2015年11月22日日曜日

ミャンマ―の翡翠の鉱山が。

うわわわわ。

ちょっとショックですよ。

こないだの続きでも書こうと何度もPC前の椅子には座るものの、むちゅめたちにずっとまとわりつかれて、昨日~今日の昼はのんきにみんなでイカのペンキ屋さんゲームの海の幸・山の幸で盛り上がってるのに巻き込まれ・・・いや、参加しててw(じぇいど♪、海の幸、でした<゜)))彡)結局なんも進んでなかったら。

みんなで大福つくってオヤツしてたら、テレビで、ミャンマ―の翡翠鉱山で地滑り、80人死亡100人あまりが行方不明のまま、と。

あったあった。これですね。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151122/k10010315971000.html
https://www.rt.com/news/323019-myanmar-jade-mine-landslide/
↑二個目は速報だからあとでリンク切れになってしまうかもですが
鉱山がどんなところなのかわかる写真が載っています。

いやなんでショックって、次の記事、つい先日楓さんにいただいたミャンマー産水晶の話しようとしてたんですもの。

続きたらたら書くより、もう、こっち先にご紹介。

ミャンマ―産クリア水晶タンブル。謎クラック入り。

何が謎って、説明が特になかったからわからないらしいんですが、人工クラックなのかなあとは思うんですが、どうやって入れてるのかさっぱりわからない。もし天然クラックなら、ものすごく不思議。泡のように細かい丸がいっぱい、しかしこれ表面はつるつるで、その数ミリ下の層にあるんですよ。

ミャンマ―ってやっぱり翡翠が有名なもんだから、水晶ってあまり聞いたことなかったですし、ネットで検索してもあんまり出てこない。

そりゃま、そうでしょうねえ。翡翠鉱山はこの事故で多分色々明らかになるでしょうけれども、他の貧しい国の鉱山の多くと同じで、厳しい劣悪な労働状況の山の中で、貧しい人々が生きるために、一攫千金を狙って必死て掘っている。そういうのに加えて、ミャンマ―ですから…治安が安定していない。少数民族がミャンマ―の軍事政権に弾圧されて、武装して戦っている、そういう地域でしょうから。

アウンサンスーチー女史、選挙勝って議員になって注目されてたし、これまでの政府も平和的な方法で権力を移譲するとの発表はしているし、三月だっけかな?これからミャンマ―もどんどん安全になって普通に行けるような場所に変わるといいなあ、とほとんど事情知らないミャンマーですが、ニュースで見かけるたびに漠然と思って、水晶をいただいて、あら、と思ってた矢先。

改めてチラッと調べると。貧しい人々が少しでも美味しいごはん食べたりできるようにこういう天然石が世界中で出回るのは悪いことじゃないのかな、くらいに思ってましたが、このミャンマ―翡翠のケースの場合は大規模な採掘業者が重機で殆ど持ってってわずかなおこぼれに個人採掘者が群がっている形だし、旧軍事政権の資金源になっていると。

そして、苦労してちまちま採掘した人の手元に入るわずかな金額に比べて、大企業が重機でがばっと持ってって、何度も人の手を渡って、ショーで並べられて店頭に並ぶまでにはきっと何倍どころか何十倍の値段になっているのだろうな、とか思うと、小さなちょっと綺麗なこの石、すごく重い、なんとも言えない気持ちにさせられます。

このミャンマー水晶、については個人的に思うところもあったのですが、それはまた次に(・・・するとまた放置になっちゃうかもですがご飯つくらなきゃなので 苦笑)して、今はここらで。


犠牲になった鉱山の採掘の方々のご冥福を、そして少しでも多くの人が助かりますように祈ります。




今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 

  引き続きこちらもよろしくね♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2 件のコメント:

  1. こんにちわー。

    一昨年のミネラルショーで、業者さんに聞いた話なんですが、
    ペリドットやら翡翠やら、原石を大砲の球にしてるんだそうで…。
    それを聞いて、色んな事を考えてしまいました。

    毎年楽しみにしているショーですが、
    案外記憶に残っているのはこういった話しばかりです。

    石、大事にする!可愛がる!と、強く思うようになりました。

    返信削除
    返信
    1. わあ。なんてことでしょう。てかいまだに「重い球」で戦争してるってことでしょうかね?
      様々なことをくぐりぬけてやってきてくれた石、大事にしましょうねー;つД`)

      削除