2016年12月9日金曜日

うれしはずかし真珠のガーディアン 

今回楓さんにいただいたブレスレットの最後の一つはコレ。とても上質なアコヤ真珠一粒の魅力を主役に紡いだ繊細なブレスレット。
「本真珠を気軽に身に着けていただけたら良いなあと思って」と楓さん。

うん、本モノの上質な真珠って、結婚のときにもらった冠婚葬祭用とか、出産お疲れ様祝いのペンダントとかいくつか持ってはいましたが、どうも冠婚葬祭とか、ジュエリー!ってイメージが強すぎたんですよ。そういや結婚式のティアラもだからそういうのはどうも普段はしまいっぱなしになっちゃってて。

海の玉・大地の玉

書いたころ、別館画廊musicaのmusicaさんのおかげでその真珠の冠婚葬祭イメージはようやく払拭されたんですがね。

それでもそれは、バロックだったり、シルバーだったり、ドラゴンチャームに着けてあったり、という従来の真珠のイメージを払拭するイレギュラーさ?による斬新なデザイン性と、和歌のエピソードのおかげだったのですが。

★       ★       ★

今回のこの粒は「正統派」!という感じのピンクがかった真円。

でもどうして色石がガーネット! 白い真珠に薄いブルーときたら、もっと淡い色の石を置きたくなりませんかね普通は? あんまりガーネットっていう発想湧かないかと?
楓さんにそのあたり聞いてみると、これがガーネットになったのは誰かからの、そこはガーネットに、という「指定」だったそうで・・・???
じぇいど♪にとって、ルビーあるいはガーネットと言えば・・・守護竜シュリカン。

で、両脇の小さな薄青のアクアマリンが主役の真珠の白さと輝きを引き立てながら、真珠の故郷「海」のイメージをより強め・・・って思ったら、なんだとぉ? これ、常套句みたいな真珠+アクアマリンじゃなくて、ブルートパーズだって。
ブルートパーズというと・・・よく、アレ、大天使系のブレスレットとかに使われておりますわね・・・特にミの字の親分とかの・・・
う~ん、しかも挟まれてる 笑 
いやいやいや、なんだか見てるだけでこっぱずかしくなる作品じゃないですか・・・。

★       ★       ★

あらためまして全体はこんな感じ。真珠1、アクアマリン2、ガーネット4。隠れてるとこはクラスプ金具。
最近ね、店頭でも、手作り品販売サイトでも、淡水パールどころか、わたを固めて色塗った、1粒10円くらいのコットンパールビーズ全盛ですけれども。ばんぶるくらいが装う練習、作る練習にはもってこい。
しかしね?それじゃーパワーストーン、守り石にはなんない。
やはり海という大自然の奇跡、本真珠ならではの浄化と守護の力。

もう、まんまこれは「守っているよ」がテーマですね。
こっぱずかしいけど、ガーディアンからの、ダメ押s・・・、いえ、ありがたいメッセージ。

しかし、あまりにも乙女で・・・こっぱずかしくて・・・おばはんにはやっぱりつけづらいじゃないか、とここまでは思ってました。

★       ★       ★

ところが。

真珠、ガーネット、で・・・あ!と気が付いたことが。
左は2年ほど前にmusicaさんにいただいた作品の一つ、バロック真珠とガーネットのブレスレット。ラブシリカと一緒に頂いて記事では語り損ねてましたが。とてもゴージャスな逸品。

奇しくも同じマグネットクラスプ・・・ってことは、この2つ、くっついちゃって二重に巻けるのですよ!これだと乙女さにこっぱずかしくもなく、バロックのほうもパートナーを得たという感じで。

そして、並べて眺めると、あらゆる「対比」を連想させられます。

純白の真円の純真無垢なうら若き乙女と、バロックの個性的で円熟した妙齢の女性。あるいはゴージャスで力強いキングと、繊細で柔らかなクイーン。真珠なのに男性的なものにすら見えてきます。対比はまだまだあるかもしれません。

二つ揃ってみてはじめて際立つ両極の個性。魅力。

そして、おお、こうだ。比較できるものは、もっとある。青トパーズに挟まれた女性的なピンクのアコヤ真珠に対し、同じ真円のアコヤだが男性的なグレーの龍の玉の真珠をメインにした真珠三粒のネックレス、同じくmusicaさんの作品。

真珠の魅力、だんだんわかってきたかも。

面白いですよね。たくさんの違う個性が集まってみるまで「ソレ」がどういうものなのかはわかりにくい。真っ白で真円の同じ大きさがびしっとそろった冠婚葬祭用のネックレスを見ていただけでは「上質なんですよ」「よい色なんですよ」って言われても、よくわからない。人間も同じなのかもしれませんね。多様性ってとても大事。

★       ★       ★

そして、これ書こうとして、以前の記事http://nanigamieterujpn.blogspot.jp/2014/03/blog-post_31.htmlで大事なこと言うてるの、再確認・・・いや、すっかり忘れてたの、思い出させられましたね。

白珠は人に知らえず知らずともよし
知らずともわれし知れらば知らずともよし
出典万葉集 一〇一八・元興寺(がんごうじ)の僧(そう)
[訳] 真珠は人に知られていない。だが人は知らなくてもいい。人は知らなくても、自分がその価値を知っていれば、人は知らなくてもよい。

実はじぇいど♪、2016年は新しい見えない先生に指導されてたの、ごく最近やっと理解しまして。その方のご指導内容にもつながることだなあ、と。その話はまた、いつか・・・・いつ 笑?できんのw?

★       ★       ★

これまで楓さん、作品は主にkomorebi屋さんに委託してたんですが・・・店主mariさん、ってか、あのぴ子画伯だよ!その画伯がね!ご結婚されまして!(*^^)vひゅーひゅー♪オメデトウ!
それでブログも改名移転、komorebi屋サンが休業中なんですがね。

なので楓さん、本業もお忙しい中、

えいやっ!って感じで、とりあえずminneにお店を出されました。
minne あそびや楓’S GALLERY

まだまだサイト構築もままならない忙しさの合間をぬって
10点ほどの作品を掲載されたばかりですが。

これからどんな世界観でどんな作品たちを世に生み出してゆくか、楽しみです(*^^)。

2 件のコメント:

  1. こんにちは。
    このブレスレットは、自分用に組んだものとおそろいなんです。
    自分用のを身に着けていた時に「ペリドットをガーネットにかえて」って言われた気がして組んだもので(笑)。
    なのでガーネットについては指定されているのですが…ブルートパーズを使ったのは、他に透明感抜群の青色の石が無かったからなんです(-_-;)
    春になにげなく買っていたブルートパーズ……春から仕込まれていたってことなのでしょうか、もしかして(笑)。

    返信削除
    返信
    1. お揃いってのがまた記念品のようで嬉しいですね♪ こういうのの仕込みはながぁいんでしょうね・・・華奢なので春から夏にかけてさりげなくするのに似合いそうで暖かくなるのが楽しみです^^

      削除