいにしか思ってませんでした;
    じぇいどさんが貼ってくれたリンクを辿って初めてきちんと知れた感じです。ありがとうございます(笑)

    そういえば金峰山にも小学生の頃に登ったことがありましたが、頂上には五丈岩という自然に積みあがった大きな石がどーんと待ち構えていて、子供心にこれは人間技じゃない、宇宙人が積み上げたんだーとか思っていました(爆)
    金櫻神社、機会があったら行ってみたいと思います!!

    返信削除
  2. ランジさん、地元の方ですか^^ 乙女鉱山、どうやらとっても有名な鉱山だったらしいです。やっぱり庭先にある、とかで石が身近なものでしょ?私も小さい頃、天然石はお鄙びた土産屋さんにいっぱい売って当然なもの、ってなんか勘違いしてましたが。それはあの一帯特有だったんだな、ってわかったのは大人になって、こんなブログ始めて石に興味持ち始めてからですね。それでも乙女鉱山、という具体的な名前を知ったのは今回がきっかけですが。

    五丈岩、これですね
    https://www.google.co.jp/search?q=五丈岩&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=f1IxUtT6K83hkAXA7YGgAQ&ved=0CCsQsAQ&biw=1920&bih=955&dpr=1
    すんごいですね。ほんと、どうやってつくったでしょうかね?

    返信削除
  3. こんにちは。
    楽しみながら選んだもので喜んでいただけて嬉しいです♪

    それにしても不思議な巡り合わせってあるのですね…blogを読んで、私の方が驚いています。
    乙女鉱山の水晶は一つしか持っていませんでしたが、送る荷物をまとめている時に目にとまって入れたんです。
    必要としている方のところに行けて、良かったです。

    返信削除
    返信
    1. ほんとにありがとうございました^^
      不思議な巡り合わせ、こういうのあるとほんと、嬉しくなりますね~
      ぱっと目にとまって送ってくださる感度とgenerocity、さすがデス♪

      削除
  4. こんばんは ブログをずっと拝見させていただいている はと ともうします。

    この山の麓に以前住んでいて、離れた今も年に一度はこの土地に挨拶に行っている者です。
    昇仙峡、金櫻神社と書いてあり、思わず苦手なキーボードを叩いてみましたが、PCに不慣れな者ですので失礼がありましたらご容赦ください。

    もうご存知かもしれませんが、金櫻神社はゴールデンウイークの頃に行くと、ご神木の鬱金櫻が満開となっております。途中の道々の山吹、やまふじ、山桜なども美しく、周囲に夫婦木神社なる場所もあります。
    夫婦木神社姫の宮のご神木は切り出されてから久しいのに香しい香りを放っておりますし、面白い宮司さんがいらっしゃいます。

    近くにおこしの際には、ぜひのぞいてみてくださいませ。

    返信削除
    返信
    1. わあ♪それはコメントありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ
      このカラフルな神社に色とりどりのお花が咲いたらさぞ綺麗でしょうねえ
      いつか、今度こそたどり着いてみたいです。

      削除
  5. 私は中津川市出身の者です。
    じぇいどさんがおっしゃるようにこの記事を見て後から納得する出来事は必ず起きます。
    と言うのもこのあたりにはじぇいどさんの話にでてくる龍神を祀る祠が滝の近くにありますし、このあたりは水晶の鉱脈があるので気もいいです。そんな中にまだあまり知られていない最高におすすめのパワースポットもあります!
    縁があれば必ず訪れると思うので私もその時を楽しみに待ってます!

    返信削除
    返信
    1. おおお、そうですか〜龍神さまいらっしゃるところなんですね~
      まだ荒らされてないパワースポット、大事にされてゆくといいですね♪

      削除
  6. フォーレル14/9/13 12:21 午後

    こんにちは!じぇいど♪さんのブログで金峰山の名前を聞こうとは!お山にはいきませんでしたが、この夏仲間とキャンプしたところの山荘が金峰山荘でした。行く途中の道で、道の横に趣のある木の鳥居がありまして、振り返ってみたのですが、目が悪くってどこの神社かわかりませんでした。そういったお山の神社の一の鳥居かなって。水も空気のきれいで、小川山で岩登りも思いきりできて、すごく楽しいキャンプでした。水晶きれいですね。冷たい河の水、山の緑を思い出します。

    返信削除
    返信
    1. そうでしたか~ あのあたりでキャンプ、気持ちいいでしょうねえ
      どの山かわかんないんですが子供の頃、あのあたりの川や滝壺で泳いだのがものすごく気持ちよかったの覚えてマス(・∀・)♪神社、どこだったんでしょうねえ?

      削除
  7. ときどき読ませていただいてます(^◇^)
    金櫻神社はゴールデンウィークの時期、2年続けて行ったことがあります。
    御神木の黄色い桜や山桜、椿などが咲いていて、とても美しかったです。小鳥のさえずり、桜吹雪、大樹の木陰を思い出します。

    返信削除
    返信
    1. お花の季節にいらしたなんて、ええですねヾ(*´∀`*)ノ~♪

      削除
  8. 昨日、旦那と大分の日田までご当地グルメB-1グランプリなるものに行ってみたんです。
    もー、人、人、人で待ち時間90分以上なんてざら(~_~;)
    比較的時間待ちが短いものから並んでましたが、旦那がこれ食べたい!!って言ったものにしぶしぶ並び…
    と、昇仙峡という文字が。あれっ、なんか聞いたことあるような…
    近くにパンフレットがあったので、手に取ってみると…あああっ、金桜神社が載ってるwww

    鳥もつ煮、美味しゅうございました!(^^)!

    返信削除
    返信
    1. あはは 笑
      そんなところでまたまた「で、どうしろと」なシンクロ 笑
      どうしてwaterさんとはこうやって共振(?)すんでしょうね(^m^)
      あの辺ってもつ煮が名物なんですかね。

      削除