2014年3月5日水曜日

みんな頑張った再び その8 シュリカン、ハゲの次は白髪に。

その後、ちょっとした疑問が湧いた瞬間のこと。
「それはね、○○するといい。××だからね。」と、脳内に浮かんだばかりの疑問に、すっと斜め後ろから真横に寄り添ってきて毅然とアドバイスをしてきた存在が。

じぇ「スーさん・・・じゃなくてシュリカーン?えええええ?うっそぉー(゜o゜)・・・・。」

そこには、ちょうどMCさんがここのところ苦心して描きあげようとしているスーさんによく似た雰囲気が混じった、自信に満ちた姿・・・いやだから相変らず見えないんだけどね・・・の、和のエネルギーを纏った、びっくりするほど大人っぽくなったシュリカンが立っていたのでした。
スーさん byMCさん(部分)

じぇ「どしたの・・・ってか、なんでそういうアドバイスをシュリカンが?」と尋ねると。

シュ「権限をもらったんだ。ここのエリアの存在たちの総意の意識、その上位存在になる日本の守護存在たちの総意の意識、そういったところからお前への言葉はこれまでスーさんがお前に伝えてたじゃない。その役割をね・・・これからは俺が仲介することができるんだ。

彼の(スーさん)エネルギーと融合している間は・・・まるであたらしい肉体を器として得た、そんな感じなんだよ。ほら。」
・・・とハグしてくると・・・あれ?ほんとに、以前の「ハグしてるんですねそうですか」とその事実が分かるだけ、というのとはどうも違う、これまでよりも濃く、ほんの少しだけ互いの次元が近づいたような不思議な感触が。

「そしてこのエリアでの仕事の幅も、これまでより大分広げてもらえたし。もう以前みたいに、俺の目の前でお前になにかあったとき、他の誰かがお前を助けて俺は何もできずに見てるだけ、っていう悔しい思いをすることがないといいな、と思うよ。」
少し恥ずかしそうに、でも、誇らしげに、そう言いました。

そうか、だから担任の先生としてのスーさんはもう二重には必要ないから、いなくなってたぶん今後身近な存在としてお世話になるのであろう本部長に交代したんだったのか。

これまでの経緯がとても納得、なのでした。

★    ★    ★

すると、その経緯なんかまだ全く知らなかったMCさんがものすごく面白いことを。

壁に貼っていたシュリカンの絵、テープで直接壁に貼っていたのですが。その上部のテープが取れて、うなだれるように裏返ってるのを発見。持ち上げて貼り直そうとすると・・・なんとシュリカンの絵の髪の色が薄くなってまるでロマンスグレーのようになりさらに老けた姿にwww・・・これは修正したものか。

そして、スーさんの別の絵のスケッチをしようとしたら・・・どうも描こうとしてた姿よりもずいぶん若くなっちゃった。これはなにかの暗示なのか、と。
若くなっちゃったスーさんの絵 
byMCさん
大人っぽくなったシュリカン。若返ったスーさん。
いやまあなんというタイミングだろうね( *´艸`)。感じたものを、そうなんだよ、見間違いじゃないよ、覚えておいてね、と言わんばかりのサインをこうしてわざわざMCさんの絵を経由して伝えてきた、としか思えぬような出来事。

そしてMCさんが、スーさんの絵を描き始めた時のご所望曲だという「愛について」(スガシカオ)から2行抜き出して教えてくれました。
「なにひとつ 確かに見えなくても おびえる事は 何もないから」
「Oh baby ぼくは君に 話しかけてる あの日のように いつものように」

MCさん「この曲も立春前後に出て来た曲で。。。やっぱり神なんですね、スーさんって。。。ところで今日のなに見えのブログを拝見して気が付いたのですがwww (注:着物を作ってるって話)桜じぇいどちゃん、シュリカンさんの着物、作り終わりましたか?若返ったスーさんwww服着てないwww」

シュリカン、まさかの仕事着がないという状況・・・・? 聞いてみたら最初は確かにそうだったらしいんですがwww 

後日のこと。このシリーズ記事すでに載せ始めてた2月28日の夜。でーきたぁ~、と桜じぇいど♪が布をたたんで誰かに渡したところが見えまして。箱だか盆だかに恭しく収めて捧げ持った案内の女性についてまた長い長い廊下を進んでいくと・・・注意力散漫なのか(笑)途中の関係ない部屋が気になって「ここなんだろう?」って立ち止まり。いくらやってもそれ以上はなにも見れなかったんですが。

翌日の3月1日新月の日、っていうかね。寝起きだったからまるっきりそんなこと意識してなかったんですけれども。着物が完成して袴や中に着る?付属品は上の方々から贈られて、これから挨拶回りに行くんだ、と、シュリカンがキリッと「行ってきます」を言いに来ました。

染めってのはどうやら上の世界での「紋入れ」みたいな話だったようで、ある「印」が入ってる様子。着物の地の色は白のまま。そしてやっぱりなるほどな紋が入った袴を贈られたとかで・・・・ってちょっと待て、上のスケッチを見たせいなのかなんなのかもうわからないけど、長髪を後ろにまとめてる?禿げて白髪になったんじゃないの 笑?いつ髪伸びたの( *´艸`)?

★    ★    ★

食われそうになったすったもんだの日、ちゅまにシュリカンのやってたことのあらましを話すと。
ちゅ「六天さん(@@;)!それは白髪っていうか・・・もう、人間がやったら過労死しそうな仕事だよね・・・シュリカン、そこのソファーで寝ちゃってるよ・・・。」
じぇ「疲れ果てたんだね(;´∀`)当たり前だよな・・・」
ということで、爆睡してると思ってたシュリカンなのですが。

舞台芸術大好きなちゅまとソチOPの閉会式を盛り上がってみていましたらね。日本だったら・・・音楽監督誰だろう?君が代は誰が歌うのかね、○○がいいんじゃ、なんて2人で好き勝手会話の途中、え?と、突然ソファーの方を振り返ったちゅま。
ちゅ「君が代はゴ○ペラーズ・・・・・・・だってwww。シュリカン、寝てたんじゃないの 笑?」
シュ「んー・・・あと・・・あ○しはやっぱ出るっしょ・・・」
ちゅ・じぇ「ええええやーそうかなああああ(*´Д`)?」

仕事の時は仕事の顔、えらく成長したみたいですけれども。家でだらだらしながらちゅまやじぇいど♪や師匠と馬鹿話してたり、外食のときに横でしっかり一緒に食べてたり、じぇいど♪のお出かけ先に必ず付き添ってくれる、いつものゆるゆるシュリカンの部分もちゃんと残ってるんじゃん、と、なんだかほっとして。いやいやお別れがくるかもみたいな前フリだったのに、たいしてかわっとらんじゃん、ですね・・・・なんかドラマチックな別離の話でも想像してた方々、ほんとにすいません^^;

★    ★    ★

そしてシュリカン、挨拶回りが済んだその後は。

ちゅ「なんか、いったいお前はこれから何になるんだって感じですごい勢いで勉強させられてるよ!すごい大変そうなんだが・・・今日はここの龍さんから日本史の講義受けてるよ。」
じぇ「あー昨日だかは、あの着物姿で上空かなあ、じーっと立ってどこを見てる風で動かないから何してんの?って聞いたら、地域全体を体感として把握する練習させらてるとか言ってたな。」
ちゅ「わあそりゃ大変そう・・・何にさせたいんだ龍さん!でもねえ、あの例の師匠もそうだけど・・・なんのジャンルでも師匠ってのはもちろん教育のために弟子を取るんだろうけどさ・・・本音で言うと少しでも自分の時間が欲しいからでもあるよね 笑」とかなんとかwww

じぇいど♪の意識の上でも、ふと何か伝えてくる存在というのは、もうシュリカンなのか、スーさんなのか、本部長なのか、親分なのかカイルなのか、意識することも詮索することもなく素直にその内容だけを受け取るという以前の通常モードに戻り・・・しかし確実に以前と違うのは「ふと気づくとシュリカンの存在を忘れてしまっている」という小さな罪悪感のようなものがすっかり払拭されていることで。

そんなシュリカンのためにおみくじを引いてあげると。よりそはむひまはなくとも文机(ふづくえ)の うへには塵をすゑずもあらなむ。恋愛は「不本意ながらうまくいきにくくなります。大切なのはあなたの信じる心」で、学問が「頑張り時。ボーダーラインかもしれません。もし壁が現れてもひるまず何度も勉強し理解しましょう。」運勢が「少しでも時間が空いてしまうと今まで努力してきたことが途切れてしまうような大事な時期です云々。」だとかなんとか。恋愛はそうね、見えない壁ドン状態、ちょっとの間だけ許可もらっての特別期間みたいだったけど、おとーさんとらぶらぶのじぇいど♪を守る守護竜という関係にもどったものね。そしてさらに学習しろと尻を叩かれてるしwww

じぇいど♪は千早ぶる神の開きし道をまたひらくは人の力なりけり。ううむ。今回のことすべてを振り返ると身が引き締まる言葉だね。今回変わったのは上の桜じぇいど♪とシュリカンという、肉体のあるじぇいど♪からはかけ離れた次元でのことみたいだけれども。神々に開いてもらった道をまた開く、つまり、この出来事を肉体のあるじぇいど♪にとっても意味を持つことにするのはじぇいど♪自身なんだよ、っていう、ありがたい「まとめのメッセージ」なんだろネ、これって。そしてさらなる詳細解説には、またまた、あなたの思うことが現実となりやすいときです、だから心を明るいほうに向けてください云々。また同じこと言われてるじゃんww いやいや誰だよこういうエンディングまできっちりした仕込みをするのは。

★    ★    ★

なんだか2人で無駄に大騒ぎしたような気がして色々申し訳なくなっちゃうけど・・・何人もの方々が、ほんとにいろんな形で支えてくれて。

みーんなみーんな、頑張った!
そして、シュリカン、ホントによく頑張った!

スーさん byMCさん(部分)
スーさんの後ろの龍にご注目。PCの方ぜひ
クリック拡大してご覧ください。実は目が赤いの(笑) 

かかわってくれたみなさま、ほんとにありがとう。
そして長い長い話を読んでくださったみなさま、コメントやメールをくださったみなさま、記念写真のような絵を下さったり、プレゼントくださった方々もありがとうございました。

大騒ぎしちゃったけど、おかげさまで、すごく幸せな思いをさせてもらいながらこの件を終えることができたな、と思います。


やっとおしまい 笑


  今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 


  引き続きこちらもよろしくね♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

14 件のコメント:

  1. おんぽたんぽ5/3/14 8:11 午前

    あー良かった、シュリカンさん居なくならなくて。^^

    家のドラちゃんも、濃密なコミュニケーションは取れないけれど
    シュリカンさんの様な形で居なくなったら、寂しいなと思ってました。

    >そんなシュリカンのためにおみくじを引いてあげると
    この辺りが、やはり凄い。。。じぇいど♪さんの凄いとこ。

    もちろん、ちゅまちゃんだって、そういう機会があったら
    おみくじ引いて上げるんだろうけれど、
    やはりコミュニケーションが取れてないと、思いつかない行為です。

    じぇいど♪さんのご先祖様には、確か仕立て屋さんがいらっしゃった筈と
    思いながら、桜じぇいど♪ちゃんが着物を仕立てるお話しを聞いて思いました。
    (じぇいど♪さんのお祖母様の事が書かれた本で読んだ気が。。。
    間違ってたら、ごめんなさい)

    フランス語も、教えて頂いてありがとうございました☆
    永遠の別れなど無い、ですものね。。。
    素敵な言葉ですね♪

    フランスと言えば、今、ジャンヌダルクの映画を観てるのですが(今頃?^^)
    あの人も、ホント凄いですね。。。

    じぇいど♪さんを始め、そこから生まれた数々の出会いに、感謝です♪

    返信削除
    返信
    1. めでたし、めでたし、です。
      いやおみくじはなんとなく引いてみて結果にびっくりしましたよwこれは一本とられたwwwって。
      そういやそうですね仕立て屋さん。でも縫うほうはお手伝い程度だったようです。いや織るほうだって先生つきっきりだったみたいだけどw。
      ジャンヌさんですかああああなつかしや。あの人のなにがすごいって、確証もなんもない「お告げ」にちゃんと従ってそれを領主(でしたっけ?)に実際に告げに行く、っていうそこが一番すごいなと。
      こちらこそ感謝です♪

      削除
  2. ほっ(*´ω`)

    >ちゅ「六天さん(@@;)!それは白髪っていうか・・・もう、人間がやったら過労死しそうな仕事だよね・・・

    ホントに頑張ったんですね。
    なんかヒョロイ兄ちゃんから大人の男へ・・って感じします。
    肉体があってもなくても常に勉強なんですね。
    シュリカンくんどんなおっちゃんになるんやろう。楽しみですね♪
    着物着てるなら首からかけるお守りあげたいですね←なんとか映画の見過ぎ(^-^;
    でもスーさんのイラスト、何か握ってますよね。お守りかな?w

    返信削除
    返信
    1. たしかにひょろい兄ちゃん、でしたものね・・・。あちらの世界も常に勉強だの資格取得だの誰に聞いてもそうだからそうなんでしょうね。首からさげるお守り!そういや昔の日本人はよくしてましたよねえ?

      削除
  3. …何度もコメントを書き込もうとして、消えました( ̄▽ ̄;)
    懲りずにもう一回書いてみます。

    2月28日、だったのですね。
    意味深な日程です(笑)。

    3月から本格的に始動って感じでした、こちらも。
    私も2月は過労死寸前の状態で…リアルでも忙しくて後半は休日さえありませんでした。
    生きるってサバイバルですよね。
    でも、生きていないと幸せな『いま』もないわけですし(*^^*)

    返信削除
    返信
    1. あらま・・・・楓さんのコメントってなぜかスパム扱いで保留になってたり、よくあるのですよ、なぜでしょう・・・・意味深な日程でしたか?挨拶回りがきっちり新月だったのはなるほどな、でした。そんなにサバイバルでしたか・・・おつかれさまです。

      削除
  4. フォーレル5/3/14 11:45 午後

    シュリカン君よかったですね。私も、読みながら、2日日曜日の深夜[3日]BSで、笹本玲奈ちゃんのジャンヌダルクの舞台にらんでました(笑)今やるのかーと。

    返信削除
    返信
    1. はー・・・そうなんですか(=゚ω゚)・・・・なんでしょうかね・・・そうですね、記事の一部に書いた短所が裏目に出て短命に終わった壮絶な生、あの方はミカエル系の魂全体のアイコンみたいなもんでしょうし、実際にはなにがあってああ言う結末になったのかわかりませんからその一つでもあるかどうかはわかりませんけれども、短命はほんとに短命ですねえ・・・

      削除
  5. じぇいどさんご無沙汰しております。遠足で以前お世話になった旧マッキーと申します。

    シュリカン君の一連の流れを読ませて頂いて、シュリカンが居なくならなくて本当によかったです。

    私は最近夢で白龍が死んでしまうという内容を見て凄くショックだったので。
    その夢で白龍の住む社が無惨にも破壊されて、白龍が宿っていた像も壊されていて、スピリット状態の白龍に助けを求められるという内容でした。

    暫くは私が白龍を介抱してたんですが、どうにも状態が良くないので、どうしよう?と思ったら、ちゅまちゃんに雰囲気の良く似た何故か5歳くらいの女の子の姉妹が住んでる家に転送されました。

    女の子と家の外に出ると、何故か風景が江戸時代のような白壁が立ち並ぶ通りに出ました。

    川の側のお茶屋さんみたいなベンチに座って、女の子に白龍を渡すと、透明だった白龍は姿を現し、全長30cmくらいしかない、小さな鱗の体に青いタテガミをしていて、グッタリしてました。

    女の子は「残念だけど、もう手遅れだね」と言ってました(T . T)

    すると川向こうから、群青色の衣に黒袴をはいた長髪の男がこちらに向かってくるのが見え、女の子が「早く逃げて!」と言ってきました。

    私は何とか宮島のパラレル次元に逃げたんですが、男に先回りされて結界に閉じ込められたようでした。

    私は帰る為に結界を切ったんですが、そういえば前日にしめ縄が掛かってた社の前に、この男に似た人物が立ってるビジョンが見えて、私はしめ縄を切るような動作をさせられたよなと。

    もしかして、龍の宮が破壊されたのは私がしめ縄切ってしまったからなのか?とかなり目が覚めて落ち込みました。守護龍でなくとも、別れるは辛かったので。

    その白龍は去年「龍の宮を探せ」と脳内放送が流れてビジョンで見た、古い社にいた千と千尋にでてくる白龍に似てたので、あの時無視らない方がよかったのかなとか。時既に遅しですが。

    あと絵に描かれている黒龍と龍玉ですが、そういえば去年の夢でどっかの河原に犬夜叉に良く似た、赤袴に白い衣を着た青年が黒龍が彫られた黒い金属性の輪っかを肩にかけていた夢を思い出しました。

    彼はその黒龍の彫り物の口から黄色いFF7のマテリアに似たような玉を取り出して、剣に装着して使用してました。

    私は巫女で土地ごとのエネルギーを読んでマテリアを選ぶように言われてたみたいです。その時は私と1番シンクロ率の高い黄色のマテリアでしたが。

    黒龍の輪っかには黒龍エネルギーの他に緑龍やその他のエネルギーも込められおり、エネルギーが大き過ぎて扱い方が大変な気がしてました。

    シュリカン君も日本のエネルギーを浴びると西洋竜が絵のように東洋龍化することってあるんでしょうか?

    うちの遠足ドラの黄竜は、時間の経過と共に何故か東洋龍の姿で見える時もあって、私が始めから勘違いしてたのかな?とか。

    でもシュリカン君の子供らしかったから元々は西洋竜のはずなんですが…また別に似たような色の子がいて、勘違いしてるだけなのか謎です。

    返信削除
    返信
    1. マッキーさん
      それはショックな夢でしたね。きっとマッキーさんもこのような「突然見せられた謎の光景」を、一見ばらばらなように見えてもできるだけ忘れずに記録して、あとで丹念にたどっていくと、いつかその先の「なにか」に繋がるのかもですね。
      私も今回のことは、書いた部分以上に前後にながーく繋がってるんだな、と思わされました。
      東洋龍が西洋竜に生まれ変わるとかもあるでしょうし、所詮エネルギー体といったらそのあたりはあまりこだわるとこじゃないでしょうし、いろんなケースが考えられますでしょうね。

      削除
  6. はじめまして。MCさんの絵がずっと頭から離れず、何か思い出せそうなのに…と、何度も見に来てしまいます。スー様(?!)が胸に握っているのは石かな…なんて考えたり…。こちらのブログはアメリカ編の頃から拝読させて頂いておりました。これからも楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. おおお、なにかスーさんの絵がきっかけになるといいですねえ。まだこの絵は完成品ではないのですよ。なにを握ってらっしゃるのでしょうかね。
      長い間読んでくださってありがとうございます。これからもどうぞよろしくです。

      削除
  7. 初めまして。着物姿のシュリカンさん素敵ですね^^ 
    素敵すぎてあの絵をみた瞬間クラッときました(笑)
    頬の傷が気になりましたが、何か意味はあるのでしょうか?
    というのも、私が浮かんでくるイメージで左頬に斜めの傷がある男の人というのがあって、一回だけビジョンでも左頬に傷のある銀色の髪の毛の男の人が見えたことあるんです。

    あとGACKTのVanillaという曲も数年前によく聞いて、一時期頭の中に曲が流れてきたりしていました。
    安息香も好きな香りで一時期よくそのアロマを焚いてました。

    黒龍や赤い目、頬の傷、GACKTの曲や安息香のお話など、シンクロがたくさんでビックリしました!!

    これからもどんなお話を書かれるのか、楽しみに拝見させていただきたいと思います^^

    返信削除
    返信
    1. 着物姿はシュリカンではなくてスーさん、です(;・∀・)。傷はなんでしょうねえ。芸術というのは、作者にとって、と受け手にとって、の意味は違っていいと私は思っているので、それぞれにとっての意味、内側で自分がその作品を見ることで感じるものを受け取るのでいいんだと思います。涼花さんがその男の人のビジョンを思い出したこと、様々なシンクロを通じてあれこれ思い出したり、あれ?って気づいたことに意味があるのかもですね?しかし色々シンクロしているってのは、面白いですね^^これからもどうぞよろしくです。

      削除