2013年9月7日土曜日

久留米市 須佐能袁神社

久留米市に須佐能袁神社ってのがあるらしいんですけれどもね。
当然、御祭神は名前のとおり、素戔鳴尊だとすぐわかりますが。

神社のサイトを見ると

主神 素戔鳴尊
向かって右の座が 天照大御神
左の座が 菅原道真公

なのだそうで。そして

『建久八年(1197年)平家討伐に軍功があり、源頼朝から筑後国在国司・押領使に任じられていた竹井城主草野太郎永平が京都の八坂神社より勧請し、創建したと言われます。』

とあります。

スサノオさんって・・・、ここ一年くらいですかね、じぇいど♪にとってミの字の親分と並ぶ、礼儀に厳しいせんせー、でして^^;

教師が2人に増えちゃったよ・゜・(ノД`)・゜・

で。なんでじぇいど♪が行ったこともない、遠く九州の神社を紹介するのかってぇと・・・ここ、じぇいど♪のご先祖さまがつくった彫刻がある神社なんですね。

ということを、九州のwaterさんにお伝えしたことがあったんですが。waterさん、訪問して写真を撮ってきてくれました。ひゃっほ~\(^^@)/♪ すごいエネルギーを感じられたそうで、ぜひたくさんの方に見ていただきたいですとおっしゃってまして。ってことで、シェア。



なんか一緒に写ってます?

三の鳥居、なのかな?
楼門


楼門の内側

拝殿

本殿





ゾウさんもあるぞう・・・ってのはwaterさんが写真の説明に書いてたんですがwww



そしてwaterさんから神社訪問の感想をいただきました。

神社仏閣が大好きで九州各地の多くの神社を参拝してきましたが、こんな立派な彫刻がふんだんに施されている神社は初めてでした。

まず楼門の見事さにかなりの時間見入っていたのですが…いやいや拝殿、本殿がすごい!!全面に彫刻の嵐(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ


彫刻に圧倒されて御祭神にご挨拶するの忘れてました(笑)


あくまでも個人的な感覚なのですが、御祭神のスサノオさんのエネルギーもかなりパワフルでしたが、拝殿、本殿に施されている彫刻1つ1つに魂が吹き込まれていて、神社を守っている!!そんなかんじがしました。


時間を忘れてずっと観てましたよ…多分口があんぐり開いていたんではないかと(笑)
神社がちょっと苦手っていう方でも、この彫刻は一見の価値あり!!です。


今は県の指定文化財になって保護されていますが、

現存してくれて〃 ̄∇)ゞアリカ゛トォーーーーーーーーーーーーーーー♪

神社のある地域は宿場町で栄えた町ですが、

そのままの家並みが残っていてタイムスリップした感じです。

訪れた日の夕方から摂社の神事があるみたいで、町中に摂社名が書かれたのぼりが立っていました。地域に守られ、親しまれながら時間をゆっくり刻んできたような素敵な神社でした



ええと、彫刻つくったのは・・・じぇいど♪から見ると、じーちゃんのじーちゃん。そんな全国的に有名な人とかではないんで、少ししかネットにも情報がないし、何年か前に展覧会があったときに作られたパンフで、へーこんな人だったのかーって知ったくらいですが。なぜか龍をいっぱい彫る人だったみたいで。単に好きだったんでしょうか。それともやっぱ見えてたんでしょうか。

じぇいど♪そこの家のことで唯一覚えてるのは中庭に面した鴨居の上に、怖~い顔したお面があって。「悪いことすると、このお面に食べられちゃうんだよ~。」って誰かに抱き上げて近づけられて脅かされたこと 笑 2、3歳の頃。なんの面だったのかよく覚えてないんですが2、3歳の頃の記憶って写真でもなければ他に殆どないですからよっぽど怖かったんでしょう 笑 だいぶ大きくなって父に尋ねたら、父もそう言われて育って代々続いてるもんらしく。それも誰かの彫刻作品だったみたいですね。

あらためてパンフをひっぱりだしてきて読んでみると。九州のあっちこっちの神社の装飾作ったり、一族で今上天皇の大嘗祭に県から献上された主基斎殿の模型作ってたり。神社の彫刻つくった人の孫、じぇいど♪のじーちゃんにあたる人は神棚の大神宮とか仏壇とか茶棚とか飾棚とか輸出向けの変わった家具・建具を考案して常に新風を・・・って!え、まじ?今、和室の飾棚探してるんだよ、じーちゃん!たのむよっ!!

でもじぇいど♪のおばーちゃん、すごい断捨離女王だったので 笑 先祖代々の一切合財まわりがびっくりする潔さで周りの人にあげちゃって作品の一つである小さな仏像一つと身の回り品以外はなんもない状態で我が家にやってきたので・・・いっぱいあったであろう手作り家具もなんも残ってないんですねー残念。

ちなみに、もうん十年も前のことですが。じぇいど♪のママが、クチコミでヽ〔゚Д゚〕丿スゴイと有名だった霊能者の方に家族の写真とか色々見てもらったとき、じぇいど♪は、じぇいど♪が生まれた年の始めに亡くなっちゃった、その彫刻師だったおじーちゃんに守られてる、って言われたんだそうで。ありがとう、じーちゃん。ごめんね、彫刻師にはなってないけどっ!でもお寺や神社の彫刻見るのは大好きだよ。

ちゅまとじぇいど♪が昔風な和家具欲しくなったり、ちゅまが神棚を見てこーいうの作ってみたい、と言ったり、引っ越してちょっと今の家に合わない部分があると「・・・いっそのこと板買ってきて作っちゃうか?」とか言い出すのも。そして龍さんやスサノオさんにご縁があるのも。血、なんですかねえ 笑?



オマケ。



↑まるで須佐能袁神社を訪問した気分になれるたくさんの写真が他にもいっぱいあったのでムービーにしてみましたがうまく見られるかな?雨だったとwaterさん残念がってたけど、かえって気持ちがいいように思うのですが(*´∀`)?


応援ぽっちりありがとう(*´∀`) 。↓

精神世界ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村




13 件のコメント:

  1. こんにちは。
    久留米に来ました♪
    早朝にブログを見た時は写真が見られず、臨時の休みだったので来てみました。
    途中、神社の名前を確認しようとしたら記事そのものがなく、着いてから見たら写真も見られました。

    神社前に駐車場がありませんでしたが、近所に無料の駐車場がありました。

    返信削除
    返信
    1. わあお(°д°)!すぐにいらしたのですか!
      嬉しいデス(*´∀`)♪
      写真表示されなかったり一旦消しちゃったり
      ごちゃごちゃやっててごめんなさいね~

      削除
  2. water7/9/13 1:05 午後

    ご紹介ありがとうございました(^^♪

    近くにこんな素敵な神社があるなんて、じぇいど♪さんにうかがうまで知りませんでした…すみません(汗)
    多くの方に観ていただけて嬉しいです♪

    神社に参拝する前後はすっごい大雨で、境内でやっと小降りになったのですが…傘もささずに夢中になって写真撮ってました(笑)
    ムービーまで作ってくださって感激です。’+:゚嬉シ+.。゚(●ノω`o)゚.+:。泣キ+゚:.’。

    神社に行く道沿いにあった今村カトリック教会に立ち寄り、ミカエル様の像にお逢いしたのも必然だったのか(笑)

    >楓さん

    わおっ!!早速行かれているんですね(@_@;)
    そうそう、神社に駐車場ないです。
    お札やお守りも売ってる風でなく…
    観光地化されてなく、またいいんですよ~!(^^)!

    返信削除
    返信
    1. 雨だったのに写真たくさん撮ってくださって
      ありがとうございました!

      これまでパンフに乗ってる写真を数枚みたことがあるだけで
      全体がどんなところかもまったくわからないままだったので
      「ほぼ行った気分」にさせていただきました♪

      入口のお太鼓橋が素敵ですね♪石製なのでご先祖様たちは
      この橋の制作にはかかわってはおらんでしょうけれども
      家の中庭の池に赤いお太鼓橋つくっちゃって
      ライトアップしてあったりしたらしいです。

      あと父の小学校の夏休みの宿題を職人さんも総出で
      よってたかってつくっちゃって
      とんでもない虎の彫り物入りの文箱ができちゃって、
      と仕事とは無関係にモノつくるの大好きな人たちだったんでしょう。

      お守りすら売ってないちっちゃいとこなんですね
      大勢の方に見ていただけたらいいなって気持ちはありますけれども
      このまま地元の方々の氏神様として地味に大事にされて欲しいですね♪

      しかも一日に、スサノオさんとミカエルのセットだったんだwww

      削除
    2. そうそう、そうなんです!!
      このままの状態で、地元の方々の神社であって欲しいです(#^.^#)

      写真だけだったのですが「ほぼ行った気分」になっていただけて良かったです♪

      太鼓橋もいい具合に歴史を刻んでいて素敵なのですが、勾配もかなりすごすぎるwwwだったので渡るのを断念しました。
      わおっ、家の中庭に太鼓橋があって、しかもライトアップ(@_@;)どんなお家だったのでしょう…

      いや~そのとんでもない虎の彫り物の文箱も拝見したいですわ~!(^^)!
      私の母の実家は代々新潟で大工してたので、なんかその職人気質わかる気がします(笑)

      削除
  3. 素敵でした!!!!!
    私も写真の彫刻に目がいきましたが、
    やはり、昔の建物の、この場所にはこの意匠、という括りもある中で、存分に気合を入れて作り上げて、かつ、それが残っていて見る事ができるのは、素晴らしいなと思います。
    北海道在住なので、九州なんて(本州も)なかなか行けない所なので…。
    …眼福でした( ´ ▽ ` )
    ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. 北海道~九州じゃめっちゃ遠いですよねえ・・・関東からでも実は九州、生まれて引っ越しちゃって以来、行ったことがないですよ^^;

      そうですよねえ、きっとこの場所にはこの意匠とか、テーマなんかにもくくりがあるんでしょうね。

      日本の建築ってすごいですよねえ。この近所にもたくさん地味なお社も観光地として有名になった場所もありますけれども、よく見るとみんなすごい立派な彫刻が入ってたりして。それぞれ職人さんが何年もかかって作り上げたのだろうなあと思うと、別にじーちゃんのじーちゃんが作ったから、じゃなくても、これからはそこの神社の由緒がどうのご祭神が誰かだけじゃなくて建築物としての美を細かいところも味わって見るようにしたいなあ、と思いました。

      削除
  4. おんぽたんぽ7/9/13 4:35 午後

    じぇいど♪さん、私も行った気分になりました。^^
    ご紹介有難うございました。

    何故ゾウが?とも思いましたが、何だかアジアっぽい(南国)

    そしてwaterさん、movieご苦労様でした☆
    何だか、バックミュージックが欲しかったな。。。

    >ちゅまが神棚を見てこーいうの作ってみたい、と言ったり、引っ越してちょっと今の家に合わない部分があると「・・・いっそのこと板買ってきて作っちゃうか?」とか言い出すのも。

    スミマセン、どっとうけました。^^

    凄い発想。。。普通思いつくかな?

    とろこで、じぇいど♪さん。

    今頃突然ですが、ばんぶるちゃんが会いたい動物って何ですか?
    なぞなぞの答えの様に名前だけ教えて頂ければ、他の話は
    触れて頂かなくて結構ですので。。。

    よろしくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. すいませんそっけないムービーはワタクシです・・・
      音楽ぐらいつけろよですね・・・

      えーと「ワオキツネザル」だそうです。

      削除
  5. 札幌の主婦7/9/13 5:40 午後

    わたしに霊感というものはありませんが、なんだか龍神さんがぼやーっと写り込んでいるようにみえるのは気のせいでしょうか。
    いいお写真をみせていただきありがとうございました。

    返信削除
  6. みてくださってありがとうございます。
    龍さんがいっぱいいそうな場所ですよね~^^

    返信削除
  7. おんぽたんぽ8/9/13 9:23 午前

    じぇいど♪さん、おはようございます!

    「ワオキツネザル」、教えて下さってありがとうございます♪
    初めて聞きました。 何とマニアックな。。。
    スミマセン、見つけられませんでした☆

    それと、movieはじぇいど♪さんが編集して下さったのですね。
    誤解を招くような書き方をして、ごめんなさい。

    何だか音楽が聞こえてきそうな程、雰囲気のある写真だったのです。
    それで、バックミュージックのことを書きました。

    もしかしたら本当に音楽が流れているのかも知れないけれど
    それを聞き取れるだけの感覚の鋭さは無いのが、残念。

    「聖域空間」って、サウンド・スペース・コンポーザーの井出さんが

    いくつも聖域空間の音空間をつくってきた中で、
    いつも「これって、どういうこと?」と思うことがあるんです。 
    建築的な条件や音響機材はほとんど同じなのに、
    いざその場で音を出してみると、空間によって音色がまったく違ってくるんですね。

    と著書に書かれていらしゃって:http://plaza.rakuten.co.jp/waraumise/diary/201112280000/

    きっと、じぇいど♪さんのおじいちゃまも、それを聞き取ってと言うか
    何らかの形で感知されてて、彫刻を彫られていたのかな。。。と言うか
    その聖域を創る一端を担っていたかと思うと、素晴らしいなあと思います☆

    返信削除
  8. https://www.google.co.jp/search?q=ワオキツネザル&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=kegrUsC9JoSlkwWDhoHAAw&ved=0CAkQ_AUoAQ&biw=1920&bih=955

    これですね。アメリカではザブーマフーという番組のマスコットキャラでけっこうポピュラーでした。

    あーなるほど。どんな音楽が似合うでしょうね?
    私環境音楽、というか、環境を音で演出するってけっこう好きなのですが。
    そう言う感じですかね?

    井出さんの言葉、面白いですね。おじーちゃんは場の音を聞き取ってたかは知りませんが、音楽は好きだった人みたいで。三味線とか弾いてたり社交ダンスやってたり。そゆとこも遺伝かねーって。遺伝とか先祖縁って一緒に住んで影響受けたわけじゃないのにちゃんと自分の中に片鱗が伝わってる気がして面白いなあと思います。

    返信削除