2015年3月12日木曜日

近況その1 仏像クイズと宇宙の入口

北鎌倉東慶寺の梅

どーもご無沙汰です。月刊なにが見えてる状態になりつつありますが(笑)・・・元気でやってます。

最近、物理的に一人の時間がほんっとにとれない、ってのもありますが。発信したいちゅう気持ちそのものもなくなってた、ってことでしょう。

じぇいど♪output/inputの欲求は周期的ですが、今回はそれとも違う感じ。

原因・・・自分でもよくわかんない!たぶんこーいうことだろう、みたいのはあるんですが、かなり遡って説明しないと、なのに、まとまったメモすらない!

ということで、ますます書こうとしても敷居が高く。試みても落ち着いた時間がとれず。ってことでこれも途中で止まったらまた当分放置、になっちゃうかもだし、タイトルもなんとしていいのか思いつかず、とりあえず「近況」にしときますが・・・

★     ★     ★

1年以上?前の話、夢うつつのいつものどこぞの世界。障子で囲まれた和室の小部屋の内部から呼ばれまして。

誰に呼ばれたのかもわからないまま、行儀作法にうるさい場のようなのでちょっと緊張。かしこまって部屋に入ると、日本神界系のガイド、スーさんがおり。
「人を紹介しよう」と。
いや、人ったって!そこにいたのは
金色の仏像。
とってもシュールwww

で、スーさん
「日本の仏教や寺がわからない、なんだか苦手、と常々思っておるだろう?こちらの方に教えてもらうといい。」

★     ★     ★

確かに、じぇいど♪、日本に来てから、神社はすぐに馴染んだものの、お寺がしっくりこなかった。仏教が全くわかってない、っていうのもあったんですが「場」としてどうもアウェーな感じ。

お参りしてみても・・・誰にご挨拶してるんだかよくわからない。鎌倉には沢山大きなお寺がありますし、行くたびにお寺の由来や各宗派の歴史、ご本尊の一通りの説明を読んでみても・・・さっぱりわからない。そんな感じだったのですが。

また長年留守をしていた日本に住むようになりますと、葬式や法事に出る機会が。そして檀家になってる寺がどうの、墓がどうの、ってことを親から受け継ぐ必要が出てきたり。いつか自分も仏式で見送られてお寺の墓に入るのかなあ?と思うと、どこかピンとこない。

・・・しかしなぜ居心地が悪いのか、わからない。

特に指示もないので金色仏像氏ととりあえず対峙してみても、なにすりゃいいんだ?と。しかし話しかけてみても無言。「チャネリング」というものが他の場合のようにはできない。

そのうち、これはどうやらホログラムみたいな実体のないもんなんじゃ、そしてなんか別空間が繋いであるポータルのようなもんらしいな?とわかり。しかしそこから先には進めず。やっぱりこれはただの仏像の映像でゎ・・・・(´・ω・`;)そしてこれは誰なんだろう・・・・あ、それがクイズ、なのか?と思いつつ・・・いつのまにか忘れてしまいました(笑)。

★     ★     ★

で、ある日の夢うつつタイム。起動するたび途中の同じ場面から始まるゲームのように、再びその仏像さんの前に座っておりました。んで・・・またこれか!なにをどうすりゃいいんだよ!とやけくそになり・・・えーい!と、そのポータルのようなもんの中に自分が飛び込んじゃいましたらば。

そこには宇宙が・・・・

いや・・・あれ?
自分が宇宙なのか( ´・ω・;)??

あまりの予想外の出来事に、うわぁぁぁああΣ(・ω・ノ)ノ!!・・・・と思いましたが・・。そのまま、また寝てしまいました(笑)

感覚的なもんだから説明しがたいんですが。残ったのは「仏さん?に無理やりアクセス試みたら宇宙?世界全体?に同化した」という記憶。これまでの「ワンネス体験」とは似てるけどちょっとちがーう。ってことはかろうじて覚えている感じ。

あれはいったい何だったんだろう?とは思ったんですが・・・ちっともわからないので、すぐ興味を失ってすっかり忘れちゃいましたwww。

もうね、ダメですね、そもそもあまり興味がわかないこと、苦手意識があること、ってのは、ちっとも先にすすまない^^;

★     ★     ★

ところがそんな飽きっぽい生徒もちゃんと見捨てられずに次のステップが。
これまでにも度々使われてきた手なんですが。

子供の学校の課題に

という方法。切羽つまった課題のギブアップ、手伝って~とぎりぎりに泣きついてくる、ってパターンですね。
・・・ってことで自分だって知らない仏教・仏教美術についてしこたま調べて説明する羽目になり。

そんなことを繰り返しながら、だったのですが・・・



つづく


今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 

  引き続きこちらもよろしくね♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2 件のコメント:

  1. お久です。

    以前、半僧坊の話題の時に「浜松にも半僧坊があります」とコメしましたが、その半僧坊のすぐ近くに「カナメ神宮」という所があります。
    自分も宗教的な事とかは 全く明るくないので、境内にある由来を読んで「なんでこんな所に?」と不思議に思いました。

    でも、宗教関係者でない限り 宗教な事に詳しい人は少ないのではないでしょうか?

    自分は いつも他人とはちょっと違う所に反応してしまうへそ曲がりです。(笑)

    返信削除
  2. >コロ蔵さん

    そうですねえ。普通は由来一通り読んだり、ガイドブックで、●●の神様だ、ってのを知る、くらいでお参りするだけですよねー。わたしも以前はそうだったと思います・・・てかお寺と神社の区別すらちゃんとついてませんでしたね・・・^^; それでもそれはそれでいいんだと思いますけどね?

    返信削除