2016年10月28日金曜日

宇宙と芸術展と東京だ~いすきっ

いやいやむちゃくちゃお久しぶりになってしまいました。かろうじて間に合ったか、月刊なにみえ10月号(笑)。秋のお出かけ日和。ちょっと面白いもん見てきたんで、まずはその写真をば。
じぇいど♪、六本木、帰国してまだ行ったことがなかったんですよ。田舎者w! 基本都心が苦手、でもここだけはどうなったか見てみたかったんですよね。じぇいど♪知ってる六本木って20ん年前。懐かしの地下鉄駅・・・を出るところからして全然わかんねェw!
森美術館、宇宙と芸術展、ってのに行ったんですが。師匠の殴り書きメモ、アトランティコ手稿もあるっていうしね♪

あまりにも貴重な品満載で語りつくせないですが、じぇいど♪見てよかったなぁ~、ってもので、写真のない撮影禁止モノを。

流星刀・・・隕石で作られた刀だよ!Wikipediaにちゃんと解説されてる名剣。作らせたのがなんとあの函館戦争榎本艦隊の(いやもっと偉業あるだろけど)榎本武揚!
製作にはかなり苦労したらしく氷川神社に祈願したり。4振作られて大正天皇に大小2振り献上されたと。武揚さんがロシアで隕石刀を見て、隕石で剣つくると魔剣になるのか~、って思ったのが発端のようです。

大きい隕石って、特有のくわぁ~んとくる強い気がしますけれども。ガラスケース開けたら、剣でもするかなぁ・・・なんてへらへら長居してたら・・・ケース開けなくても酔っちゃいました(*´Д`)。そりゃ魔剣かもと思うよな・・・ってかこれ、使う人自身は鈍感じゃないと自分が気持ち悪くなんないか?

あとは、あるの知らずに行ったんで、おおおお?って嬉しくなっちゃったのは、映画化もされた小説「天地明察」の渋川春海天文分野之図
天文分野之図は、中国で国家や王の運命を占う一種の星占いに用いられた分野図(そのためもとは中国の地名が記されていた)を、渋川春海が日本の国土に当てはめて作った星図である。
中国から伝わった我が国の暦法は、長く朝廷の陰陽寮で行われてきたが、当時の暦は占いと密接に関わっていて、分かちがたいものであった。中国の暦を決めるために重要な星座を二十八宿といい、西洋の黄道十二星座と同じように日月惑星の位置を示す座標の役割(こちらは天の赤道が基準)を持っていた。東西南北それぞれ不等分な七宿があり、全部で二十八宿になる。
今日われわれが見慣れている西洋の星座に比べるとそれぞれが小さく、つなぎ方も異なっている。例えば西方七宿に含まれる「参(しん)」はオリオン座の一部(右図青点線の円内)で、さそり座は東方七宿の「房」「心」「尾」に分かれている(同赤点線の円内)。

自分のためのコピペ↑だから気にしないで(笑)。まあようするに、流れ星ってのが、中国式ホロスコープのどこで起こって、星占い的に日本のどこの地に影響するか、ってのを描いた図。今で言うと国立天文台の人が占いのチャートつくってるっていうね。ほんとに天文観測は占いと不可分だったんだね。ってか不可分なのかもよ。今でも。

あ、肝心の師匠のメモ手稿・・・。あったよ。大事そうに飾られて。師匠、好かれてるねぇ(*'ω'*)。もちろんこれも撮影禁止。

★     ★     ★

現代アート作品中心に撮影OKなものもたくさんありました。
死も終わりもない、循環する宇宙ってこんな感じ?

宇宙観も色々だねぇ。が、正直、誰かの頭の中の宇宙観より
チラ見えする窓の外の景色に萌えるじぇいど♪w 

日時計と水時計で時間を表現した動くインスタレーション。

これわっ!ダーウィン「種の起源」の初版本!
撮影、していいの?ほんとにっ?
さっそくちゅま@授業中にLINEして二人でうおおおおおお!

あめいじんぐ!伝説のHGウェルズ宇宙大戦争が
雑誌に載ったときのやつ?マジで?

キモかわいいなにか。

仮面の女神さんをモデルにした
三角ヘルメット?の宇宙人。

くらげドローン。飛ぶのかと思いましたが
そうじゃないようです。とべばいいのに。
3Dプリンターで作った彫刻作品。

「セクシーロボット」空山基。期待してじーっと見つめるも・・・台が回転してるだけでC-3POみたく動くわけじゃないの?そっか(´・ω・`)。
マツコロボットとかペッパー君とかすでに見慣れちゃって、今じゃ冷蔵庫とだって会話するからねぇ。あぁら~ん、いらっしゃ~い、と接客してきて当たり前と思ってる自分に驚く2016年。思えば遠くへ来たもんだ。

そしてコレだけでも来た価値あった!と思った、かのチームラボの作品。おばちゃん三人、うひゃひゃひゃ、もっかいやる?と三回もリピートしてしまったエキサイティングなアトラクション、じゃない、インスタレーション。こりゃまるでドラゴンライド。

それにしても今年後半に登場したキーワードの一つ、あの例のTOMOKOさんの謎発言を追ってったらたどり着いちゃったヤタガラスがここにも。ご丁寧に屋上展望台にもカラスの群れがいて。デフォルトかと思ったら、普段こんなことないのよねー、歓迎されてるわねーって・・・何故に(´・ω・`)。

で。・・・結局さ。宇宙。みんな、知りたいのだよね。オレって何?ここって何?宇宙・・・って結局ナニよ?と。今目の前にある自分のやるべきことだけに集中すりゃいいじゃん、っていう教えだってわかっちゃーいるんだけれども、どうしたって、やっぱし、気になるじゃない!

★     ★     ★

ガラス張りの52階展望台からの眺め。地上の人が見えるくらいに高すぎない方が実は面白いね。
そしたらこんな展示もやってました。空想脅威展。数々の怪獣が壊してきた東京のスポットを都市模型とともに振り返る。だって。
★     ★     ★

今年後半ってシンゴジラとかね。君の名はとかね。東京の街を舞台にした映画が多かったじゃないですか。そのたんびに「偶然・事前に」聖地巡りさせられてたりして、いやいやどんだけ後ろの方々はサービスがいいんだよ、ぷぷぷ( *´艸`)だったんですけれども。

じぇいど♪、たぶん、東京が苦手だったんですよ。いや海外に出ちゃう前は学校も職場も山手線の輪の中、その頃は普通に生活の場だと受け止めてただけだったんですがね。

日本を出てだいぶ経つとスペース感覚が変わっちゃってるもんだから・・・飛行機から見るびっしりビルが密集するさま、成田から都心への高速の脇に見える巨大マンション、そのベランダに干された洗濯ものや布団を見て、この狭い窓一つ一つにびっしり人が詰め込まれてるのか!って気づいて、うあぁぁぁぁ!って、集合体恐怖症の人が巨大なハチの巣見るみたいな嫌悪感もっちゃったんですね。

でも今はね。単に「人混みやだー行きたくなーい」だった東京が。今はほんの少しだけど、展望台から見て、あそこはこないだ行った〇〇だー、あっちは△△だーとわかるとこが増えて・・・なんだかワクワクしてたらば。

「あたし東京、だーいすきっ!」って案内してくれた友人。

うん。じぇいど♪もちょっと、好きになってきたみたいよ(*´ω`*)。


そうか書いててわかったわ・・・。
桑田の「東京」や「太田道灌」に憑き纏われてたのはそういうわけだったか・・・。
あれもこれも結局布石w。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

4 件のコメント:

  1. すみません、お久しぶりです。こちらもなんとか10月以内に読了完了w ですよね、宇宙規模で考えると、全然なにか自由すぎて未知な道ですよね。まっこと同感です。して、えっと・・・今・・・あはは・・・いまかよ!w うふふ・・・いまさら、気づいたんですが・・・このブログって、ツイートボタンがありませんね。今までずっと自然に日常スピリチュアルの一つとしてこのブログを自分なりにツイートしてたんですが・・・もしかして、どうなんでしょう・・・? 止めた方がいいんでしょうか。それとも大丈夫なんでしょうか?
    ごめんなさい、いつも有難うございます。すみませ・・・じぇいど♪さん家(ち)、いつも大変お世話になっております。メッセージカードも常日頃愛用させて頂いております。ではでは~。失礼いたしました。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは(*^-^*)。ほんと、わからないことばっかりですが、だから楽しいのかも♪
      おや?ツィートボタン、わかりにくいですかね?表示されてないですか?カーソル合わせるまで白黒で表示されちゃってるからわかりにくいかもですが、各記事の下、時刻とかの下にあります。ツィートいつもありがとうございます^^。

      削除
    2. あ、ありました~。もう~色んな意味でシステム全般に不慣れ未知でもう~宇宙どうなってるもう~w ・・・すみません、有難う御座います、じぇいど♪姉さん。ごめんなさい。これからも喜んでツイートさせて頂きますね~。

      削除
    3. 宇宙どうなってるもうwww 笑わしてもらいました。いつもツィート(人''▽`)ありがとう☆です。

      削除