2014年8月30日土曜日

チームおっさんs総括:トートに聞いてみても同じ、とアイオライトの別の意味

そろそろ8月も終わりますね。我が家も主要イベントあれこれが終わって放心する間もなく、ちょっと!この宿題まだだったどうしよう!になってる状態なんですがwww

誕プレ感謝記事、もりっと母さまにもらったキャンドルと一緒に届いたのは?の続きに行きます前に・・・話、いったんもどります!

8月前半のの延々終わらずその12までいっちゃった「チームおっさんs」シリーズ記事の総括、の話。

まず、あのシリーズを書くに至る道筋、途中で何やらされてるのか納得できずにうんざり気分(笑)になったときのこと。

結局何がテーマなの?と、最近愛称のいいトートタロットで、トライアングルという現状2枚、未来1枚、というスプレッドで三枚引いてみました。
★      ★      ★

現状1 VI The Lovers ラヴァーズ 恋人
現状2 VIII Adjustment アジャストメント 調整
未来  III The Empress エンプレス 女帝
とな。

現状2、の『調整』は、まあそうだろう、これは必要な調整なんだろうね、と素直に思えました
そして上記サイトの説明文にはこのカードは『法の書』の根幹となる「愛は法なり・意志下の愛こそが」の絵文字である。対立物の均衡を図る事による愛と満足を象徴する。と。

あらまあまた同じサインですねΣ(・ω・ノ)ノ!と納得。

★       ★       ★

しかし現状1の『恋人』って(。´・ω・)?・・・・いやいやいや、なんでここで恋人?関係なくない?・・・と思ったら。このカードにもちゃんと相反するものの合一という意味が。

あ、よくオーソドックスなタロットの恋人にも「合一」とは書いてあるのは知ってたんですが、意味がわからなくてスルーしてましたすいません・・・。こう言われたらするっとわかりますね。これまでものすごく浅読みしてた自分に反省。

トートタロットはオーソドックスなカードとちょいと違う部分があり、それは絵そのものをみて感じないと、との話を読んだのですが。恋人ってのはこんなカード。
たしかに、相反するものが対の向かい合わせになって描かれていて。他のウェイト版やマルセイユ版にも描かれているクピドはちゃんとおるのですが、単純な恋愛よりもっと深い意味での合一なんだってことが絵柄を見るときちんと納得できます。

まあつまり、現状の1と2、両方のカードがもうダメ押しのように、両極とも言える相反する視点、てのをとことん自分のものにしろってことなんだろうと。

未来のカード『女帝』は・・・
愛 美 幸福 豊饒 快楽 成功 多産 共感 同情 気遣い 脇役としての成功 母性
ポジティブな未来なんだろう、くらいはわかりますが、ポジティブなばかりのキーワードの羅列はどうも漠然としすぎててよくわからない。
カードは細部に囚われず、全体を見渡さなければならない、とか、このⅢの女帝ってカードは、Ⅱの女司祭やⅣの皇帝、もしかしたらⅤの神官なんかとも対比して特徴を捉えないとならんのかな、と思ったのですが・・・・そうすると際立つのはやはり「母性」と「(理性ではなく)感情」あたりなのかな。

それにしてもなぜこれが未来のカード?ってのは今はあまりぴんときませんが、何年もしてから振り返ると「ああやっぱりね」ってわかる日がくるでしょうか(*´ω`*)?

以前紹介したアプリとは別に無料でトートタロットが引けるPCサイト(英語)がありますのでどーぞ。
http://www.crowley-thoth.com/ 
意味は日本語サイトhttp://www5e.biglobe.ne.jp/~kurenai-/thoth-atu.htmlを参照すればけっこう初心者は初心者なりにじぇいど♪のように自分でも楽しめるかと思います。

★       ★       ★

でね?そんときご紹介したインタリオのネックレスに入っていた、色バランスで選ばれたというアイオライト。以前この記事で書いたようにじぇいど♪スマホにはアイオライトのでかい粒がいつもついてまして、こっちのもしもしブレスもアイオライトがメイン。いつのまにかアイオライトだらけになってたわけですが。

アイオライト、「繋ぐ」とか「羅針盤」みたいな意味ばかり着目してましたが、全くスルーしておりました別の意味が。最初に参考にしたサイトの説明にもちゃんと書いてありましたよ。
アイオライトは、物事の二面性に気づかせることで、本質を指し示し、真実を見定める力をもたらしてくれると。

これ、ある方が「アイオライトってこんな意味があったよー」と教えてくださって気づいたんですがね。その方に教えて頂いた石屋さんのサイト、なんだか情報の宝庫ですんごいです。直接リンクできないんで興味ある方はそのサイトでアイオライトの項さがしていただければと思うんですが。

もうね、アイオライトの説明のタイトルからして「相対性を超える」だし。二面とか二極について語ってからつまり 私たちは(二面性の)どちらかではなく、全てなのです。』なーんてワタクシが体験したことにどんぴしゃりぴったりな一文が書かれてたり。

アイオライトって「実に便利なお道具じゃないか」ってドラえもんの道具気分で実用面ばかり意識して身に着けてましたけども・・・・そう思わせておきながら実は今回の課題の後押し役だったんじゃないのか?とようやく気づきました。

これはやられたわい(一一")。



今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 

  引き続きこちらもよろしくね♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

3 件のコメント:

  1. 札幌のかあさん30/8/14 9:50 午前

    こんにちは、大変な災害のあった広島に申し訳ないけど、観光に行ってきたのですが、
    思い出したのでおききしますが、本にあったグリットのこと、広島のグリットはいまどうなったのでしょう。何年もたっているので回復したのでしょうか。何もできない私は少しですが募金させてもらって帰路につきました。

    返信削除
  2. 札幌から広島、大旅行でしたね。一生に一度はやはり行きたいなと思っていますがまだ我が家、広島は誰も行けていません。
    ほんとに痛ましい災害になってしまいましたが、旧地名を聞いて、災害前の綺麗な住宅地の様子とのギャップになるほどなあ、と思いました。
    アメリカでも、あったのですよ。大地震で崩れた地域に、数年したら真新しい家が立っている。以前からの住民は、あそこは崩れたはずなのに・・・・と思っても、たぶん住んでいる人たち本人は知らない。そういうことが。
    グリッドのことは、ああいうところは、やってもやっても長持ちするものではない、常に人員を投入している地域、ということらしいですね。募金も大事だと思います。人は肉体がある限り、お金を使って衣食住を得ないとどうにもならないですから。

    返信削除
  3. 札幌のかあさん1/9/14 2:25 午後

    お答えいただいてありがとうございました。原爆は本当に怖い兵器なんですね。
    改めて思いました。
    本日は災害の日だとか。今の世の中何が起こるかわかりませんからわたしも非常持ち出しの点検をしました。被災地の早い復興を祈ります。

    返信削除