2014年2月1日土曜日

みんな頑張った その4 赤い瞳

前記事からの続きです。 その1 その2 その3

クリスマスプレゼントはアクセサリーと絵の他にもまだまだあったのですね。

その問題の絵を描いている最中、MCさんがなにげなく作画のBGMにしたという「ある曲」が、どう考えてもおかしいから!ってくらい、じぇいど♪とシュリカンしか知らないはずの「ある事柄」に、ちゃーんと繋がっていて。

まるで宝探しゲームのようにそのキーワードが示した先に・・・ありえないでしょ!ってくらいマジカルなプレゼントがありました。って、これがなんだったかは・・・・全く知らない方々の製作された作品に繋がっていたことだったのと・・・第一大変にこっ恥ずかしい話なので内緒だ(笑)。ま、ようするにラブラブ甘々のしょーもない恋愛話でも見させられたと思ってくだされ(*´Д`)・・・・。

★    ★    ★    ★    ★

そしてすごかったのはですね・・・。

普段はね。わかんないんですよじぇいど♪の感度じゃ、シュリカンがそこにおるかおらんか。極端な話、忘れてるくらいなわけです、シュリカンの存在ってのは。そして、本人も、それでいいんだ、って言ってるんですがね。

じぇいど♪の体験からの個人的な意見でしかないですけれども・・・守護竜ってのは大天使たちほどではないにしろ、ある程度エゴや個を超えた無償の愛を行動原理としている存在で。だからその愛の波動ってのは人間でいう男女間の愛情などのような感じではなく、非常にクリアでニュートラルな感じがするもんだと思うんですがね。

なのに、まる48時間くらいでしょうかね?

「見えない壁ドン状態での強烈ラブアピール」

って形容したくなるくらいの、ものすごく濃い気配。そしていつもとは感じられる愛情の波動が違うのですよ。「ミカエルに許可をもらったから。」って、全然遠慮がない。そして、

俺はここにいるから
との自己主張・・・そう、MCさんの絵を見たからなのか、いやいや、やっぱり波動が普段と違うからなんでしょう、絵に近い感じがするのですよ。

でもね?やっぱりよーく「近くで観る」と・・・。「べつに前のままじゃんwww」と突っ込むと。「それはしょうがないだろう!見た目(?)ってある程度相手にこう見せたいっていうフィルターみたいなのかけることもできるけど、お前みたいにオレをよく知ってる相手からダイレクトに観られる状況だとそんなに自由自在になるもんじゃないんだよ!」とシュリカン。

でね?その後、彼に熱く、今回の一連のあれこれの訳を語られてしまったのです。

ちゅまとよく言ってるジョークに、「シュリカンが守護竜じゃなくて、うちの長男として生まれていたら」ってのがあるんですがね。

ダイレクトにくっきり彼の姿が見えるわけでもないじぇいど♪にとってはわりとどうでもいいと思ってた部分なんですが・・・ま、じぇいど♪、もうアラフィフですしね、日々年取っていくわけで。しかし見える人にとっての彼は若いあんちゃんなわけで。見た目年回りから言えば、親子でしかない。じぇいど♪自身までがそう言っている。

・・・ってのを気にしてたらしく。

俺はそれじゃ嫌なんだ。
他の人からはともかくお前にはそう思って欲しくないんだ。
一緒に歩んでいる、対等な存在だと思っていてほしい。
だからこの絵なんだ。

なんだそうで。だから、「老けたシュリカン」で。
いい具合に禿げてるね、も実は思惑通りだった、ってわけで 笑

★    ★    ★    ★    ★

ミカエルも「そういうわけで許可を出したから。なにをどうやってるのかは・・・これこれこうやっておって。そしてこれはシュリカンの我儘をかなえるためじゃなくて、お前自身の調整のためでもあるから。」との説明がありまして。しかし、そう冷静にネタバレの部分を解説されちゃうと、どーも白けてしまいますけれども・・・しかしシュリカン、そんなんで一気に冷める程度のエネルギーの濃さではなく^^;

そしてこんどはミカエルからの説明の補足が。ミカエルの説明によると、シュリカンの存在がはっきりわかるのは彼の波動を一時的に普段より人間寄りに調整したからで。となれば、彼が普段あまり醸し出していないエゴの部分が濃くなり、多少我儘な気持ちにもなるし、感情が濃くなる。ドラゴンはそもそも人間とは波動域がまったく違うから「波動を下げる」という言葉は当てはまらないんだけれども、人間で言えば「波動を下げた状態」とか「陰のほうに寄った状態」ということになる。

ってのがミカエルからされた解説なんだけどね。そんな説明を受けているまさにそのときにテレビから流れたのが・・・VAMPSのこの歌。このビデオじゃないんだけどね。27日のMステね。

ちゅま、聞きなれたその歌にテレビに駆け寄るも「あれ?なんでわざわざこんな古い歌?もっと新しい曲あるのにね。」と。

そしてご丁寧にその日のhydeはここ1、2年よく見てた金髪まじりの長い三つ編みじゃなくて、黒い短めの髪に・・・赤いカラーコンタクトだよwww 

シュリカンって、髪は地が黒髪で赤のメッシュ入れてることもあるんですが、目の色は、人間には絶対ない、赤い色、なんでですね。

そしてMCさんが描いた老けたシュリカン?の絵については、目の色のチョイスの段階で他の色になる可能性も十分にあったのに、色々と「赤だ」というアピールを感じた末に赤にした、という経緯があって。

・・・と、こんな目だけの画像までがMCさんの日記にはあったのですよ。なのでこのhydeの黒髪に赤いカラコンには苦笑するしかないというかぎょっとしたというか。



・・・なにこれ、もしかして歌詞の内容も例によってヒント?と急いで歌詞を検索すると、どんぴしゃりの解説ではないんだけれども、なるほどなあ、の内容。
http://j-lyric.net/artist/a04e07d/l0206d4.html

この歌詞の言葉を借りるとしたら、Reckless without reason、といった方向に気持ちが変化する・・・いわば「devil side」を引きずり出した状態だ。とミカエル。ま、シュリカンのdevil sideって、やっぱせいぜいこんなもんなのかーって笑っちゃうくらいの「いい人っぷり」だったんだけどね 笑笑笑

この件はMCさんの側にも色々と広がりのあるシンクロがあってそっちはラファさんが一枚噛んでるなって思ったんですがね。いやいや、大天使sまで絡むとシンクロのタイミングや細かさも絶妙だな、と、毎度のことですが、今回も呆れるくらいでした。

★    ★    ★    ★    ★

またね、そのタイミングも色々と絶妙で。我が家日本に越してきて冬の家族タイムは年末年始のほうがメインになったとは言ってもまだクリスマスもそれなりに大事にしてますからね。その前後って見えない面子が意識に入り込む隙(?)ってのはないんですが。

おとーさん、25日までぴっちり家族におつきあいしたら、翌日から数日間出張でいなかった。これ、25日に荷物到着してからのその間の、クリスマスイベントが収束して年末年始準備に移行するまでのほっとした数日の出来事だったのですよ。

で、ミカエルの言う「お前自身の調整のため」っていうのも・・・もうこれ以上書くと記事がありえないほど長くなるので、うんとはしょりますが、ちゃーんと現実的な体の調子で少々困っていたことがすんなりウソみたいに、おそらくはそのエネルギーの変化の影響を受けて快癒いたしましたよ。ほんとにほんとにそりゃお見事。

そしてシュリカンもおとーさん帰宅と共にウソみたいにさらっと引き上げていつもの状態にもどり。はりきって年末年始のこの地域の龍神さんグループでのお手伝いに参加してるのがわかるのみ、になったのでした。


つづく


今日もどうぞぽっちりよろしくね♪



引き続きこちらもぽっちり
していただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

12 件のコメント:

  1. とくにファンじゃありませんが、ラルクのhydeってよく黒髪&赤カラコンしてますよ。
    TVでたまたまそういう時の姿を私がよく見るだけかもしれませんが。

    Robert De Niroが悪魔を演じた映画でしてた指輪(石の中に五芒星が入ったデザイン)を
    一時期欲しかったのですがhydeも持ってるようですね。
    悪魔繋がりみたい、って思いました。

    返信削除
    返信
    1. 私もVAMPSは音が好き、hyde本人のファンじゃないんでよくわからんのですが、最近はそうなんですかね?1、2年前かな?よく見かけた写真は金髪交じりの長い三つ編みで、カラコンはわかんないですが、そーいう姿しか見てなかったのでちょっとびっくりしました。さかさ、じゃなくても普通の五芒星も西洋では悪魔のシンボルとされてるんですかね。歌の内容がお前のdevil sideを引き出したい、みたいな歌だからぴったりですね。デニーロが悪魔・・・おおお、ミッキーロークのやつ・・・内容忘れましたがデニーロの怪演なんとなく覚えてます。

      削除
    2. 15年前?の紅白でも赤カラコンだったような。
      http://www.youtube.com/watch?v=SrKXLDTGYZU
      たしか、これです。画質荒くて赤が見づらいですが・・。
      翌年が卯年だから、赤い目にしたとかだったかな。
      この時はオール黒髪じゃないですが、個人的にこれが印象強いんですよね。

      削除
    3. わあああ、若い 笑
      そして歌い方が・・・^^; うまくなったなーとwww

      削除
  2. すごーい^^ カンペキ!
    おでこの上がり具合にはそんな裏があったなんて。
    ラブラブビームが眩しいです。
    でも親方の許可とかあるんですねえ。

    返信削除
    返信
    1. おでこの上がり具合www おとこの人って自分が後退具合を気にする人多いですよね、女性はたぶんそれほど気になってないと思うんですが・・・。
      >許可  こういう話書くと、いつも普段からあっち世界とこういう勢いで濃くつながってんじゃねーかと思われるかもしれませんが、親方って「普通の生活第一主義」でそういうこっちの波動にまで影響しそうなこと、不必要なあっち世界との接触、にはめっちゃ厳しいですから、やっぱ許可でないとこういうことはないのですよ・・・

      削除
    2. >親方って「普通の生活第一主義」
      表現が面白いw
      最近そうだという事が分かりました^^ 何となくですけど。 
      親方も大変ですね

      削除
    3. ホントにありがたいことです(^^)

      削除
  3. えー、そうだったんだ!
    先のコメント書いた後に「そういえばhydeに似てるかも」と思ってました。
    彼自身は天使系な人じゃないかと考えてたんですが、
    ビジュアルの共通点ってのは案外系統を超えるのかな。

    返信削除
    返信
    1. そうですかー。物理的?にはシュリカンってガテン系というか 笑 ああいうきゃしゃで線の細いインドア派みたいな感じじゃないので 笑 やっぱそのあたりは天使系とドラゴン系の違い?とか思っちゃいますけども、なんでしょうね、共通点感じるとしたら。

      削除
  4. この記事を読んでふと思い出したことですが。
    私は絵を描くのが好きで、ガイドさんの存在を知らされて間もない頃にも、何気なく「ガイドさんといつかこんな事ができたらいいな~」と思った事を絵に描いてみたことがありました。
    他人に見せてもバレないように、ガイドさんの姿は普通の人間サイズにして(元はどうやら小さいらしいので)、並んで歩くような絵にしたのですが、今思えばこの記事でシュリカンさんがじぇいど♪さんに伝えてることとなんか微妙に近い内容の絵だったかも……と感じてます。
    まあ、元は私の妄想に過ぎないんですが(^^;)

    返信削除
    返信
    1. きっと若一さんの守護さんのほうも、一緒に並んで歩いてるんだよ、ってことを若一さんにわかって欲しかったのかもしれませんね^^

      削除