2014年3月7日金曜日

見えない世界の香りって?


シュリカンはバニラビーンズの匂いがする、って話から、じゃあそれってドラゴンならみんなそうなのか?個体差はあるのか?って話になりまして、普段から匂いに敏感で上の世界の匂いもある程度お持ち帰りできるちゅまに聞いてみました。

バニラの匂い、ってのはシュリカンが、って話で、やっぱり個体差はあるとのこと。

ちゅ「みーちゃんは桃の匂い。でもね、ちょっと熟しすぎた桃の匂い。そこまでさわやかないい匂いじゃないんだよ。ちょっと茶色くなってる系の。」

桃は唯一我が家で誰からも文句が出ない香り。ちっちゃい子ってなんとなく甘い香りしますけれども。飴ちゃん大好きなみーちゃんらしい香りですね。

じぇ「へー。あとは?」

ちゅ「知らないよ!みーちゃんのはシュリカンがよく、いい匂い、ってくんくんしてるから気が付いただけでさ。人の匂いなんてどんな匂いかな、なんて嗅がないし!わざわざ嗅ぐ?人の匂いって。よっぽど親しい人じゃなきゃわからないもんでしょ?」

じぇ「まあそうだね 笑 ちびドラちゃんは?」

ちゅ「うーん、自分自身みたいなもんだからなあ、わからない。自分の匂いってわからないし。」

じぇ「そうねえ。ばんぶるが「おかーさんの匂いっ!」って喜んで抱きしめたりしてる毛布とか、ぜんぜんどんな匂いなのか自分じゃわからんしねえ。」



ちゅ「ただ・・・天使は・・・くさい」

じぇ「えーやめてwww でもさ、よく天使は薔薇の香りとかいわれてんのに?」

ちゅ「いや、あんじゃん、モールとかでめっちゃくさい店。うわー、この店、くさっとか。なん焚いてるとか撒いてるとか」
じぇ「焚いてるとかって・・・店頭でサンプルをディフューザーで流してる店のことか?」
ちゅ「そうそうきつい系アロマとかまあ、バス用品屋とか。薔薇かどうか知らないけど・・・薔薇の香り嫌いだしね・・・・なんかそういう匂い。」

なんだ。じゃ、天使はたぶんやっぱり薔薇とかそういうフローラル系統の香りなんじゃないか。

そう。じぇいど♪は薔薇フェチなのに、ちゅまは薔薇の香りがめっちゃ嫌いなのである。ちゅまを除く全員が薔薇の香りはむしろ好き。だから、薔薇のお茶はもちろんちゅまは飲まないし、入浴剤とか柔軟剤とか選ぶのにめっちゃ揉めるのである。

たとえば最近揉めてるのは、これ。ローズの香りになってからお風呂掃除が楽しくなったね、ってももちゃんもばんぶるもじぇいど♪も喜んでるんですが。ちゅまにとっては、香りが残ってると、きゃーやめてー、の事態。

人によって好きな香りと嫌いな香りが大きく違うのはどうしてだろう?って常々不思議に思っていましたが。もしや出自系統の違いが関係することもある?


ちゅ「でもさあ。上の人だって人間だってなんかそれぞれ違う体臭があるなってのはわかるけど・・・言葉ではどんななのかってのは説明難しいじゃん。この人とこの人の体臭が違うってのはわかっても、じゃあなんの匂い?ってのは「○○に似ている」って形で説明するしかないから。だから似てるものが見つからなければ、なんの匂い、ってのは説明できないよねー。」

この記事によると
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-2057.html
人間に嗅ぎ分けられる匂いって1万種類もあるんですと。

そして匂いのことについて検索してて見つけた記事。わりとこれは知られてることだとは思うんですが、いいな、と思う異性の匂いってのは、自分と似ていない遺伝子の人の匂いなんだって研究結果の話。だから逆にお年頃の女の子は「おとーさん、くさぁ~い!」って言われるってことらしいですけどね。
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20131118-00033191-r25

そしてそして・・・
http://matome.naver.jp/odai/2136594909350354501
http://x51.org/x/04/08/0431.php
特定の香りはそれにまつわる記憶を想起させるし、ある種の情動的変化を引き起こす。

(;・∀・)・・・。

これって前々から聞いたことがあった話だけれどもさ。
なんか今回の経緯を振り返ってみると・・・
上手く嵌められちゃった気がするよねっ 笑

誰に・・・?

自分に、です。はい(´・ω・`)。


  今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 


  引き続きこちらもよろしくね♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

19 件のコメント:

  1. 神様にも匂いがあるって私も見える人に聞いたことあります。
    何かの集まりで皆が「く、臭い…??臭っ!!」と言い出した時、そこにはインドの神様?が遊びにきてたとか。
    カレー屋さんのスパイス的ななんとも言えない日本人に馴染みのない濃い〜臭いがけっこうキツかったとかw
    アロマ検定1級をとったことあるのですが、フローラル系、ウッド系がほとんどなのにイマイチ好きになれず取ったはいいけどそのままに。
    天使様はフローラル系かあ…ドラゴンはバニラ?ということはスパイス系なのかしら?
    日本の神様はやっぱりオリエンタル系の香りほんのりしそうとか色々考えると楽しいですね!
    旦那の匂いに一目惚れならぬ一嗅ぎ惚れをした私は、フローラル系は苦手でオレンジ、レモン、グレープフルーツ、桃などやはり食べられる系が大好きです。原始的な嗅覚してますw

    返信削除
    返信
    1. わはははw インドの神様はカレーの香りなんですかwww
      そりゃ面白いですね
      日本の神様・・・・どうなんでしょうね?
      一嗅惚れ、リンクした記事を読んだ後はそういう面で人に惹かれるってことにすごく納得です。そして、原始的本能にものすごく忠実なことだと思うんで・・・ひとみさんがとっても健康♪ってことですね^^

      削除
  2. 札幌の主婦7/3/14 4:07 午後

    こんにちは、おもしろいお話ですね。わたしもフローラル系はにがてでグレープフルーツとかレモンなどさっぱり系がすきです。最近話題の30~40代のにおいは50代以上の加齢臭とはちがうというのは夫(60代)で感じていましたよ。気を付けていてもする匂いはしかたないですがエチケットとしてすこしは気を付けたいものですね。体臭にしても香水などにしても。

    返信削除
    返信
    1. なるほどミドル体臭というのが加齢臭とはまた別にあるのですね。初めて知りました。匂い、香り、エチケットには気を付けたいですね。ただ、現代人って体臭を消そうとするあまりに不健康なことをしていたり、ってこともあるのかなあ、とも思ったり。

      削除
  3. とめぴぃ7/3/14 9:13 午後

    こんにちわ、いつも楽しく拝見させていただいていま~す。
    ここ最近香りについての記事読ませていただいて、ふと思い出したことが。
    だいぶ前のさつきのさんのブログのある記事を読み始めたときに、ラベンダーの香りがしてきて、??ここ仏間だよ??なぜ??と
    で、読み進めていたらラベンダーが出てくるお話っていうことがありまして。
    その時以来、突然現れる香りに気づくことがあって数回。毎回??何で??って思ってました。
    今回のじぇいど♪さんの記事をみてなるほど!と。こんなこともあるんだなぁと納得しました。

    返信削除
    返信
    1. 面白いお話ですねえ。そういうときって、見えない方々が出しているサインなのかなあと思うんですが・・・具体的にはいったいどうやってるんだろう?ってほんと不思議です。

      削除
  4. 天使さんとかドラゴンさんって体臭強めなんですね。
    バニラとかバラの香りって重めだから微かに香る程度なら好きだけど、濃ゆいと頭痛くなって強制終了されちゃう…きつい香りは苦手だぁ(>_<)

    私はこどもの時頃からお線香の香りを感じるときが極稀にあります(8割くらいはテンパってるときですね)。
    お線香っていうか、白檀とか伽羅になるのかしら?
    そんなときに限って辺りを確認してもお線香的なものは何もないし。
    探ってみると後頭部~背中辺りから香っているような?
    ビックリするけれど不思議と気持ちが落ち着くんですよね。
    私には高次の方々は見えたりしないけど、誰かが居てくださるのかもと思ってありがとう、わからなくてごめんね、って言うようにしてます。

    返信削除
    返信
    1. うーん、体臭強め、ってことはないと思いますよ?・・・たぶん。体臭強いかどうかよりも人間のほうの感知度の差のほうが大きいような気がしますけれど。そしてよほど香りに意味があるシチュエーションとかじゃないと香りに気づかないんじゃと思いますし、香りが邪魔になって強制終了してしまうようなことは、ガイドさんがさせないと思うんですけどね・・・?ま、なにせ私も香りはめったにわからないので、たぶん、でしかありませんが。
      お線香の香り、なんでしょうね。気持ちが落ち着くなら、ガイドさんの出している手助けの一つなのかもしれませんね。感謝ですね♪

      削除
  5. フォーレル8/3/14 10:11 午前

    獣の奏者という本に、闘蛇というトカゲが出てきまして、たしか麝香のようなにおいがするってありました。個人的には鱗の方たちがの香りって?という感じなんですが、

    シュリカン君の香りって、それこそ目からうろこなかんじでした。天使はわからなくもなくて、そうかもって思ってましたが、

    ちゅまちゃんったら、バニラのお菓子食べるたび思い出しちゃいますよ~。。。
    あの豆は、裂いてなかの粒々入れて牛乳温めたりして香りつけるんですよね(笑)

    そんなによく覚えているわけじゃないけど、過去生に結びついている香り、記憶に結びついている香りがあって、ダイレクトに連れて行ってくれる感じです。

    返信削除
    返信
    1. 獣の奏者、ちょっとさわりだけテレビアニメみたことあります。

      >過去生に結びついている香り、記憶に結びついている香りがあって、ダイレクトに連れて行ってくれる感じ

      ほおおお、フォーレルさん、そうやって香りを使えるのですね。
      ほんとちゅまの発言は^^; まあ、シュリカンが説明しようとした生のバニラビーンズの香りと、お菓子のバニラの香りがかなり違うのはわかりましたけれどね^^

      削除
  6. 薫りで思い出すシーンや、感情があります。耳や目はじぶんの意思で塞げますが、鼻はずっと塞いでいられないから、思わぬときに影響受けます。

    返信削除
    返信
    1. 敏感な方にとって、香りというのはそういうものなのですねえ。ちゅまもよくそういうこと言ってますね~。小さい頃のどこそこの香りだってちゃんと覚えてる、とか。

      削除
  7. 匂いって面白いですね。
    記憶に残ってしまう匂いってありますね、夏の湿った夜気にまじる花火の火薬の匂いとか。

    私はローズ、ラベンダーの香りは本当に気持ちが悪くなるくらい苦手だったんですけど
    たんたんさんのサロンで嗅がせてもらった(純度が高くてちょっと高級そうな)ラベンダーの香りは大好きでした。
    一般的なラベンダーと全然違って柑橘系の香りだったので、すごく驚いたのを覚えてます。
    アロマは物によって全然ちがいますねー。
    ローズの香りも好きになれるものがあるかもしれないので、いつか気に入るものに出会いたいなーと思ってます。

    返信削除
    返信
    1. 花火の香りは好きですねえ。
      高級そうなラベンダーの香りってどんななのでしょうね~。人工的なローズやラベンダーはやっぱり気持ち悪くなる気がするので芳香剤とか私も好きじゃないのですが。ローズもラベンダーも生の花そのものから嗅ぐ香りが好きです♪

      削除
  8. いつもブログを覗くだけの私ですが、最近の記事のシンクロがプチ衝撃だったのでコメントデビューさせていただきます~。

    私は去年の春、ご縁のある守護ドラゴンに出会った(再会した?)のですが、
    こないだラファエルさん立会のもと、突然その子とお別れモードの話になり、慌てて対話をシャットダウンしたものの、それ以来もんもんとしてました・・・

    すると、そのドラゴンが、
    「離れるったって、俺ちょっと勉強が忙しくなるだけだよ。
    しょうがないんだよ、だってお前がどんどん先にいくから。
    お前は今、お前が想像する以上の波に自分から入っていこうとしてるんだ。
    今まではよくっても、このままじゃ俺が満足できないんだ。
    俺はお前の隣にいながら、時には先に立って手を引いたり、背中を押したり、
    何が起こってもお前を守りきれる存在でいたいんだよ。
    まぁ・・・お前の遊びに付き合える回数は減るけど、
    ちゃんとお前が何してるかとか、どこに行くかとか把握してっから。心配すんな。」

    と言われました。あまりの王子様っぷりに「妄想か!!」と思いましたが、
    久しぶりにこちらのブロクを覗くと、なんだかシンクロな感じに驚きましたw

    九州は東洋龍が多いのかなぁ?
    なんだか東洋龍さんの中に混じって一緒になってなんかやってるみたいです。

    じぇいど♪さん、シュリカンさん、お疲れさまでした!!
    愛情たっぷりのドラちゃんに出会えて幸せですね。

    私も今度、匂い嗅いでみますwww
    どんな匂い・・・いや、香りなのか楽しみですw



    返信削除
    返信
    1. 初コメありがとうございます(*´ω`)

      わぁ♪なんだかとっても微笑ましいお話ですね^^ まぁさんのところのドラゴンさんも勉強熱心なんですね^^ ほんと、シュリカンのことだけじゃなくて、ちゅまの話色々聞いていても、守護竜ってそういう気持ちで研鑽してるんだと思います。だからきっと勉強に行く間だけのこと、しばらくは離れていても、気持ちが繋がっているのだから大丈夫ですよ^^ 
      九州には龍族という人たちがいるという話はどこかで聞いたことがあります。どこのことか、とかはっきりはわからないですが。そして九州に限らず日本の多くの場所はやはり龍神、東洋龍、が働いてくれている世界みたいですねえ。

      削除
  9. じぇいど♪さん、

    こんにちは!
    フォーレルさんのコメントで、
    過去生の記憶につながる香りって絶対あると思いますよ~♪

    私も、過去生で、愛する恋人がつけていたであろう香油の香り(古代エジプト)にそっくりなルームフレグランスとか、アラビアの王族だけが身に着けることを許されたという、香木系の香りをかぐと、タイムスリップするかのような気分になります。 初めてではなく、絶対に昔に嗅いでいる、身に着けたことある・・・と。

    なんか、私も、体臭なんでしょうけど、自分ではわからないのですが、弟、妹たちに、『Naoちゃんの匂い』という独特なにおいがあるらしく、兄弟でも私だけその独特な体臭があるみたいで・・
    持ち物や引き出しの中、部屋がそういう匂いになるみたいです・・ 幸いいい匂いらしくて、ポプリみたい、と言ってくれてますけど・・自分ではまったくわからないんですよねえ・・^^; 香水をつければ香水の香りになるけど、体から発する私の香りがあるらしいのです。(笑)
    そして、現在も香りフェチなので、やっぱり、過去生から香は愛用してただろうし、香りと大切な人との思い出が結びついているんだろうなぁっていつも思います。
    自分の独特な?体臭も、もしかして、過去生から持ち越して、運命の人へのサインとして持ち越してきたのかなぁ・・なーんて妄想しちゃったり。(笑)

    パフュームっていう映画も、内容は残酷、変態だけれど・・香りへの執着とあこがれ、そして、影響力についてはわかる気がしないでもありませんねぇ・・・。

    返信削除
    返信
    1. Naomiさん まー遅いレスですみません^^;
      わぁお♪愛する人の香り、それは素敵な記憶ですねえ。しかも王族だけが着けることを許される、ですか。ゴージャスですね^^
      ジュースキントのパフューム・・・^^; 映画になるだいぶ前、欧州でいつでもいつでも平積みになってるベストセラーなんでつい手にとって読みかけましたが・・・マジでパリは美味しい匂い、香水の匂い、さまざまな民族の人間の体臭、地下鉄の独特の匂い、もうあれこれいりまじった悪臭ぷんぷんの街なのですよ。とくに18区とか北駅とははスゴイ・・・。ちょっと移動して駅をでると街の匂いが違うという・・・そんな日常で読んじゃいましたからもう半分もいかないうちにあまりのリアルさに気持ち悪くなって放置・・・映画になった頃かな、こんどは日本語版で再び読みかけましたがこんどはあまりの変態さに最後まで読めずまた放置wwwってことでだいぶ後にあらすじだけざっと読みましたが怖くて映画結局見てないです、はい^^;どっちも原作の独語じゃないですが香りがしそうになるくらいのインパクトのある文章力ですげえ!でもだめだこれ!って本でした 笑 Naomiさんも主人公に収集されてしまいませんように・・・苦笑

      削除
  10. じぇいど♪さん、
    お返事ありがとうございます!

    ああ、主人公に収集されないように・・って思いもつかなかった。笑 ご忠告ありがとうございます。笑
    いやあ、あの映画、ほんと変態でしたね・・^^; えぐい描写は全部スキップしてみました。
    でも、最後、ちょっと笑っちゃう結末でしたね・・

    わぁ、そんなに匂いが香ってきそうな描写だったんですね、原作。すごいですね。^^;
    パリってそんなところなんですねえ。

    いやはや、いやな記憶を呼び覚ましてしまってごめんなさい。^^;

    グレースというところでしたっけ、香りの町、いつかそこの香水調合のお店で自分の香水つくってもらいに行ってみたいですね。^^ あ、グレースじゃなかった、グラースだった。

    返信削除