2014年12月8日月曜日

北鎌倉お散歩日記 その5 半僧坊

たかが数時間のお散歩日記をたらたら更新してるうちに一気に秋通り越して冬に突入しちゃった?な天気ですが、雪の地方の皆様、大丈夫でしょうか。今年は昨年の大雪に懲りて早々に雪かきスコップ買い込みました。土曜日は暖かいからって油断した薄着で海辺をうろうろしてましたらば、急に寒くなって霙が降ってびっくりいたしましたよ。っちゅうたって次の日も3時頃まではマリンスポーツだってぜんぜんOKなぽかぽか陽気でしたがね・・・。
さて。建長寺のずぅーっと奥に行くと、半僧坊、というところがあります。なにも考えなければ、ふーん、鳥居があるね、神社なのね、なんですが。よーく考えるとなんだかよくわからないところです。ここまで行くつもりの方はぜひ、おしゃれはハイヒールではなくて、歩き安い靴を!もう、めっちゃ階段続きです(笑)。
ここもいい感じに紅葉しておりました。
こんなところです。え?烏天狗さん?烏天狗さんをお祀りしている神社なの??と頭がクエスチョンマークだらけになる光景。

おとーさんは、すごいもの見つけた!と言わんばかりに、ねえ、ねえ!ここで修行すると、お坊さんに、羽が生えてくるんじゃない?だと^^; 烏天狗さん知らないのかい・・・・。ばんぶるのほうがまだちょっとマシ。違うよねえ?「神さま始めました」のクラマくんの家族の人たちと同じだよ!天狗さんなんだよ!漫画もなかなか一般常識をつけてくれるものです(笑)まあでも、天狗さんってのはじぇいど♪にとってもよくわからない、お話でしか知らない存在です・・・てそれが当たり前なのか^^;

半僧坊大権現、ってのは中国から来た無文元選禅師ってお坊さんに弟子入りしてお世話をした、という後醍醐天皇の第十一皇子のことだともありますし。他の説明ではそのお坊さんが来日するときに難破しそうになったときに現れて助けてくれた不思議な存在なんだ、とありますし。そして天狗がなんの関係が?っていう点については、その不思議な存在が天狗だった、ともあるし、半僧坊の修行を助けたのが天狗だった、という説も。うーん、諸説あってよくわからんですね。ま、よくわからない曖昧さがあっても成り立っちゃうのが日本の神社やお寺。
非常によくできた像で愛らしいです。ちっさい天狗さんとおっきい天狗さんがいます。
階段あがり切ると、夕方なので光の加減で写んなかったですが海も見えるし、天気がよければ富士山が見える角度もあります。
本堂を右に折れてずーっと奥に行きますと、このよーな急階段がありまして、その先は天園ハイキングコースというものになって途中にも色々あるようですが…今日はもう時間切れ。これが延々続くならけっこうな覚悟が必要なコースのようですね^^; 途中、いかにもな装備つけたトレイルランナーさんとすれ違って、わーこれが現代の修験者!って連想しちゃいましたが(笑)。普段から走ってるおとーさんとばんぶるはへでもないようでしたが、お散歩を舐めきって中ヒールだったたじぇいど♪は見事靴擦れになりました^^;。

すぐ上にあった展望台でうっすら天使のはしごのサービスを楽しみながら、ベンチで持参のコーヒーとチョコでお茶。日本らしい秋の風情を程々の近場で満喫いたしました♪


今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 

  引き続きこちらもよろしくね♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

4 件のコメント:

  1. 超お久しぶりです。(笑)

    自分の住む浜松にも 詳しい事は 全く知りませが 奥山半僧坊というお寺?(神社?)があります。

    半僧坊って なんとなく高野山みたいに僧侶が修行する場所だと思っていましたが、そんな由来があったんですね。

    今年の春、桜の花見の時期を逸してしまい 桃の花見に奥山半僧坊のすぐ近くにある「かなめ神宮」という所に花見に行ってきました。

    この「かなめ神宮」も この辺にこんな所があったのか。と思わせる神宮でした。

    出雲大社や伊勢神宮とかの遠くの有名所にばかり目が行きますが、地元の事って 意外と知らない事も多いですね。

    返信削除
    返信
    1. コロ蔵さん

      お久しぶりです♪ おおおお、その奥山半僧坊、方広寺、ですね。調べたときに出てきました。そちらが本家本元のようですよ。鎌倉に勧請されて鎮守とされたのは1890年、わりと近年のことのようです。
      そうですねーパワースポットに行きたい!って思ったとき、パワースポットガイド、とか読んで遠くの有名どころをめざしがちなのかもしれませんが、で、それも日本全体の歴史的にも霊的にも重要な場所で一生のうちに一度は訪れたい場所でしょうし良いことではあるとは思うのですが、自分の土地の氏神様や一之宮、周辺にある小さな寺社や宗教的な史跡の歴史や由来って知ってみると面白いですし、自分の住む土地により愛着がわきますよね♪

      削除
  2. すごーい懐かしいです☆
    そういう名前の場所だったのですね。

    旦那さんと結婚した年の春(桜の時期)にデートで行った場所です。
    この急な階段とそこらじゅうにある天狗の像は忘れようにも忘れられませんので(笑)

    桜の咲いている時期に私は行きましたが、紅葉もとても綺麗なんですねぇ。
    教えてくれてありがとうございます^^

    もしかしたらじぇいど♪さんが座ったベンチ、昔とは違うものかもしれませんが、私も座ったかも~(笑)
    急な階段をずっと上ってきたら喘息になりそうになって休憩したのを覚えてますwww

    返信削除
    返信
    1. aquaflowerさん
      おやまー、お久しぶりです♪
      このお散歩の帰り道、さらにお茶をしてご飯前にケーキ食べてしまいましてね、腹ごなし!とかでおとさんが走って八幡様の階段を登ってっちゃって、舞殿のほうを通ったら、暗い中でライトアップされてたのがえらく綺麗だったんですがね。それみてaquaflowerさんお元気でいらっしゃるかなーと思い出してたところでした。
      デートの思い出の場所なんですね♪ 桜の時期も綺麗ですか~。来春忘れないようにしなきゃφ(..)メモメモ。たしかにこのそこらじゅうに天狗さん、ってのはインパクトありますよね~。
      いやいやあの延々続く山の中の急階段、わたしも写真撮るフリ、すれ違う人のために道を開けるフリして休み休み登りましたがwww 普通の階段よりも力こめないとチビには登りにくかったので、あとで軽く筋肉痛になりました^^;

      削除