2014年1月17日金曜日

普通が一番特別



みなさまお寒い中いかがお過ごしでしょうか。気づいたら一月は更新しないまま月の半分以上が過ぎてましたねぇ^^;すなおに例年のごとく「冬休み」表示にしとけばよかったなーと今更のように思いましたが、それでも訪問してくださってる皆様に感謝です♪

しかし、やーマジ寒いんですけどっ!すいません、マイナス気温の地域たくさんあるのに湘南程度でヘタレて。しかし、じぇいど♪、暑いほうはあんまり気にならないけどほんとに寒さには弱いんだなあ、って実感しながら、風呂ばっか入ってますw

★    ★    ★    ★    ★    ★

写真は今年もフィレ・ポーユさんからいただいた、「ことばのお店」の中川さくたろう氏の作られた偉人筆跡カレンダー。以前この記事でご紹介しましたが。偉人の手描き文字や線画などを様々な遺稿から丹念に拾って作られるこのシリーズ、2011年がダ・ヴィンチ、2012年がゴッホ、2013年がクレー、に続いて2014年は日本人、竹久夢二。違う月には漢字数字も使われててほのかな和の風味が日本にだんだん馴染んできた我が家にしっくりきます。

我が家の居間にはもう欠かせない存在のこのシリーズ、今のおうちにも不思議にぴったりフィットする場所が♪実はこれまでのも結局まだロフトの壁に貼ってあるんだけどね 笑

フィレ・ポーユさん、中川さん、ありがとうございます。2014年もお部屋にも気持ちにもしっくりとくるこのカレンダーさんに、我が家の一年を見守っていただきますね(^^♪

★    ★    ★    ★    ★    ★

新月で始まった今年の初め。以来、小惑星があわや地球直撃なんてことがあったり、惑星直列が何パターンも続いたり。超ド級太陽フレアが起きたはずなのになぜかなにもなかったり、大地震の噂があったり。

米国が世界が氷結するちゅう映画のごとくどんでもない寒波で街中見たことないくらい凍っちゃったり、はたまたオーストラリアでは+50℃で10万匹の蝙蝠が落ちてきたり。英国中が水浸しになったり。

日本はそりゃ寒いことは寒いけど天候は比較的静かだね、って思ってると阿蘇がちょっと小噴火してひやっとしてみたり。房総半島沖でスロースリップがあったり。

政治的なあれこれを脇に置いといたってこんなにも激動の時代っぽい。いやいやすげぇ時代のすごい時期を経験してるなあ、って妙な感慨に浸っておりました。

★    ★    ★    ★    ★    ★

もひとつやっぱ何か普通の時期じゃないのか?って感じた要因だったのは・・・・年末年始はここぞとばかり、観光地の季節労働者と化してバイト三昧だったちゅまたんが、松の内過ぎた頃からなぜか何日も寝るわ寝るわ。あまりに起こしても起こしてもまったく反応しない「これは寝てるんじゃなく抜けてるな」って状態だったので、不思議に思って「もしかして・・・仕事?」と聞くと、やっぱりそうだったらしいのですよ。こういうのは震災の直後以来のこと。仕事のピークは9日と11日頃だったらしく、以後はけろっとしてまたどこ行ったやらの鉄砲玉にもどりましたが。

そういうちょっと緊張感のあった新月~満月の時期でしたが。今回の満月は・・・個人的には、って話でしかないですが、やっぱり気持ちがいいなあ、と。満月、苦手な人もいるみたいですが、じぇいど♪家はなぜかみんなアゲアゲで元気になりますね。じぇいど♪は、適度に感度があがって、地にも、天にも、とりあえずこの界隈には、なのかもしんないけど、いいエネルギーが回っているなあ、シュリカンも忙しい時期が終わってご機嫌でめっちゃ元気そうだし、うんうん、やっといい感じで今年が始動した、って感じがいたしました。

★    ★    ★    ★    ★    ★

・・・なんてちっとスピブログぽいことを無理無理書いてみましたが。その間も「フツーの日常」ってのはどんどん流れてたわけで。

先日、じぇいど♪が「極彩色の雲をみようが、なかなかのイベントがあろうが、おでかけしようが、見えない存在たちとあれこれやり取りがあろうが。どうでもいいみそ汁マシンのことしかつぶやいていない本日のオレwww。日常がうまく回りはじめると特別なことが特別なことに思えなくなる。これでええのか、いかんのか。」とツィートしたのに対して某さまがコメント返しで「普通が一番特別」って言ってくださったんですけどね。ああ、いい言葉だなあ、と感じまして。

そしてね、2013年ってのは、その「フツーの日常」に至るまでの再構築、ってのをひたすらやっていたんだなあ、そのおかげで今があるのだな、そしてフツーの日常を維持するにも、結構手間暇かかるものなんだ、とね。そのとき、気づいたんですよ。

つまり、普通の日常、ってのは、なにもせずにただできあがって自然に流れていくわけじゃなくて。上手く流れてないところがあれば少しずつ改修・補修をしながら水をどんどん流していく治水工事みたいなものだし、いっぺんメインストリームを激変させちゃったら上手く流れ出すまでにけっこう時間も手間もかかって当たり前のものなんだな、と。

特になにも心配することなしに、なんでもない普通の日常が送れているな、と思えること。そのすごさとありがたさ。

ありがたい、って入力すると、有難い、って漢字で変換が出ますから、それで改めて意識したんですが。http://gogen-allguide.com/a/arigatou.html で言っているように、ありがたいは、有ることが難い、めったになくて、めずらしくて貴重、仏の慈悲などのおかげで自分は得難いものを得ているという感謝の気持ち、ってのが元になってる言葉なわけで。

目を剥くような天変地異のスゴイのの連続があるだけにますます、
普通であることの特別さと有難さ
ってもんをかみしめております今日この頃です、ハイ。


ぽっちり応援ありがとう♪↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



2 件のコメント:

  1. 初めまして。
    普通が一番特別。この言葉が今とてもしっくりくる日常を私も過ごしています。
    愛する人たちがいる幸せ。普通に過ぎていく日常。有難いです。
    ジェイドさん、改めて気づかせてくれてありがとうございます。
    ジェイドさんファミリーにとって、今年も楽しい一年になりますように。。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます^^
      ほんと、そういう日常を大事に味わいたいですよね(*^^)v

      削除