2016年2月29日月曜日

ナチュラルシトリン~金運とはなにか。

右の濃い褐色の石がナチュラルシトリン。ナチュラルシトリンっていうからには、ナチュラルじゃないシトリンがあるってことなんですが。

うん。安いシトリンってのはアメジストを加熱して作った加工物が多いらしいですね。たとえばこんなの。ま、これはちゃんと(熱加工)ってなってるから良心的ですが。ちゅまに言わせるとやっぱり安い加工シトリンはアメジストと気的には似てるとこがあってナチュラルものの気とは違うと感じるそうですが。
で、このブレスに使われたのは加工なしのザンビア産。色が濃いので黒翡翠としっくりきますね。色の濃いオレンジ〜褐色のナチュラルシトリンはレアでマディラ酒に似てることからマディラシトリンと呼ばれるそうですが。これはそれより少し赤味の少ない濃い琥珀色かな。

気的には、ま、じぇいど♪感覚ですが、加工もののどっか〜んとした強い明るさや、ナチュラルものでも黄色味が強いおだやかで可愛らしいものよりも(そーいうのしか手元にないんだよ・・・シトリンは殆どももちゃんのコレクションだから)、この褐色のビーズは丸みのある大人の味わい、そして穏やかとか明るいと言うよりはしっとりと、そしてどっしり、って感じがします。

シトリンって単純に「金運・商売運の石」「明るい気持ちにする太陽の石」って言われますけれども。もう少し深い解釈してる場合は、金運や商売運ってのは実際にはなんなのか?ってことについて、解釈した人の考え方が色々現れてて考えさせられますね。

じぇいど♪が言葉として守護さんに教えられたヒントは「循環する力」。そういう観点で調べるとたしかに何人も同じこと感じて書いてる人、いますねえ。

つまり、シトリンってのはお金という現物をダイレクトに手元に引き寄せるサポート、って感じではなくて。お金に限らずまずは人と人の間のエネルギーの循環が円滑にいくようにサポートする石、なんでしょうかね。お金ってのもエネルギーが変化した一つの形にしかすぎないわけですから。

そして循環、だけに、シトリンのサポートで得られた豊かさは、自分のところでそのエネルギーを止めずに次の場所に別の形で放って循環させる、ってのがいいでしょうね、きっと。


その辺り、同じく金運の石として知られる、しかしもうちっとダイレクトな引き寄せ系って感じがするゴールドルチルとは少し違いがあるなあと感じられて面白いですね。

お次は黒翡翠とカイヤナイト。

つづく


オマケ。たまたま傍におったので、ひさびさにちゅまちゃんセレクションをやってみました。何個か選んで、って言うたら、何十点もずらーっと見て、どれもこれもスルーで・・・あ、それ、それだけだな。ってたった一点選んだのがコレ。でけぇよ!高いよ(笑)!そりゃー逸品だろよwww!いや、確かにすごそうだけどねぇ・・・。



今日もぽっちり、ありがとう( ^^) _旦~~ 

  引き続きこちらもよろしくね♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ




4 件のコメント:

  1. おっきい!綺麗な色! 確かにすごそう! そして、すぐに売れてしまいそう☆(笑) もちろん購入者はここを読んだ方でしょう(笑)

    そっか~~ シトリンって天然のものが少ないんですね~! じぇいど♪さんのブレスのナチュラルシトリンはスモーキークォークに色が似てますね!
    とてもシックで大人っぽい綺麗な色・・・。

    返信削除
    返信
    1. ふふふ、売れちゃいましたね~。これは綺麗でパワフル、ペンダントにもアクセサリーにもできそうにないただの「石」と普通に考えたらちょっと高いかもだけど、石好きさんだったらこりゃー値段だけの価値十分あるでしょうね~。
      そうそう、私も最初スモーキークォーツかなあ?それにしては茶系だよなあ?ってわかんなかったんですよ。全体がシックにまとまってるので、秋冬のダーク系が多い服装にも馴染みやすくてイイです♪・・・いや、必要なのは所詮、ジャージにしても目立たない・・・だったんだけどw

      削除
  2. ちょっと話題それちゃうかもですが
    ↓こんなの見つけちゃいました♪
    https://omamo.me/

    お守りもオーダーメイドの時代?
    なんだか人気みたいですね。

    返信削除
    返信
    1. わはは、これは新しいですね!しかもちゃんと日蓮宗のお寺さんがやっている!ナイス!

      削除