2015年6月18日木曜日

風神雷神 鎌倉散歩~田谷の洞窟

定泉寺というお寺にある瑜伽洞、通称田谷の洞窟、という密教の現役修行場である洞窟を妹のぽっちゃんと訪れてみました。『瑜伽洞は現在でも住僧や一般からの希望者による修行の場であり、厳粛な宗教空間となっている。』 ということで、一般公開はされているものの観光地ではなく。内部は撮影禁止。

瑜伽ってのは、いわゆるヨガの元になった言葉。
瑜伽(ゆが)は、仏教におけるサンスクリット語「yoga योग」の音写語で、感覚器官が自らに結びつくことによって心を制御する精神集中法や、自己を絶対者に結びつけることによって瞑想的合一をはかる修行法をいう。最近の心身の健康法としてのヨーガもこれに由来する。(Wikipedia)
つまり、中で瞑想などの修行をするための洞窟、ってことなんでしょうか。

受付で頂く蝋燭をここで棒状の灯明台につけます。蝋燭ってのは、なるほど。なんでかって・・・ながーい燭台を持つんですが、あの、スプーンに卵乗っけて落とさないように歩く競争ありますわな?あんな感じで、蝋燭が消えないようにするために、ゆっくり、ゆっくり、歩かないとならんのですよ。

大変にもどかしいんですが・・・すたすた普通に歩いちゃったら、なんだか味わいが浅いと思うのです。そして、ずっと火を見つめることになるので、歩いてるだけでも充分に瞑想。
コレが入口。中は多少電燈がついていますがかなり暗いです。

洞窟とはいえ内部は一応整備されて順路になっているのでそう歩きにくくはなく、普通のフラットな靴であれば大丈夫かと思います。あと、かなり周囲より温度が低いです。あまり予備知識なく入ったほうがいいかもなあ、とも思うので、中がどうなってるかって話はちょっとにしておきますが。

壁に色々彫ってありますが、ただの彫刻ではなく。全国各地のお寺から「勧請した」方々がいらっしゃったり、様々な仏教存在がまつられているのをお詣りするという場。その数はハンパなく、超豪華な顔ぶれ。ぽっちゃんいわく「仏教版イッツァ・スモールワールド」w。

じぇいど♪は大日如来を表す梵字、ぽっちゃんはお不動さま、と、エネルギー的に反応した場所が違いましてね。それぞれちゃんと自分を守護してくださっている方だった、ってのも、おお、ほんとに勧請されてるのね、と面白かったです。

・・・ってか、後で、「面白かったです」じゃ済まない大事なことを教わるハメに^^;。現役修行場だけあって、けっこうスパルタかもですw。
境内はとても趣味のよい方が丁寧にお手入れされてるんだなあという感じで、ちょうど紫陽花が見頃でした。そう広くないので、ゆっくり見て回っても30~40分、せいぜい1時間くらい。日本人の観光客はほとんど他にいなくて、なぜか外人さんだらけ、洞窟内に反響していたのは英語だけという不思議な状態。

すぐそばの「侘助」という蕎麦屋でお昼。築200年の古民家。ここも聞こえるのはなぜか英語ばかり。なんだ?こんな交通の便の悪い場所なのに?と思ってあとで英語で検索してみてなるほど。田谷の洞窟、日本語よりも英語で紹介してるブログが多いかも。ただ「撮影禁止」が読めないんでしょうかね、紹介してるブログが多いから我も我もと載せちゃうんでしょうかね、内部の様子も出てきちゃうので要注意。
侘助、豪勢な懐石料理もありますが、お財布事情もありますしw ここは蕎麦とミニいくら丼で軽く済ませて・・・

デザートを食べに。日本一小さな牧場の飯田牧場のアイス。ウシさんがのんびりくつろいでいるのを見ながらアイスが食べられます。じぇいど♪は名物のミルクとラムレーズン、ぽっちゃんはチョコとチーズにしましたが、どれも絶品。ここを教えてくれた友人が速攻でこの話だけのためにメールしてきたのもなるほど、とうなずけました。

場所は三か所とも近くていっぺんに回りやすいですが、車じゃないとまわりにくいかな。田谷の洞窟は道を挟んで向かい側に駐車場あり。500円、お寺の受付で払います。侘助、飯田牧場は駐車場アリ。

今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 

  引き続きこちらもよろしくね♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


9 件のコメント:

  1. いくら丼美味しそう(≧∇≦)

    返信削除
    返信
    1. あぃ(=゚ω゚)ノ これミニいくら丼、つまりサイドメニューなんですがね。ミニとは呼べないほどの大奉仕ないくらてんこ盛り!いくら好きさん要チェックのお店ですよ。

      削除
  2. キラキラしていて宝石みたいですね。

    返信削除
  3. じぇいどさんのブログを読んで素敵な場所があるんだな~~と、いつか行きたいなーと、布団に入って本を読んでいたら、ゲリーポーネルさんとヘミシンクの坂本さんの対談の本なのですが、なんと田谷の洞窟が、出てきました^^;ゲリーさんが田谷の洞窟に行ってマントラを唱えたらすばらしかったと^^書いてありました。  なして、今と、一人で興奮してました。  凄いシンクロです^^

    返信削除
    返信
    1. おおおおお(゜o ゜)!
      ゲリーさんもいらしたんですね、あそこ。
      鎌倉・湘南のガイドはもう雑誌としても定番でやたら特集されてるしテレビもしょっちゅうこのへんに撮影来てるわけですが、ここは、たぶん修行場としての気遣いなんでしょね、そういうのには全然紹介されてないスポットなので、わたしも「洞くつ探検大好き」ぽっちゃんに聞いて初めてこんなのがこのエリアにあるの知ったくらいなんですが。
      実は逆に英語圏ぴーぽーの間で有名になってる場所なんだなあ、って。
      たしかに、特殊なエネルギー場だから洞窟彫ったのか、それともやっぱりほぼ密閉された岩場の中の空間にあれだけ色々勧請して色々彫って、仕掛けつくったからこそ、特殊な場になったのか、どっちかわかりませんけれども、「濃い」というか。
      江の島の洞窟ってのも普通に観光でわいわい入るとなんでもないんですが、一旦なにかエネルギー的に起きる?起こす?と、反響?増幅?するみたいにくらくらくる場所ですけれども。ここもエネルギー的に面白いことになってる場所だと思いましたね。
      なんか洞窟ってもともとそういう作用があるからこそ、あっちこっちの洞窟が昔から修行場になってた、ってことなのかなあと思いました。

      削除
  4. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  5. 洞窟ってそういう意味合いがあるんですか!!、確かに密閉されてて、集中力が上がる場所ですよね!!日本版のピラミッドなのかもしれませんね!!洞窟探検ていろんなものが集まりそうで、気味が悪かったのです。けど考えると、増幅するってことは、悪いこと考えるとそれも増幅しちゃうんですよね^^;  田谷のお土産の意味が私もわかってきた^^b ひゃああ^^

    返信削除
    返信
    1. 洞窟で、あるいは洞窟状のものを掘って修行をした、という場所はこの近所にもいくつかありますが、世界中文化宗派問わず沢山ありますネ。ピラミッドも、あの形に秘密があると言われる他に、建築に使われた石の磁性だという説も聞いたことがありますがいずれにしても洞窟と作用は似てるのかもですね。
      いずれにしても、いわゆるパワースポットと呼ばれる場所は、なんらかのエネルギー、科学的に言うと地磁気、なのか、なんなのかはわかりませんけれども、たとえば活断層の上にあったり、ってことが多いようですが。そういったものが特殊な状態にあると、人間の思念そのものの状態や、思念エネルギーの及ぼす作用にも影響するからこそ、古来人はそういう場所で修行をしてきたのだろうな、と思います。

      削除