2014年7月29日火曜日

チームおっさんs その2 黒、スーさんにねじ伏せられるの巻。 

最初にスーさんがそっと黒じぇいど♪のたまり場BARに潜入してから数日後。

やはり起き抜けに同じ店にスーさんが。こんどは黒じぇいど♪=自分視点。立ったまま睨み合う二人・・・いや睨んでるの自分だけなんですが。周囲には沢山の人。

ちゅま言うには、黒じぇいど♪って一応胸有るし一応お洒落だし一応女性のはずだが、180cmはあってガタイもいい、アレじゃただの強面のおっさん、ってことなんですが・・・スーさんそれよか全然でかかったらしく見下ろされる状態。

そしてここが上の世界ならではだなあ。って思うんですがね。スーさんなんもしてないんですよ?目の前に笑顔で立ってるだけ。でも笑顔とは裏腹に「気で威嚇しようとしている」のをビシバシと。

弱い犬はよく吠える(笑)。沈黙にたまりかねて
「なんのつもりだよ・・・この店常連以外はお断りなんだよ。」
とふてぶてしくつっかかり、気でも威嚇しかえそうとする黒じぇ・・・いや、自分^^;。

どうしてこうガラが悪いんでしょうね。(→しかしこれにもちゃんと意味が)普段の生活で散々お世話になってるんだし、普通に、おお、いらっしゃいスーさんおめずらしい、一杯どうぞ、でいいじゃないですか。しかしなぜか「自分のテリトリーに勝手に入ってきた侵入者」としか感じてない。



すると。スーさん、すっと腕つかんできて。黒じぇいど♪後ろ手に捻られ、あっという間にテーブルに押さえつけられてしまいました。

よゆーで(;´∀`)。

ぎゃーなにするんだょ離せー ヽ(`Д´)ノと暴れ・・・ようにも押さえつけられててどうにもならず、咄嗟にシュリカンに助けを求めたのですが。普段スーさんを上役としてここらでお仕事してるシュリカンがスーさんにかなうはずもなく、とっくに店の外にはシュリカンだけが入れないような結界が構築済み。

で、さらにスーさん、何すんだゴルァみたいに止めに入った黒の友達ン中では一番でかくてガタイのいいヤツを、軽ーく片手でいなしてました。

黒じぇいど♪、手を放されてもガクブルで茫然。スーさんニヤリとして「まだまだだな。」と一言残して消えてしまいました。



やっと店に入ってきたシュリカンと友人に挟まれて抱えられるようにしてシュリカン宅へ。
いったいなんだったの今のは(;゚Д゚)・・・と黒じぇいど♪ガクブルしっぱなし、いつものふてぶてしい態度はどこへやら。そこでビジョンはおしまい。

スーさんからは全く何の説明もなし。というわけで「こりゃいったいなにを見てしまったのだ?」と起きたじぇいど♪は苦笑するのみでその意味はさっぱり、なにをさせられてるのか、なんでこんなもの見せられてるのか、さっぱり不明だったのですが。



じぇいど♪「いったいなんだったんでしょうかね(。´・ω・)?」

musicaさん「ヒューwスーさんカッコイーw
なんでしょうね、圧倒的な強さを見せつけて黒じぇさんが逆らわないようにして、て感じでしょうけど。」

じぇいど♪「言われてみると成る程犬同士が出会いざまに威嚇しあって互いの優劣を確認する、みたいな感じだったんですかね(;^_^A 」


                      絵:musicaさん



つづく


今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 

  引き続きこちらもよろしくね♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



2 件のコメント:

  1. スーさんかっくいいなあ(゚∀゚)続きが楽しみですー♪

    返信削除
  2. かっくぃい・・・んすけど、服装と髪型がwwwww

    返信削除