2015年8月22日土曜日

やじろべえのバランスと夢の教え

今日もいい天気だぜ~

皆様、残暑お見舞い申し上げます。ブログもTwitterもずいぶんと放置しておりましたが・・・相変らずじぇいど♪家、わちゃわちゃと生活しておりました。夏休みのおかーさん方、サバイバルしてらっしゃいますか(笑)? あと少しですね!ガッツ!


よくお話する、ブログ画廊musica別館画廊musicamusicaさんがこんな興味深い記事書いてくださいまして。
コラボ記事☆大切なのはバランスなのよさ(ピノコ風)
ってことでこちらもコラボにしてみました♪



あっち世界からのメッセージを感知できる状態とがっつり日常意識な状態ってのはほどよいバランスが大事。そのバランスを取るにあたって、社会から隔絶した世捨て人的な生活・人と沢山関わる日常社会どっぷりな生活、どちらがよりやりやすいとは言えないよねえ、って話。


人間、あらゆる面でのバランスが大事、ってのはもう繰り返し教えられてきたことで『シーソーの真ん中に両足で立つように』と教えてくださったのはじぇいど♪が尊敬するある師匠。シーソーに立つ、あるいはやじろべえになったつもりで。この湘南編のために青い月さんが描いてくださったキャラクターのちゅまのおでこについているのは、その意味を込めての『やじろべえ』なわけですが。
「守護存在と意識的に繋がってコミュニケーションを取りながらガイドしていただく」ってことに関しても、どのくらいの感度で繋がり度を保つかってのは、バランスが肝要。

感度優先で波動を上げすぎると、日常生活が送りにくくなったりmusicaさんの記事にあるように生への執着が薄れたり。逆にカオスみたいな生活の中ではメッセージを送られてても気づかなかったり。

これって、仏教で言えば、出家vs在家、小乗仏教vs大乗仏教、密教vs顕教、禅系vs浄土系、そんなところにも通じる話だと思うんですがね・・・。まあしかし、生活スタイルの違いってのはそこに優劣はなく、自分の魂が好みとして選んだスタイルの違い・どちらも一長一短なんじゃないかと思います。



musicaさんの場合バランスをとるためにグラウンディング強めにすると、メインガイドのスーさんとのつながりには変化はないものの他のガイドさんたちとのアクセスの濃さが薄まるとのこと。(その調整方法、面白いから上のリンク先読んでみてくださいな♪)

じぇいど♪の場合も、スピなんかぜーんぜん関係ねぃよぉ!な生活してたところでメインのガイドさんたちとのアクセスくらいはおおむね変化はないんですが、タイミング的になんらかの必要性から調整を受けて感知度が上がってる状態って時とは、モノゴトの感じ方や感じる領域・深さや強さなどが全く違ってきます。




そして、ガイドさんたちもその時のこちらの調整状態に合わせて、コミュニケーションの方法そのものを変えて来てるのだろうなあ、と、この夏、感じさせられました。もう夏休みなんてずぅうううっと誰かがべったりそばにおるのが普通で、下手したらトイレまで開けられちゃうというwww

そんな中で使われたのは「夢を利用しての教授法」。相変らずうちのガイドさんたちって上手いよなぁ~っと感心させられましたが、これだと感知度UPの調整をしなくても必要なメッセージを深いところまで効率よく届けやすいってことなんでしょうね。

種類としては2パターンありました。



パターンその1

「もしその選択じゃなかったら」という別バージョンのシュミレーション・ストーリーを体験させることで、ほら、やっぱり今の選択でよかったでしょう?と教えてくれるというもの。

こういうのはただ言葉で「こっちの選択だとこうなるよ」と言い聞かせられる、ってだけよりも、一連の流れとともに「その場合感情がどう動くのか」までをまるごと疑似体験するだけにずっと深いところで納得が行きます。

そして感情というのは脳や肉体の各所で情報として感じているだけでなく、各チャクラを中心とする感受点やエーテル体・アストラル体などの「振動(バイブレーション)」だと思うのですが。

目が醒めてからもその「バイブレーション」というのはしばらく続いているので、そのバイブレーションが霧散してしまわないうちに意識的にその疑似体験を考察する、ってことをすると・・・そのバイブレーションが過ぎ去ってしまってからも、情報としての判断結果、というのは自分の記憶に残りますから、より定着しやすいのではないかと。

この最後のワンステップを怠ると、喉元過ぎれば熱さを忘れる、バイブレーションが霧散したらせっかくの決意も元の木阿弥に、ってことになりかねないのでしょう。

考察ったって、こういうのは普通に活動を続けながらほんのちょっとの間でできますし。より良いのはやはり文章としてどこかにメモしておくこと。整理にもなるしあとで読み返せますしね。

この方法に近いものはmusicaさんもこの日記で書いておられまして「これからする選択」について見せられ、結果、選択を変更されたと。
→http://garomusica.exblog.jp/24348552/

これもいい方法だよなあ、と感心いたします。

musicaさん「日常のごく当たり前にある小さな選択にすぎないのですが、心のありようが随分変わってくる出来事でした。」とのこと。


パターンその2についてはまたいずれ。(←いつになるかね、つぅか夏終わる前にできるかね・・・^^;)





今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 

  引き続きこちらもよろしくね♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



8 件のコメント:

  1. じぇいど♪さん、お久しぶりです!

    今朝、TM NETWORKのGET WILDが脳内に流れてきて
    珍しい選曲だなぁと思ったら、じぇいど♪さんのブログ経由で
    musicaさんの記事を拝見しに行ったら、紹介されていた
    City Hunter のStill Love Her ,TM NETWORKが歌っていて
    そこへ繋がっておりました☆

    後、

    >何も高額なチューナーを買わずとも、声を発するだけで
    チャクラの調整が出来るのだ。手軽でよかろう

    私も、同じ事考えておりました♪

    倍音でチャクラの調整ができるのなら、フツーの歌声でも
    周波数の調整、出来るのでは?と。 あくまでも推測でしたが。^^

    答え合わせして頂いたようで、とても嬉しかったです♪

    それと、もう一つ。

    生死がどっちでも良くなる感覚、と言うか死が全く怖くない感覚、よく分かります♪

    昨日から、さつきのひかりさんのトールポッドで、「穴を埋めよ」のカードが立て続けに
    出てきて、自信を一時的に無くしてたので、自信で穴を埋めるのかな?と
    思っておりましたが、ちょっとだけ違うのかも?と、musicaさんの落とし穴の
    記事で、気づきました☆

    死への怖れが無くなる程なら、その信じる力=と言うより確信を、
    生へ向けて使いなさいと言うメッセージかな?と。

    そこで大事なのが、バランスですよね。。。

    要は、身体に変化を起こすと言うことは、何でもアリ♪の感覚を
    落とし込むと言うことで、それが難しかったのですが^^
    私の場合は、2:8(不思議な世界:現実の世界)の割合を
    一度引っくり返すぐらい(短期間でも)変えないといけないのかもと
    思いました。

    日常では不思議な事、多々起こりますが、それが自分の身体にも起こる
    と言うのが、常識に引っ張られて(集合意識の部分もあるのかしら・・・?)、
    自分でハードル高くしてました。

    でもとりあえず全て推測なので、実験してみます♪

    いつも貴重な記事、有難うございます!!!



    返信削除
    返信
    1. あは☆TMは御本人直接じゃないですが大昔ちょっとご縁がありましたねそういえば。懐かしいです。
      うんうん、私もそう思いますよ。声でチャクラに影響およぼすこと、できるでしょうね。いつもおんぽたんぽさんって、チャレンジャーだなあ、って感心していますよ(=゚ω゚)ノ 意識だけじゃなく身体に変化、もちろん起こせるはずですよね♪
      こちらこそ、また読みに行かせていただきます♪

      削除
  2. 暑中お見舞い申し上げます。

    夢で感情を経験するのはいいですね。
    現実と違って、周りと仲違いするリスクもありませんしね。

    あと、高額なチューナーを買わなくても自分の声でチャクラの調整できたらいいですね。さいきんユーチューバーの方で声を聞きだけでわたしが癒されます。その方もきっとわたしのどこかのチャクラを調整してくれているのかなと思います。

    返信削除
    返信
    1. 仲たがい、くらいならまだしも、現実で試しちゃったらたあいへん!な状況も作り出してためすことができますしね。ユーチューブ、色んなよい材料、お道具がありそうですよね^^

      削除
  3. それにしてもじぇいどさんのブログ波動高いっすね。コメント打ちにくいです 笑

    返信削除
    返信
    1. すいません^^; いや波動なのかな・・・単に作動の問題ではwww

      削除
  4. 会員番号55番24/8/15 9:05 午前

    最近『ガラクタ捨てれば自分が見える』
    (カレン・キングストン著)という本に出会い、
    猛烈断捨離中です!


    もう必要では無くなったのに仕舞い込んでいた、
    たくさんの物をやっと手放す事が出来ました。


    物を手に入れて得られる楽しみもあるけれど、
    物に執着しないという事とのバランスが
    まだ取れていないんだなぁ~と
    しみじみ実感しました。


    本当に好きなものを少しだけ、
    ”違う!”と思ったら、すぐに手放すが
    できるようになるといいのかなと思いました。

    返信削除
    返信
    1. お、断捨離ブームの原点みたいな本ですよね
      うちも引っ越しでだいぶ断捨離しましたけれども
      そうするとまた新しいものも入ってくる
      するとまたいらないものもでてきて・・・ってなるので、
      呼吸、に似てるかな?って思うようになりました。
      気持ちよく手に入れたり手放したりすれば
      身の周りも自分も気持ちよくいられるのかなと。
      楽に気持ちよく呼吸したいですね♪

      削除