2014年5月13日火曜日

藤の葉の上で熱いサンバを踊れ

春爛漫、様々なお花が綺麗に咲いてますね~♪ちょっと前は藤の花の見頃でしたが。まだ場所によっては綺麗な状態で残ってるかな?

これは義経を祀っている白旗神社の義経藤と弁慶藤。子供の日に写真ツィートしましたが端午の節句当日までのしばらくはここは鯉のぼりがいーっぱい!それが藤の見頃と相まって実に見事でした。

強い絆で結ばれた対照的な二人をそれぞれ対照的な白と紫の藤にたとえるなんてロマンチックですね。藤棚としてはそう大きくはないのですが、そんな彼らにちなんだことに惹かれてでしょう、大勢の人が鑑賞に来ていました。本来藤は女性的な花とされるんでしょうが、この二人ならばよく似合う気がします。
ちなみに日本舞踊や歌舞伎でよく見る『藤娘』では藤の絡んだ松が背景なんですと。藤を女性・松を男性になぞらえていて。そこからなんでしょかね、庭造りでも藤の傍には松を植えるものなのだ、という記述を見かけましたが、ここにもありました。たしかに日本的な庭の風情によく似合いますね。


さてお次は大船植物園の藤。藤棚の下は本当にいい香り、真下のベンチに座ってたっぷり堪能しました。そしてこの右上の白藤、一番綺麗な見頃でした。
これまであんまり藤には着目してこなかったんですが、よく手入れされた見事なものを改めて見るといい花ですね。ここの説明によれば花言葉は「ようこそ美しき未知の方」「決して離れない」「歓迎」「恋に酔う」。一つ目の意味からすると初めましての女性へのプレゼントにいいような気がしますが・・・藤ってはじめましてのプレゼントにはちょっとでかいよね(笑)

なんかこんなことをね、もう見てから相変らず10日近くもかかってちまちま書きかけて(最近そういう感じなのよ・・・)たらですね。藤?松と藤両方?またなんかのサインなの?ってなことがちらほら。まだ意味はわかりませんが・・・なんでしょかね。

☆     ☆     ☆

ところで、ばんぶる、藤の葉っぱにてんとう虫さんのカップルをたぁ~くさん発見。片方が片方を背負って、上に乗ったほうがすごい勢いでぷるぷるしてました。
ばんぶる「おかーさん、みてみて、おもしろい!ぷるぷるぷるってするんだよ。ここにも。あっ!こっちも!またいた!すごいねえ!仲良しなんだねえ!」

じぇいど♪「かわいいねえ♪」

ばんぶる「・・・・・テントウムシさん、なにしてるんだろう(・∀・)?」

帰宅してもすっかりばんぶるマイブーム。ソファーでまるまってまったりしてたももちゃんに後ろからまるまった姿勢でくっついて「てんとう虫!」という・・・非常に微妙な遊びを発明したり(;^ω^)

さて(-_-)。五年生にもなってこんな質問を心底無邪気にしてくるばんぶるたんに真面目視点でなんと説明したものかと検索してみて知ったのは。なぬ。かの有名な結婚式ソング「テントウムシのサンバ」ちゅうのはこの光景から作られた歌なのだと?
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/07/03/0325.html(参考サイトの一つ。他にもいっぱいあるよ)

一回にサンバを二時間、一日に何回も繰り返すちゅうオスもパワフルだけど、メスもはんぱなく多産。かわいらしいイメージがあったけど、実はパワフルで生命力に満ち溢れた虫だったんだね。

この歌ってすごく可愛い光景を想像するのになぜにあの、リオのカーニバルなどから想像させられる熱いサンバ?とそのギャップが長年疑問だったんですが。てんとう虫はまさにラテン系の熱い虫なのでありました(笑)

☆     ☆     ☆

てんとう虫っていうと「幸福を運ぶ虫」、欧米の子供用品のモチーフとしてはやたらめったら定番。
ももちゃん5歳。お下がりが嬉しくて着てみただけで雨は降ってません(笑)

もっとつっこんでトーテムアニマルとして調べてみると・・・下記リンク参照。マリア様の虫なんですと。(・・・と書いて載せようとしたら本日5月13日はファティマの聖母出現の日、なのですと。へえ。)

英語のほうの説明では・・・見かけたときは、願いがかない始め、さらなる高みに到達可能だというサイン。また、力みすぎず自然にまかせれば夢はかなう、ですってよ。見かけたときは、ちゅうか、今は季節柄そのへんでいっぱい見られると思いますけどね。
てんとう虫
http://spirit-animals.com/ladybug/(英語)
http://www.salonangelforest.com/poweranimal/22tentoumusi.html(日本語)

そういえばてんとう虫、米国では園芸ショップで普通にパッケージにうじゃうじゃ入ってるのが棚に陳列されて売ってるもんでしたが、日本じゃ見かけないですね。アマゾン米国じゃ1500匹パッケージがこんな値段で買えます(笑)

お庭に熱いサンバを1パック、いかがです?


今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 

  引き続きこちらもよろしくね♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

10 件のコメント:

  1. 藤の花って、なよやかだけど芯が強い女性のイメージです。
    苦難に抵抗しないけど負けもしない、とか、匂いたつ色気とか。
    撫子と同じく日本女性が思い浮かびます。
    和のお花だけに桜じぇいど♪さんと何かつながるんでしょうか?
    (すみません勝手に想像を膨らませてしまってます f^_^;)

    それにしても、テントウ虫ってそんなにパワフルだったなんて驚きました。
    と言うか、テントウ虫の話題が出てきてビックリしました。
    今春は何かとテントウ虫ネタが発生していたので。
    極めつけはベランダ畑に卵を産み付けられ…。
    テントウ虫だと知らず害虫かと思って家人に炙ってもらったら後になって「テントウ虫だね」って…Σ(゚Д゚)
    知ってたら焼かなかっt…!
    とにかく、テントウ虫のサインが来ていたかもです(焼いちゃったけど… ;ω;)

    返信削除
    返信
    1. あ~そうですね~^^芯のある日本女性。
      いやいや桜じぇいど♪とはまだなんも???
      てんとう虫さん・・・まあその・・・多産ってことですし(;^ω^)
      きっと他にもたくさん産んでるでしょうから、熱いラテン系の
      パワフルさをお届けしてくれますよ♪

      削除
  2. 最近、友達が話題にしてたのですが、、、藤の花って食べられるんだって(^^;)とはいえ、やっぱり藤は見て愛でるものですよねー^^
    テントウ虫のサンバにそんな言われがあったとは知りませんでした。
    1500匹パックには驚きですが、かわいいしアブラムシを食べてくれるので家庭菜園やガーデニングしてるところでは喜ばれる虫だと思います(^^)

    返信削除
    返信
    1. へえええ!食べられるんですか!って思って検索してみたらちゃんとレシピ、ありますねえ!酢の物とかは色が残ってて面白そうです。
      ねえ。私もはじめて知っておどろきました。
      パックで売ってるのをはじめて園芸店で見たときは笑いましたが、ナチュラルな家庭菜園には欠かせない大事なお友達、のようです^^

      削除
  3. 藤の花って、あの花房が美しくて大好きなんですけど・・・あれって繁殖力が強いみたいなんですよね。
    以前、実家の庭に植えてあったのですが、いつの間にやらとーんでもないところからツルが伸びてきて庭木にからみついてくるんですよ。地面の下で密かにがんばってるんでしょう。とはいえ、庭に植えるには、植え方にも工夫が必要なんでしょうね。
    なんだか、繁殖力という点ではテントウ虫と同じっぽい気がしました(笑)。

    返信削除
    返信
    1. ほお!繁殖力強い!そうなのですか!藤の花、前の家に藤棚と、枯れてしまった残りがあったのですが。引っ越してすぐに、あまりにひどい状態だったから根っこから立木一本の部分だけ残して枯れた枝をものすごく苦労して棚から剥がして処分したってことがあって、たぶん住人が入れ替わる間にお水あげなかったからか、前の住人がまるで手入れしなかったからなんだろうなとほんと残念だったんですがねえ。残した根本部分から復活してるといいなあ。
      そうですね。キーワードは「繁殖力」・・・・だとして!何を繁殖しろと 笑!

      削除
  4. アメリカでは園芸店で普通にテントウムシ売られているのですね。
    いいなあ。
    日本では「ナミトップ」という商品名で、飛び難いように細工されたテントウムシを買えますが、高いんですー。なかなか売ってないので通販です。
    アブラムシをモリモリ食べてもらって、農薬無しに野菜を作ろうぜ、という生物兵器ですw(恐らくアメリカでも同種の目的だと思われます)

    幼虫のほうが食欲旺盛で、なにより飛び去らないので、サンバを見かけると「がんばれー!」と心から応援してしまいます。

    返信削除
    返信
    1. http://item.rakuten.co.jp/chigusa/10006580/
      これですね!てんとう虫を利用した殺虫剤ってあるけど、そのものだと思うんですが 笑!なるほど、1500匹でも飛んでっちゃったらたんないよなあ、って思ってましたが。さすが日本人、あたまいい。でも高い・・・・(;^ω^)

      削除
  5. 藤の花のてんぷらを、食べたことがありますよ。
    ほんのり蜜の甘さがあって、おいしいです。
    藤の花の開いていない房のまま、てんぷらにしてあるものを食べました。
    機会がありましたら、ぜひ!

    返信削除
    返信
    1. へえええ、そっか、蜜の味がするのですね!いつかどこかで食べられたらいいなあ♪

      削除